2018年07月17日

池記で汁無し麺のランチ



6月に1泊2日の日程で、滞在時間約30時間の香港弾丸旅行に行ってきました。

前回のレトロなスタバで朝食の記事の続き。
香港旅行記の総まとめの記事はこちら


香港旅行2日目(6月8日)の記録。
香港国際空港空港に到着した後は、出国審査を済ませて空港内で食べ歩き。

最初のお店はこちら
池記 香港国際空港IMG_1948
池記。
ワンタン麺やお粥などで有名なお店の空港の支店。
今回利用する飛行機の搭乗ゲートとは別のエリアにあるお店ですが、本当の目的のお店が池記の2軒隣にあって、その前にこちらで腹ごしらえ。
行列が少なかったので、すぐ食べられると思いましたが、大間違い!注文するとブザーを渡され、フードコートエリアで待つこと数十分。ブザーが鳴ったのでようやく出来上がり。

池記 香港国際空港IMG_1951
飛行機が見えるフードコートの席。

食べたのはこちら
池記 香港国際空港IMG_1949
蠔油撈麺。
麺にオイスターソースがかかった汁無し麺。
細麺の汁無し麺でよくある、麺がくっついちゃってしまいボソボソした食感
以前、香港で汁無し麺を食べた時にもありましたが、下の方(お皿に接している方)は茹で汁の味なのか、お皿を洗った後に残った水分なのかわかりませんが、若干嫌な感じの味がありました。付いてきたスープは美味しかったです。
汁無し麺の勉強のためと思い、これを食べましたが、次は定番のワンタン麺にしようと思います。


そんな感じでランチを食べたので、
本当の目的の2軒隣の店に移動します。


以下続く。


tabibitonoki2004 at 22:10│clip!香港旅行記(2018年6月)