国立医学部第一志望合格 ~母がわかること

2017年4月息子が第一志望の国立大学医学部に入学。 一浪生。 センター試験はD判定。 第一志望をあきらめかけましたが、なんとか気持ちを持ち直し、それまでの勉強成果を信じて前期試験を受験しました。 母としてわかってくること、たくさんある気がします。

2017年07月

模試で落ち込んだとき


前の記事『兄から妹へのアドバイス』を読んだ息子に言われました。

「こんなこと書くより、もっと役に立つこと書けば?」

「俺が模試でC判定とったときのこととか」

***

浪人生の9月に行われた第2回全統記述模試。

このとき第一志望大学の判定はCでした。それまでは、B判定。

夏に頑張ったはずなのに、なんで?
成果が報われなかったということ? 

「数学でいろいろミスが重なってありえない点数になった」という息子。

私は、私なりに落ち込んだ様子を見せないようにして
(しかし、顔に出ていたと思いますが(^-^;)

「次、実力通りの力が出せるようになればいいね」
というような意味のことを話したと思います。

とにかく、誰よりもショックを受けているのは息子。
もう、親があれこれ言う時期ではないと思いました。
1月になって大学に出願するとき
それまでの模試を総合的にとらえようと自分に言い聞かせました。

「きっと、この壁を乗り越えるはず・・・」「信じよう・・・」
不安になると、夫にそのようなことを話すようにしました。

11月からの模試では、安定してB判定の結果になりました。

***

夏に蓄えた実力が、すぐに模試に反映されるとは限りません。
長い目で模試を捉えることが必要だと思います。

それから
浪人生は偏差値が下がってくるのはあたり前
と息子が話していました。(←現役生が伸びてくるから)

浪人生の模試の見方
息子にしっかりと話を聞いてまた記事にしたいと思います。


*** *** ***

ランキングページは
こちら↓からどうぞ


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

*** *** ***

我が家の医学部受験の重要事項は
こちら↓に記載しています。

『国立医学部第一志望合格 母がわかること』

読んでくださいました方、ありがとうございます。


兄から妹へのアドバイス


高校2年生の娘の駿台全国模試の結果を見て

ああだこうだと娘にアドバイス(のつもり)をしてしまい
淡々としなくては・・・と反省しています。

娘が自分でよくわかっているはず。(遊んでいたことも)←余分

***

思い起こせば、息子が浪人したときは

出願大学を決めるときに
それまで受けた模試を総合的にとらえ、判断材料にしよう!

模試は実力不足の分野を確認するためのもの。

と意識していたのに。すっかり忘れていました。

***

親ではなく、兄からアドバイスがあれば・・・( *´艸`)

と思い、娘の駿台記述模試を息子に見せて
どうすればいいか聞いてみたところ

「ほっとけば?自分でやるやろ」

それだけでした。(@_@)


*** *** ***

ランキングページは
こちら↓からどうぞ


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

*** *** ***

我が家の医学部受験の重要事項は
こちら↓に記載しています。

『国立医学部第一志望合格 母がわかること』

読んでくださいました方、ありがとうございます。


コードブルー


「コードブルー」、視聴率高かったですね。

山Pとガッキーが出演したからでしょうか。

我が家も、リアルタイムで息子と夫と私で見ました。

ストーリー展開がしっかりしていて、見応えがありました。

テキパキと動く、山Pやガッキー・・・。
おろおろする、新人医師・・・。

新人医師がおろおろするたび、息子の顔をじ~っと見てしまいました(^-^;

***

医学部5年生の先輩は、もう病室を回っているそうです。

医師は、人の命と直面する職業・・・と改めて思いました。

来週から、大学のテスト週間がスタート。

コードブルーを見て、医師になる緊張感をもって
勉強してくれれば・・・。


山Pみたいになって(容姿)!とは言いません(笑)


・・・そう言えば、娘が小学生の頃

「なんで、うちのお兄ちゃんは、山Pに似てないの?」
と真剣に怒っていた時期がありました。

「そんなこと言ったら、なんで○○(娘の名前)は
AKBに似てないの?って言われるよ」

と諭した覚えが。(^-^;


