ネットでとある記事を読み、感動した。

中央線の国立駅についてである。

国立駅と言えば、鉄道好きにとって三角屋根の特徴的な駅舎として知られていたが、中央線高架化により、古い駅舎は姿を消した。

ここまではよくある話なのだが、
駅舎解体に反対していた市民の手によって、解体された部材は、いつの日か再建が為される日まで丁重に保管されていたのである。そして何とか用地や条件など元あった場所での再建のめどが立ったとのことである。
街のシンボル再建に市民は喜んでいるそうだ。

私の元住んでいた大田区某所も、街のシンボルとして素敵な駅舎があり親しまれていたが、東横線が地下化され、一旦姿を消した。
しかしその後元通りに復元され、いまも街の顔となっている。

国立は、電車で通りすぎるだけで降りたことは一度もない。
しかし今回の記事を読み、国立市民の、街への愛着が我が地元の街と同じ感じだなあと感激したので、敬意を表し、訪問してみることにした。
(長い前振りだなぁ)


image
中央線であっという間に到着~
国分寺と立川の間に新しく作った街だから、国立ね。


image
駅前の看板にも、旧駅舎の部材保管についてしっかりと書いてある。感動的な街である。


image
同じ場所に復元されるというのだから、この新しい味気ない駅舎の前にあの三角やねの建物が建つんでしょうね。
何だか楽しみと言うか、どうなるやらハラハラすると言うか…。


image

国立は一橋大学を中心とする学園都市で、放射状の緑が多い広い並木道がとても綺麗。
…なんだかますます我が地元の大田区のあの街に似た作りだぞ。


image
通りは緑が多く歩道が広く、何だか外国みたい。


image
計画された街ならではの贅沢な空間の取り方。


image
街の真ん中にある一橋大学。
やはり学生が多い街は活気があって良いね。


image
広い並木道の両側には洒落た店や住宅が並び、いい雰囲気。


image
ここは、桜の時期には見事な桜並木になるらしい。


image
歩道橋より。
国立良いねえ。ちょっと住みたいと思った。


image


通りを真っ直ぐ南下して、谷保天満宮に行く。
image
歴史ある谷保天満宮に到着。
学問と交通安全の神様とのことで、お参りしていこう。


image
鳥居をくぐると、参道が下っている。
これは珍しいな。


image
熱心にお参りする人が結構いた。


image
お参り後、南武線の谷保駅から帰った。




最後に、私が感動した国立市役所の駅周辺整備課の方のインタビューを掲載させていただきたい。

『「実は私、転職組でして、初めて国立駅に降り立ったとき、まあなんときれいな街なんだろうと驚きました。そこでいろいろと調べたりして、この街が90年にわたる長い歴史に育てられてきたことを知ったんです。せっかくまちづくりの仕事をするのであれば、住みたい街のまちづくりをしたいと思いました」

そして「これはあくまで個人的な思いですが」と前置きして、以下のようにも話す。

「昨今は街の再整備ということが言われますが、どこもストーリーがない中で、スペックだけが重視されているような気がするんですね。すると建物や交通機関だけがハイテク化されて、個性がないからスペック競争になって、結果としてどこも同じような街ばかりが作られるんじゃないでしょうか。そんな中で国立には、せっかくこんなに長い歴史に育まれた住環境や文化があるんだから、その個性をこれから先の未来に残していきたい。そのうえでよりよい街になっていければと思います」』

ブラボー。拍手。全くその通り。



さ~て、チェリーさんはどうしているかというと、
image
元気です、とりあえず。




image
久しぶりにシャンプーしてあげてサッパリ。
(短毛で匂いのあまり無い犬種だから、ついついあまり洗わないんだよね…。)



image
イヤッホ~
気持ちいい季節の到来だ~


ゴールデンウィークに普通に休めるなんて何年ぶりだろうか。

娘が泳ぎたい病になり近所の市民プールに連れていく以外は、特に遠出もせず過ごすゴールデンじゃない日々。

フリータイムを楽しもうと調べていたら、朝7時からやってるスーパー銭湯を発見。
多摩センターの極楽湯で、しかも早朝割で600円だと。
よし行ってみよう。

朝だからそんなに混んでないし、良いなあ。

風呂上がりはやっぱり
image

たまの息抜き
image

多摩センターは何だか知らんけど賑わっていた。

image

ちょっと武蔵五日市までフラリと電車旅
image

東京都内のローカル線
終着駅の風情は、残念ながら近代化されて無くなったけど、行き止まりの線路と山並みが見えて、ちょっと良い雰囲気。

三鷹までわずか45分のローカル鉄道旅。

先月の話になるが、娘の友達の別荘にご招待された。犬好き一家なので、チェリーも連れてきて良いよという事になり、久々にチェリー含めての遠出だ。

DSC_0540
車で千葉県の上総一ノ宮に到着。
九十九里に近い海沿いの街だ。

別荘というと山小屋みたいなリゾートぽい非日常感?を勝手に想像していたが、昔ながらの広い古民家を買ったらしい。
なるほど、そういうのも悪くないな。


DSC_0545
夜は他の招待客も含めて、庭でバーベキュー。


DSC_0548
この日は結構寒かったが、チェリーも外でお付き合い。

image
この子がこの家の黒ラブくん。
まだ子犬だからめちゃくちゃ元気。
すごい力でグイグイ引っ張る。散歩は大変だろうな。
正直僕は飼う自信がない。

image
あいにくの雨だがチェリーさんも近所に散歩に行く。


image


image
多分大丈夫だろうとは思ったが、畳などにオシッコしてしまっては大変なので、オムツをすることにした。
嫌がるかなあと思ったが、意外と何も気にせず。


image
畳を傷つけないように靴下も履いてみる。



image
コタツで、本当に気持ち良さそうに寝ていた。
わかるよ、チェリー。人間もこれに入ると出られないほど気持ちいいんだ。



今回3日間お世話になったが、2日間雨だった…。チェリパパの雨雲を呼び寄せるパワーをここでも発揮しちまったのであった…。



image
「ふ~ やっぱりなんだかんだ言っても家が一番。」

↑このページのトップヘ