こんどの休みどこへいく?~旅テラスstaff日記~

国内のぶらり旅行日記。食べ歩き、グルメなどのおすすめ情報を紹介☆

タグ:沖縄1周

冬の沖縄ぶらり旅~1日目那覇空港→コンビニで腹ごしらえをして、南に向かいます。

前回行きそびれた『旧海軍司令部壕』に行こうかな。

海軍司令部壕は、沖縄戦において大日本帝国海軍の司令部として使用された防空壕である。戦後はその一部が一般に公開され、周辺は海軍壕公園として整備されている。資料館には壕内から発見されたものや写真、電報などが展示されており、沖縄戦について学ぶことができます。

あっナビを見ると、もう通り過ぎてる~(/TДT)/ さすが無計画旅行!でも何も決めないでぶらぶらする旅行もきっと楽しいはず(′∀`)

そして、さらに南部へ。

南部の観光地だと『ひめゆりの塔』。ここは沖縄戦の実態を伝えている。訪れておきたい場所です。『平和祈念資料館』と合わせて、沖縄の歴史に触れることができます。
那覇空港から車で約30分。ひめゆりの塔に隣接している『ひめゆり会館』の駐車場に停める事にしました。
ひめゆりの塔駐車場















(めんそ~れ)と駐車場のお兄さん頑張ってました。広い駐車場なので、混雑時も安心です。
駐車場の奥には、パークゴルフ場があって、大きいシーサーがいました。














ひめゆりの駅
「琉球ミンサー織体験」「紅型染め体験」が楽しめます。
ひめゆりの駅















ひめゆり会館
レストランが入ってて、お土産も揃います。
ひめゆり会館















ひめゆりの塔 施設内へ入ります。

沖縄は唯一の住民を巻き込んだ地上戦となった地です。年間約60万人余りが平和学習や慰霊、観光でこの地を訪れるそうです。
「ひめゆりの塔」は沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒の鎮魂のために、沖縄戦の翌年に建立されました。

慰霊塔の前に穴があいている洞窟が沖縄陸軍病院第三外科壕跡。
洞窟や壕のことを沖縄の方言で「ガマ」と呼ばれています。
ひめゆりの塔ひめゆりの塔






























戦後に植えられたガジュマル
ガジュマルガジュマル






























ガジュマルに鳥がいました(・∀・)つ

外科壕と慰霊碑の他にも敷地内には、様々な石碑がいくつも立てられています。

ひめゆりの塔の記
ひめゆりの塔















顕彰碑
ひめゆりの塔















ひめゆりの塔 沖縄戦殉職医療人之碑
ひめゆりの塔 沖縄戦殉職医療人之碑















これより先は資料館入口
資料館では、
ひめゆり学徒の遺品、写真、生存者の証言映像、南風原の陸軍病院壕の一部や伊原第三外科壕内部を再現したジオラマなどを見ることができます。
子供にもわかりやすい絵本の販売もしていました。
資料館入口















資料館で、戦争の悲惨さや平和の尊さを学ぶことができます。
入館料310円資料館は撮影禁止となっています。

沖縄へ足を運んだら、悲惨な戦争がおこっていたという事を私たちは決して忘れない為にも一度ひめゆりの塔を訪れてみてください。


















































































 

































































沖縄といえば、きれいな海、、三線、、琉球王国の文化遺産、、など独特な魅力があるところです。1度は訪れたいそして、1度行くと何度も訪れたくなります。
前回のブログで2016年11月に行った沖縄1周の旅をお届けしました。
そして、またまた行ってきちゃいました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
今回は冬でも充分楽しめる沖縄のぶらり旅をお届けします!

1月中旬、東京の気温は氷点下1℃
激寒っっ!!そして、朝いちの飛行機で余計寒い。・゚・(ノД`)
でも、沖縄は暖かいからどんな服装で行けばいいか悩む、、、。

とりあえず、ユニクロのダウン1枚コンパクトになるので、上着はこれを持っていくことに、、、。
飛行機ってわくわくします(笑)
空港で何か食べようと思ったけど、
現地のご飯に期待して、機内ではおつまみぽりぽり。飛行機
















やっぱり、海きれいだなぁ~
ただいまぁ~って気分で沖縄に到着~✈
お昼12:30頃、天気は曇り。週間天気予報だと雨の日もΣ( ̄ロ ̄|||)

飛行機

 













那覇空港に到着!
この歓迎の看板、気分UP↑↑します(´∀`*)
手荷物の受け取りもないし、すんなりこれました!そしてレンタカーの手続き。今回はフジレンタカーさんで借りる事になりました。空港から送迎バスで10分くらい。混んでいなかったのでスムーズに手続き終了!

