アーツ&クラフツ

2018年03月13日

蔵めぐり2018出店者ご紹介:【飲食】北彩マトリョーシカ(4/21のみ)


北彩マトリョーシカさんは、ロシア料理で4/21(土)のみのご参加です。
場所は今津蔵の隣の駐車場を予定しています。

【出展者さんからのコメント】

ロシアのお菓子やスープを日本の皆さんに紹介したいと思います。
マトリョーシカも販売します。

ぜひお出かけください。


ホームページ(ブログ):なし

どうぞお楽しみに

------ 
ぎょうだ蔵めぐりまちあるき 2018  
【開催日時】  
 2018年4月21日(土)、22日10:00 ~ 16:00 (最終日22(日)は15時00分まで )  
   
 初コラボ:熊谷妻沼手づくり市(主催:妻沼まちづくり工房)
 同時開催:アーツ&クラフツinぎょうだ 、足袋屋横丁
    
当日受付:足袋蔵まちづくりミュージアム    
お問い合わせ:tel.048-552-1010(10時〜16時 足袋蔵まちづくりミュージアム)   
参加費:大人200円/小人100円    
参加費と引き換えにスタンプラリーマップを受け取ってください。    
(ボンネットバス乗車券、藍染体験料割引券、足袋とくらしの博物館入場券などが例年ついていますが、ほかにも検討中です)   

★着物でご参加いただくと、参加費無料
★熊谷妻沼手づくり市と両方に参加すると抽選でプレゼントあり

行田の中心市街地にある蔵や趣きのある建物をスタンプを集めながらめぐるイベントです。  
この日だけ見学できる場所、体験できることも多いのでぜひスタンプラリーへご参加ください


ボランティア募集中
日曜劇場「陸王」の放送、来年の大河ドラマでも足袋が話題にとりあげるなど、足袋への注目が集まってきている行田を満喫する2日間としたく、応援してくれるボランティアも育成しています。まだまだボランティア募集しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

tabigura at 12:00|PermalinkComments(0)

2018年01月06日

「蔵めぐり」お申し込み締め切りました

昨日の1月5日(金)にて「第14回ぎょうだ蔵めぐりまちあるき」への出展申込の締切りをいたしました。
たくさんの応募どうもありがとうございました。

抽選になりますので、結果は出展いただく方にのみ1月下旬頃(20日頃を目安)に返信予定です。
その後、こちらのブログなどでも発表されると思いますので、合わせてご確認ください。

よろしくお願いいたします。 

tabigura at 12:30|PermalinkComments(0)

2017年12月02日

【募集】第14回ぎょうだ蔵めぐりまちあるき 出展者募集

本日はいつもよりもひと足早く、「第14回ぎょうだ蔵めぐりまちあるき」の出展者を募集いたします!

いつもはこの時期に2月開催の「アーツ&クラフツinぎょうだ」の出展者を募集している頃なのですが、来年2月はアーツ&クラフツinぎょうだの開催を見送ることにしました。
今、埼玉県行田市では日本遺産への認定やTBS日曜劇場『陸王』の舞台となったことで蔵や足袋への興味関心が高まっていると考え、2018年はアーツ&クラフツの開催をしない代わりに、蔵めぐりの準備に注力することにしました。

アーツ&クラフツにいつもご出展・応募いただいている皆様、 2018年はぜひ蔵めぐりへの応募よろしくお願いいたします。
 
蔵めぐりでもアーツ同様、クラフト・作家モノ出展販売は牧禎舎を中心に出展しています。
来場者は着物の方が多いですが、作品はとくに和をテーマにする必要はありません。

今年も新しい蔵が加わるかも!?お楽しみに。

----------

【第14回ぎょうだ蔵めぐりまちあるき 出展者募集】

2018年4月21日(土)22日(日)開催の「ぎょうだ蔵めぐりまちあるき 2018」への出展者を募集します。

出展は基本的には両日ですが、一日のみの場合もご相談ください。

出展場所はアート・クラフト関係は牧禎舎(工場、母屋)を中心に、スタンプラリーのスタンプ設置場所となる一部の蔵を予定しています。飲食の出展はまちづくりミュージアム前を中心に牧禎舎前や空き地等、主に外での出展となります。テント等が必要な場合は各自ご用意ください。



●開催日時:2018年4月21日(土)22日(日)10時〜16時 *22日は15時終了

●開催場所:埼玉県行田市中心部。(参考:前回の地図→

●募集する出展内容:オリジナル作品(クラフト・アート)、飲食の販売。WS開催。音楽の演奏など。

●出展料:出展料はありませんが運営費として売上の10%を当NPO法人にご寄付いただきます。

●スペース:牧禎舎でのクラフト・アートの出展はひとり約180cm角。

●備品等:出展のための机や椅子やテントなどは出展者にご用意いただきます。



【募集要項】
以下の(1)〜(8)を2018年1月5日(金)までにメールでお送りください。

☆…広報時に公開
 
1)出展名(ふりがな) ☆
2)氏名 *グループの場合は代表者氏名
3)連絡先(住所/メール/携帯番号)
4)webサイトやblogなど広報時にリンク出来るURL ☆
5)希望の場所(蔵、牧禎舎工場跡、母屋 希望の蔵や必要な広さがあればその旨)
6)出展内容の詳細(アイテム名、飲食の場合はキッチンカーまたはテント等の形態について)
7)作品・販売品・出展の様子などの写真 ☆
8)PR文(150字程度) ☆
9)その他・備考など

以上をメールに明記して★2018年1月5日(金)までに足袋蔵ネットワーク 牧禎舎 藍染体験工房までお申し込みください。
 


お申し込みいただいた場合、3日以内に返信メールをお送りいたします。
もしも返信メールが届かなかった場合は、お手数ですがその旨を明記し再度送信お願いいたします。
基本的にいただいたメールに「返信」しますが、迷惑メールへ入っている場合もあるかもしれないので、よろしくお願いいたします。


また応募が多かった場合は抽選となります。
ブースサイズなどまちまちですので、出展が決まりましたら場所とともにご連絡をいたします。
出展のご連絡は1月下旬(20日頃)を目安にしております。 

※牧禎舎と各蔵の違い
牧禎舎での出展ブースは室内で照明もあります。
各蔵の場合、照明・その他備品は出展者にご用意頂きます。

 
面白い企画も歓迎です!
多くの皆様のご参加をお待ちしております。


tabigura at 21:00|PermalinkComments(0)

2017年04月15日

蔵めぐり2017出店者ご紹介:麻ひも草木染め Shirley's pot

麻ひも草木染め Shirley's pot (あさひもくさきぞめ シャーリーズ ポット)さんは、草木染め麻ひもバッグ、小物、ネイチャークラフトでのご参加です。 

Asa1

asa2

asa3
【出店者さんからのコメント】

少し田舎に移住し身の回りの植物から色を頂いています

市販の染料を極力使わず栽培から採集~加工~染色~製作まで自家製にこだわります 

季節の草木染めに自然を身近に感じて頂けたらと思います

「行田には出ないの?」の周囲の声に背中を押されての初エントリーです

URL: http://shirleys.ten-tree.com
 

どうぞお楽しみに


ぎょうだ蔵めぐりまちあるき 2017
【開催日時】
 2017年5月20日(土)、21日10:00 ~ 16:00 (最終日21(日)は15時30分まで )
 同時開催:足袋屋横丁
  
受付:足袋蔵まちづくりミュージアム  
お問い合わせ:tel.048-552-1010(10時〜16時 足袋蔵まちづくりミュージアム) 
参加費:大人200円/小人100円  
参加費と引き換えにスタンプラリーマップを受け取ってください。  
(ボンネットバス乗車券、藍染体験料割引券、足袋とくらしの博物館入場券などがついています) 

★着物でご参加いただくと、参加費無料!! 
さらに足袋とくらしの博物館でのMY足袋づくり体験が1000円引きになります。  
*着物の場合も受付してスタンプラリーマップを受け取ってください。  

行田市街地にある17の蔵や趣きのある建物をスタンプを集めながらめぐるイベントです。 
それぞれの場所で作品展示販売や演奏などいろいろな催しがされています。 
この日だけ見学できる場所、体験できることもあるのでぜひスタンプラリーへご参加ください〜!

