久々のブログです。

カフェカブ直後の悲痛な出来事からしばらく経ちました。
ブログもそれから書いてませんからもう一か月近く書いてないことになります。


最近の近況といいますと、来年の十国峠のチラシ配りに再び関東から近畿までいろんなところを回っている日々に加えて、うちの手元に来た新しい愛車ソロのカスタムに日々取り組んでいる日々です。

実は今年になって旅らしい旅は何もしてません。
皆さんの中では広報活動=旅というイメージがあるかもしれませんが、実際のところは旅というよりかはあくまで全国に散らばるカブを取り扱うショップへの広報活動であって、実際自分の中では旅という認識は全くありません。 

ゆっくり景色を堪能する余裕もなく、ただただ次の目的地に向けて必死に走るだけ。
一つでも多くの街に行き、十国峠に多くのショップとユーザーを集めたい。
そして十国峠で求めているユーザーと応えられるショップを結び付けたい。
そして十国峠に来ていただいた皆さんに最高の環境を提供したい。
ただそれだけのために走り続けてます。

と考えると今の自分て旅人(たびんちゅ)というハンドルネームを名乗る資格もないんでしょうね。
そんな風に実は最近思ってました。
ブログも更新してませんでしたし、実際のとこ何のためにブログ続けるかも見えなくなってたり、書くことないからもうやめちまうかとも実は思ってたりしてました。


でもね、世の中って不思議なもんなんですよ。
はっきり言ってカブのブロガーとして活動してなくても自分のことを見かけると、

「旅人(たびんちゅ)さんですよね?」

と声かけてくれたり、誰も知り合いのいないところでも

「たびんちゅさんですよね?」

とか声かけてくれる方が結構いたりするんですよ。
本当に嬉しいことですよね。


最近は十国峠カブ事務局の広報・芦川としての活動が多いですから、自分も実は旅人(たびんちゅ)の名前で久々に声かけられると逆にびっくりしたりするんです。
よく知ってるなぁ……ってね。

そうやって言って慕ってくれる方々がいるからカブ界での存在意義を見いだせてる気がします。

だから十国峠や富士カブ、奈良カブでお世話になった皆さんやいろいろなショップさん、そして自分を支えてくれたり、声をかけていただける皆様、そしてカブの輪会の仲間には本当に感謝しています。
なので日々その感謝だけは忘れないようにしています。
ありがとうございます。
今までも、これからも、よろしくお願いします。


ただこの名前を聞くと眉間にしわを寄せる人もカブ界にはたくさんいます。
元々言いたいことを平気で言ってた人間なので嫌悪感を持つ方がいるのはわかります。
誰にも好かれるなんて到底無理ですから、それは仕方ないなぁとは思ってはいます。

でも自分と関わったことでその方々が悪く言われるのだけは正直勘弁してもらいたいとは思いますね。
その方々は何も悪くありませんからね。
気に入らないのはわかりますが、自分と縁があっただけでその方々を悪く言うのはお門違いですから。
いい機会なのでこれだけは言わせてください。



さて、今年一年の最後に久々に言いたいことだけは言わせていただきました。
てなわけで今年のたびかぶろぐはこれにておしまいです。

来年は記事を書けるかな。
気が向いたらまたアップします。

このブログを読んでる方がまた自分のブログが読みたいって言ってくれた頃にまた戻ってきますね。 
それでは、またいつか。 

お久し振りというべきでしょうか。
正直カブ界の祭典とも言えるカフェカブ青山を終えた直後の悲報に言葉がありません。
大橋さんとは十国峠の件が縁でお付き合いが始まり、今年の十国峠では大変お世話になりました。
実際先日の青山でお話ししたばかりで実感がありません。
こんな形でお別れすることになるとは、本当に本当に辛いです。

生前、大橋さんは今のカブ界を憂いてました。
全国各地でミーティングが立ち上がり、カブ界が盛り上がる反面、不安要素も多かったらしく、心優しいからこそ心配で心配で仕方なかったのでしょう。

志半ばで他界された大橋さんの気持ちに応えるためにも残された我々は頑張らなくてはいけないと思います。
心よりご冥福をお祈りいたします。


加えてですが……。

道中でお会いした皆様。
カフェカブ会場でご挨拶頂いた皆様。
十国峠の件でいろいろとお声がけいただいた皆様。
そして、何よりこんな自分とともに歩んでくれる皆様。
本当にありがとうございます。

