こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 さてこの日の立卓は『D&D』でした。
 ボードゲームでは【空中庭園】、【カタン】、【魔法にかかったみたい】が遊ばれました。

『D&D平日キャンペーン55回目』
 まずは前回の出物かな。
 アリスの持っていたアイデンティファイワンドで鑑定。
 スペルバトルリング、リングオブアーケインマイト、ヘッドバンドオブインテレクト+6、ブレイサーオブアーマー+8などなど。
 高いもの多いねぇ。

 分配をしておきます。
 それも終わって寝てレベルアップします。

 これからどうするか相談です。
 アーティファクトの反応は1つだけになってます。
 みんな箱の中などに入れて隠しているんですね。

 生存判定をしながら移動することになりました。
 他の人のキャラ紙を見ながら技能を判定するのは大変だなぁ。
 23でそのアーティファクトの方向に行きます。

 ランダムエンカウントをやりたくないのですが、1回だけ1回だけ!と言われてしまう。
 しかし上手く遭遇せずに向かえました。

 ちなみに僕はランダムエンカウントが嫌いなのですが、やっぱりそういう人も多いと思うんですよねぇ。
 経験値より金が欲しいです。

 かなり近付いたところで呪文も掛けて準備万端。
 この頃入った勇者大全でベネディクションという2Lvでダイスの降り直しが出来てしまう呪文がかなり強い。
 それを皆にかけたりレジストエナジーかけたり。

 というわけで目的地。
 なのですが、いきなり自分の分身の反応が上のほうに感じられる。
 まぁそっちは後回しで、陣形を整えて先の様子を見てみます。

 広いエリアに人影があります。
 2つのグループがなにかしているよう。
 プリスの聞き耳31で聞くと。
 「約束のものを持ってきた、これでお願いしたい」
 と言ってます。
 10個くらいのものを置いて待っているとさらさらと紙になにか書いています。

 たぶんサイオンの情報屋ってヤツだな。

 いなくなったのは人間達。
 残ってアイテムを受け取っていたのがドラウのようです。

 相手の装備を確認して、知識地域ー15で判定させられます。
 あれはフェイルーンのものではないと分かり、カラトゥアという地域のものの宮廷の服のようです。
 つまり東方。
 しかし相手の言葉はアンダーコモンのようですし、話すのには困らなそう。

 早速近付いて挨拶します。
 ちゃーっす。
 すると軽く会釈してきたのでこちらも丁寧に会釈して話を始めます。

 「貴方達もこの次元界に迷い込んで来たのですか?」
 「然り」
 「貴方達はご自分の影を倒したのですか?」
 無反応。
 「ここから脱出するための方法を知っていますか?」
 すると「お前たちは何をお望みか?」
 と逆に聞かれたので情報交換を持ちかけてみます。
 そこでどんな情報が欲しいかと聞かれます。
 しかし情報交換ではなく対価での交換を要求されます。

 ここで僕らが知りたいことも特に無いなーとか考えているのですが、彼らが情報屋かどうかは確認します。
 で、対価について確認します。
 勿論情報にもよるといってますが、一番価値の高い情報はいかほどか聞いておきます。
 +4以上のマジックアイテムを5つ必要らしい。
 +8ブレイサーは2つ分でしょうか?と前回手に入れたアイテムの価値を確認。
 そして「その情報はこのダンジョンから脱出するのに重要か?」と聞き、「勿論だ」。

 今のうちにこの情報は買っておきますかとなります。
 商売人の娘であるアリスが交渉してくれる。
 商家出身で75%で買えるかな?冗談ですが。
 +8ブレイサー(2つ分)とローブオブマギ(3つ分)で教えて貰います。

 ここで昔仲間だったサイオンのことを思い出したり。
 いたねぇ。

 ドラウがしばらく瞑想をはじめ、ぽくぽくぽくチーンと一休さんっぽく眼を開けます。
 「この次元界はハラスターが行った実験によって生じたものだ。ハラスターの計画はこのアンダーマウンテンを2倍もしくはそれ以上にすることだった。
 ちまちまダンジョンなんて掘っていられない!と、ハラスターは鏡の次元界の力と混沌の精髄を取り込み、夢の次元界の力を使ってアンダーマウンテンを無限に増殖させる計画を立てた。
 その計画はご存知の通り失敗に終わった。彼はその時に予想しなかった次元界を開いてしまい、虚空の彼方に投げ出されてしまった。その時1瞬ハラスターが正気に戻り、ありったけの防御術を使ったようです。
 その結果、鏡の次元界とその周りのエーテル界アストラル界を転写した擬似次元界が存在している。で、彼が放ったエピックスペルによって、この次元界では時が止まっているようです。
 元の次元界にあったポータルがこちらに人がやってきているようです。
 ということが起こっている。
 さらに鏡の次元界の特性に寄って、自分の複製が生まれているけど、混沌の力に寄って元とは変わった存在になっているそうです。つまりティアのクレリックがベインのクレリックになったり。この現状を解消するためには6つのアーティファクトを集め、ハラスターが儀式の行った場所で時間を進めることによってもとの次元界に戻れるだろう。
 そのための儀式をする方法はハラスターの弟子が知っている」

