December 30, 2012

...もまたFacebookのほうでさせていただきます。
FBでリンク未済の方は、実名で検索下さい。
それでは皆さんよいお年を!

tabnyan at 11:21コメント(0)トラックバック(0) 
ご挨拶 

December 30, 2011

...は、Facebookのほうでさせていただきます。
FBでリンク未済の方は、実名で検索下さい。
それでは皆さんよいお年を!

tabnyan at 14:00コメント(0)トラックバック(0) 
ご挨拶 

January 01, 2011

新年明けましておめでとうございます。

昨年は久々にベッタリ東京に張付いて、エコノミスト稼業に勤しんだ1年でした。何だか方向感の定まらなぬままあっという間に過ぎてしまった感じでしたが、暖かく見守ってくださった皆様には心より感謝申し上げます。

昨年1年間で最も達成感を味わえたことといえば、シンガポール駐在中に始めたドラムがだいぶ叩けるようになってきたことでしょうか。。。夏には、かつての同僚とジャズ・ファンク集団「おやじ三昧」を結成し、今月末にはついにライブ・デビュー@銀座の運びとなりました。大慌てでドラムの個人レッスンまで受け始めたものの、そもそもわしだけがぶっちぎりの素人なので、近頃は仕事よりもこっちのプレッシャーのほうが大きかったりして(笑)。

それから何といってもライフスタイルに激変をもたらしたのは、「電子書籍元年」が我が家にも訪れたこと。しばらくは様子見と思っていたiPadを、需給が緩み始めた6月になってやっぱり購入。ただこれが大正解でした。ドキュメント・ビューワーとして十分イケることが判ったので、10月には定番のスキャナ断裁機を揃え、今や「自炊道」一直線。身の回りからはどんどん紙が消え始め、ノートPCは全くといっていいほど持ち歩かなくなりました。しつこいようですが、「便利なものは、便利だと気付いたときに即使い始め」てなんぼです。

で、今年。バンド・プロジェクトの行方もさることながら、仕事のほうでも、長かったトンネルを抜けてようやく新展開の兆しが見え始めてきました。年初からフルスロットルで飛ばしていく所存ですので、引き続きご指導のほど宜しくお願い申し上げます。そうそう、ご報告が滞っていた(ということは当然進捗も滞っていた)レコダイのほうも、早急に態勢を立て直さなくては(汗)。

というわけで本年もどうぞ宜しくお願い致します。皆様にとりましても素晴らしい1年となりますこと心よりお祈りしております。


Tab & Chobby 2011シンガポール駐在中に出会ったチョビにゃんが来日してもうすぐ1年。。。日本の冬にもすっかり慣れて、日々、兄・タブにゃんとエアコン近くの争奪戦を繰り広げています(笑)。


tabnyan at 19:06コメント(2)トラックバック(0) 
ご挨拶 

September 06, 2010

TO CHI KA 2010
Twitterでは既につぶやきましたが、行ってきました、東京JAZZ2010。東京JAZZはこのとき以来なので、かれこれ5年振り。前回は東京ビッグサイトの酷い仕切りであんまりいい想い出が残っていなかったので、「もう二度と行くもんか」なーんて思っていたのですが、2ヶ月ぐらい前の日経新聞で渡辺香津美の「TO CHI KA」が出る!と知り、けっこう動揺。。。トドメは1ヶ月ぐらい前に発表になったリズム隊@Marcus Miller & Omar Hakim、これはもうわしが生きている間には二度と見られないメンバーってことで、反射的にポチッとしてしまっていたのでした。東京国際フォーラム最終日、昨日の夜の部(18:00〜)だったのですが、Han Bennink、Joshua Redman Trioに続いて、ついにこの奇跡のメンバーがステージに登場したのが19:30。1980年のアルバム発表からまさに30年(!)の時を隔てて、ドラムのOmar以外は全てオリジナル・メンバーが揃ったのでした。(ちなみに当時のドラムはSteve JordanとPeter Erskine。)それだけでも充分に涙モノだったワケですが、さらに驚かされたのは、各人がミュージシャンとしての磨きをかけ、バンドのオーラが30年前よりも遥かにパワーアップしていたこと。(この点は、かなり痛々しかった大トリのJazz Crusadersとは対照的だったかも。)曲順はかなりアルバムに忠実でしたが、やっぱり一番の盛り上がりを見せたのはラスマイ1の「Unicorn」で、アレンジが掛かってちょっと判りにくかったMarcusのイントロだけでも客席は既に大興奮。炸裂する香津美師匠のアヴァンギャルドなプレイ(ちょっと音がデカすぎましたが)、いつに無く抑えの効いたベースラインからやっぱり「音立ちまくり」のソロになだれ込むMarcus、天から何かが降りてきたようなOmarのドラムソロ(白目むいてました)、いぶし銀のMike Mainieri & Warren Bernhardtと、どこをとっても申し分のないステージだったのでした。この模様はBSでも放映されるようですので、皆サマも是非この「奇跡のステージ」の証人となられては如何でしょう?

