読まひごと@トーカ




「死なせませんよ、まだ。」



そう言いながら手入れしていた花が枯れた。


マゾから貰った花。


なんだか捨てられなくて、放っておいたんだけど、完璧に枯れてしまった。

花の衰退と変貌は止められなくて、けど無理に停止するのは美学に反するので、完璧に枯れてしまったよ。

普通に悲しい。

うーん…。
ハンプティダンプティ元に戻せないってね。





違和感をぎゅーっと凝縮したような部屋に住んでるので、生き生きしたお花はなんだか『間違い探しの間違い』みたいに部屋に佇んでいたんだけれども。


いや、でもしかし、むごたらしいモノってのは極めれば芸術になると思うのよね。


例えば、荒らされた部屋とか、なんか物悲しいヤツのこと。


一般の人間に毛嫌いされるモノってなんだろうな…うん、素敵なんだよ。


中々良い。


でもなぁ…放っておいて羽虫がアダムとイヴとなり部屋で繁栄するのはそれもまた不愉快なので。



お花をくれたマゾとの出逢いに感謝しつつ、花よ、天へ…


有り難う。


あばよ…




_______さて。



『天使のように舞い降りて悪魔のように攻めていく』


そんな言葉の似合う鳴海さんのイベントが11.24(土) 21:00~25:00にあります。


楽しみだ。

当日のセッションが終わり次第になりますが、勿論私も参加致します。




ってことで今日も頑張ってきます。


いやはや…汝の隣人は実は頭がおかしいんだぜ。って感じのテンションですね。今日は。



食べ残したパンツはないかな~ーー!?!?


それでは、いってきます。












ぼちゃ、ぼちゃ、


ずるりっ。



「罪ってのはなんだね」


「ワタクシの全てございます。女王様。」


「そうだ、おめおめと生き恥をさらし、存在しているのが罪なのだ。」


ぼちゃり。


_____泥のように、消えてしまえ。





使い終わったお道具を消毒している時、こんな事を考える。


雑菌達よ、泡のようにハジけ、闇へと消えるがいい!!

我が召還せし王だ!敬虔に踊れ下僕達よ!(消毒液)



なんでこんな事を考えるのかって、多分モノに宿ったマゾの残留思念のせいだと思う。

触れてるとなんとなく、流れてくる。

あぁ、あぁ、悲しき魂の思念を浄化しようね。

滅菌だ。死んでしまうがいいのです。


「女王様、お願いです。僕を捨てて下さい。ここで朽ちるのが僕の幸せなのです。どうか、どうか、捨て置いて下さいませ…!」


___五月蝿いよ。お前にはまだ役にたって貰うからね。

私のために犠牲になりな!!



というかね、


君ね、



お店のレンタル品だからね。


勝手に捨てられないんだ。



_________完





なんちゃって。


こうゆう時に頭で鳴ってるイメージソングは~~
モーツァルトの「すみれ」かなぁ。

スミレの花が恋をするんだよ。
少女に摘まれたいと望むけど、その少女に踏み付けられてしまう。
でも、スミレは幸せだった。

なんとなくマゾの恋の歌っぽいなって。



『彼女の足元で(死ねるのだから)!』ってね。


解釈は色々だけどね!

SMツールが女王様に恋をして、命を終える瞬間まで、一緒にいれて幸せ。

そんな妄想でした。


誰の残留思念のせいでこんな妄想したんだろうかね。

今日もプレイしていて、ナニかがドコかに宿るんだろうなぁ…



それでは、土曜日に備えて。

おやすみなさいませ!









答えてあげても~~

イイケド?

イイケド??

イイケド???




______さてさて。

体が冷めていき、意識は消え失せ、命が終わる。

その瞬間はどんなモノなのかしら。


「死」に対して悲観も諦観もしている訳ではないけれど。


只、日常を心穏やかに生きていく方策としては「死」に思いを馳せていると気持ち良いから。


気持ち良いなら、やめられないってね。


私は欠落したモノをいつだって埋めたいんだよ。

日によって目がなかったり、耳がなかったり、鼻がなかったりするんだ。(比喩だよ)


鼻がなくなるから、匂いを嗅ぎたくなるし、目がなくなると好きなモノをみたくなるじゃない?




そう、何が言いたいかってね。

大事なのは「五感」だと思うんだ。

例えば『皮膚の感覚。 暑い。 寒い。 痛い。 』

例えば『望む美しいと思う光景。』

例えば『心臓の音。』

例えば『苦しい気持ちが沁みた唾液の味』

例えば『熟して腐り落ちる寸前みたいな果実の香水』と『人間の臭い』。

などなど、etc。


自分の、或いは相手の。

死んでいる感覚がセッション中に生き返って。

五感をいっぺんに感じられたら。

それはきっと私にとっての最高のセッションなんだと私は定義します。




なんでこんな話?って。
会員さんから「ドミナの思う最高のセッションとは?」って質問を頂いておりまして。

相変わらず抽象的だけれども!
以上が質問に対するトーカの返事でございます。

こうゆう質問好きだよ。答えるの楽しい!


でも~
応答終了~~~ カンカンカンカン!





って訳で。
話は変わるんだけど、この間「死なない貴方をちょうだい!」

と言い続けてたら青い薔薇の花束を貰いました。

不可能ってこと?(笑)

花束だと花言葉は本数でも意味は変わるらしいんだけど、粋なアンサーだなって思いました。


それじゃァ、またね!お元気でェ~~♡



_20180919_222649





このページのトップヘ