テーブルトークカフェ日誌


東京神田にあるTRPGとボードゲームが遊べるお店
「テーブルトークカフェDaydream」です。

長らく休止していましたが復活!
Twitterもフォローよろしくお願します☆

カテゴリ: アリアンロッド高レベルアルディオンキャンペーン

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 インフルエンザがまたまた流行り始めているそうなので、ご来店の際はうがい、手洗いを宜しくお願いします。

 さてこの日の立卓は『アリアンロッド』、『りゅうたま』、『デモンパラサイト』でした。

『アリアンロッドアルディオン高レベルキャンペーン3回目』
 前回言われたとおりに竜輝石を取ってきたのですが、ウォリックフォードに戻ってみるとグラスウェルズの人間達が復興作業を手伝ってます。
 ダメだー!それは。
 まぁ王様いないからしょうがないけど、侵略されてもしらんぞ。

 とそこでグラスウェルズの指揮官であるリシャール登場。
 この人は良い人っぽい。
 しばらく会話をした後はやはり連絡待ち。王様どこいったのーん。

 待っていると遂に現れる王を攫った連中。
 そこで持ち掛けられたのは、この国の宝物庫にある竜輝石を最初に手に入れたものが竜輝石を総取りしようという話です。
 こちらも断れる立場でも無いので勝てば王を返して貰うということで了承しました。

 しかしそれを影で聞いていたリシャールも参加を表明してきます。
 彼は自分の持つ竜輝石を賭けると言ってくるわけですが、なんとまぁ。

 負けるわけには行かない勝負です。
 開始地点は3箇所。好きなところから入っていってより早く竜輝石を手に入れようという話。
 これは勝負ですのでまずはクェイリィ。
 「どこから入るのが一番難しいですか?」「2番目」
 なるほど。それでは2番目から行くことにしようか。

 と、みんなには2番が良さそうだよとさらりと言って2番からスタートすることに。

 入ると現れるのはネームドモンスター「ルアダン」(もどき)!
 こいつは毎ラウンドシーン攻撃をしてくるツワモノです。
 しかしここで痛恨のミス。

 自分は昔こいつと他のセッションで戦ったことがあるのですが、その時は弱かった。何故かっつうと上級のほうのデータで戦っていたから。
 もうルアダンっていうよりルアたんって感じだったのです。
 しかし今回はエネミーガイド。あれ、こいつこんなに強かったっけ?
 とか、あれれ、HP的にはそろそろ死んで無かったっけ?とか。

 中の人が勝手にいろいろ勘違いしまくって切り札系のスキルを惜しんで手痛いダメージやスキルを使うハメになってしまいました。
 やはりネームドモンスターに手加減しちゃダメですね。

 とはいえここでルアダンのエクストラドロップを手に入れます。
 シーン攻撃できる良い武器ですね。

 その後もMPやHPを回復しつつ宝物庫探索。
 やはり大事なものは下にあるだろうという考えの元、トラップだけは見つけつつ、下へ下へと向かいます。
 途中にお宝っぽいものもあったかもしれないけど、無視。
 時間がどれくらい残っているか分からないしね。

 急いで向かったおかげで無事一番乗りで竜輝石が安置されている部屋に到着。
 勿論ガーディアンもいたので戦います。
 現れたのは光と闇の大精霊。
 流石に通常モンスターには困りません。
 結構さくっと倒して竜輝石を手に入れたぞー……と言いたかったのですが、倒した途端に地面から現れる機械状のもの。
 ジャガーノートだーー!
 残っているリソースをありったけ注ぎ込んで撃破します。

 いやー厳しかった。
 これでやっと王様を取り返せるなぁとか考えているとようやくご到着の王を攫った連中。
 素直に返してくれるわけもなくこちらに襲い掛かって奪い取りに来ます。
 しかしリソースもほとんど尽きていた自分達は流石に勝てず何体かは倒したのですが、その後全員倒れます。

 自分としては仲間っちゃあ仲間だし竜輝石があっちに渡ってもいっか。
 とか考えていたりするとさらに後ろから現れたリシャールにやられちゃいます。
 流石つぇー。

 戦闘も終了し、戦闘不能から回復したのですが、リシャールから自分の竜輝石は勝負に負けたので渡しましょうと言われてしまう。
 いやいやいや、最後に助けられてしまったわけだしとパーティ一致で頂けませんとなりました。
 これで王も回収出来そうです。