 マーク個人の知りたいこととして「サミュラーズリングの居場所」を聞きたいと言ったのですが別会計だそうです。
 これは+4相当を4つらしいです。
 流石にちょっとそれだけの資金はないのでヒントは幾らか聞きます。
 だけどヒントはくれないって。
 ミスリルフルプレートが高そうだからどうだろうと聞くと魔法のアイテムじゃないとダメらしい。

 またなにかあれば宜しくお願いしますとお礼を言って離れます。

 ちなみにアーティファクトはグレーターを6個らしく僕らは2,5個分持ってます。
 あとはこれ以上アーティファクトを手に入れてしまうとアイツら倒せばいいんじゃねと群がられそうで嫌だね。

 他にも自分達の分身を倒さないと帰れないのか?ということも聞いておくか考えたのですが、GMのシナリオの目的が分身と戦わせることっぽかったので、聞いても無駄かなぁと。

 さて話も済んだので先に進みます。

 マップが書かれていく。
 鍾乳洞ちっくな場所で高低差があります。
 魔法のオーラが見える人は奥から反応があります。
 呪文学で確認すると魔法暴発地帯のようです。
 あそこで魔法を使うと暴発するんだよねー。
 困るなー。

 15+LVの術者レベル判定が必要らしい。
 これはやりたくない。
 みんなの立ち位置を変えていきます。
 さらに奥のほうから何か人型のものが見えてます。
 知識宗教でディヴァウラーと判明。
 あのお腹になにかついているヤツ。

 ここでイニシアチブ。

 第1ラウンド
 ドルフ:最近使わなくなったしファイアーボールでも撃ってみようかな。
しかし相手の傍まで飛んだところでふっと掻き消えます。
あ!あれは魔法消失地帯!?
 プリス:何もないけど奥に向かって怪光線!
するとまた魔法が消えた。
あの辺りから先はもう魔法消失地帯っすね。
 なにか:奥のほうでスペルを唱えている。
魔法消失地帯で魔法を使っている相手がいるのは最悪だね。
 スワッド:一応様子を見に移動します。そして視認聞き耳でチェック。
するとホーリィシンボルを持った人間女性がいるっぽい。
バードの知識をして失敗。
で戻って報告。
聞いたマークは聖印の形を聞いてたぶんシャアのクレリックだと判明。

 エネミー、ディヴァウラー:ぞろぞろと近付いてきます。
おや?やる気っぽいぞ?
待ちだと思ってた。
これならやってもいいかもしれん。

 アリス:マスデスウォードをかけてくれます。
そして相手の効果線外で待ってます。
 マーク:相手が近寄って来ないので、早抜きして弓を撃ち始めます。
おおっ!遠隔武器って久しぶり。24点というところだったのですが魔法の追加ダメージは無くなるようです。しかし50点近くのダメージにはなりました。

ここらでマップが1つ増えます。
9-19D&D1
 第2ラウンド
 ドルフ:ちょっと下がります。終了。
 プリス:ちょっと下がって射程内に入ったら怪光線待機。
 なにか:特に何もしないらしい。
 スワッド:アリスの弓を使って撃ちます。合計25点ほど。

 エネミー、ディヴァウラー:さらに前進してきます。そして術者レベル判定をして呪文を唱えている。
こいつの呪文は別に暴発してもいいような動き。
唱えたのはレイオブエンフィーブルメントだが、狙ったマークの鎧についていたソウルファイアーの特殊能力で無効!のつもりがペナルティだったので普通に食らいます。6点の筋力ペナ。
他のやつも近付き生命力吸収をしようとしましたが、失敗、デスウォードかけて貰ってますので。
レイオブエンフィーブルメントを連発してきて他のPCも続々と筋力ペナを食らう。
うざかった。

 アリス:シェルタードバイタリティーをスワッドに。
 マーク:弓で連射。途中で1体撃破。
9-19D&D2
 第3ラウンド
 ドルフ:何かあるまで遅らせていきます。
 プリス:近付いて怪光線。SRを要求される。失敗。ぱしゅー。
 なにか:呪文を唱えているようです。フリーダムオブムーブメント。着々と準備をしてます。
 スワッド:そろそろ突っ込もうかとしてます。近付いて攻撃。そこそこダメージを出します。
 エネミー、ディヴァウラー:スワッドに攻撃しますが、ブリンクで失敗。折角20振ったのにとGMが悲しそう。
他のも結構近付きます。前衛を潜り抜けて後衛まで来られるのは嫌だのお。
 アリス:自分にシェルタードバイタリティー。
 マーク:弓を捨てて、グレートスピアを抜き、全力攻撃。ダメージは合計100点近く。
9-19D&D3
 第4ラウンド
 ドルフ:やることなさそう。マジックミサイルのワンドを出して撃ったらSRがあった。そういえばあったなぁ。
 プリス:怪光線。1振った。
 なにか:呪文を唱えてます。聞き耳してアウルズウィズダム。
 スワッド:近くにいるディヴァウラーを信仰の威力と強打を使って全力攻撃。これまた80ダメージほど。
 エネミー:呪文を唱え始めます。暴発地帯で傍で唱えられるのって嫌な感じ。しかしデスウォードで弾かれるなにかだったようです。
他はもう諦めて攻撃に回ります。
 アリス:レッサーレストレーションのポーションを飲んでます。
 マーク:ディヴァインラスの効果を発動して全力攻撃。
1発で60点とか。凄いダメージです。2発で100点超えたので敵終了。

ここでセーブして次回へ続くです。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング