【WS22:8月のWS】自由研究!日本遺産牧禎舎で藍染体験夏休みのお知らせ

2018年08月06日

町を活き活き応援隊養成講座、募集のお知らせ

町を活き活き応援隊養成講座として3回の勉強会兼ワークショップを行います。フライヤーが完成しましたので更新情報としてお知らせいたします。参加は1つだけでも複数回でもOKです。

IMG_5678


IMG_5679
第1回9/1(土)13:30-16:30

初回は、まちを再確認、再評価して現状を把握しようということで本庄まちネットの戸谷正夫さんから本庄市の活用実例報告を学び、ワークショップで自分たちのまちにどう活用できるかを考えます。イベント開催時には6,000名の参加者があるという二の蔵(にのくら)のご担当者にも参加いただく予定です。行政との連動がどのようになされていったのかなど参考になるお話がたくさん聞けそうです。

また、足袋蔵ネットワークからも代表理事の朽木が事例報告をします。



第2回9/11(火)10:00-12:30

第2回目は子育て世代をターゲットに女性視点でまちを元気にする場づくりをchoinakaの矢口真紀さんと考えます。子育て中だからこそ、自分がワクワクすることって何だろう、暮らすまちがどんなになったら楽しいだろうというところから考えてみませんか?

矢口さんは、「じぶんから仕事をつくろうとすることで、自分もまわりも元気になる。その行動によって仲間が増えて、暮らすまちが好きになる!」とさまざまな地域でやりたいことを仕事にしたい女性たちをサポートする複業家として講演活動をされてます。

足袋蔵ネットワーク初の託児対応もして、子育て真っ只中のママさんも参加できるようにします(要、事前予約)。子育て中だからこそ、自分がワクワクすることって何だろう、暮らすまちがどんなになったら楽しいだろうというところから考えてみませんか?
自分が得意なことを活かし、それをもちよる仲間が何人かいたら、思ってたよりもすんなりと無理だと思っていた大きな夢であっても実現できるかもしれません。

ぜひ内側に眠っていた思いを発して、参加者と共有し、意見交換しながら思いの実現につなげてみませんか?

矢口さんのご活動は以下のURLから参照ください。
▲自活力:①わたしたちの月3万円ビジネス http://sanbiz.jp/、②仕事創造ファクトリー「ひとつ屋根の下」
https://www.hitoyane.com/

▲仲間力:③しあわせすぎマルシェhttp://shiawasesugi.wixsite.com/2014

▲自給力:④SCDができるまでhttps://www.facebook.com/Sugitocreativedept/


託児ご希望の方へ

・受け入れられるお子さんの年齢は六ヶ月以上就学時未満です。

・飲み物等はご持参ください(ご希望に併せて飲ませます)

・おむつが必要な方はご用意いただき、お持ち帰りもしていただきます。


第3回10/6(土)13:30-16:30

第3回目はブランディングデザインの実践をデザイン業務を通して企業や事業のブランディングを手がけるindex designの宇佐美由里子さんに学びます。
ブランドづくりって何?どんなメリットがあるの?をわかりやすく学ぶ講座です。


宇佐美さんはイメージを絵に落とす達人です。1回目と2回目で学んだことをどう外にアピールするか、外へどう見せると良くなるか、目からウロコの気づきを得ませんか?


申し込み方法:参加者氏名、連絡先をメールまたはFAXでお申し込みください。
お問合せ:Tel&Fax 048-552-1010、メールアドレス:gyoda2@tabigura.net

開催日の3日前まで受け付け、その都度できるだけ早く返信していきます。各回50人定員となります。

上記の講師ならびにフライヤー作成者もすべて専門家ボランティアとして登録されている方〔手続き中も含む〕になります。埼玉県では地域貢献・社会貢献したい専門家ボランティアを登録し、紹介する活動をしています。この講座も平成30年度埼玉県専門家ボランティア中核人材養成事業となります。専門家ボランティアの詳細はこちらのURL(http://kyojo.saitamaken-npo.net/specialist/index.html)をご覧ください。講座をうけると「自分もこの分野なら専門家ボランティアとしてまちに貢献できるかも」と気づけるかもしれませんね。

tabigura at 18:43│Comments(0) 活動報告 | 牧禎舎

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【WS22:8月のWS】自由研究!日本遺産牧禎舎で藍染体験夏休みのお知らせ