2018年07月10日

謬酒家(ヨンキー)で汁無し麺の夕食

6月に1泊2日の日程で、滞在時間約30時間の香港弾丸旅行に行ってきました。

前回の公利真料竹蔗水で亀ゼリーの記事の続き。
香港旅行記の総まとめの記事はこちら


香港旅行1日目(6月7日)の記録。
亀ゼリーを食べた後は、街歩きをし、欧米人が集まるパブやクラブがある歓楽街の蘭桂坊(ランカイフォン)を通って一旦ホテルへ。一休みをして夕食へ。

今回行った店はこちら
謬酒家(ヨンキー)香港島IMGP5428
謬酒家(ヨンキー)。
ガチョウのローストで有名なレストラン。超が付くほど香港で有名な老舗レストラン。予約が必須の店ですが、正面玄関とは別にテイクアウト&ライトミール(軽食)の小さな入り口あり。一人でちょっと食べたいだけなのでテイクアウト&ライトミール(軽食)コーナーの小さな入り口から入店。
事前にネットでチェックするとテイクアウトした話は多々載っているものの、ライトミールの方で食べた話は全く出てこないので何の情報も無く入ってみることに。

小さい入り口を入るとガラス張りの厨房の前に十数人が座れる大きなテーブルがある軽食コーナー。テーブルの脇に植木で仕切りがあってその向こうが正面玄関から入る通常のレストランスペース。簡易的に軽食コーナーを分けている感じ。
大きめのテーブル席に案内され、他の一人客と相席。

メニューがこちら
謬酒家(ヨンキー)香港島IMG_1936
メニューの一部を写真で撮っただけですが、コース料理やアラカルトなど多数。軽食コーナーでもメニューは共通なんでしょうか?

食べたのはこちらの201番
謬酒家(ヨンキー)香港島IMG_1934
ガチョウのロ−ストとチャーシューがのったご飯

さらに
謬酒家(ヨンキー)香港島IMG_1935
ご飯を追加料金で麺に変更できる旨が書いてあるので、「汁無しの伊麺」という麺に変更。

出てきたのがこちら
謬酒家(ヨンキー)香港島IMG_1938
ガチョウのロースト&チャーシューのせ汁無し伊麺。
本当はご飯物ですが、勉強のため汁無し麺に変更しました。

謬酒家(ヨンキー)香港島IMG_1939

謬酒家(ヨンキー)香港島IMGP5424
名物のガチョウのローストの下にチャーシュー、その下に麺。
チャーシューが美味し過ぎてガチョウのローストの印象が残らず。このチャーシュー本当に美味しい!
麺はいくつかある中から一番中華麺に近そうな「伊麺」を選びましたが、タレが少なく、ほんのちょっとのタレで無理矢理、麺を食べてる感じ。伊麺は、以前マレーシアのイポーに汁無し麺の食べ歩きで食べた客家麺(ハッカミー)の麺に近い印象。
勉強のため、麺に変更しましたが、こちらの商品はご飯で食べた方が間違えなく美味しいと思います。


せっかくなのでデザートも
謬酒家(ヨンキー)香港島IMG_1937
亀ゼリーにも惹かれましたが、本日3杯食べているので別の物に

謬酒家(ヨンキー)香港島IMGP5425
マンゴープリン。
奇をてらわない王道のマンゴプリン。普通に美味しいです。

ガイドブック等にもよく載っているベタな店ですが、好印象だったので、また香港に来る際は、ぜひ来たいと思います。次回は、ローストご飯+名物のピータン+揚ワンタン+亀ゼリーの組み合わせかな?


そんな感じの夕食でした。


以下続く。