リオの新市街をさらに奥にいくと、バランコという繁華街がある。ここは週末になるとディスコやペーニャ、バーなどのネオンが朝まで消えないところ。その一角にあるBar Mochilerosへライヴを観に行くことにした。会場はライヴ・ハウスというよりは、小さなバーといった雰囲気。しかもテーブル席はぎっしり埋まっていて、なんとかカウンターの隅に座らせてもらった。

20050924今日の出演は、フロール・デ・ロト(Flor De Loto)というグループ。ドラム、ベース、ギター、そしてフルートという変則的な4人編成で、ヴォーカル曲は無くすべてインストゥルメンタル。彼らの音楽は、フォルクローレ風味のプログレ・ハード・ロックという感じ。ツー・バスがドカドカうるさいドラマー、チョッパーやコード弾きを駆使したテクニカルなベーシスト、オーソドックスながら早弾きしまくるギタリスト。これだけだと聴く気も起こらないが、ここにフルートの音色が加わるとなぜか牧歌的な雰囲気になる。曲によってサンポーニャやリコーダーを使ったり、曲間で「Mission Impossible」のフレーズを入れるなど遊び心もある。決して最先端ではないとはいえ、ペルーのロックならではの面白さを表現していてかなり楽しめた。

flordelotoフォルクローレとプログレの融合を聴く1枚。

Flor De Loto『Flor De Loto』(2005)

会場で入手した彼らのデビュー作。まずは、サンポーニャが大々的にフィーチャーされた神秘的な「La Llegada」に驚き。フォルクローレの素朴なサウンドと、プログレならではの奇怪なリズムとフレーズがミックスされていて、ドラマティックな大作に仕上がっている。フルートが大々的にフィーチャーされている楽曲は70年代のジェスロ・タルを彷彿とさせるし、複雑な展開をする「Suculentas Frutas」などはUKジャズ・ロックみたいで面白い。凝りに凝りまくった楽曲が並ぶので、これ1枚でアルバム3枚分くらい聴いた気になる。“蓮の花”という意味を持つグループ名だけに、オリエンタルな雰囲気のアート・ワークも見ごたえあり。