センター試験が悪かった場合
二次試験の配点が高い大学が有利です。

逆に言えば
二次試験の配点が高いほど、二次で勝負が決まるので
センター試験で800点をとっても
二次ができなければ不合格する場合もあります。

このような場合
センター試験は関係ない、といっても過言ではありません。

***

センター試験が悪かった息子の場合
第一志望大学は、ちょうど二次試験の配点が高い大学でした。

とはいえ
そのセンター試験の点数(自己採点754点)での合格者は
例年数人しかいません。

前期出願を迷っていた息子は
センターリサーチやデータネットにはまったく頼らない方法で
第一志望大学に出願を決めました。

下の二つの記事に記してあります。


苦しかったセンター試験*浪人生④~前期出願の決め手

苦しかったセンター試験*浪人生⑤~前期出願の決め手


浪人生④の記事に補足すると

息子の「二次試験の平均点以上をとる自信がある」という言葉ですが

それまでに第一志望大学の過去問10年分を解いていました。
(現役生のときに、解いていました)

過去問でも、点数が取りやすい年と取りにくい年があるようでしたので
過去問は、数年分解いた方が、判断材料になると思います。

(ただ、現役のとき、塾で過去問10年分解きましたが
浪人のとき、予備校では、過去問10年分はしなくてもいい
というような趣旨の指導があったようです・・・この辺りはよくわかりません)


浪人生⑤の記事に補足すると

今からでも、二次試験の伸びしろはあると思います。
(特に現役生)

*** 

二次試験の配点が高い大学であれば
センターリサーチやデータネットの判定に惑わされないことが
要になる気がします。

センター試験をもとにコンピューターが算出する方法より
志望する大学の自分の二次力をもとに
合格可能性を算出する方法を息子はとりました。


ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

***

「落ち込んでいるひまはない!」

現役のとき、塾の先生が叱咤激励してくれました。

浪人のときも、この言葉が支えになりました。

(ですので、ブログではこの言葉を繰り返してばかり(^-^;)


私からみなさんに送る言葉は

勝負はこれから!!!

センター試験は、気を引き締めるよいチャンスになった!!!

絶対、合格する!!!


*** *** ***

ランキングページは
こちら↓からどうぞ


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

*** *** ***

我が家の医学部受験の重要事項は
こちら↓に記載しています。

『国立医学部第一志望合格 母がわかること』

読んでくださいました方、ありがとうございます。