香港旅行記(2016年11月)

2016年11月17日

香港旅行記 総まとめ


香港旅行記 1日目

・「バニラエアで香港へ」の記事はこちら
・「Just as inn(正一旅館)」の記事は、こちら
・「劉森記麺家@深水埗」の記事は、こちら
・「緑林甜品@深水埗」は、こちら
・「海天堂@尖沙咀(チムサーチョイ)」は、こちら
・「泰昌餅家(Tai Cheong Bakery)@スターフェリー埠頭」は、こちら
・「麥奀雲吞麺世家(Mak'sNoodle)@尖沙咀」の記事は、こちら
・「許留山@尖沙咀」の記事はこちら

香港旅行記 2日目

・「澳門茶餐廳@尖沙咀」の記事はこちら
・「恒香老餅家@尖沙咀」の記事はこちら
・「翠華餐廳@中環」の記事はこちら
・「金華焼臘大王@中環(セントラル)」の記事はこちら
・「春回堂薬行@中環&バニラエアで帰国」の記事はこちら



tabibitonoki2004 at 06:00|Permalinkclip!

香港旅行記 バニラエアで香港へ

店の定休日と臨時休業1日を使い、ほぼ24時間滞在の弾丸旅行で香港へ。
空港での手続きの時間なども含むため、実質20時間くらいの滞在。


今回、利用した航空会社は、LCCのバニラエア。
香港旅行記 バニラエアIMGP4042

香港旅行記 バニラエアIMGP4040
バニラエアに乗るのは初めてなので楽しみ♪

LCCは、予約した日や出発日等によって価格が変動しますが、今回利用した便の運賃は片道4,990円。空港使用料など諸経費を含めると往復で1万数千円。

香港旅行記 バニラエアIMGP4039
香港旅行記 バニラエアIMGP4037

LCCに乗るのは、イポーに食べ歩きに行った時に「エアアジアX」に乗って以来2回目。
座席の間隔などは明らかにバニラエアの方が狭いですが、飛行時間は、バニラエアの方が短いのと、今回は往復共、窓側の席だったため、狭くても特に問題なしでした。ちなみに3列−3列の席の配列で、窓側の席の人がトイレに行く際は、2人立ち上がって通路に一旦出ることになります。それぐらいの狭さ。
参考までに、非常口のある席は若干広めですが、非常口があるため足元に手荷物を置けない(荷物は頭上の棚に収めなくてはいけない)ので、個人的には狭くても非常口の席じゃないところの方が良いです。


さて、出発。
機内では、映画などエンターテイメントは無いので、暇ヒマ状態
ガイドブックをみたり、機内誌を熟読したりしながら過ごします

機内食は、有料ですが、何も食べないのも寂しいので、「バニラエア特製 バニラくり〜むあんぱん」とコーヒーを注文。
香港旅行記 バニラエアIMGP4047
バニラエアのロゴ入りで、飛行機好きなら、つい注文したくなる一品
あんぱんは、バニラクリームとあんこの組み合わせで美味しいですが、唯一残念なのが、機内での保存上の関係か、あんぱんが冷えてて冷たい・・・。 機内アナウンスで「TV番組のマツコの知らない世界で紹介されたあんぱんで・・・・」と言ってましたが、マツコ氏が食べたのは冷たいものか常温に近いものかは不明。


そんな感じで機内を過ごすこと数時間。
香港国際空港に到着!
このくらいの飛行時間ならLCC充分です
香港旅行記 バニラエアIMGP4050
ちなみに、香港に来るのは1993年以来で2回目。
前回は、返還前で、今の空港になる前の空港(カイタック空港)の頃。
到着した時の印象は、大気汚染の関係かどうかわかりませんが、景色がイマイチな印象。夜に夜景を見た際も、翌日にスターフェリーに乗った際もモヤモヤした感じでした。


さて、到着後はホテルへ。
宿泊するホテルは、エアポートバスのバス停の目の前という絶好のロケーションですが、今回は、滞在時間が短いので、値段は高い&乗り継ぎがあって不便ですが、移動時間が短い「エアポートエクスプレス+無料のシャトルバス+徒歩」の組み合わせでホテルへ行くことに。

香港旅行記 エアポートエクスプレスIMGP4051
まず、エアポートエクスプレス。
フリーWi-Fiが利用でき、さらに席に充電用の差し込み口があるためスマホを充電しながら香港のことを調べながら移動♪。帰りのエアポートエクスプレスには充電するところが見つからなかったので席によってなのか?


