読まひごと@トーカ




ご指名有り難うございます!トーカさんです。今日は宜しくネ!


リレーコラムのお題が出る度に、てかこれ私書けんのか?
無理~無理~……
…………………………………………………………
………………………………はい!やっぱ無理~~~~
ってなるのやめたいです。


このブログは、
「いつの時代、どこへ行って、どんなSMをしたいですか ?」
という質問のアンサーの捕捉記事です。
答えじゃなくて、捕捉です。

SM関係ない記事です!
私のこと好きな人だけ読んで!!
宜しくドウゾ!!!



最初は「なんじゃこの質問(リレーコラム)は。よしコラムの悪口書いてやろう」と思ってたんです。


そんなおままごとの世界ある?って。
けど浅慮でした。浅慮。
昔から今、未来へ順繰りに考えたらめちゃ時間経ってて、また最後の方に掲載されちった!


まぁ、回答が遅かったのは、煽られなきゃヤル気でないダケですケド?


決して頭が悪くて答えをまとめられなかった訳ではないのです!


熟考とは、時として一考より遥かに愚かしいデスネ!!




話変わりますけど、終わった後、「なんでこんなことをしたんだろう?」と思う事ってありません?

簡単に言えば『後悔』ですね。

大事なモノの順番を間違えないように考えぬいたクセに、『後悔』するって凄く人間らしいですよね。

その時の自分が望んでしたことであれ、後々思うと過ちだったなと思うのです。

あ~あ、やり直したいなぁって。
でも、現在の自分の意識をやり直したい事柄に妄想で介入させてみると綺麗に整いすぎるんですよ。
可笑しな心地です。

想像しました。
やり直したい事をやり直した自分を。
良い気持ちでやり遂げたみたいな顔してる自分が気ッッッ色悪かったです。

この人物とこの背景でそんな綺麗に整う事ないでしょ~(笑)おままごとか!って。

それでもやっぱり、もう少し器用であれば、「もっと安心して応援してもらえたのかな」「上手くできたんじゃないかな」と思うのです。

言ったら終わりかもしれない。
それでも言えば良かった。
それが出来ていれば、本当の意味の勇気を持つことができたのでは。
それこそ、神にも抗えるような人間性を手にいれられたのでは…。

けどね~~。
やり直したいって思うこともあるけどなぁ~~。
もしもあの時の負の感情や出来事がなければ、今の出逢いもなく、自分がなにも満ちることはなかったのに、やり直したいだなんてアホくさくて思いやりのないお話だなとも思う訳です。

あの頃満ちたり得なかった自分のために今動いているのに。
それをやり直したいだなんて、あの頃の私の情熱と執念がかわいそうじゃないか。
そうです、やり直したいと思った事に対する執念の果てに今の私がいるのです!

思いやりに欠ける考えは改めます!

私の人生はそれだけで肯定されるのです!

同じ過ちを繰り返さぬと、神とかに誓いま~す!

というか、全ての『後悔』を覚えていたのなら、数ヶ月後には発狂して死んでますしね。

僕は真面目なので。

後悔した事を忘れていくのは前を見つめているからしょうがないのです。

そんな訳で、あの時の失敗だと思っている事は今の私が在るために必要な要素だったのだと気づきました。

そんなの当たり前なんですけどね、忘れてました。

人と関われることが嬉しいと思うこと。
日々を楽しいと感じること。
生きたいと願う欲。
結果よりも、そう思えるようなった事が大切でしたね。

こんなに『後悔』について考えさせられたのは、家族のせいですね。

奴らに関しては、大好きで大好きで大好きなのに、一生懸命愛したのに報われなかった気がするんですよ。
思い出すととってもファッキン。

でも子供のころってのは~~~
知識がない。
情報がない。
言葉がない。
だから効果的なアクションが出来なかったとしても「仕方ない」って魔法の言葉で片付けられちゃうのよね。

家族ってのはマジで厄介なアキレス腱なのです。

とても抽象的な思い出話なので、わかりにくくてすみません。

滞ったり止まったりしたときにも諦めずに支えて下さった方々に心より改めて感謝を。

後悔するだけ損なのでしません!

しかし、後悔しないなら反省ってしなくてもよいのでわ???

天才か?
いやアホだよ落ち着け~~



こんな感じでまた色々考え始めてしまうので、そろそろまとめます。


色んな事を思い出しては考えに考えたトーカさん。
読む側の頭を消耗させてやれる難解な事を書いた気がする。
でも書き手の方が難解な質問(リレーコラム)のせいで心も頭も消耗して深刻なダメージ受けてるンだよ。

まぁ、だからせめてもの結論を。


私は今の私を認識してくれる誰かを全力で大事にします。
今の私にとって、そんな相手は少ないです。
私を見つけて、会話をしてくれて、認識してくれる人を大切に。

って綺麗にまとめようと思ったんですけど、こんなに考えさせられたせいで、ついつい憎しみが
湧いちゃいますね。

クソが……

私、話題が飛んでいくから、質問に答えるの苦手だわ!

