2018年06月20日

AMIN Indonesian Restaurant@深水埗(サムスイポー)


本題の前に、店のお知らせ!

明日(木曜)は定休日
明後日(金曜)は昼の部のみの営業。
お間違えなく!


*****
さて本題

6/7〜8の1泊2日の日程で、滞在時間約30時間の香港弾丸旅行に行ってきました。

前回の春回堂で亀ゼリーの記事からの続き。
香港旅行記の総まとめの記事はこちら


香港旅行1日目(6月7日)の記録。
亀ゼリーを食べた後は、ランチまでの時間調整のため観光(台風絡みの雨のため、意味もなく香港島のトラム乗る)をした後、MTRで深水埗(サムスイポー)へ。

サムスイポー 深水埗IMGP5381
深水埗(サムスイポー)は、2年前に香港食べ歩きの際にも来たエリア。その時は汁無し麺の店とスイーツの店をハシゴしました。

サムスイポー 深水埗IMGP5383
深水埗(サムスイポー)は、香港の秋葉原と言われていて電脳街なのと下町感が残っているエリアということでガイドブック等にも取り上げられています。


さて、今回行ったお店はこちらのお店
AMIN Indonesian Restaurant@深水埗IMGP5384
AMIN Indonesian Restaurant@深水埗IMG_1922
AMIN Indonesian Restaurant。
香港に行ったにも関わらず、香港最初のランチはインドネシア料理のお店。

こちらがメニュー
AMIN Indonesian Restaurant@深水埗IMG_1919
麺類、ご飯物、サテ(串焼き)等、インドネシア料理いろいろ。


麺類の部分を抜粋
AMIN Indonesian Restaurant@深水埗IMG_1917

そして食べたのがこちら
AMIN Indonesian Restaurant@深水埗IMG_1918

AMIN Indonesian Restaurant@深水埗IMG_1920
Bakmi Singkawang。
極細麺を使った具沢山の汁無し麺。
麺は自家製麺らしいです。

細麺の汁無し麺というと、麺がボソボソしていたり麺がくっついちゃったりとマイナス的な部分が多くなる印象ですが、この商品はかなりの極細麺にも関わらず一切そのようなことは感じられず。勉強になります
具に関しては麺との一体感はありませんが、麺→具→麺→具と、箸休め的に食べられてそれはそれで好印象。中でも豚の皮を揚げた物のサクサク感が良いです。

こちらのお店。麺類豊富で他の商品にも興味ありますが、もしまた来る機会があったら勉強のためにまた同じ物を食べるかもしれません。

そんな感じの香港で食べるインドネシアの汁無し麺でした。


以下、続く。


tabibitonoki2004 at 22:53│clip!香港旅行記(2016年11月)