九龍駅に到着し、無料のシャトルバスに乗り換え。
香港旅行記 フリーシャトルIMGP4053


バス停3つ程で、九龍地区の中心・尖沙咀(チムチャーチョイ)に到着。
香港旅行記 チムチャーソイIMGP4055

歩いてホテルに行きたいと思います。


以下、続く。




tabibitonoki2004 at 16:00|Permalinkclip!

香港旅行記 Just as inn(正一旅館)に宿泊


香港弾丸食べ歩き旅行の前回の記事からの続き。

九龍地区の中心・尖沙咀(チムサーチョイ)に到着し、ホテルへ。

今回の宿泊先は、「Just as inn(正一旅館)」というホテル。
このホテルを選んだポイントは、滞在時間が短いということで、便利な場所&価格が安いの2点。
ネイザンロード沿いで、ホテルの目の前が空港からのバスのバス停。地下鉄(MTR)の駅もすぐという抜群のロケーション! ですが、宿泊した人の滞在記を見ると「場所がわかりずらい」というコメントが多数・・・。

実際に到着してみると建物は、こんな感じの雑居ビル。
JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4060
外にはホテルの看板など一切なし!


恐る恐る雑居ビルの中に入るとテナント一覧。
JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4058

JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4057
8階に「Just as inn」と書いてあるのでエレベーターへ。

ちなみにエレベーターは、ノロノロ運転。おまけに7人乗りの狭いエレベーターで、他の階の利用客も多いので来ても乗れずに時間のロスすることも・・・。

エレベーターで8階に到着。
JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4062
完全に雑居ビルの1画で通路の奥がホテル。

JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4063
ホテルに到着。


ホテルのロビー。
IMGP4135
一度も利用しませんでしたが、ロビーには、コーヒーメーカーが置いてありコーヒーはいつでも無料。

チェックインの際に、「トイレにトイレットペーパー等を流さないこと」という誓約書にサインをさせられるのと、「夕方以降はロビーに人がいなくなるので、何かあったら近くにある同じ系列のホテル(JUST INN)に電話して・・・」みたいなことを言われながら、部屋へ。 ちなみにWi-Fiは無料です。

さて、部屋の様子
JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4070
左が部屋の入口で、右がベッド。

JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4072
ベッドはこんな感じで壁に何かアート的なものが描かれてます。
定員2名の部屋ですが、ここに2人寝るのは狭いと思います。
壁にTVが設置されてますが、一度も見ませんでした。

JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4071
ベッド周り。
右側に窓がありますが、窓を開けるとすぐ隣の建物なのでブラインドは一度も開けず。

JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4067
ティッシュ、ドライヤーなど。


JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4064
右側は入口、左はテーブル。奥はトイレとシャワー。
セーフティーボックスや冷蔵庫は無し。

トイレとシャワーは一体型で、シャワーを使うとトイレも水浸しになってしまうタイプ
昔、貧乏旅行をしている時に、トイレ&シャワーが共同の安いゲストハウスで、誰かが使った後のビシャビシャのトイレ&シャワーに入って気持ち悪い思いをした記憶を思い出します

JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4068
アメニティの歯ブラシとスリッパ。
スリッパは部屋で使うというより、床が水浸しになった濡れたトイレで使用。

JUST AS INN 正一旅館 香港 チムチャーソイ ホテルIMGP4066
ボディーソープとシャンプーは一応あります。
歯磨き&洗顔はこの狭いシンクで。

一応、ホテルというカテゴリーですが、感覚としてはキレイなゲストハウス。
たった1泊の滞在ですが、便利な場所にあるホテルを利用します。



以下、続く。


tabibitonoki2004 at 16:30|Permalinkclip!

