...旅とリズム...旅の日記 by 栗本斉...

旅人/ライター/選曲家・栗本斉が、旅と音楽とアルゼンチンを中心に綴る日記です。

マリア・ベターニアの完璧なショウ

音楽業界に身をおいていただけに、ブラジルでもつい「このアーティストはこんなプロモーションしてるんだあ」とか考えてしまう。ここリオで現在最大級の宣伝をしているのが、マリア・ベターニア(Maria Bethania)がヴィニシウス・ヂ・モラエス作品を歌ったニュー・アルバム。街中にはマリアとヴィニシウスの2ショット写真の看板やポスターが溢れ、CDショップに入ればずっと店頭演奏されている。リオで生活していてこの作品の存在を知らない人は皆無じゃないだろうか。

20050225そんなタイミングで、彼女のコンサートが4日連続で行われた。当日、会場のCanecaoに行ってみると、チケットは売り切れ寸前でぎりぎりセーフ。会場内はすべてテーブル席になっており、観客もめかしこんだ大人が多く、タンクトップを着ていった僕は思わずシャツを羽織った。そしてこのショウがとんでもなく素晴らしいものだった。ステージ左側にピアノやギターなどアコースティック・セット、右側にパーカッションやエレクトリック系のバンド・セットを配し、楽曲によって絶妙なアンサンブルで演奏していく。マリアの時に芝居がかった歌声もどっしりとした存在感があり、ひしひしと心に染み渡ってくる。歌や演奏だけでなく、歌の途中で詩の朗読をしたり、曲によって照明やセットが変わるなど、実によく計算されている。ほとんどMCもないため常に緊張感があり、バックのバンドもタイミングよく楽曲をつないでいくなど、ここまで完璧に演出されたショウはブラジルに来て初めて。まさに重鎮の貫禄と威厳を観てしまった。

mariabethania最新のマリア・ベターニアを聴く1枚。

Maria Bethania『Que Falta Voce Me Faz』(2005)

これがそのニュー・アルバム。ヴィニシウスの歌詞にトム・ジョビンやカルロス・リラなどが曲を書いた名曲群を、マリアが渋く歌い上げている。彼女の歌はいわゆるボサノヴァやMPBのシンガーと比べると相当情感豊かで、どちらかといえばシャンソンを聴いている気分になる。ドラマティックな歌とは対照的に、アレンジは非常にシンプルで、とにかく詩と旋律を聴かせることに最大限に気を使った作品。

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
栗本斉 Kurimoto Hitoshi

旅と音楽をこよなく愛する旅人/旅&音楽ライター/選曲家。

★お仕事の依頼や、旅と音楽に関するご質問はこちらのメールアドレス、またはTwitterFacebookからお気軽にお問い合せください。

★プロフィール
1970年、大阪府生まれ。

レコード会社勤務中の90年代初頭から、和モノDJ&音楽ライターとして活動開始。“喫茶ロック”シリーズなどを立ち上げる。

2005年1月から2007年1月まで、知られざる音楽を求めて中南米を放浪。2年間で行った国は、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、チリ、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、トリニダード・トバゴ、パナマ、メキシコ、キューバの、合計14カ国。

帰国後は旅と音楽にこだわり、ラジオや機内放送の企画構成選曲、音楽&旅ライター、コンピレーションCD企画、ライナーノーツ執筆、講演やトークイベント、結婚式場のBGMコーディネート、ビルボードライブのブッキング企画などで活動中。現在は沖縄県糸満市在住。

得意分野はアルゼンチン、ラテン音楽、ワールドミュージック、和モノ、中南米ラテン旅、沖縄、世界遺産など。

著書に『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)、『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』(マイナビ)、『Light Mellow和モノSpecial ~more 160 items~』(共著・ラトルズ)、『喫茶ロック』(共著・ソニーマガジンズ)など。

★主な著書
栗本斉・著『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)
栗本斉・写真と文
 『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』(マイナビ)

★ライナーノーツ(2013〜2014)
セルジオ・メンデス『マジック』
ファビオ・カドーレ『インスタンチ』
ナタリー・デセイ&フレンズ『リオ⇔パリ 〜 ブラジルへのラヴ・コール』
マノロ・フアレス・イ・ス・トリオ『デ・アキ・エン・マス』
オリジナル・サウンドトラック『LIFE!』
ステファン・ポンポニャック『BLOODY FRENCH』
ベレン・イレー『ソンブラ・デ・オンブー』
ARIA『New Moon Daughter』
VA『暮らしの音楽 ブエノスアイレス』
Monday満ちる『BRASILIFIED』
アディティア・ソフィアン『ハウ・トゥ・ストップ・タイム』
ミシェル・カミロ『ワッツ・アップ?』
ギジェルモ・リソット『情景の記憶〜ソロ・ギターラII』
バホフォンド『プレセンテ』
ロベルト・フォンセカ『ジョ』、他

★All About(オールアバウト)で「アルゼンチン」のガイドをしています。

★雑誌「FIGARO japon」で音楽ページのコーディネート&ライティングを担当しています。

「SANKEI EXPRESS」紙で音楽コラム(ワールドミュージック中心)の連載中。

Billboard Japanのウェブサイトで連載“栗本斉の楽園おんがく”やレビュー、特集記事などを執筆中。

USENの業務用ガイド誌「With Music」で、旅と音楽のコラム“音楽が聞こえる旅”を連載中。

Real Soundで、“栗本斉の「温故知新 聴き倒しの旅」”を連載中。

☆Facebookはこちら
☆twitterはこちら

Twitterボタン




Categories
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ
...旅とリズム...旅の日記 by 栗本斉...