あなた方がいてくれるから私はカブ界での存在価値を見出せます。
これからもそんな皆さんの気持ちに応えるために頑張っていきます。

ではでは。 

さて、約一カ月ぶりの日記です。
なんかいろいろあったみたいですね。

カフェカブ九州、青山の日程が発表されたり、 またリコールの話が出たり。
カフェカブ青山はカブの輪会総出で日曜お邪魔します。
(近畿の皆は奈良カブにお邪魔するみたいです。)
リコールに関してはまぁいつものことですが、 うちのネオクロは五万キロノントラブルです。

この件に関してはそれだけ言えばいいんじゃないでしょうか。


まぁ、そんなとこで本題に入ります。
気になる人も気にならない人もいると思いますし、巷で知ってる方は知ってるとは思いますが……。

八月の下旬に長野の上田で交通事故にあいました。
幸い今は肋骨が痛む程度で普通に仕事もしてますし日常生活を送ってます。


 14068622_1042128705900651_3200410971131321649_o
その日、金曜日の夜に家を出て翌朝上越に到着する予定でリトルを走らせてました。

14102922_1042175785895943_5177234564181827246_o
 国道18号に入りいつものネタ写真を撮り、途中から浅間サンラインに抜けて長野に向かってました。
そんな途中での出来事です。

左側を走っていた自分の後方から猛烈な衝撃。
13tのトラックに突っ込まれました。

幸い頭は打っておらず、意識もはっきりしていましたが、頭部から出血していたり、身体も強打していたのでそのまま救急車で近くの上田救急医療センターに運ばれました。

image
事故での衝撃は想像以上で即入院になりました。
ほぼ寝たきりで、医者からは幸い骨折はないけれど、腰骨に骨折が判明したら当面寝たきりになるという診断でした。

image
当時の自分の写真です。
全くよく生きていたものです。

ちなみにスマホは破損し、家族や仲間に連絡が取れなかったので来てくれた家族に持っていたタブレットに合うSIMカードを作ってもらいようやくカブの輪会の仲間に連絡が取れたのは当日の夜でした。
皆には上越と長野に行くという話をしてたので急にレポがなくなり心配してたそうです。
皆の中には泣いて心配してくれた人もいたらしく、悪いことをしてしまったなぁと思いました。

image
翌日、幸い腰骨に骨折がないことが判明し、歩ければ即退院という診断で歩けてしまったので、うちの父親に強制連行されて熱海に行くことに。
そんな中、近くの佐久の三浦さんがお見舞いに来てくれました。
本当に有難い話です。

image
上田から東京を経由して熱海へ。
今新幹線使うと山梨側から在来線使うより早いんです。すごい。

image
ここから数日間熱海で休養することに。

image
 父親の働くホテルにお世話になりましたが、肋骨をやってるせいで寝るのがつらい。
(これは今でも変わらないです。)
座ったり、立ったり、歩くのはそんな辛くはないんですけどね。

image
 一週間、熱海の病院に滞在しながら静養してました。
そんな中、ふと思ったことがありまして。

image
 実は伊豆山神社のお守りを財布に入れていたのです。
魔除けの効果もあるということでもしかしたら事故の規模に比べてケガが軽かったのはこのおかげかなと思い、伊豆山神社にお礼参りに行ってきました。

image
 
image
本当にありがとうございました。
こういう時には神にすがってもいいと思います。

image
その後、加害者が富山から謝罪に来るってことで富士に戻ることに。
加害者も泣いて謝ってましたね。
でも事故の割にケガも軽かったし運がよかったんだと思うようにしましょうと言いました。
幸い自分も事故後一週間で復帰できましたしね。

image
それからは日常生活をしながら通院する日々を送ってます。
もうだいぶ良くなりました。
ただまぁ、完全とは言えず、相変わらず体は痛みますけどね。

image
あの事故から三週間。
自分は長野の上田にいました。
上田の某所に相棒を迎えに行きました。

image

image
しかし、損傷具合が酷く、結局廃車という診断。
まぁ、カブやってる人なら直せはするんでしょうけどね。
どちらにしろ自分一人では運べません。

廃車処分するならどうせなら再生してもらいたい。

image
なのでいつもお世話になってる埼玉の432factoryの清水氏にリトルの今後をゆだねることにしました。
きっと新天地で生まれ変わってくれるでしょう。
一カ月しか乗らなかったけど、相棒は相棒ですからね。

今回のこの出来事をみて皆さんはどう思ったんでしょう。
きっと俺が嫌いな人はざまあねえなとおもってるでしょうし。
逆に本気で心配してくれた方々には本当に感謝しなくちゃいけないですし。
きっといろんなとらえ方があるんじゃないでしょうか。

ただね、明日は我が身です。
死んだらそれまでなんですよ。
だから精一杯生きるのも大事だとは思いますけど。

無理はいかんですよ。 
少しは余裕もっていくほうがいいと思いますよ。
自分はそう思いました。
 

↑このページのトップヘ