テーブルトークカフェ日誌


東京神田にあるTRPGとボードゲームが遊べるお店
「テーブルトークカフェDaydream」です。

長らく休止していましたが復活!
Twitterもフォローよろしくお願します☆

カテゴリ: ボードゲーム&カードゲーム

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 1年前くらいのキャンペーンのレポについては時間がかかるので気長にお待ちください。
 いやーちゃんと書くつもりはあるのでご心配なくー。

 さてこの日の立卓は『D&D』、『グループ利用』、『DX3rd』でした。
 ボードゲームでは【原始の生活】、【ドミニオン】、【11ニムト】が遊ばれました。

【原始の生活】
 こちらもメビウスから届いた新作ゲーム。
 原始人となってマンモスを狩り、薬草やいちごを集めます。
 夏と冬の季節を行ない、その間に集めた得点が多いプレイヤーの勝ち。

 夏から始まり、マップにはタイルがそれぞれ置かれています。
 自分の手番では4人いる人の中で合計2マス分移動できます。
 途中タイルを通り抜ければそのタイルを獲得することが出来ます。
 するとタイルが無くなり、そこには人が入れなくなってしまいます。

 但しタイルには取れないものもあって、それが道や洞窟。
 ここは後半移動用に使えるので序盤はその辺りを無視して移動するのがいいですね。

 それからマンモスのエリアに入るには武器が必要です。
 武器が無ければそもそもマンモスのエリアに入ることが出来なくなります。
 武器は夏には多く手に入りますが、冬には余り手に入りません。
 しかも冬にはマンモスが多く出現するので、移動のことも考えると多く持っていたほうが便利ですね。
 
 他にもタイルの中にはつぼやアクセサリーといった特殊タイルが混じっていて、これは取った数によって得点が変化します。
 多く取れるように動かないといけませんが、まぁそれがなかなか難しい。

 これを夏が終わるまで行うのですが、途中冬の貯蔵庫に蓄えを置きに行かないといけません。
 何故なら蓄えをしておかないと、冬に使える人の数が減ってしまうからです。
 冬も同じように手番に2マス移動していくのですが、夏とは違って人数が減ると大変です。
 頑張って貯蔵庫巡りをしましょう。

 冬の間に夏の貯蔵庫にいくと1箇所5点の点数もあるのでその点数を合計して勝負を決めます。

 基本得点の高い薬草や、高得点のマンモスを狙いつつ、集めると高得点のアクセサリーやつぼを狙っていくのが良いのですが、そこはそれ、間違いなく早いもの勝ちなので、どう移動していくかを真剣に悩むゲームです。
 運の要素は最初のタイル配置くらいで、あとは全部実力勝負。
 邪魔することも出来ますが点数は非公開なので誰が勝っているのかを当てるのも覚えておかないといけないから大変です。

 今回は冬にアクセサリー類を沢山取られて高得点を稼がれてしまったのですが、最後に置いた貯蔵庫の得点でなんとか2点差勝利。
 3人プレイでしたが考えところの多い楽しいゲームでした。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 最近はD&D4版を良く遊ぶようになりましたが、やっぱり3.5をまだまだ遊びたいなぁと思ってます。主にPLとして。
 近々また3.5のPL&DMを募集したいなぁと考えてますのでDMをやってくれる方とても募集中。
 4版も面白いんですけどねぇ。やっぱり3.5のほうが好きだなぁと思います。

 さてこの日の立卓は『D&D』、『グループ利用』、『SW2.0』でした。
 ボードゲームでは【プロフェシー】、【ライズオブエンパイア】、【タリスマン】が遊ばれました。

【ライズオブエンパイア】
 この日はヘビーなボドゲで遊びましょうという立卓をされたお客さんがいたので一緒に色々遊びました。
 どうしても重いゲームは遊ぶ機会が少ないので、こういうのは嬉しいですね。
 機会があればこれからも立卓されるそうですので興味のある方はご参加ください。