もうわからん!

ってわけでそんなトーカさんの居るラシオラの応援これからも宜しく!
気合いいれてかかっておいで~!!


DSC_0004


今年はスケジュール意味わからんからあと二回更新するかしないかだから!

そこんとこも宜しくドウゾ!

またね~~~~~~~~~~(^O^)









いつものように生きて、歩いて、息をするのが不意に嫌になる。

そんな時って凄く虚無。

それだったら、虚無を虚無として理解して、ちゃんと眺めてみようかな~~ー。

私達人間、誰もがすぐに死ぬんですけど、心のどこかで自分の不死性を疑ってないような気がする年末でした。

現実の不幸はひたすらにグロテスクで生々しいのです!

まあそんなことはこのニューイヤーイヴにふさわしくない話題なので良いんですよ。
それでですね、年末の挨拶がしたいなと思ったんですけど。

いや~~ーー言葉って凄いねぇ!
今年一年の事を振り返ろうと言葉を連ねようとするじゃないですか。

そうすると凄いんだよ。
トーカさんに輪郭が生まれるのだよ。
形なかった物に形を与える魔法だと思えれば良いんだけどね!

この自分が記号になってく感じ。
やっぱり嫌だね~~ーーー!

言葉を連ねてくと、ちゃんと自分の得体が知れるこの感じ!

嫌だね~~ーーーー!


でも謝辞します謝辞。

ブログ書けません、ブログ書けません、ブログ書きたくありません~~と泣き言を言いますが、シオラは大好きです。

こんな楽しい仕事を失いたくない一方でいつか来る終わりも覚悟してます。

いつだって「終わり」への葛藤は抱えているのです。

終わるべきにときに終わって、惜しまれての退場は綺麗かなと思ってたんですけど、「最後」と決めて終わらなくてもいいのかなと思うようになりました。

来年は、「行き先不明」を楽しもうと思っているのです。

そこらへんは、また年始に!

なにはともあれ、2020年、私にお付き合い下さった皆様!

どうも有り難うございました!

こんな年でしたが、好きな物、好きな人に時間を使った一年でしたよ。

好ましい人や物にだけ時間を使ったって、それは凄く自分の好きな女性像に近いです。

好ましい人に使う時間は、誰かの為ではなく自分のためなのです。

それでは、私はこの年の瀬に好きな漫画の吹き出しシールを山登りの雑誌に貼ってゲラゲラ笑って過ごします。




_20201231_182759





混沌だった一年、それでもお付き合い下さった方々に愛を込めて!

良いお年を!!!!!!!











世間一般の堪忍袋は無事でしょうか。

今日が世間一般のゴールデンウィークと私は認識致しますので、予定通りに毎日更新は本日で終わりです。

終わるべき時に終わる、キリが良いというのは、美しいのです。

改めて考えると、ゴールデンウィーク自体あやふやなお休みなんですけどね。

更新する度に、こんなどうでも良い話は誰も読んでいないだろうなと思っているのですが、読んだよ~と言われるとそれなりに嬉しいです。

今回、沈黙の期間に更新することにより、 私は無事です、元気です、と伝えたかったのです。

実際アホ程暇なのもあったんですけどね!
暇と言いつつ、やることはありますし私オタク気質なので部屋で楽しめる事はたくさんあります。
それらに耽溺していれば時間はすぐに足りなくなります。

お喋りは大好きなのですが、私ブログが苦手です。嫌いと言ってもいいくらいです。

それでもわざわざブログを書いているということは、それなりの理由はあって更新しているのです。

推敲せずに更新したので、隙だらけのお話ばかりでしたが。

慌てて詰め込んだようなモノですからね!

スピード感重視で書いた日記のようなモノたちなので、誤字やらがあっても、その時の心情や背景として面白がって下さい。

アホは賛美するか無視するかのどちらかが有効なのですよ。


色々お喋りはしたので、次回更新するとしたら、語りたくなくとも語らねばならない事になるような気もします。

トーカさんブログが嫌いなのでくれぐれも期待など、することのないように。

今回のこの事態、好意的な解釈をすると「自分の役割」を考える良い機会になったと思います。

責め手も受け手も、思うことがたくさんですよね、今のこの感じ。

シオラに入店して何年たったのか正確には覚えてないのですが、入店当初には考えられなかったような人数が私に関係してくれています。

この楽しいお仕事を、いつか終わるべき時まで続けていきたいのです。


だから、今回の自粛中に存在したハズの出逢いに、失われた時間に鎮魂の意味を込めての、トーカさんの毎日更新でした。


ここまで、お付き合い、
_20200506_235246


それでは、またいつか!


20200506_1415_35908











このページのトップヘ