最近、話題になっている靖国神社について書きましょう。

マスコミや新聞は、反日教育を国是とする中国や韓国の主張ばかりを報じているようですが、靖国神社にどういう人々が祭祀されているのか、また遺族がどういう思いで靖国神社をとらえているのかがわかる心に響く言葉を紹介させてください。

おそらく多くの兵士がそうであったように出発の前日に書いたと思われる、将来の大きくなった娘へ送る遺書からです。
------------
a6951553.jpg素子 素子は私の顔を能く見て笑いましたよ。私の腕の中で眠りもしたし、またお風呂に入ったこともありました。素子が大きくなって私のことが知りたい時は、お前のお母さん、佳代叔母様に私のことをよくお聞きなさい。私の写真帳もお前のために家に残してあります。

 素子という名前は私がつけたのです。素直な、心の優しい、思いやりの深い人になるようにと思って、お父様が考えたのです。私はお前が大きくなって、立派なお嫁さんになって、幸せになったのを見届けたいのですが、若しお前が私を見知らぬまま死んでしまっても、決して悲しんではなりません。お前が大きくなって、父に会いたいときは九段(※注:靖国神社は東京 九段にある)にいらっしゃい。そして心に深く念ずれば、必ずお父様のお顔がお前の心の中に浮かびますよ。

 父はお前が幸福者と思います。生まれながらにして父に生き写しだし、他の人々も素子ちゃんをみると真久さんにあっている様な気がするとよく申されていた。またお前の伯父様、叔母様は、お前を唯一の希望にしてお前を可愛がって下さるし、お母さんも亦、御自分の全生涯をかけて只々素子の幸福をのみ念じて生き抜いて下さるのです。必ず私に万一のことがあっても親無し児などと思ってはなりません。父は常に素子の身辺を護っております。優しくて人に可愛がられる人になって下さい。お前が大きくなって私のことを考え始めたときに、この便りを読んで貰いなさい。

追伸 素子が生まれた時おもちゃにしていた人形は、お父さんが頂いて自分の飛行機にお守りにして居ります。だから素子はお父さんと一緒にいたわけです。素子が知らずにいると困りますから教えて上げます。

海軍少尉 植村真久 神風特攻・大和隊
昭和19年10月26日 比島沖にて戦死 25歳
------------


国際派日本人ブログらしく、日本への理解あるアメリカ人の訳した英文も紹介します。
Letter to My Beloved Child from Lieutenant Masahisa Uemura

------------
Motoko,

You often looked and smiled at my face. You also slept in my arms, and we took baths together [1]. When you grow up and want to know about me, ask your mother and Aunt Kayo.
My photo album has been left for you at home. I gave you the name Motoko, hoping you would be a gentle, tender-hearted, and caring person.

I want to make sure you are happy when you grow up and become a splendid bride, and even though I die without you knowing me, you must never feel sad.

When you grow up and want to meet me, please come to Kudan [2]. And if you pray deeply, surely your father's face will show itself within your heart. I believe you are happy. Since your birth you started to show a close resemblance to me, and other people would often say that when they saw little Motoko they felt like they were meeting me. Your uncle and aunt will take good care of you with you being their only hope, and your mother will only survive by keeping in mind your happiness throughout your entire lifetime. Even though something happens to me, you must certainly not think of yourself as a child without a father. I am always protecting you. Please be a person who takes loving care of others.

When you grow up and begin to think about me, please read this letter.

Father

P.S. In my airplane, I keep as a charm a doll you had as a toy when you were born. So it means Motoko was together with Father. I tell you this because you being here without knowing makes my heart ache.


Lieutenant Masahisa Uemura
Kamikaze Special Attack Corps, Yamato Unit
Died in battle in the Philippine Sea area on October 26, 1944
Born in Tokyo
Graduate of Rikkyo University
25 years old
------------

rankingimage
もっと多くの人に心に響かせたい 人気Blogランキング