 今回は4人でプレイです。
 ルールを読みながらちまちまと進めていったのですが、残念ながら時間切れで5ターン目で終了。
 プレイ感想はしっかり考えて取り組まないといけない感じでしたね。

 このゲームは3つの時代に分かれて戦争したら都市を作ったら発展したり、交易したり、領土を広げたりするゲームです。
 特徴的なのは時代ごとに2ターン行うのですが、1ターン目に行ったことしか2ターン目にできないということですね。
 ここらへんかなり重要です。

 ターンに出来るのは6回のアクションです。
 アクションは5種類あり、そのうちの1つを選んで行うわけです。

 1、領土
 領土を手に入れると食料や兵隊、資源などが生産されます。
 これはしっかり集めておくのが大事ですね。定期収入源で後半より前半に多く集めましょう。

 2、発展
 色々な効果を毎ターン使えたり、一度きりだったり、できます。
 自分の戦略を考えて使うといい感じです。
 ちょっとルールミスで同じ発展タイルは2枚買えないというのを読み逃してました。すいません。

 3、都市
 毎ターン得点が貰える都市です。
 前半のを後半に持ち越すことも出来るのでそれを上手く使って得点を稼げます。

 4、交易
 資源をお金や得点に変えることができます。
 資源が多くないと使いにくい感じですね。

 5、戦争
 一番のメインアクション。
 時代によって使える地域は違いますが、占領すれば得点の他に資源なども生み出します。
 基本後出しのほうが強いので後手側のほうが優勢になりがちですね。

 このアクションを全部で6ターン行ない勝利点を競います。

 今回は些細なミスが命取りになったのですが、ルールの1つに、時代が移る毎に継続して使いたい発展タイルや都市に払うべきお金やコマが必要になります。
 時代が移る毎に継続して使いたい発展タイルや都市に払うべきお金やコマが必要になるのです。

 これを時代が移る前に2回ほど説明しておいてさっくり忘れる自分。
 そこで折角手に入れた発展タイル3枚を手放すことに。バカ、バカ。
 はい、こんな凡ミスを犯して勝てるほどこのゲーム甘くありません。
 ずるずると落ちていき最下位キープ。

 いやー大事なことは2回言っただけじゃ駄目ですねー。

 発展タイルや都市タイルなど内容をしれたので今度はちゃんとプレイしたいですね。

 ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 2ヶ月ぶりの日誌です。こんにちは。
 お店に新しいコーヒーサーバーが入りました。
 コーヒー紅茶飲み放題の時にご利用出来ますので、コーヒー好きの方はご注文ください。
 カプチーノやカフェラッテ、エスプレッソが増えました。

 さてこの日の立卓は『D&D』、『セイクリッドドラグーン』でした、
 ボードゲームでは【ドミニオン】、【11ニムト】、【スモールワールド】が遊ばれました。

【11ニムト】
 新作ゲームで遊んだのでご紹介。
 6ニムトという超有名なゲームの11版。
 いや、ルールは全然別物ですが、バースト系です。
IMG_1356
 11ニムトでは1〜100までのカードから10枚配られ、最初に手札を全部出せたプレイヤーは失点0。
 他のプレイヤーは手札に残ったカードの牛マークの分だけ失点です。
 全部でプレイヤー人数の回数ゲームを行ない一番失点が少なかったプレイヤーの勝利です。

 ルールは簡単。
 自分の番に1枚カードを出すか、場に出ているカードを引き取るだけ。
 カードを出すためには場に出ているカードより11まで高い数字のカードを出せます。
 つまり24が出ていると35までのカードが手札にあれば出せるわけですね。

 これが出せないと引き取るハメになります。
 引き取る時に場に3枚以上置かれていたら牛カードを一緒に貰えます。
 これは出せるカードの数を変化させてくれるカードです。

 牛カードを1枚持っていると、11以内なら複数枚出せるようになります。
 上の例だと25から35までの中から数枚出せるわけですね。
 牛カードが2枚になると今度は2箇所に複数枚出せるようになります。
 3枚になれば3箇所にと増えていきますが、牛カードにも枚数があって他のプレイヤーの元に動いていってしまうので注意が必要です。