tabigura at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月11日

蔵めぐり2017:ボンネットバス情報

蔵めぐりまちあるきの名物の1つがボンネットバス。

今、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」にも登場して話題になっていますね。蔵めぐりに参加すると参加特典として乗車できます。

ドラマは昭和39年の年代設定ですので同じ型のバスをオーナーさんにリクエストしました。蔵めぐりに登場するのは、赤、青、に続いて3代目の「白バス」です。蔵めぐりでは、初お目見えです。

bus

写真の後ろに移っているのが青バスです。

蔵めぐりのスタンプラリーマップについている乗車引換券を乗車券にかえると乗車できます。足袋蔵まちづくりミュージーアムで参加受付されてから、引き換え場所(乗車)場所にお越しください。奥貫蔵・蕎麦あんどのお隣り「くましん」駐車場がボンネットバスの乗り場&整理券引換所の予定です。

運行時間やルートは決まりましたらお知らせします。

また、年代物の車なのでもし故障で別の車になった場合にもお知らせします。


どうぞお楽しみに


ぎょうだ蔵めぐりまちあるき 2017
【開催日時】
 2017年5月20日(土)、21日10:00 ~ 16:00 (最終日21(日)は15時30分まで )
 同時開催:足袋屋横丁
  
受付:足袋蔵まちづくりミュージアム  
お問い合わせ:tel.048-552-1010(10時〜16時 足袋蔵まちづくりミュージアム) 
参加費:大人200円/小人100円  
参加費と引き換えにスタンプラリーマップを受け取ってください。  
(ボンネットバス乗車券、藍染体験料割引券、足袋とくらしの博物館入場券などがついています) 

★着物でご参加いただくと、参加費無料!! 
さらに足袋とくらしの博物館でのMY足袋づくり体験が1000円引きになります。  
*着物の場合も受付してスタンプラリーマップを受け取ってください。  

行田市街地にある17の蔵や趣きのある建物をスタンプを集めながらめぐるイベントです。 
それぞれの場所で作品展示販売や上映会、演奏などいろいろな催しがされています。 
この日だけ見学できる場所、体験できることもあるのでぜひスタンプラリーへご参加ください〜!

tabigura at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月15日

アーツ2017:藍染体験工房 絞り染めWS

WS17_poster-1

2/18(土)の「アーツ&クラフツinぎょうだ2017」と同日開催で牧禎舎 藍染体験工房の【WS17:2月のWS】を開催します。

現在
(1)10時〜12時…あと1名
(2)13時半〜15時半…あと3名  
受付中です。

今回の絞り染めWSでは、初心者にも出来て、なおかつ絞り染めの基本が分かる内容になっています。
これまで開催した「ちょうちょ絞り」「巻き上げ絞り」も含め 、初心者にも分かりやすく挑戦しやすい図案と技法を選びました。
教える側のこちらも、前回よりも分かりやすく・上手に出来るように、と思って少しずつですが改善してます。

170127_ws17sample

ぜひご参加ください。

-------------

【WS17:2月のWS】初めての本格的絞り染め体験
▶日時
2月18日(土)
(1)10時~12時(2)13時半~15時半 各回 5名ずつ

▶集合場所
牧禎舎(忍1-4-11)

▶内容
輪ゴムやビー玉を使った絞り染めよりもワンランク上の絞り染めの講座です。一度やり方を覚えたら空いてる時間にお家でも作業できるのでこの機にぜひお越し下さい。牧禎舎でご用意したハンカチ(45cm角)を使用します。
柄の数によっては時間がかかるため、後日藍染め出来るよう引換券のご用意もあります。お気軽にご参加ください。

▶予約の定員
各回5名ずつ 計10名

▶対象
小学6年生~

▶費用
1千500円(染め代込み)

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク ☎552-1010(10時~16時) Eメール makitei@tabigura.net


tabigura at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月14日

アーツ2017:会場案内 最新版

ACG2017information

もうすぐ「アーツ&クラフツinぎょうだ2017」開催です!
こちらが会場案内図の最新版となります。

飲食の出店のある牧禎舎 工場南側の駐車場は、月極駐車場の一部をお借りしている状態ですので、当日もご契約されている車が駐車場内にあります。ご配慮と、また出入りする車に気をつけてご来場ください。

牧禎舎の正面(蓮華寺通り側)には昨年のB-1グランプリスペシャル出展時に足袋とくらしの博物館&仕立て屋りゅうのひげさんと制作した「メガ足袋」も登場します。履けるように考えていますので、ぜひ写真撮影して遊んでくださいね。

またこれまでご案内してきました工房双葉さんの出展ですが、 こちらのミスにより今回は出展されないこととなりました。とても残念ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 

tabigura at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月02日

アーツ2017:電車でのアクセス方法

アーツ&クラフツinぎょうだの会場となっている牧禎舎に、電車でお越しになる場合には2通りあります。

1つは、秩父鉄道を使って、もう1つはJR高崎線を使ってです。
 
秩父線の場合には、行田市駅の南口から徒歩5分です。
 
 
 
JRの場合には、吹上駅の北口ロータリーからでている朝日バスをご利用ください。バスの本数も多くて便利です。
 
 
佐間経由(新町1丁目下車。徒歩5分)
 
前谷経由(商工センター前下車。徒歩3分)
 
 
 
JR行田駅からも市内循環バスがでていますが、こちらはあまりお勧めしません。もし間違えて行田駅で降りてしまった場合には、市内循環バスで行田市バスターミナルで下車して徒歩(10分程度)でお越しください。
バスの乗り継ぎが悪すぎるときは、北口を降りてすぐにあるJR行田駅前観光案内書でレンタサイクルを借りるという方法もあります。
 
 
 
鉄道を引く際に「列車の煙で、足袋のキャラコが汚れたらどうするんだ!」という反対が多く、JR線は行田市の端においやられてしまったという歴史があるそうです。
行田市が会場なのね・・・と地名だけが頭に入っていると駅を降りて愕然 とすることになりますからご注意ください。
 
行田の発展をささえてきた足袋には、これ以外にも意外なエピソードがあります。


tabigura at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月27日

出展者のご紹介:仕立て屋りゅうのひげ(アーティストシェア工房)

仕立て屋りゅうのひげさんは、牧禎舎の入口にある事務所跡をアトリエとしてご利用いただいている方です。アーツ&クラフツの際はアトリエにて作品を出展されています。

【アーティストシェア工房とは】
牧禎舎の工場跡と母屋の中のスペース(部屋)を手仕事をされている作家にアトリエとして賃貸しています。NPOや牧禎舎で開催されるイベント等を通してネットワークを広げながら制作されている若い作り手を歓迎しています。ご興味のある方はアーツ&クラフツの際にぜひNPOスタッフへお声かけください。


ryunohige_img2017



【出展者さんからのコメント】

キャリア30年の縫製技能士&パタンナーです。
アトリエでは”履けない足袋”を中心に様々なお仕立てのご相談を承っております。

*牧禎舎ではアーティストシェア工房の利用者を募集中です。


ホームページ(ブログ):http://ameblo.jp/atelier-ryunohige/

どうぞお楽しみに


アーツ & クラフツ in ぎょうだ 2017
【開催日時】
 2017年2月18日(土)10:00 ~ 15:00 展示および販売  
 

【開催場所】
牧禎舎(藍染工房、工場スペース、母屋) 
住所:〒361-0077 埼玉県行田市忍1丁目 4-11
電話:048-553-5800 (当日のみ) 

※お問合せは、足袋蔵まちづくりミュージアム 048-552-1010まで



tabigura at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月26日

アーツ&クラフツinぎょうだ2017のポスター等


アーツ&クラフツinぎょうだ2017のポスターはJR吹上駅や行田駅、そして秩父鉄道の各駅に張り出されています。ご覧になりましたか?

フライヤーは足袋蔵まちづくりミュージーアムにあります。ぜひ足を運んでくださいね。

ACG2017poster

ACG2017A4_ura




アーツ & クラフツ in ぎょうだ 2017
【開催日時】
 2017年2月18日(土)10:00 ~ 15:00 展示および販売  
 

【開催場所】
牧禎舎(藍染工房、工場スペース、母屋) 
住所:〒361-0077 埼玉県行田市忍1丁目 4-11
電話:048-553-5800 (当日のみ) 

※お問合せは、足袋蔵まちづくりミュージアム 048-552-1010まで



tabigura at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)