劉森記麺家@深水埗(香港)


前回の記事からの続き。

ホテルに荷物を置いたら早速食べ歩き。
尖沙咀(チムサーチョイ)から地下鉄MTRで5つ目の駅・深水埗(サムスイポー、シャムスイポー?)へ。



今回行ったお店はこちら
劉森記麺家@深水埗 蝦粉雲吞勞麺IMGP4075
劉森記麺家(Lau Sum Kee Noodle)。


同じエリアのすぐの所に同じ名前の店がもう一軒あって、本店と支店なのか、全く関係ないのか等、詳細は不明。よくわからなかったので、この外観の方の店に入店。
劉森記麺家@深水埗 蝦粉雲吞勞麺IMGP4076


食べた物はこちら
劉森記麺家@深水埗 蝦粉雲吞勞麺IMGP4080
蝦子雲呑撈麺。
極細麺に海老の卵を乾燥させたものがかかった汁無し麺。
今回の食べ歩きで一番食べてみたかった麺料理。
ワンタンはお皿にトッピングで付いているのかと思いきや予想に反して別椀のワンタンスープで出てきました。
汁なしの極細麺ということでボソボソとした食感なので、ワンタンスープが良い箸休めに。

他のテーブルで他の麺で蝦子がかかったものやジャージャー麺っぽい蝦子の麺を食べてた人がいたので、それも興味あり。次回は、勉強のためにそちらを食べてみたいと思いました。

劉森記麺家@深水埗 蝦粉雲吞勞麺IMGP4077


こんな感じの香港最初の食事でした。


以下、続く。


香港旅行総まとめの記事は、こちら


tabibitonoki2004 at 17:00|Permalinkclip!

緑林甜品@深水埗(香港)


前回の記事からの続き。
香港総まとめの記事はこちら

麺類を食べた後は、食後のデザート。

劉森記麺家からすぐの所にある老舗のスイーツの店「緑林甜品」へ。
緑林甜品@深水埗(シャムスイポー)香港スイーツIMGP4083
緑林甜品@深水埗(シャムスイポー)香港スイーツIMGP4081
麺の店も今回のスイーツ店もどちらも有名みたいなのでセットで行く人も多いのでは。


こちらがお店の外観
緑林甜品@深水埗(シャムスイポー)香港スイーツIMGP4084
写真付きのメニューが外に貼ってあるのでチェックしてから入店。
(メニューはとても豊富です)。


注文したのはこちら
緑林甜品@深水埗(シャムスイポー)香港スイーツIMGP4087
生磨栗子粒露。
季節(冬)限定商品の栗のお汁粉。
見た目はとっても地味ですが、栗味濃厚なお汁粉。器の底には細かい栗がゴロゴロ入ってます。


もうひとつこちら
緑林甜品@深水埗(シャムスイポー)香港スイーツIMGP4089
楊枝甘露豆腐プリン。
豆腐プリン+タピオカ入りマンゴピューレ+ポメロ(グレープフルーツ?)の身の組み合わせ。


緑林甜品@深水埗(シャムスイポー)香港スイーツIMGP4085
緑林甜品@深水埗(シャムスイポー)香港スイーツIMGP4086


今回は、暖かスイーツと冷たいスイーツの組み合わせで食べましたが、メニューがとにかく豊富で魅力的なものが多いのでまた来てみたいです。


そんな感じのスイーツでした。


以下、続く。


香港総まとめの記事はこちら



tabibitonoki2004 at 17:30|Permalinkclip!

2016年11月30日

海天堂@尖沙咀(チムサーチョイ)香港

先日行った、香港食べ歩きの話。
海天堂@尖沙咀(チムチャーチョイ)香港 亀ゼリーIMGP4093
今回は、コレを食べた話です。


******
前回の記事の続き
香港総まとめの記事はこちら


深水埗で麺類を1杯、食後のデザートを2杯食べた後は、尖沙咀(チムチャーチョイ)に戻って、さらにもう1軒。

今回のお店はこちら
海天堂@尖沙咀(チムチャーチョイ)香港 亀ゼリーIMGP4092
海天堂。
チェーン展開している亀ゼリーのお店。


海天堂@尖沙咀(チムチャーチョイ)香港 亀ゼリーIMGP4091
電飾看板がギラギラしてて香港っぽいです。



今回食べたのはこちら
海天堂@尖沙咀(チムチャーチョイ)香港 亀ゼリーIMGP4093
亀ゼリー。

日本ではあまり食べる機会はありませんが、自称「亀ゼラー(亀ゼリー好き)」なので、今回は24時間の滞在で4杯食べるのが目標(実際には3杯で目標達成ならず)。

こちらの亀ゼリーは、苦みはあるものの若干控えめ。
「漢方っぽい苦みが苦手な人は卓上のシロップをかけると食べやすい・・・云々」と言われてますが、個人的にはシロップ不要で、もっと苦めな方が好みですが、チェーン展開しているとこのくらいの方が万人受けするのかも。