 そして引き取りを選んだら山札から2枚カードを引いて新しい山にします。
 こうすることによってどんどん出せる場所が増えていくわけですね。
 3回引き取られれば4箇所出せる場所があるので毎回1枚ずつ出していくのも複数枚に負けそうですが、なんとかなります。
IMG_1357
 今回は2回やってみて、2回とも引き取りまくって3枚ほど牛カードが溜まったのですが、結局出せるのは3〜5枚程度、引き取っている分も合わせてあまり得してない感じでした。
 いや、一番最初っから出せるカードが無いのだから引き取らざるを得ないわけですが。

 この時は3人でやっていたのですが、もう少し人数が多いとまた違ったゲームになりそうです。
 手軽なゲームですし、また遊びましょう。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 今月メビウス便でやって来たボードゲームが非常に時間がかかるけど非常に面白そうです。
 一緒に遊んでくれるという人大募集中です。
 やってきたのは「ライズオブエンパイア(帝国の夜明け)」というゲーム。
 自分の国の技術を発展させたり、領土を広げたりしつつ得点を稼ぐ、全員が同じだけアクションを行えるけど、早いもの勝ちでそのうえ次のターンにも響いてくる、次の次の一手を考えながら進めるゲームっぽいです。
 おそらく3時間ほどかかるとは思いますが、宜しくお願いします。

 さてこの日の立卓は『グループ利用』でした。
 ボードゲームでは【エルパソ】、【カタン】、【ゲシュンク】が遊ばれました。

【エルパソ】
 もう1つの新作ゲーム。
 伝説的なお尋ね者となってあらゆる町で略奪を繰り返し一番財宝を集めるのが目的のゲームです。

 町には略奪出来る現場がそれぞれ4〜6箇所存在します。
 町では略奪するかそれとも次の町へ出発するかを選べ、略奪する場合はどの現場に行くかを決めます。
 決めるには現場カードをプレイし、全員がプレイしたらプレイヤーの1人がダイスを振ります。
 ダイスには現場を襲えるかどうかと保安官が現れるかどうかの判定に使います。
 保安官の目が出たら、それは溜まり続け最終的に5個溜まったら略奪した獲物は無くなってしまいます。
 ですのでその前に出るのがいいのですが、なるべく多く集めたい場面もあるでしょうし、色々悩ましいところ。

 保安官の目が5つ溜まらなかったら獲物タイルを1つ獲得出来ます。
 それは出した現場の場所から高い現場カードを出した人から取っていきます。
 但し、獲物は低い順に並んでいるのでどれくらいの獲物がいるかによって、出すカードを考えないといけません。

 町を出る場合はまず手に入れた獲物タイルを換金できます。
 これによってゲーム終了時の勝利点となる金塊を手に入れます。
 町を出る時にタイルも一緒に持っていけますので、それを考えてタイルを集めましょう。
 換金率も後の町のほうが良くなるので色々考えます。

 これを7つの町で繰り返し、一番金塊を集めたプレイヤーの勝利となります。

 昔あったダイアモンドというゲームをもうちょっと重くしたような感じです。
 ここで引くべきか、引かざるべきか。悩みながらやりましょう。

 今回はなんと最後の町で20点近くトップを点数差をつけられていたのですが、ずーーっと粘り続けて最後の1個のダイスで延々保安官が出ず一度に20数点ゲットして勝利!
 うーん勝ったので面白かったです。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 ドミニオン海辺発売されましたねー。
 色々面白いカードも増えましたが、ちょっとシステム的に面倒な部分があるので慣れが必要かもしれません。
 しかし拡張がこうやって続けて出て、しっかり入れて遊び続けれるゲームはとっても貴重ですね。
 今週の土曜日は昼からドミニオンをやりたい方お待ちしていますので、興味があれば是非いらしてください。
 他にも毎週火曜日がドミニオンの日ですので色々な方と遊びたくなったらいつでもいらしてください。