P.S.
ちなみにたった今、香津美師匠がtwitterで、本日は一日「燃え尽き症候群」中・・・ってつぶやいておられました。やっぱりそれだけスゴいステージだったんですね。

tabnyan at 22:23コメント(1)トラックバック(0) 
音楽 

August 16, 2010

あんまり気が進まないのですが、、、決めた以上は経過報告@開始後4ヵ月(苦笑)。

 − 体重: −1.5kg (直近1ヶ月では+0.3kg
 − 体脂肪重量: -0.6kg (同-0.4kg
 − カラダ年齢: -1歳(同±0歳

体脂肪重量はやや落ちたものの体重は反転。あまりの暑さにカラダを動かす気さえ起こらない一方で、食欲は落ちていないせいかも。あるいは仕事のほうが結構煮詰まってきていることもあって、知らず知らずのうちに酒量が増えているせいかも知れません...。いずれにしても来月には人間ドックが控えているので、ちょっと気を引き締めることに。

tabnyan at 21:27コメント(0)トラックバック(0) 
ダイエット 

July 25, 2010

iPad 3G+WiFi(64GB)モデルを入手してもうすぐ1カ月。入手した方々の間でも、このヒトみたいに「何に使ったらいいのかわからない...」なんていう声はあるようです。わしに言わせりゃ「ならどうして買ったワケ?」ですが、読者の皆サンの中には、購入をご検討中の方もいらっしゃるかも知れませんので、とりあえずご参考までに1カ月使ってみた感じをご報告してみたいと思います。

ドキュメントビューアとして: iPad1わしの場合、ドキュメントビューアとして使うことを主目的に購入したので、そちらの環境整備から進めてきました。とりあえず今まで紙ベースで読んでいた雑誌や新聞は、殆どについて電子版があったので、新規の購入は全て電子版に切り替えました。これはいたって快適。特に男性情報誌などは、誌面の半分は占めていると思われる広告が殆ど入っていないので、非常に読みやすい。日経新聞もWeb版を申込んで先週から紙で見るのを完全にやめましたが、これも慣れてくれば全然OK。鈍臭いUIの改善余地はかなり大きいものの、「紙面における記事の大きさも重要な情報」なんていう方のために、フラッシュで紙面を一覧できるあたりは、なかなか気が利いてます。(因みに同機能はフラッシュ対応していないiPadでは使えないので、会社のデスクトップで見ています。)書籍や論文用のPDFビューアとしては、とりあえずiAnnotateというアプリで線引きや書き込みをして、Dropbox(2GBまで無料のクラウドサービス)に放り込み、必要に応じてそこから取り出して読むことにし、新規のものから対応し始めています。クライアント側のアプリとしてはGoodReaderを使っている方が多いようですが、この手のアプリではマーカーや書き込み機能のついているものが少ないのがとても残念...。ということで、今のところは(データ転送がちょっと面倒ではありますが)iAnnotateに落ちついています。あとは既存の紙媒体からの移行ですが、やるとなったら、磯崎サンオススメのこの方法ってことになると思います。ただ、わしの場合、今のところ書籍は5年前に自分で設計した自宅書斎の壁面書架に全て収まっているし、スキャナや断裁機の置き場も考えなきゃいけないので、いまいちモチベーションが上がらない状態。。。逆にこんなことなら、ここまで書架を造り込まなくてよかったかも...なんて考えちゃったりして(笑)。ちなみに普段、iPadには画面保護のためBELKIN社のレザーフォリオ(写真)を被せて、カバンの中に入れて持ち歩いてます。オフィスでは、デスクトップ脇に置いてサブのPDFビューア+個人用ウェブブラウザ(謎)として、また出先や移動中のちょっとしたモノ読みやネットに、そして帰宅後にはベッドルームでの読書のお供に、といった具合いに大変重宝してます。何しろiPhone同様の起動の速さが、ノートPCに対する一番の優位性ではないかと思います。

iPad2キッチンにて: iPad、主目的以外にもすでに色々なところで重宝し始めています。なかでも意外に大活躍なのが、これまでiPhoneだと小さくていちいち不便だった「レシピビューア」としての機能。キッチンカウンターに置いてあるスタンドに立てて(写真)、Cookpadなどのレシピアプリを大開きにして料理。汚れた手でも指先一本でひょひょいと頁をめくれるので、とてもラク。料理の完成目処が立ったところで、ワイン片手にそのままお気に入りアーティストのライブ映像なんかに切り替えてホッと一息、といった具合いです。