海天堂@尖沙咀(チムチャーチョイ)香港 亀ゼリーIMGP4095

本当は亀ゼリーとセットで苦いハーバル茶をセットにしたいところでしたが、食べ歩きがまだまだ続くので今回は自粛。そんな感じの、亀ゼリーでした。



亀ゼリーを食べた後は、泊まっているホテル Just as inn の1つ隣の通りにある本屋さんへ。
SWINDON BOOK(チムサーチョイ)本屋IMGP4097
SWINDON BOOKというお店。


こちらでは、趣味で集めている地図帳(授業で使うようなやつ)を購入。
SWINDON BOOK(チムサーチョイ)本屋IMGP4099
香港の地図帳。
旅先の本屋さんで、本を探すのが好きですが、今回は弾丸トラベルで時間もないので店員さんに聞いて一発で購入。 まだじっくり見てないので、そのうちに中身を紹介します。


こんな感じの亀ゼリー&本屋さんでした。

以下、続く


香港旅行記 総まとめの記事はこちら



tabibitonoki2004 at 22:29|Permalinkclip!

2016年12月03日

泰昌餅家(Tai Cheong Bakery)@スターフェリー埠頭 香港

先月行った、1泊2日の香港弾丸食べ歩き旅行の続き。
今回は、これを食べた話です。
香港 泰昌餅家 エッグタルト スターフェリー乗り場IMGP4110



******
前回の食べ歩きの記事からの続き。
香港旅行記 総まとめの記事はこちら


汁無し麺を食べ、スイーツを2杯食べ、亀ゼリーを食べ、ホテルで小休憩を取った後は、食べ歩きの続き。


今回、行ったのはこちらのお店
香港 泰昌餅家 スターフェリー乗り場IMGP4111
エッグタルトで有名なお店「泰昌餅家」のスターフェリー埠頭店。


香港 泰昌餅家 エッグタルト スターフェリー乗り場IMGP4110

香港 泰昌餅家 エッグタルト スターフェリー乗り場IMGP4114
エッグタルトをテイクアウトしてスターフェリーの中で食す。

エッグタルトは、これまでに3〜4回食べたことがありますが、正直いまひとつその良さがわからず・・・
※不味いとか口に合わないとかいう訳ではなく、食べたら普通に美味しいけど、なぜエッグタルトの人気があるかわからないと言う意味で。
有名なお店の物を食べたら良さがわかるかな・・・・と、確認の意味で久しぶりに食べてみましたが、普通に美味しいけど何故人気なのかまではわからず  香港には、エッグタルト以外にも、いろんなスイーツがあるのに謎は深まるばかり。 と、いうことで、またどこかでエッグタルトを見つけたら食べようと思います。



さて、エッグタルトを食べる前後に、少しだけ観光。
香港 シンフォニーオブライツ 夜景IMGP4101

香港 シンフォニーオブライツ 夜景IMGP4109
まず、毎日20:00から開催している光のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」。
ギネスブックにも載ってるイベントとのことなので見に行きましたが、期待が大きすぎたのか、正直かなりガッカリ
高層ビルからのレーザー光線なども、えっ!? これだけ???って感じだし、流れている音楽も音量小さいし・・・。
シンガポールのマリーナベイサンズで毎日2回実施しているショーに比べるとかなりスケールダウン
大気汚染なのか、香港の夜景そのものが昔に比べてスッキリしてない感じもしました。


あと、1ヵ月少々でクリスマスということで、一部の場所でクリスマスイルミネーション。
香港 クリスマスIMGP4115
香港 クリスマスIMGP4117
香港 クリスマスIMGP4118
香港 1881 クリスマスIMGP4119
まだ、少し早いですが、あと1か月くらいしたらもっと賑やかな場所が増えていくでしょう。


そんな感じのエッグタルト&観光でした。


以下続く。



香港旅行記 総まとめの記事はこちら



tabibitonoki2004 at 22:02|Permalinkclip!