 さてこの日は【ドミニオン】、【珍獣動物園】、【王への請願】、【王宮へのささやき】が遊ばれました。

【ドミニオン】
 最近遊ぶことが非常に多いのですが、遊んだよーということしか書いてないので、ゲームのコツを書いていこうかと思います。
 これをやれば強くなる!って奴です。

1、ドミニオンの基本はお金です。
 金が無ければ何も買えません。
 ですのでお金はとっても大事です。
 早いうちに2金、3金を手に入れるプレイヤーが勝利に近付くでしょう。
 アクションカードで良さそうなカードが無ければ最初に2金を2枚買うのもありなくらいです。
 引いた5枚で8金分無ければ6点は変えないのでどれだけ大きなお金を買えるかはとっても大事です。

2、1金と1点はいらないカードです。
 どちらも序盤のうちに廃棄できそうならしてしまったほうがいいでしょう。
 毎ターン1枚ずつでも、減らしていくのが大事です。
 後々じわじわ効いてくるはず。
 有名なところでは礼拝堂デッキがありますが、あれはちょっと面白みに欠けるので一度遊べばもう使わなくてもいいカードな気がしますね。

 しかし先に2金や3金を買っておかないとお金がなくて、本当になんにも出来なくなることもあります。
 そこには気をつけましょう。

3、アクションカードはほどほどに。
 アクションカードを組み合わせてコンボが発生するととても楽しいですが、あまりアクションカードを買いすぎると手札にアクションばかりで使いきれないなんてことも。
 特に+2アクションが無い場合はなるべく買わずに、お金を買っていったほうがいいでしょう。
 後半デッキが大きくなってきたら少し買う、くらいのつもりで大丈夫。
 ある程度デッキのカードを廃棄出来るならアクションカードは5〜6枚、アクションが沢山使えても12枚あれば十分でしょう。
 そのカードもなるべく+1アクションがついているものでアクションが追加されないものは2〜3枚ほどにしておいたほうが良いと思います。

 この辺りはどんなアクションカードが並んでいるかで色々変わると思いますので、何度もやってどのくらい買うのがいいかは考えてください。


 とこんなところに気をつければ勝てるようになると思いますので、ドミニオンに勝てないと思っている方はご参考にしてください。
 特に勝てない方はアクションカードを買いすぎなことが多いので、お金を買えるようにと考えておくといいかもしれません。

 とはいえドミニオンは勝ちを目指すより、どれだけ面白くコンボを組めるかも楽しいゲームなのでそこんところはお忘れなくお願いします。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 またまたデモンズソウルの話ですが、最近は対人戦が面白い。
 やっぱりゲームは対人戦が楽しいよねー。
 ボードゲームでもTRPGでも相手が目の前にいるので楽しいのです。
 だけど殺されまくり。
 まぁこういうのは経験値がものをいいますし、頑張ってもっとやるぞーって感じです。

 さてこの日の立卓は『真女神転生』でした。
 ボードゲームでは【ドミニオン】、【カードカソンヌ】、【アルビオン】、【カタン】が遊ばれました。

【ドミニオン】
 最近は色々なところで宣伝して貰っているお陰で初めて来られる方が増え始めています。
 この日はなんと新しい拡張セット「海辺」の英語版をお持ちになった方がいて数ゲーム遊ばれていたようです。
 うーん僕もすっごい遊んで見たかったのですが、人数の都合で辞退。

 しかし面白そうなカードが非常に多いので早く使って遊んでみたーい。

【アルビオン】
 新作のゲームです。
 ちょいと重めの開拓ゲー。
 イングランドにいるピクト人と仲良くしながら、喧嘩しながら建物を増やしていきます。

 建物は「開拓地」、「砦」、「バリケード」、「資源産出」の4つがあり、最初はバリケードを1つと資源のうち魚と木、そして砦を1つ持っています。
 これを使って最終的に開拓地を全て4段階目までアップグレードしたプレイヤーの勝利です。

