夏、いよいよですね。

受験生にとっては、勝負どころの大切な時期。

予備校では、通常授業から夏期講習に移ります。

夏期講習に入る前に
予備校の先生から叱咤激励がありました。

印象的な言葉でしたので、覚えています。

「秋になって、成績が下がった~という受験生がいるが
それは、夏に勉強しなかった結果で、あたり前のこと」

***

勉強に関しては、私はまったくわからないので
息子に何も言いませんでした。

浪人するときに、勉強に関することは予備校に任せて
何も言わないことにしようと決めたからです。
(現役のときの反省から)

ただ、夏には
大学生の友達が帰省するので遊ばないか不安に(^-^;

「遊ぶのは、受かってからね」
「予備校の先生も、今は大学生の友達より
浪人生の友達を大事にしなさいって言ってたよね」

と、何気に息子に話しました。

・・・食事はしたようです。

***

浪人生の夏は、夏期講習があるないにかかわらず
それまでと同じように、朝から晩まで予備校で勉強しました。

***

夏にどんな勉強に力を入れるかは、受験生それぞれだと思います。

息子は、個別試験対策(記述力)に力を入れていましたが
同じ大学医学部志望の友達で
センター試験対策に力を入れている友達もいました。
(志望大学は個別試験の方がセンター試験より配点が高い)

その友達は、センター試験で800点以上をとり
個別試験をカバーして志望大学に合格。

しかし、志望大学にはセンター試験800点以上でも
個別試験の不振で不合格となった受験生がいました。

夏の受験対策は、センター試験の完成度、個別試験の完成度
得手不得手、志望大学の配点、などいろんな考察が必要です。

やはり受験生本人にしかわからないと思います。

***

夏に個別試験対策に力を入れた息子の場合
秋から記述力が伸びました。

11月に行われた早大・慶大オープン模試(河合塾主催)では
慶應大学理工学部(学問別)で上位10位以内。

冊子の成績優秀者に名前が載りました。
現役時代は、考えられなかったことです。

***

夏は、受験生それぞれの道で飛躍のチャンス!

秋になって、じわじわと成果がかえってくる!


*** *** ***

ランキングページは
こちら↓からどうぞ


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

*** *** ***

我が家の医学部受験の重要事項は
こちら↓に記載しています。

『国立医学部第一志望合格 母がわかること』

読んでくださいました方、ありがとうございます。