 またもや次回へ続く。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 さてこの日の立卓は『D&D』、『D&D』、『D&D』、『アリアンロッド』でした。
 ボードゲームでは【カタン】、【ごきぶりポーカー】、【ブロックス3D】、【シャドウハンターズ】、【ゲシュンク】が遊ばれました。

『アリアンロッドアルディオンキャンペーン2回目』
 前回王様がどっか行っちゃったのでそのまま追いかけることになったホークアイの面々。
 ラングエンドにあるという隠れ家に向かいますが、そこで出会ったのがラングエンドの前王であるサルガレル。
 彼の話によるとドワーディン王は攫われてしまったようです。

 な、なんだってー!

 だからあの時おとなしく傍にいろって言っておいたのに、逃げやがって。
 ドワーディン王を攫っていった連中からは脅迫状が届いており、返して欲しければ竜輝石を持って来いとのこと。
 ドワーディン王の竜輝石は勿論ドワーディンが持っているのですが、それ以外か。

 そこでサルガレルさんが竜輝石なら近くにあると話してくれます。
 なんでもエストネル山地の奥にエルゴールというエストネルの賢者がいて竜輝石を守っているようです。
 その為には無限の山脈と呼ばれる場所を通らなければいけないらしいですが、それなら問題ありませんと向かうことになりました。

 無限の山脈は無間地獄の罠やタライの雨が仕掛けられていて進むたびにダメージを食らってしまいます。
 地味に痛い。
 ですが、MPポーションだけは山のように買ってはいるので大丈夫!

 なんとかかんとかエルゴールがいると言われる場所まで行き、事情を話します。
 すると力を見せて貰おうとウサギ頭となにかが現れます。
 首切りですね。知ってます。
 ちょっとだけ死にかけもしましたが無事撃退。

 ちなみにこの人?気配としては魔族に近いようです。
 とはいえここで突っかかってもしょうがないので先に向かいます。

 進む途中川があってギルマン達が楽しそうに泳いでいたのですが、あとで聞いた話だと実は困っていたらしく助けるとボーナスがあったとか?

 辿り着いた洞窟にあった竜輝石を手に入れるとゴーレムなどの守護者が動き始めます。
 さくっと撃破。

 洞窟を出たところで待ち受けているのはバルムンクのメンバー。
 竜輝石を渡せとか言われます。
 いやいや、これは王様と引き換えだからダメだろ?
 まぁ当然戦闘になります。

 相手にカウンタースペルを使えるエネミーがいたのですが、これにメイソンの防御や攻撃力をあげるスキルの邪魔をされると痛い。

 ので使った技が、アルディオンガイドで導入された新アイテム「禁技珠」。
 同じエンゲージ内の相手に重圧を与えるアイテムなのですが、僕らは「耐性:重圧」のギルドスキルを持っているので問題なし!
 こうして結構一方的な戦いは終了しました。

 戦闘終了後現れたのはヤヨイの知り合いフェブラリー。
 命令違反をした先ほどのボスを倒して行っちゃいました。
 むぅ何者なんでしょうねぇ?

 目的のものは手に入れたし、相手から連絡があるまでゴルフォードで待つことにしましょう。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

 こんばんは。
 
 フラッシュゲーム【ヒクタス】、【elementaler】はこちらです。
 岡田店員制作の『りゅうたま公式ブログ』もよろしく。

 さてこの日の立卓は『D&D』、『アリアンロッド』、『SW』、『メガテン』でした。

『アリアンロッドアルディオンキャンペーン高レベル1回目』
 高レベルの1回目です。
 同時に低レベルもリンクさせたかったのですが、上手く行かず停滞中。
 そちらの方はすいませんです。

 恒例のキャラ紹介から。

 まずは自分のキャラ。
 レーテ。
 ソーサラーで種族は魔族(ヒューリン)という設定。
 ちょっとFEARっぽく頑張ってみようと思ったが中々上手くいかないもんです。
 何か偏見のようなものが混じっているかもしれませんが、あまり気にしないで下さい。
 やっぱり慣れないことに挑戦するのが大事なんだと思ってます。

 今回はちょっと控えめにクラスチェンジを3回にしました。
 普段だったらレベル下がっても気にせず10回はやっているんですけどね。
 サプクラスはセージ→フォーキャスター→ダンサー→サモナーです。