 手番では移動と開拓か、資源の生産を行うことが出来ます。

 資源の生産はその名の通り自分が産出出来る資源を貰ってこれます。
 なので資源産出もアップグレードしておくと貰えるものが増えるのでお得。

 移動と開拓はまずは移動力分移動します。移動力は最初は1+砦の数で2あります。
 これを使って開拓者コマを移動させ、移動先に新しい建物を建てるか、建っている建物をアップグレードさせることが出来ます。
 建物を建てるコストは資源で、1段回目なら1種類、2段階目なら2種類と種類が必要になってきます。
 ですので後半はマップの奥にある石や金を手に入れにいかないといけません。

 そして建物を建てるとその場にいるピクト人が反乱を行う可能性があります。
 マップに置かれているチップを1枚引っくり返し赤なら反乱で攻撃してきます。
 それを防ぐのに必要なのがバリケード。
 バリケードのランクによって防御力が決まり、その場の赤いピクト人チップの総数以上なら防衛成功です。
 失敗すると建物が一段階ランクダウンしてしまうので非常に大変。

 他にも開拓地を建てると開拓者や軍隊を増やせたり、砦を最後までアップグレードすると今度はそこから開拓者を動かし始めれたりとやれることが段々増えていきます。
 後はいかに相手の邪魔をしつつ、自分の開拓地を4段階目まで持っていくかという勝負ですね。

 それ以外にも軍隊はピクト人チップを動かせるとか、既に誰かが建物を建てている場合にはその相手に使った資源を貢がないといけないとかいうルールもあります。

 やっていて思ったのはやはり防御力大事!ですね。
 一度破壊されるとまた手番を使って作り直さないといけなくなるので非常に大変です。
 なので防御力はしっかりしておきたいところです。

 後は中盤に真ん中辺りに砦を建てておくと、開拓者を移動させやすくなるので便利ですね。
 貢物狙いはあまりやりたくないらしく、入ればラッキーくらいに思っておいたほうが良さそうです。
 今回は序盤貢物して貰いたかったけど中々して貰えず、後半から資源産出をアップして自力でやったほうが良いという結論に。
 最後は一気に3回アップグレードして勝利しました。

【カードカソンヌ】
 結構オススメ。
 前回ルールをちょっと間違えていたのでそれを使ってコンボしてみました。
 裏向きのカードに違う色の動物を仕込んで、さらに同じ色の動物も仕込んで一気に40点近くゲット!
 しかしタイミングを考えるのが非常に面白いゲームです。
 どこまで粘るか、相手に取られる前に取るか、それとも相手が後一枚くらい出すのか、を見極める感じが楽しい。
 何度も遊べるゲームだと思います。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 お久しぶりです。最近はシナリオ作成に追われて日誌が進まないのですが、最近はドミニオンの日なども開催しているので頻繁に更新したいなぁという気持ちはあります。
 しかしそうも行かないところで難しいところです。
 あ、だけどデモンズソウルをクリアしたのでちょっと時間に余裕は出来る気がします。
 2周目も初めて(敵が)TUEEE、TUEEE−−−!と喚いてますが。

 そうそうデモンズソウルといえば、アレ出るんですよ。脳みそ吸っちゃうヤツ。タコ頭の。
 中距離からマインドブラストー!と言われて麻痺しているところを触手で組み付きされてごすっ!と一撃食らわせてきます。
 別に吸われはしないのですが、明らかにアレです。
 こいつが強くてねぇ。ばったり鉢合わせするとまじ怖い。
 遠距離攻撃でも一撃死だし。2周目だとどうなるのやら。

 さてこの日の立卓は『D&D』、『シノビガミ』、『D&D』でした。
 ボードゲームでは【カルカソンヌ】、【ブラフ】、【スモールワールド】、【カードカソンヌ】が遊ばれました。

【カードカソンヌ】
 この日はボードゲームキャンペーンの日でした。
 ということで新作のゲームを紹介。
 カードで遊ぶカルカソンヌです。
 が、別にカルカソンヌっぽいところはあまり無かったり。

 4つの場所(色)にカードを出していき、出されたカードが欲しくなったら人を送れば手に入ります。
 が、最初に配られたカードは出し切らないといけないので、早めにカードを手に入れると後が困ります。
 ここらへんが悩ましくて楽しいゲームです。

 ゲームの進行はプレイ人数によって多少変更しますが、基本は規定数のカードを全員に配り、配ったプレイヤーの隣のプレイヤーからスタートです。
 手番ではカードを出すか、人を送るかが出来ます。
 カードを出す場合は基本は同じ色の場所に置かないといけませんが、最初の一枚だけは裏向きに置かないといけないので、好きな場所に好きなカードを置くことが出来ます。
 これが非常に効いているルールですね。
IMG_1307
 人を送るとそれ以前に置かれていたカードを得点にすることができますが、得点を手に入れるのは全員が手札と人を出し切った後になります。

 得点計算については4種類の方法があります。

 1つ目、人の描かれているカードの枚数と数字の合計を掛けた点数。

 2つ目、動物のカードの枚数によって多ければ多いほど高得点、さらに動物は自分の場に残る。

 3つ目、建物のカード、最終得点計算時のみですが、集めた種類に応じて高得点が手に入ります。それまでは宝箱の下にしまってみてはいけません。

 4つ目、これが一番大事ですが、裏向きに置かれていたカードが間違っていた場合の点数。人だったら10点、動物や建物も10点にするか、自分の場に置くことも出来ます。これはもし自分の場にすでにあればその分も入ります。(すいませんここやった時間違えていました)

 なので裏向きで仕込んでおいて自分で回収すると高得点チャンスだったりするし、他のプレイヤーに取られればその人が高得点だったりするので、この辺りの駆け引きが面白いです。
 大体4〜6枚ほどカードが溜まったら人を派遣するのですが、それが何点くらいになるのかは大体見えているので後は裏向きのカードがなんなのかを予想する感じですね。
 それ以外にも後一枚置いて大丈夫だろうかとか高得点とれてしまう人に回る前に誰かとってしまえとカードを置いてみたり遊び方色々です。

 で非常に面白いと思うのですが、なんかカルカソンヌというよりラーを思い出してしまいます。
 得点計算が川とかモニュメントとかに似ているんですよねー。
 別に無理にカルカソンヌの名前をつけなくてもと思ってしまいましたが、良作だと思いました。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 先日家で料理をしていたら鍋に穴が開いてました。
 全然気付かずに汁物を作ろうとしたらガスコンロに火が全然付かなくなってなんだなんだと調べてようやく穴発見。
 というより水が減っているのに気付かなかったわけです。視認チェックに失敗したようで。
 ガスコンロに溜まった水を捨てて、一日経ったら乾いてまた火が付くようになったので問題はなしです。
 まぁ作りかけには食べれませんでしたが。

 さてこの日の立卓は『D&D4th』、『デモンパラサイト』でした。
 ボードゲームでは【トバゴ】、【アトランティス】、【多いか少ないか】、【満載】が遊ばれました。

【アトランティス】
 アトランティスから大陸へ脱出するゲームです。
 道中にある道具を拾いながら大陸に3人辿り着いた時点で一番得点の多いプレイヤーの勝利。
 移動はカードを使用します。
 カードには道に書かれている道具が描かれていて、今いる場所から一番近い道具の場所まで移動します。
 もし誰かがいれば続けて移動も出来ますがカードは減ります。
 途中海を越えたい時はその両脇にある道具のポイントの低いほうを支払わないと移動できません。
 支払いは移動すると貰える道具かカードで行います。
IMG_1284
 1人ゴールすると補充のカードも増えていくので、出せるカードの幅は広くなりますが、その分遅れているコマがあるとそれを動かすのが大変なこともあるでしょう。

