2008年04月21日

tokyo

日本に帰ってきて、一週間がたちました
ちょっと風邪気味だけど元気です
前回の日記でいっぱいコメントいただいてほんと、ありがとう
読んでいて、またもや一年の旅を思い出してます
旅、行ってよかったなぁ、この一年、特別な時間だったなぁ、と

世界の大都市tokyoは、一年ぶりで、でも旅の一年がなかったんじゃないかと感じられてきちゃうくらい、一年前とさほど変わってないし、違和感もあまりありませんでした
相変わらず、人は多いし、電車の中は携帯いじってるか寝てるかの人が多くて、情報はたくさん、街中がネオンや音で取り巻かれてるけどそれはあまり気にならない
なんか、たぶん、そういうのに惑わされない私に今、なってるのだと思う
いつまで続くか、またぐらぐらしだすかちょっと不安ですが


ところで、昨日、吉祥寺の井の頭公園でキン・シオタニさんに会いました
かなり前、格安航空券&ツアーという旅雑誌に載ってた人で、絵を描いてる人なのですが、井の頭公園でハガキとかを売っているところに遭遇、いろいろおしゃべりしました
公園で売ってるか、ブックスルーエの袋の絵を描いてるかくらいかと思ってたのだけど、芸人さんやRizeの誰だかとコラボしたり、倫理の教科書の表紙を描いてたり!!といろいろやってるらしくびっくりしました
というか、私の中では、旅の超有名人で、そんな人と休日の昼下がり公園で会い、話をするなんて、もう緊張です
ハガキ裏に「誰もがすごいビックリするパフォーマンス」をしてもらい(何か知りたい人は日曜日の井の頭公園へ!)、いつかウエディングウェルカムボードを描いてもらう誘いを受け、その場を去りました
いやぁ、旅みたいだった
楽しい時間だった
日本も楽しいいなぁという気分です




tabi_mankitu at 16:24|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2008年04月10日

そろそろ日本に帰ります

サンクリからシティに戻ってきました
メキシコ時間11日の飛行機で日本に帰ります
しかし今、日本に帰る実感があまりない
旅終わり、とか、日本に帰る、というより、次の国日本っていう感じがしてしまう

ほぼ一年、旅をして、とても楽しかった
一年前、私は旅人になりたかった
「旅」をしたかった
今はそんな気持ちもありつつも、毎日がとても充実して楽しくてあっという間に過ぎていく
途中、そんな風に旅が変わった
どうして旅に出てきたの?と、聞かれる度、旅が好きなんだよねぇ、と答えてきたけど、本当は、その時ちょっと疲れてた私は、そんな生活をいったん止めたくて、自分を取り戻したくて旅に出た
ただ旅が好きというだけじゃなくて、何かを求めて、かわりたくて旅を選んだのです
この旅をしてて、この一年だけで、今まで生きてきて出会った以上の人にあった気がする
いろんな人とすれちがったし、話したし、時間を共にした
なかなか聞けない話を聞けたし、世間話もしたし、深い話もした
この旅で会ったすべての人を覚えてる気がする
けっこう自信あるくらい
会ったすべての人に私は影響を受けたし、出会えたことを本当に感謝してる
旅や出会いの力はすごい
出発したばかりの頃は、人と関わるのが面倒で、こんな風に思うなんてほとんど思ってなかった
でもそんなこと、旅を始めて1、2ヶ月と経たないうちに変わった
そしてなんだか自分が楽になった
余計なことにとらわれず旅が楽しくなった
ヨーロッパあたりから・・・
そんなことを最近、思い出して、感慨深くなる

旅をしてて好きなのは移動のとき
ぐんぐん進んで旅をしてる気分によりなれる
インドは列車
ほかはバスで動いた
南米のバス移動の明け方の景色は最高
果てしない大地に朝日があがる
パキスタンのフンザに行くバスの夜中の休憩、山ばかりの崖っぷちの道、真っ暗な中での星空は最高だった
モロッコのサハラ砂漠、ボリビアのウユニ塩湖、インドのカーニャクマリやポルトガルのロカ岬やアルゼンチンのウィシュアイアのような端っこ
ブラジルのカーニバルの熱気
インドのコルカタでお誕生日を祝ってもらったこと
ネパールでの再会
ハンガリーのブタペストの宿で久々口にした日本茶に宿の人のホスピタリティ
8年ぶり、カンボジアの変化
プノンペンやアウシュビッツの悲しみとやるせなさ
旅の最後、サンクリで生活するように過ごした時間はとても素敵な締めくくりになった
こんなこと書いてると涙が出そう
だんだん旅の終わりを感じてくる

移動以外にも好きだったのは、家族の姿を見てるとき
いろいろな国で家族やカップルを見た
夕方、ベランダや玄関先で外を眺める人
日曜日、一緒に過ごす家族
家族みんなで旅行
大事そうに赤ちゃんや子どもを抱っこするお父さん
家族を大事にして暮らしている人たちをみるとついついじっと見てしまう
私もそんな風になりたいなぁ
世界各地、どこに行ってもそんな家族は多い

あぁ、最後の日記、書いていてまとまらない
やっぱり旅の終わりは近づいてる
今回の旅はいったん終わり
何年後か、もう一度旅に行きたい
日本にいたらなかなか会えない人に会いに行きたい
バンコクのJさん、気になる国カンボジア、ベトナムはフエのゲストハウスでいつもおかえり〜!と言ってくれてたお姉さん、ネパールはカトマンズで一ヶ月近くお世話になった宿のおじさんとビッキーとビベック家族やその友達、パキスタンのフンザのハイダル爺、ポーランドで病気になったとき親身になってくれたホステルの人たち、ブタペストのアンダンテホステスにジョジョも見に行かなきゃ、モロッコのマラケシュで宿をやってるおとさん、ウシュアイアの綾子おばあちゃんにトゥルーチャ、ブラジルのカーニバル!、くるみちゃんとウリがいるならサンクリにも行きたい
すぐにでも会いに行きたいけど、そうはいかないので、何年後かに必ず顔出しに行こうと思う
世界は広いな
でも旅すればするほど、よりその国を、その地域を、そこに暮らす人をより身近に感じることができる
名前も知らなかったそこに、人が暮らしてることを知っている
世界一周といえども、まだ行ったことのない、知らないところがほとんどだ
話に聞いて行ってみたいところもまだまだあるし、これからもどんどん増えてく気がする
旅はやめられない
自分に言い聞かせるようにして、今回はいったん終わり

最後に、旅で出会った人たち、訪れることができた国や町、そして日本の家族に本当に感謝
どうもありがとう


tabi_mankitu at 06:41|PermalinkComments(21)TrackBack(0)中米 

2008年04月08日

サンクリから近くの村に行って来ました 2

サンクリからコレクティーボで30分くらいのシナカンタン
平日のマーケット、村をぷらぷら
昼下がりの静かな時間でした
シナカンタンの民族衣装は深い青色の織物
誰もが来てて、学校で子ども達がその民族衣装のままサッカーをしてました
写真のピンク色のは男性の衣装
シナカンタンシナカンタン








シナカンタンシナカンタン








シナカンタン

tabi_mankitu at 03:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中米 

サンクリから近くの村に行って来ました

サンファンカンクック村の土曜市
カンクック村の民族衣装は白地にピンクやオレンジ、赤などの織物を襟元につけた洋服やピンク、赤、青などの明るい色の鉤針編みの斜めかけバック
それぞれの家で作っているようです
バックは何年も使う一生物のようです
男の人の衣装がかっこいいです
カンクックカンクック








カンクックカンクック







カンクックカンクック








カンクックカンクック

tabi_mankitu at 03:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中米 

サンクリストバルデラスカサス

サンクリグラナダ








やきうどんサンクリ








サンクリ天然酵母パン
















メキシコの南部チアパスにある町サンクリストバル・デ・ラス・カサス
メキシコシティからバスで14時間くらいのところ、グアテマラに近い町
旅の最後、ここに来てゆっくりしようとやって来ました
サンクリとその周辺の村々は先住民の人たちが暮らし、それぞれの暮らしを守っている
私はその村によって違う布に惹かれてやって来た
カラフルだったり、重みのある青の織物だったり、細かい刺繍だったり、手の込んだ鉤針編みだったり
サンクリから乗り合いバスで行っても1時間もかからないところに点在する村々なのに、それぞれで本当に違う布の民族衣装
道端に座って見てて全然飽きない
そして村の暮らしはゆっくり
私もサンクリの宿でゆっくり暮らしてる
泊まってる宿CASA KASAでは、手をかけてご飯を作ったりする人が、今集まっていてバーベキューを屋上でしたり、スープを作ったり、天然酵母を育ててパンを焼いたり
小腹が空いたらトルティージャを買いに行ってアボカドやトマト、パクチーでタコス
美味しいご飯を作って一緒に食べて、話して、時々出かけて
出かける先がまたメルカド(市場)や牛乳屋さんとかなんだけど
こんなことしてきた一年のまとめみたいな暮らし
日本でもそのままは難しくてもこういう時間を大切にして暮らしてきたいなぁと思う日々



日本人宿CASA KASA  http://www.geocities.jp/sancristobal_casakasa/

tabi_mankitu at 03:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中米 

2008年04月02日

メキシコシティ

南米を出て3週間くらい
ニューヨーク、カンクン、キューバときてメキシコシティについた 
私はここから日本に帰るチケットを持っていて、南米が終わった頃から、この旅もそろそろ終わりでいいなと思ってた
メヒコからもう帰ろう、と
でも、メヒコの宿でメキシコの魅力をたくさん聞いてもう少し旅がしたくなった
という事で旅はもう少し続行
散々帰る帰ると言ってきたけど、今サンクリにいます
私の旅は、私の好きなとこで、好きな旅で終わる
都会より地方、先住民の人も多く暮らす町
メルカド、教会、民家の多い中にある宿、ご飯つくって、旅人からいろんな話聞いて
あやうくそれを忘れて旅を終えるとこだった
ペンションアミーゴであった、私にもうちょっと旅を続けさせてくれた皆さんに感謝です
しかし、メキシコシティも好き
大好きなバンコクを思い出す町です
毎日ぶらぶら歩いて、タコスとか道端に出てる屋台でご飯食べて、出会った人とおしゃべりして、ルチャリブレ見に行って、最後だからってめちゃめちゃ買い物して
ルチャは金曜日がいいよ
パワーが強い
サンクリでゆっくりして、4月の中旬に日本です
もう少し「旅」してから

tabi_mankitu at 05:54|PermalinkComments(6)TrackBack(0)中米 

2008年03月28日

カンクン

cancun1cancun






cancun









キューバから戻ってきたメキシコのカンクン
キューバと違って色のキレイなこと!
ご飯のおいしいこと!

メキシコといえばタコス
生まれて初めて食べたホンモノのタコスは、トルティーヤに豚肉の煮たもの、たまねぎとパクチーのみじん切りに緑色の辛いソースとライムを搾って
写真の上の方のはお豆を煮たものがかかってて、下のはピリ辛のごはんと豚肉です
カンクンではちょっと高めの8ペソ(80円くらい)
一人2〜3個は食べてました

そしてカンクンといえばカリブ海リゾート
白い砂浜に青い海、です
最高!
高級ホテルたちもなかなかよかったです
もぐりこんでプールでひと泳ぎ

そしてもうひとつROSAS7
日本人宿
なぜかとても居心地がよい
漫画のせい?窓辺にあるリクライニングチェアのせい?
いくらでもいられます、あそこは
そのみんなでカレーを作りました
イカカレーおいしかったーー

tabi_mankitu at 13:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0)中米 

2008年03月27日

キューバ

cubacuba1







cuba1cuba1







cubacuba2














cuba1cuba1








キューバに行ってきました
メキシコのカンクンから飛行機で1時間で行けます
なんとも不思議な国でした

社会主義の国キューバ
旅行者はCUCという現地通貨とは違うお金を持って旅するのだけど、これがけっこうやっかい
ツーリスト価格は現地人価格に比べかなり高いからなんとなくやるせない
ブエナビスタみたいなイメージでいったがあまり音楽聴けませんでした
残念
建物、ガラスとても古いまま
お店の品物、品薄です
ご飯があんまりおいしくない・・・
葉巻が似合う人が多いです
ホテルは高いので、民泊するのだけど、家族の生活は私たちと変わらない
とても暖かい、家族の生活
社会主義の、この国っぽいところもちらほらあるけど、世界各国「生活」ってのはどこも変わんないんだなって
人は明るくて、今までいった国の中でも1位、2位を競えそうなくらいとてもとても親切
そんなキューバ人にまぁ、不甲斐ないことも帳消しになっちゃうんだけど、今までしてきたように旅するにはちょっと違ったかな
この国は一味違って不思議です
そして社会主義、なぞです

ゲバラなものが街中にたくさんありました
この国の将来かなり気になって、またいずれ来たいなぁと、もうちょっと勉強してから来なきゃなと思いました



写真は左上から
・内務省のゲバラ(ハバナ)
・オレンジ屋さんのおじさんと社会主義的な帽子の似合う明るいおじさん(トリニダー)
・日曜礼拝(ハバナ)
・夕方は道端で野球(サンタクララ)
・人なつっこくてセクシーな女の子(ハバナ)
・葉巻の似合うおじいちゃん
・売店にもゲバラ(ハバナ)
・ハバナの町

tabi_mankitu at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中米 

2008年03月26日

ニューヨーク

ny2












ny













ny3

















大都会ニューヨーク
南米の大自然を終わりにして、また別の世界に行ってみた
すごいギャップだ

ニューヨーク
ニューヨーク
ニューヨーク

着いてまず寒い、でもとてもいい天気
さて、どうしよう
知ってるようで詳しくは知らないニューヨーク
イメージといえばグラウンドゼロ、自由の女神、セントラルパーク、ハーレム、人種の坩堝、世界の大都会
吉野家があるらしい
ベーグル食べたい
ニューヨークで生きて国は自分が強く、はっきりしてないとやっていけないイメージ

さて、どうこの都会ですごそうか
と、結局、マンハッタンをひたすら歩き回った、寒いけど

ニューヨークは個性的だ
人はとても時間を無駄にしない
自分のために努力を惜しまない
おいしいものはピンキリで揃ってる
世界各国からの人
スペイン語が通じる
スペイン語を話す人が余計にきさくに明るく感じる
9.11の虚しさ
ニューヨークの本屋さんはとてもステキ
なにせ夜中の12時までやってるとこもある
ベーグルはクリームチーズたっぷり、とてもおいしい
刺激を求めてないけど、刺激的
それでもやっぱりニューヨークもおもしろいなぁと感じる
これもひとつ、好きな街


tabi_mankitu at 10:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)北米 

2008年03月24日

時間があいてしまいました

やっと日記かける!!

メキシコのカンクンに来て2週間近くたちました
その間、アルゼンチンを去ってからニューヨーク、バンクーバー、カンクン、そこからキューバなど行ってました

もう3月も終わりが近いですね
桜と旅立ちと始まりの季節
私の旅もそろそろ1年です

tabi_mankitu at 18:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)中米