2016年12月05日

麥奀雲吞麺世家(Mak'sNoodle)@尖沙咀 香港

先月に行った、香港食べ歩き弾丸旅行の続き。

今回は、これを食べた話です。
麥奀雲吞麺世家Mak'sNoodle香港尖沙咀IIMGP4127

麥奀雲吞麺世家Mak'sNoodle香港尖沙咀IIMGP4130


******
前回の食べ歩きの記事からの続き。
香港旅行記 総まとめの記事はこちら


観光の後は、夕食。

当初の予定では、尖東エリアにあるロースト飯の店に行くつもりでしたが、行ったら閉店したのか他の店になっていたので予定変更。思い当たる店がなかったので、ホテルの近くの楽道(Lock Road)にあるお店にふらっと入ってみました。

麥奀雲吞麵世家Mak'sNoodle香港尖沙咀IMGP4122
麥奀雲吞麺世家Mak'sNoodle香港尖沙咀IMGP4124
麥奀雲吞麺世家(Mak'sNoodle)。
全く事前情報なしで入りましたが、帰りにレジのショップカードを見たら香港に6店舗、中国広州に1店舗、シンガポールに3店舗ある麺とお粥のお店でした。


ます、こちらを注文
麥奀雲吞麺世家Mak'sNoodle香港尖沙咀IIMGP4127
世家雲吞麺。
ワンタン麺じゃなくて、かけそばなの? と思っていたら麺の下にエビワンタンがゴロゴロ入ってました。
かなり小振りな器だったので、食べてる途中で、もう1杯注文。

こちら
麥奀雲吞麺世家Mak'sNoodle香港尖沙咀IIMGP4130
蝦子撈麺。
海老の玉子を乾燥させたものがかかった汁無し麺。
この麺を食べるのは本日2回目。
麺の上の方に関しては、美味しかったですが、下の方(お皿に接している方)は茹で汁の味なのか、お皿を洗った後に残った水分なのかわかりませんが、若干嫌な感じの味がありました。付いてきたスープは1軒目に食べたお店は煮詰まったボヤけた味でしたが、こちらの店はスッキリしていて美味しかったです。


麥奀雲吞麺世家Mak'sNoodle香港尖沙咀IIMGP4125
麥奀雲吞麺世家Mak'sNoodle香港尖沙咀IIMGP4126

ワンタン麺は、滞在中にどこかで1回食べたかったので丁度良かったです。



そんな感じの食べ歩きでした。


以下続く


香港旅行記 総まとめの記事はこちら




tabibitonoki2004 at 22:21|Permalinkclip!

2016年12月07日

許留山@尖沙咀(チムサーチョイ) 香港

先月に行った香港弾丸食べ歩き旅行の記事の続きです。


今回は、これを食べた話です。
許留山@楽道 スイーツ尖沙咀(チムサーチョイIMGP4136


*****
前回の食べ歩きの記事からの続き。
香港旅行記 総まとめの記事はこちら


汁無し麺を1杯食べ、スイーツを2杯食べ、亀ゼリーを1杯食べ、エッグタルトを食べ、ワンタン麺&汁なし麺を食べた後、本日の食べ歩きの締め。
夕方17:00頃から食べ始めて何と6軒目!


最後の締めはこちらのお店
許留山@楽道 スイーツ尖沙咀(チムサーチョイIMGP4134
許留山(HUI LAU SHAN)。
5軒目を食べた麺のお店と同じ楽道(Lock Road)にあるスイーツのお店。
香港のあっちこっちにあるスイーツのチェーン店。


デザートは別腹ということで、マンゴーデザートと亀ゼリーを食べる予定でしたが、残念ながらこの混雑ぶり。
許留山@楽道 スイーツ尖沙咀(チムサーチョイIMGP4132
外待ちが発生していたので、店頭のショーケースに並んでいた亀ゼリーをテイクアウト。ホテルで食します。


許留山@楽道 スイーツ尖沙咀(チムサーチョイIMGP4136
亀ゼリー(ミニサイズ)。本日2杯目の亀ゼリー。

自称:亀ゼラー(亀ゼリー好き)の自分には、亀ゼリー独特の漢方的な苦みが全然足りない感じですが、スイーツチェーンの亀ゼリーだとしたら、これ位の苦さ控えめが無難かも・・・って感じも。

マンゴースイーツが食べられなかったのが残念でしたが、本日の食べ歩きは、これにて終了。

明日も食べ歩きは続きます。



以下続く。



香港旅行記 総まとめの記事はこちら




tabibitonoki2004 at 22:34|Permalinkclip!