 今回は3人プレイでしたが、他のプレイヤーがさくさくーとゴールしてしまい、潤沢なカードを自由に使われて負け。
 やっぱり移動できる場所が多いと強いです。
 結構頑張って海だらけにしてはみたのですが。
 時間は30分ちょいといったところでお手軽なゲームではあります。

【トバゴ】
 今回来た中で一番の期待作で面白かったです。
 宝の地図を片手に島に眠る宝物を探し回ります。
 大事なのは協力で、お互いに宝の手掛かりを出し合うことで宝物を山分けできるようになります。
IMG_1286
 手番には宝の手掛かりカードを出すか、車を移動させるかを選べます。
 宝の手掛かりはいろいろあって、森の中のどこか、最大の山の中、椰子の木から2マス以内、などなど。
 この手掛かりを何枚も出していって宝の場所を特定させるわけです。
 宝の場所が特定すれば今度は車を動かして宝物を手に入れましょう。

 手掛かりカードを出した人と宝物を取りに行った人皆で分配です。
 ここでのポイントはまずカードを出した枚数だけ宝の中身を確認出来ること。
 これで今回の山分けに入っているカードを少しだけ知ることが出来ます。
 そうしたら全員がみたカードを良く混ぜ1枚めくり、後のほうにカードを出した人から欲しいかどうかを決めていきます。
 高い宝があると知っていれば後まで残るでしょうし、低い宝を見てしまったらある程度で妥協するかもしれません。

 しかし宝の中には呪いも込められていて、もし呪いを引いてしまったら、今まで手に入れた宝を1枚破棄しないといけません。

 そうして宝を取り合い、宝が無くなった時点で一番得点の多いプレイヤーの勝利です。

 途中石像の目線の先にアミュレットが出現しますが、これを持っていると呪いを防いでくれたり、追加アクションを行えたりします。

 相手との探り合いや宝物の手掛かりを狭めていくところなんかが非常に面白いゲームでした。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 毎週火曜日に行われていた『カタンの日』が終了しました。
 日本大会や世界大会をやっていた時は盛況だったのですが、今ではそこまでやり込む方もいらっしゃらなくなったので、今度から『ドミニオンの日』へと変更させて頂きます。
 今ドミニオンは拡張セットも次々発売されるようですし、組み合わせ次第で幾らでも遊べるゲームで非常にオススメです。
 勿論今まで通りカタンや、その他のボードゲームも遊べますのでボードゲームが遊びたくなったらいつでもいらして下さい。

 さらに土曜日の夕方18:00〜20:00までの時間帯にボードゲームを遊ばれた方はその時間帯は在店料無料になるサービスも始まりました。
 平日も休日もボードゲームで遊びたくなったらDaydreamへどうぞ!

 さてこの日の立卓は『D&D4th』、『デモンパラサイト』でした。
 ボードゲームでは【トバゴ】、【アトランティス】、【多いか少ないか】、【満載】が遊ばれました。

【多いか少ないか】
 先日届いた新作ゲームです。
 いつものようにお楽しみは後にとっておきましょう。
IMG_1278
 ということでおそらくもう遊ばないであろうゲームから。
 数字の書かれたカードを卓上に置いて、マークの描かれたカードを山札にして用意します。
 山札には目的カードとモチーフカードが入っていて、ゲームは一斉に捲ったカードから目的カードに描かれたマークがモチーフカードにどれだけあるかを数え、いち早く同じ数字の書かれたカードを取ります。
 当たっていれば1点、外れたときや取れなかったときは0点です。
 そして目的カードを捨て札に、モチーフカードは場に残り続けます。

 山札が無くなった時点で一番得点の多いプレイヤーの勝利となります。
 非常に簡単なゲームですが、意外と見落としがあって取っている数字カードがみんなばらばらとかいう場合も。
 ここらへんが面白いのですが、少しばかり単調すぎるかな。
 キライじゃないけど何度も遊ぶのは少しあれです。