めんそ~れおきなわ















沖縄ついたら、やっぱり暖かい。長袖と薄めのコートでちょうどいいかなってところです。
そして、とりあえずは腹ごしらえ。

コンビニでポーク玉子の油みそ!
DSC03532















タコス巻!

タコス巻き















前回、ポーク玉子シリーズを食べた時には、お米が石垣島産のひとめぼれ使用でしたが、もうないみたい。限定だったのかなぁ~。あれ食べたくてコンビニきたのに(´;ω;`)
前回の紹介したブログです。
でもおいしく食べられました☆タコス巻は相変わらずのボリュームですね。
コンビニでお会計してたら、おでんが気になりパシャリっっ
よくみると、沖縄限定のおでんがある。
沖縄風テビチ・沖縄風ソーキ。。。さぬきうどんは東京にあったっけ??
かにかまも見た事あるかなぁ?次回チャレンジしよっと
コンビニおでん















腹ごしらえもしたところで、、、、、、、。
無計画旅行なので、ど~しよ(笑)
とりあえずは、南へむかいま~す(*´∇`*)


沖縄ほぼ一周の旅のおさらい

初日は、沖縄南部、
道の駅『豊崎』→琉球ガラス村→奧武島→三笠にて夕飯→COMMUNITY&SPA那覇セントラルホテルに宿泊

2日目は、中部・北部
那覇のホテル出発→海中道路→伊計島→伊計ビーチ→瀬底島→探索ドライブ→サンセットビーチ→国際通り→
スマイルホテル那覇シティリゾートに宿泊

3日目は、那覇・中部・北部ヤンバル地区
ホテル出発→首里城公園→道の駅許田→道の駅おおぎみ→オクマビーチ→道の駅 ゆいゆい国頭→辺戸岬→ヤンバルクイナ展望台→野生生物交通事故多発地域→農家→山原ドライブ→クイナの森→わぁ~家にて食事。

一体どれくらい走り回ったのか、周ってないところも沢山ありますが1周ちゃんとできてるかな。
観光らしいところは唯一、首里城公園ぐらいですかね。
今回は低コストの旅行が楽しめました。お金をかけなくても、こんなに沢山まわることができたんじゃないでしょうか。どこも素敵な所でしたが、沖縄にまた行ったら、もう一度行きたい所は、那覇の三笠で夕食とヤンバルで野生動物に会う!夏だったら、瀬底ビーチで泳ぎたい。
今回の沖縄一周の旅はそろそろ幕が下りますが、実は明日からまた沖縄に行きます(^^)/
また、沖縄の観光情報・グルメ・沖縄ならではの面白い事などお届けできたらと思います。
このブログを参考に沖縄旅行を楽しんでいただけたら幸いです♡

わぁ~家にて、食事をした後、58号より那覇までむかう途中の夕日
夕日















最終日の夕日。なんだか寂しい気分になります。

最終泊のホテル、スマイルホテル那覇シティリゾートにチェックイン後、最後に行ったビーチ『波の上ビーチ』
市民憩いの場所にもなっています。ビーチ公園はバーベキューも行えます(要予約)更衣室・ロッカーなどの設備が整い、泳いだあとにそのまま街へと出かけることもできます。夜は那覇新港を彩るイルミネーションやクルーズ船の明かりでロマンチックな雰囲気に。

ホテルから徒歩6分くらいでした。夜の散歩にちょうどいい所で疲れやイライラも吹っ飛ぶ気がします。
DSC03511















少しブラブラして、この後はホテルに戻り就寝。

4日目は朝一の飛行機で帰宅です。
ホテルからレンタカー返却の手続きなどを考えると観光はできる時間はありません。写真を撮る時間もほぼなく終了です。
那覇空港



























飛行機の点検などで遅延しており、空港で待たされました。
あ~まだ帰りたくない(ρ゚∩゚)
このまま欠航であと1泊ぐらいしたいなぁ・・・・・・・・・というわけにもいかず結局、1時間の遅れで無事帰宅できました。

空港についてからも沖縄の余韻がまだ残っててこの日は都内の沖縄料理で夕飯にする事にしました(笑)
あ~たのしかったな(^_^)ニコニコ ますます、沖縄への想いが強くなった旅行になりました。
大満足でした.。゚+.(・∀・)゚+.゚


沖縄ほぼ一周の旅、初日は、沖縄南部、

2日目は、中部・北部をまわりました。

3日目は、ホテル出発→首里城公園→道の駅許田→道の駅おおぎみ→オクマビーチ→道の駅 ゆいゆい国頭→辺戸岬→ヤンバルクイナ展望台→野生生物交通事故多発地域→農家→山原ドライブ→クイナの森までです。

3日目のここまではこんな感じのルートできました。
走行距離、約158㎞ 時間にすると3時間47分と出ました。
クイナの森より県道2号で西海岸に向けて戻る事にします。
ヤンバル地区のドライブもそろそろ終わり(p_q*)シクシク

結局、期待していた、ハブやヤンバルクイナには遭遇する事なく野生生物交通事故多発地域からぬけます。

ロードキルに注意しながら、約30分~40分。道の駅 ゆいゆい国頭に戻ってきました。やんばる地区の貴重な、休憩所です。

ただいまーって思った(笑)トイレ休憩を済ませると、目に入ったのがこれ。
わぁ~家















そーいえば、お腹がすく時間だ、でも夕飯まではまだ早いし、、、。


いのぶた丼!?
わぁ~家















さっき、農家にいたあのイノブタちゃん??
ちょっと、残酷に思うけど、、、。
とりあえず、中に入ってみる事に。
わぁ~家















メニューは焼きそば・カレー・ソーキそば・生姜焼きetc・・・。
それと、いちおしが、
いのぶた丼(((( ;゚д゚))) 猪豚料理店だそうです。
わぁ~家















お店の方に伺ったところ、先ほどの農家のイノブタちゃん達ではないようでした。

なので、注文しちゃいました。
わぁ~家















待っている間、店内をパシャリ。
わぁ~家















漫画や雑誌がたくさんあって、退屈しないです。
夕飯前って事もあって、店内にはお客さんはいませんでした。
わぁ~家















じゃ~ン!!
いのぶた丼
















いつも食べている豚肉より、さっぱりしていて、脂っこくない!!味は絶品!!猪豚丼750円。
ちなみに『わぁ~家』の食べログ評価は3.08です。
大量生産できないやんばるの猪豚は希少のようで、本土ではもちろん那覇のほうまで、あまりいきとどかないとお店の方は言ってました。
また食べる機会があったら絶対食したい(′∀`)ごちそうさまでした☆
お腹も満たされたところで、那覇へ戻ります。最終泊は連泊なので、スマイルホテル那覇シティリゾートへ向かいます。








































沖縄ほぼ一周の旅、初日は、沖縄南部、

2日目は、中部・北部をまわりました。

3日目は、ホテル出発→首里城公園→道の駅許田→道の駅おおぎみ→オクマビーチ→道の駅 ゆいゆい国頭→辺戸岬→ヤンバルクイナ展望台→野生生物交通事故多発地域→農家→山原ドライブまでです。

アダンビーチより車で約30分走らせて、やっとの事たどり着いたヾ(´ω`=´ω`)ノ

『クイナの森』
クイナの森













クイナの森は、ヤンバルクイナの生態や環境の状態がわかる資料ブースや、施設内に実際に生息する環境を再現した観察ブースがあります。

DSC03476













敷地内には、パークゴルフができる所と、カフェもありました。
ゴルフは結構地元の方たちに人気のようで、賑わいがありました。レンタルも出来るようなので、手ぶらで行っても遊べますよ!

早速、館内へ~
クイナの森













入館料は
大人500円 小中高生200円
でした。
年中無休です。

受付を済ませて、いざ(・∀・)つ
クイナの森













壁一面には、ヤンバルクイナに関する記事がびっしりと貼り付けてありました。
クイナの森













ヤンバルクイナは国の天然記念物となっており、ヤンバル地区のみに生息しています。
『ストップロードキル』についての記事が多いですね。それほど、交通事故が多いようですね。
クイナの森













野犬による被害もあるようです。
飼い犬すてないで!!とうったえています。
クイナの森













沖縄北部、山原地区ではヤンバルクイナに関する情報が多く、関心が強くなりました。野生とはいかなくても沖縄、それもヤンバルにきたからには絶対会いたい!!そう願いやっとたどり着きました。


さて、観察ブースへ
クイナの森













ガラス張りになっています。
ヤンバルクイナどこかなぁ~

いたっ!!!!
クイナの森













この子の名前は《キョンキョン》
キョンキョン













自然では、人の気配を感じただけで姿を隠してしまうので、身近で観察することが難しいですそうです。

こっちくるかなぁ(´∀`*)
キョンキョン













綺麗だなぁ~

人懐っこいようですね☆
観察している間ずーっとそばで行ったり来たりと歩き回っていました。

手をガラスに近づけると、何かくれると思ったのか、口ばしをパクパクさせていました。めっちゃかわいい♡
キョンキョン























こんな近くで観察できる思っていなかったな。
このブースには《キョンキョン》1羽が飼育されています。
キョンキョンは人工孵化で誕生したようです。
さみしくないのかな、、、。

近すぎ(笑)
キョンキョン























キョンキョン、ありがとう☆
また会いにくるね~

そろそろ那覇方面に戻らないと暗くなりそう。


まずは、58号に向けて戻る事にします。
沖縄1周の旅もそろそろ、終わりに近づいてきました。゜(´Д`)゜。








このページのトップヘ