2016年12月10日

澳門茶餐廳@尖沙咀 香港

先月行った、弾丸トラベル・香港食べ歩き旅行の続き。

今回はこれを食べた話です。
(これ以外にも食べてます)
澳門茶餐廳 尖沙咀 マカオ ポークチョップバーガーIMGP4150


*******
前回の食べ歩きの記事からの続き
香港旅行記 総まとめの記事はこちら


香港 弾丸食べ歩き旅行2日目


今回、宿泊しているのホテルは朝食付きではないので、朝から外出。


当初の予定では、香港スイーツで有名な「糖朝」で朝食&スイーツの予定でしたが、昨日、店の前を通って気になったマカオ料理のファミレスみたいなお店に変更。
澳門茶餐廳 尖沙咀IMGP4139
澳門茶餐廳。
ホテルの裏手あたりにあるお店。ネイザンロードの1本隣の楽道(Lock Road)にあります。
朝6:30から営業してるので、早朝からの食べ歩きにも最適。


3品注文し、まず最初に運ばれてきたのがこれ
澳門茶餐廳 尖沙咀 エッグタルトIMGP4141
マカオ名物のエッグタルト。いきなりデザート登場!
今回の旅行2回目のエッグタルト。 
エッグタルト云々・・・に関しては以前の記事でも書きましたが、再確認するために注文。 熱々でこれまでに食べた中では一番おいしいかも。


エッグタルトを半分くらい食べたところで2品目登場
澳門茶餐廳 尖沙咀 ミルクティーIMGP4144
トラディショナルミルクティー。
温かい飲み物が飲みたかったものの、メニューの写真に惹かれて注文。
甘くて美味しかったです。


3品目
澳門茶餐廳 尖沙咀 マカオ ポークチョップバーガーIMGP4150
マカオのB級グルメ「ポークチョップバーガー」。
食べたことがなかったので、これを食べてみたくてこの店に入った次第。
たまたまかもしれませんが、結構豚臭いお肉だったので食べた感想云々はありませんが、本場のマカオに行ったら何軒かで食べ比べてみたいです。


澳門茶餐廳 尖沙咀IMGP4147
澳門茶餐廳 尖沙咀IMGP4146

メニューも豊富で他にも食べてみたいものがありました。


そんな感じの朝食でした。


以下続く。


香港旅行記 総まとめの記事はこちら




tabibitonoki2004 at 22:26|Permalinkclip!

2016年12月11日

恒香老餅家@尖沙咀(チムサーチョイ) 香港

前回の食べ歩きの記事からの続き。
香港旅行記 総まとめの記事はこちら


朝食を食べた後は、お土産探し&帰りの機内で食べるテイクアウト用の食べ物探し。

今回、行ったのはこちらのお店。
恒香老餅家 老婆餅 皮蛋酥 尖沙咀チムサーチョイIMGP4163
恒香老餅家@尖沙咀(チムサーチョイ)。

元朗というエリアに本店がある老婆餅で有名なお店。
今回の旅行で元朗エリアに食べ歩きに行く予定でしたが、時間がなさそうだったので断念。 しかし、ホテルから歩いて数分程度の所に恒香老餅家の支店があるとのことでこちの店へ。


購入したのはこちら
恒香老餅家 老婆餅 皮蛋酥 尖沙咀チムサーチョイIMGP4166
奥:皮蛋酥(ピータンパイ)、
手前:老婆餅。

皮蛋酥(ピータンパイ)は、中にピータンが入ったパイ。どんなもんだろうと思って興味があって購入。
帰りの飛行機の機内で食しましたが、料理として食べるピータンっぽくなく全く違和感のないパイでした。
老婆餅は、冬瓜の餡が入ったパイ。テイクアウトすると周りの生地がボロボロに崩れてしまいますが、あっさり薄味で美味でした。

恒香老餅家 老婆餅 皮蛋酥 尖沙咀チムサーチョイIMGP4164
次回、香港に行く際は、元朗エリアへ食べ歩きに行きたいので、その際は、本店でいろんな中国菓子をテイクアウトしたいです。


以下、続く。


香港旅行記 総まとめの記事はこちら


tabibitonoki2004 at 21:31|Permalinkclip!