 ただ子供と一緒に遊ぶにはいいゲームではないかと思います。

【満載!】
 こちらは神経衰弱です。
 トラックに荷物を積んでいくのですが、なるべく同じ荷物を積んだほうが得点が高くなります。
 ただし荷物には番号が振られていて、最後に積んだ荷物より高い番号の荷物を取らないといけません。
 なので最初は低い数字を、後で高い数字を取ったほうがいいのですが、小さい荷物のほうが少ないのであまりに戸惑っていると他の人が取りきって終わってしまいます。
IMG_1280
 誰かが10個積み終わったら他のプレイヤーが1回ずつ引いてゲーム終了。
 一番得点の多いプレイヤーの勝利です。

 引きゲーで覚えゲーです。
 相手の引いた数字を覚えておいて、自分が引きたい時に引ければ勝てます。
 あえて邪魔するのもありですし、それなりに考えどころがあるとは思うのですが、とっても引きゲーです。

 手軽に遊ぶ分にはそれなりに遊べると思います。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 インフルエンザがまたまた流行り始めているそうなので、ご来店の際はうがい、手洗いを宜しくお願いします。

 「イグドラビリンス」
 先日話していたフリゲその2。
 世界樹の迷宮です。
 あれが好きな人にはオススメ。
 しかしまだこちらも未完成状態なので体験版になってます。
 とはいえ十分過ぎるほど遊べるんですけどね。
 敵の持っている素材を集めて合成するんですが、集めるのが大変で大変で。
 特に赤いグラフィックの敵の強さがヤバイ。
 全滅するとゲームオーバーなんでレベルアップしてから挑みたいと思ってしまうわけです。
 そんなわけでらんだむダンジョンの続きが出るまでの暇つぶしーとか思って遊んでいたら凄い時間遊んでた結果に。

 しかし最近のフリーゲームは体験版というか未完成の時点でこのレベルまで遊べるのが凄い。
 作者の人達は尊敬できますね。
 実際お金取れるレベルではあると思うのですが、こういったものがフリーで遊べるのは幸せだなぁ。
 うん、自分もそのうち新しいゲームとか公開したいところですね。
 その為にもまずはゲームを作るところから始めないといけないわけですが。

 さてこの日の立卓は『D&D3.5』、『D&D4th』、『DX3rd』、『DX3rd』、『グループ利用』、『シノビガミ』でした。
 ボードゲームでは【ティキトップル】、【大聖堂の建設】が遊ばれました。

【大聖堂の建設】
 新作の2人用ゲーム。
 2人用のゲームとして非常に面白かったです。
8-22ボドゲ1
 お互い城と大聖堂を競い合って建設し、先に完成させたほうの勝利というゲーム。
 まずは建設に必要な材料、お金、権力チップを持って、毎回場に並ぶ9枚のカードから1列を選びます。
 これは両プレイヤーが選ぶのですが、後手は必ず相手の列と交差するように置かなければいけません。
 そして重なった部分を取り合う為に権力チップを使います。
 より多くの権力を積んだほうがカードを獲得し、勝てば3枚、負けると2枚のカードで建設を進めることになります。
8-22ボドゲ2
 カードには材料の入手、材料の加工、材料の売買、権力チップの入手、お金の入手、特殊カードがあります。
 特殊カードは自分だけが使えるものや、後で使えるカードもあるので非常に強力です。
 どんどん狙っていったほうがいいでしょう。

 カードを使った後に加工した材料を現場に配置し、3箇所を先に完成させれば勝利です。

 最初っから最後までお金と材料の入手、加工が大変な上相手の邪魔もしないといけないので結構カツカツな感じのゲームでした。
 そこらへんは2人用のゲームとして非常に好ましいですね。
 それに先手と後手で特殊カードの中身も違うのでとれる戦略も変わってくるところも面白いです。

 今まで2回やりましたが、1回はお互いに8個ほど加工して運んだところでぎりぎり勝利。
 2回目は権力チップでの戦いに運良く勝ち続けたので城を完成させて勝利となりました。
 ただ山札は無くなりかけたので結構ギリギリでしたね。
 2人用ではまた遊びたくなるゲームです。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

このページのトップヘ