 コンセプトは相手に何もさせずに一方的に攻撃し続けるというキャラです。
 具体的にはアースブレッドとデモンズウェブを組み合わせて相手をずっと転倒状態にさせて、近寄られたらアンバッサンというスキルで逃げるを繰り返す予定でした。
 まぁこのレベルになると敵にバッドステータス無効と書かれた瞬間終わるわけですが。
 他にもファストドロウで複数の相手をまとめて攻撃出来たりサモンアラクネやレインボーカラーもあるし、いいかなぁと思ってました。
 だけどリプレイのキャラとも被って嫌な感じだなぁとか、あんまり役立ってないなーってことで改造しようかと検討中。
 普段はサーリック宮廷学校の生徒をやってます。表向き。

 それから折角ですので取得スキルなども一緒に書いておきます。
 HPの低さが泣ける。

HP:52
MP:127(227)
フェイト:10
【ソーサラー】
デモンズウェブ1
ランニングセット1
ファストドロウ4
レインボーカラー1
チートマジック1
ディスペルマジック1
【メイジ】
アースブレッド5
アースシェイカー5
コンセントレイション1
マジックブラスト1
【セージ】
エフィシエント5
ウィークポイント1
【フォーキャスター】
アンバッサン1
【ダンサー】
エンカレッジ1
【サモナー】
サモンアラクネ1
ガーディアン1
クウェイリィ1(生まれ)

自動取得スキルは書いてません。

 ラーナ。
 ウォーロード/ダンサーの人間、女性。
 頼れる前衛です。
 クロススラッシュの攻撃力にマタドールを使っての回避力があるため、非常に強力。
 生まれがエリンディルでわざわざアルディオン大陸にやってきました。
 舞台がゴルフォード王国なのですが、隣国のグラスウェルズにいるリシャールに認められるため隣の国で名声をあげようとしているらしいです。
 国に仕える動機が不純な人その2。(その1は上の人)

 ツヴァイ。
 ナイト/サムライのエクスマキナ。
 頼れる前衛その2。
 ウェポントリックを使い持っている武器をどんどん変えて行きます。
 決め技はレイジトリプルブロウ。
 やっぱ強いですよねー。
 ゴルフォードの守護者という存在で炎の軍馬を持ってます。
 これで移動力だけは馬鹿げた数値に。

 ヤヨイ。
 スカウト/ダンサーのヴァーナ、女性。
 元情報部13班出身の傭兵。
 エリンディル出身ですが、流れ流れてアルディオンまでやってきたようです。
 エリンディル生まれが3人というパーティーです。

 遠距離攻撃とポーションの回復が売りです。
 このパーティーのアコライトは回復能力は高くないので非常にありがたい存在。
 しかしやってきた目的は竜輝石の奪取。
 動機が不純な人その3です。

 ラ・メイソン。
 パラディン/フォーキャスターのドラコネット、男性。
 軍師タイプなのですが、見所はやはりセットアップでのポジショナルプレイ&タクティカルプレイ。
 パラディンのセットアップに2回スキルが使えるのを駆使して範囲(選択)の対象に防/魔防に+40点、攻/魔攻に+24点加える能力を持ってます。
 特に防御力アップはマスター泣かせですね。
 但しメインフェイズの行動が無くなっているのでヒールは飛びません。
 現在は竜輝石の所有者を補佐する為ゴルフォード王国の金剛銃士になっています。

 こんなパーティーの冒険の始まりです。

 個別ハンドアウトがあるだなんて久しぶり。

 個人個人のオープニングシーンをやっていきます。

 自分は部屋に突然現れた黒の情報屋という人物(?)から赤竜に会えと言われます。
 赤竜ってあれですか?あのアルディオンガイドのネームドエネミーの一番後ろのヤツですか?
 YES!YES!YES!!!
 会う為には近いうちに王国で偵察任務の募集があるのでそれに志願し、レイウォールとの国境まで連れていけと。

クウェイリィ発動。
 深紅竜についてkwsk!
 ルールブック参照と言われるのでちょっと確認。
 戦いたくないなぁ。これは。

 そんなわけで王都まで向かいます。

 そこで出会った他のPCとギルドを組むことに。
 ギルド名はホークアイ、ギルドマスターはラ・メイソンです。
 もう皆やりたいことバラバラなパーティーですが、どうなることやら。