*** *** ***

ランキングページは
こちら↓からどうぞ


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

*** *** ***

我が家の医学部受験の重要事項は
こちら↓に記載しています。

『国立医学部第一志望合格 母がわかること』

読んでくださいました方、ありがとうございます。



私立大学~東京の思い出


現役時代、私立大学は一つも受験しませんでした。

国立個別試験対策で手いっぱいで、私立大学を受験する余裕はない
という本人の意向によるものです。

もし志望大学がダメだったら浪人、という暗黙の了解になりました。

***

浪人時代は、もうあとがないことから三つの私立大学を受験しました。

安全圏一校(地元)、私立本命大学(東京)、私立第二志望大学(東京)

***

東京での受験は同伴しましたが、宿泊ホテルには大学受験生がたくさん。
ほとんど親が同伴していて、ほっとしました(笑)

東京は、4年ぶり。家族でスカイツリーを訪れて以来でした。
私は家を離れること自体あまりなかったので、すっかり旅行気分。

息子と二人で旅行(←旅行にしている)なんて
もうないだろうから楽しもう、と決めていました。

電車の中でおいしい駅弁を食べ終わり、雑誌を読みリラックス(笑)

***

東京駅に着いてからは、すっかりおのぼりさん状態に(笑)

慣れない切符を買い、慣れない私鉄に乗り、翌日の確認をしました。

***

私立大学受験は、親にとっても気分転換になりました。
そして、貴重な思い出です。


*** *** ***

ランキングページは
こちら↓からどうぞ


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

*** *** ***

我が家の医学部受験の重要事項は
こちら↓に記載しています。

『国立医学部第一志望合格 母がわかること』

読んでくださいました方、ありがとうございます。



苦しかったセンター試験*浪人生⑦


2月に入ると
5~6日おきに3つの私立大学の入試がありました。

目前の私立大学の入試をこなすことで
センター試験の結果が・・・どころではなくなりました。

***

2つ目の私立大学受験の前日。

国立後期の出願大学から足切りの通知が・・・。

息子はショックというより
翌日の受験に気持ちを入れ替えていました。

受験先が私立本命の慶應義塾大学だったからです。

***

今から思えば、もしも私立大学を受験しなかったら
やはり、もっとショックをひきずってしまった気がします。

息子にとっては、私立大学の受験が
センター試験の辛さをふっきる機会になりました。

***

私立大学受験→反省を3回繰り返し
苦手な本番力を鍛えました。


国立の後期受験もなくなり
医学部入学の最後のチャンス、国立の前期試験まで

残された日々はあと僅か。

本番での記述力をいかに高めるか。
息子の意識もその点だけに集中しました。


*** *** ***

ランキングページは
こちら↓からどうぞ


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

*** *** ***

我が家の医学部受験の重要事項は
こちら↓に記載しています。

『国立医学部第一志望合格 母がわかること』

読んでくださいました方、ありがとうございます。


     ブログ紹介
ご訪問いただき

ありがとうございます。


2017年4月

息子が地元の国立医学部に入学。

高校入学時から志望した大学です。


高校入学時は、志望大学に

手が届かない状態でした。

何回も諦めかけましたが

本人の強い意志で

合格にたどり着きました。


心配性で過干渉で

融通がきかない母が

いろいろ反省しながら

わかってくることを軸にしつつ

いろんなお話を。
     自己紹介
子供は二人で

息子と娘(高校生)です。


山と海に囲まれた地方で

家族4人(息子・娘・夫)で

暮らしています。


おっちょこちょいで天然です。


***

息子は上の子なので

はじめてのことばかり。

特に医学部受験は

わからないことが多く

私は右往左往しっぱなしでした。


娘は下の子ということもあり

私も少し心に余裕ができて

女子トークで盛り上がったり・・・。

ファッションチェックを

してもらったり・・・。

「ママその服やばいって」

とよく言われています(笑)


***

趣味は

ガーデニング

フラワーアレンジメント

ハンドメイドです。


好きな本は

「赤毛のアン」です。