2016年12月12日

翠華餐廳@中環(セントラル)香港

先月行った、弾丸トラベル・香港食べ歩き旅行の続き。

今回はこれを食べた話です。
(これ以外にも食べてます)
翠華餐廳 中環セントラル パイナップルパン ドリアン味IMGP4177


******
前回の食べ歩きの記事からの続き。
香港旅行記 総まとめの記事はこちら


ホテルをチェックアウトし、スターフェリーに乗って九龍サイドから香港島へ。
香港 スターフェリーIMGP4157
香港 スターフェリーIMGP4158
香港 スターフェリーIMGP4161
昨晩もスターフェリーで往復したので、今回の旅3回目の乗船。
スターフェリーに乗ること自体が香港でのアトラクションみたいなものです。


さて、香港島でランチをする予定でしたが、店に行く途中、予定になかったものを見つけてしまったので急遽こちらの店に寄り道。
翠華餐廳 中環セントラル パイナップルパン ドリアン味IMGP4176
翠華餐廳@中環(セントラル)の中環中心の近く。
翠華餐廳は、香港版のファミレスみたいなお店であちこちにチェーン展開してます。
そのお店の入口付近にパン類をテイクアウトしているショーケースがあって覗き見したところ興味深々なものがあったのでつい購入。

こちら
翠華餐廳 中環セントラル パイナップルパン ドリアン味IMGP4177
榴櫣菠蘿包(ドリアンパイナップルパン)。
香港名物「パイナップルパン」のドリアン味。

果物の王様・ドリアン。
今から数十年前、タイで初めてドリアンを食べた時の衝撃的な不味さ&くっさ〜い臭さ
果物の王様が、こんなはずではない!と思い、ドリアンケーキ、ドリアンシュークリーム、ドリアンクッキー、ドリアンアイス、ドリアン羊羹、ドリアンチップスetc...、ドリアン味のものを見つけては、確認の意味で積極的に食べるようにしています。
そんな訳で「嫁へのお土産」と称してドリアン味のパイナップルパンを購入。
帰国後、自宅で食べたところ、商品そのものがしっかりドリアン臭
ドリアン嫌いな嫁は、一口で撤収・・・
そのほとんどを自分が食べましたが、中身はしっかりドリアン味ですが、周りを覆っているパイナップルパンの生地が案外美味しいので「食えなくはない味」という感想。何となくまた香港で見つけたら買ってもいいような感じがするのは、ドリアンに関しての耐久力がついてきたのか・・・。


あと、もうひとつ。
翠華餐廳 中環セントラル パイナップルパン ドリアン味IMGP4178
チキンパイ。
ドリアンパイナップルパンを一個だけ購入するのも何なので、こちらも購入。
帰りの飛行機内で食しましたが、クリームソースみたいなものが入ったパイ。普通に美味しかったけど、温かいハパイの状態で食べたらもっと美味しいかも。


そんな感じのドリアンパイナップルパイとチキンパイでした。



以下、続く。


香港旅行記 総まとめの記事はこちら






tabibitonoki2004 at 22:09|Permalinkclip!

2016年12月14日

金華焼臘大王@中環(セントラル)

先月行った、弾丸トラベル・香港食べ歩き旅行の続き。
(食べ歩きの記事は今回も含めあと2回の予定)

今回はこれを食べた話です。
金華焼臘大王 中環セントラル ローストIMGP4189


******
前回の食べ歩きの記事からの続き。
香港旅行記 総まとめの記事はこちら



ドリアンパイナップルパンを購入した後は、同じ通りにある目的のお店へ。
金華焼臘大王 中環セントラル ローストIMGP4180
金華焼臘大王@中環(セントラル)の中環中心の近く。
ロースト肉のお店。

金華焼臘大王 中環セントラル ローストIMGP4191
店の前にぶら下がっているローストしたチキンやガチョウなどが目印。
昨晩、ロースト飯の店が無くなってて、食べ損ねたということでリベンジでこちらへ。


頼んだのはこちら。
金華焼臘大王 中環セントラル ローストIMGP4187
金華珍味五賓飯。
五種類のトッピングがのったご飯。

こちらのお店、麺類からご飯もの、一品料理などメニューはとにかく豊富。
メニューが多い上に、中国語と英語表記のメニューとあって、悩みながらメニューを見ていると店員さんが、「これオススメ!」と言ってきたのでそのまま注文。

金華焼臘大王 中環セントラル ローストIMGP4189
五種類のものは、豚のチャーシュー、ロースト鴨、チキン、内臓、塩玉子。
味的には甘めのタレがかかったご飯。
塩玉子は強烈な塩気なもののタレの甘さが単調なので、強烈な塩加減の塩玉子が逆に良いアクセントに。他の具として、ロースト鴨は骨が多く若干食べづらいカモ。
あと、見た目以上にお米(タイ米?)の量が多く、食べ歩きで店を何軒か回る人には不向きな量
最後の最後に空港でもう1軒食べようと思っていたので、ご飯を残そうかと思いましたが、食べ物を残すのは良くないので最後の空港で食べることを断念し、完食。
そんな、予期せぬボリュームの香港最後の食事でした。


金華焼臘大王 中環セントラル ローストIMGP4185



以下、続く。


香港旅行記 総まとめの記事はこちら


tabibitonoki2004 at 22:53|Permalinkclip!

2016年12月17日

春回堂薬行@中環(セントラル)香港 &帰国の途へ

先月行った、弾丸トラベル・香港食べ歩き旅行の記事の続き(今回が最終回です)。

今回はこれを食べた話です。
春回堂薬行 中環セントラル 亀ゼリーIMGP4193




******
前回の食べ歩きの記事からの続き。
香港旅行記 総まとめの記事はこちら

ボリュームのあるランチを食べてお腹いっぱいになった後は、デザートは別腹ということで食後のデザート。
デザートといっても、目的は亀ゼリー。

中環(セントラル)の摩羅上街地区にある亀ゼリーを売ってる行く店に行く予定でしたが、歩いていたら良さげな雰囲気のお店を見つけたので急遽予定変更。
春回堂薬行 中環セントラル 亀ゼリーIMGP4195
春回堂薬行。

テイクアウトだけだったら辞めようと思って、お店の人に聞いたら店内に簡易的なカウンターがあるとのことなので、入ることに(実際、奥行き20センチくらいの狭いカウンター)。


注文したのはこちら
春回堂薬行 中環セントラル 亀ゼリーIMGP4193
亀ゼリー。

今回の滞在時間24時間の弾丸旅行の中で食べた「海天堂」「許留山」の亀ゼリーと比べると、一番苦みが強い好みの味。漢方くさい臭いが苦手な人は、シロップをかけると食べやすくなりますが、自分は不要。
本音を言えば、漢方くさいハーバル茶もセットで注文したかったですが、これから狭いLCCのフライトでトイレに行きたくなるのを防ぐため水分控えめにしてるので残念ながら断念。

自称「亀ゼラー(亀ゼリー好き)」で、滞在時間24時間の旅で亀ゼリー4杯食べるのが目標だったのに3杯しか食べられなかのが残念なところ。

そんな香港旅行最後に締めの亀ゼリーでした。



亀ゼリーの後は、エアポートエクスプレスの香港駅から香港国際空港へ。
IMGP4197
帰りもバニラエアで帰国。

事前にネットで見たバニラエアの搭乗記を見ていると、「帰りの機内食は売り切れが多い・・・」とか「軽食程度なら持ち込んでも大丈夫そう・・・・」というレポートがいくつかあったので、帰りの機内では、機内食は食べずに事前にいろんなお店で買い物した香港名物のパイナップルパン&チキンパイ、チャーシューパン等を食す。
実際、帰りの香港からは機内食類の積み込みは無いのか、「売り切れました・・・」を連発していたので持ち込んで正解でした。

そんな感じで機内を過ごし、1泊2日の弾丸食べ歩き旅行は終了しました。
約24時間滞在の弾丸トラベルでしたが、そこそこ楽しめたので、これからも行けるタイミングが合ったら積極的に行こうかと思います。おしまい。



香港旅行記 総まとめの記事はこちら


tabibitonoki2004 at 22:25|Permalinkclip!