 出発した先、国境付近で野営跡地に遭遇。
 この辺りで不穏な動きがあったらしいという話だし、これはちょっと気になりますね。
 ということでさらに捜索を行いますが、どうも国境の向こう側、つまりレイウォールに渡っているみたいだという話。

 さて、追うかどうか話し合います。
 僕はどっちでもいいんですよねー。
 目的としてはここに連れてくればいいみたいだし、そのうち誰か分からない誰かからアクションがあるから無理しなくてもいいかなぁとか考え中。

 それぞれ思惑が違う人間が集まると腹の探り合いのようなことが出来て楽しいですねぇ。

 結局追ってみることに。
 国境沿いにある川を渡ってそちらで捜索を開始します。
 すると怪しげな一団を発見。
 あれかな?と近付くと突然そのうちの1人が懐から何かを取り出して、それが赤く光りだします。
 そして出てくる深紅竜アイン・ソフ。
 来たよ!遂に来ちゃったよ!
 お互い100mほど離れた距離で戦闘開始です。

 当然2回行動の赤い竜。
 あっという間に近付いて、ダブルキャストから2回ファイアボルト。
 ファイアボルトならたいしたことないか。と思っていたら能力でダメージ+60点ほどされていた様子。
 たしか2回100点ほどくらい早速死にかける。

 こちらのセットアップはまずはアンバッサンでツヴァイを移動。
 その後陣形でさらに接敵して貰ったような。
 この時、レーテだけアインソフに接敵しておきます。
 ラ・メイソンは防御アップ。

 ここでメインプロセス。
 勿論初手は竜さん。
 だが攻撃できる相手はレーテだけ!
 再び全力でダブルキャストしてくれます。
 1発はガーディアンで、もう1発は生命の呪符を破ることで耐えます。
 次のターンは持たないよなーとか考えつつ。

 残ったメンバーはカリキュレイトで先制したヤヨイが遠距離からライフル使用。
 あぁガンスミスが役に立つのは戦乱物(野外戦)ならではだよなーとか思ってしまう。
 しかし敵の行動がテレポートだったのでいなくなってしまった。
 残ったのは赤い竜さんだけ。
 色々終わった雰囲気を漂わせつつ、全員の行動が終了。
 ここでクリンナッププロセスが来て赤い竜撤退。
 危なかった。

 だけど見つけた瞬間逃げ出すとか明らかに怪しいし、陽動っぽいねーと言う話だったので転送石を使い王都に戻ります。

 何故かお城が燃えてます。
 城の前に戻ってきたのですが、なんでこんな状況に?
 ここで唐突に現れるゴルフォード解放軍なるテロリスト集団。
 なるほどこいつらの仕業か!と軽く捻ります。

 捻った後に状況を整理するとグラスウェルズがこの騒ぎに乗じてこちらにやってきているらしいという話と、ゴルフォード王が行方不明という話を聞きました。
 流石に国王がいないのは話にならないので本日2回目のクウェイリィ。
 よいしょっと古代竜の牙に付け替えて。

 国王様の居場所を教えてください。

 国の地下にある隠し通路を移動しているということが分かりました。
 なるほど生きてたようです。
 別に死んでても構わなかったのですが、とりあえず追っ掛けましょう。
 地下通路に入って延々進みます。
 途中分かれ道があるところでは感知判定をして上手く行き先を特定していきます。

 追いついた!
 もう無事だから国に戻りましょうと話していたところで一緒に追っ手も登場。
 そして深紅竜を呼び出した時と同じようにまた呼びます。
 ぎゃあー流石に2回は死ねる!

 国王はやっぱり逃げ出すし、この臆病者め。

 ここでクライマックスバトル。
 当然2回行動をしてくる竜さん。
 さっきとは違って魔法は使ってきませんが、最初のうちは気付いていませんでした。
 一緒に現れた追っ手も戦闘を仕掛けてくるので、とりあえずそちらから先に倒そうとします。
 追っ手を撃退したあたりでなんかオカシイと気付いて知識チェックをしてみれば、こいつはただのミスリルドラゴンだぁ!
 そうと分かれば怖くはないとちょっと苦戦もしましたが倒すことができました。

 終わってみれば国王の姿は見つけられず、続けて追うことになったような。

ランキング応援お願いします。
ブログランキング

このページのトップヘ