音楽活動に: これも意外だったのですが、最近通い始めたドラムの個人レッスンでも大活躍。バンド練習の際にiPhoneで撮影した映像を先生に見てもらいながら指導を受けたり、バンドの課題曲をiPodで再生して聴いてもらい、先生のお手本プレイを撮影させてもらって、それを自宅のドラムセットの前で再生しながら練習などなど、大画面の本領を発揮。さらに、こないだインストールしたメトロノーム・アプリがこれまたスグレもので、230円ながら最上位機種並みの本格仕様。これをスタンドに立てたiPadの画面上で動かしながら日々練習してます。KORGのシンセなんかも1,200円(!)で買えちゃうし、とにかく音楽ツールのとしてのコストパフォーマンスは無茶苦茶高いのではなでいしょうか。

パーティー「盛り上げ用」フォト&ビデオビューア: これはこないだ拙宅にお客さんをお呼びした際に気付いたのですが、グラス片手にワイワイやりながら、写真やビデオなんかを再生して盛り上がるには格好のツールかも知れません。その時は、我が子ら(=猫2匹)のおマヌケ画像&動画が中心でしたが、それ以外にもYoutubeとかで盛り上がりそうなプレイリストを作っておいて、流し続けておくなんてのも楽しいかも知れませんね。

iPad=ただのデカいiPod Touch?: ときどき「iPadって、単にiPod Touchを大きくしただけ」みたいなことを聞きますが、実はそれこそが最大の違いの本質。「単に大きくしただけ」って言う皆サンは、同じ分量の書類をiPod TouchやiPhoneで片っ端から読んでみるときっとお判りいただけます。電子書籍化されてフォントサイズを変更できる文書ならともかく、PDF化された経済論文などをあんな小さい画面で読むのかと思うと気が遠くなります。それでもまだ「ハードのスペック的には何ら変わらないじゃないか」と仰る御仁向けに、わしのアプリの使い分けをご紹介しましょう。ご案内の通り、iPhoneアプリはそっくりそのままiPadでも使えますが、モノによっては、iPadの大画面をフル活用できるようにiPad版アプリも並行して出されています。それも踏まえた上で、iPhoneとiPadにどういうアプリを入れて使い分けているかといいますと(カッコ内はわしが使っているアプリ)、

iPhoneに期待する機能
- 携帯電話
- スケジューラー(さいすけ、domo Todo+、Project)
- メモ(内臓メモ、SpeedText)
- SNSビューア(Echofon、Facebook、LinkedIn、mixia)
- カメラ(内臓カメラ+Photogene等のレタッチアプリ)
- 音楽プレーヤー(iPod)
- 簡易ウェブブラウザ(Safari)
- ナビ(乗換案内・路線図、Google Map、各種グルメアプリ等)
- ニュース確認(各種ニュースサイト、天気予報等)
- レファレンス(Google、英辞郎ほか各種辞書)
- レコダイ記録(RecRecDiet)
- 飲み会用盛り上げツール(各種おもちゃアプリ)

iPadに期待する機能
- PDFドキュメントビューア(iAnnotate+Dropbox)
- 書籍・雑誌ビューア(iBooks、i文庫HD、Kindle、マガストア等)
- レファレンス(Cookpad等レシピアプリ)
- ノートパッド(Penultimate)
- 写真・動画再生(内臓プレーヤー)
- フルウェブブラウザ(Safari)
- 音楽関連(ドラムパッド、メトロノーム、シンセ等)

ということになります。単なる「サイズの違い」がいかに異なる用途を生み出しているがが、これでお判りいただけるのではないでしょうか。

何だかAppleの宣伝サイトみたいになってしまいましたが(笑)、以上を総合すると、「なきゃ無いでも暮らせる」という反応の方々に対して、「それでも絶対便利だから、使ってみて!」とオススメできるほどのモノではないかも知れません。ただ、「この便利さをめいっばい享受してやろう」っていうエネルギーをお持ちの方にとっては、最強の情報ツールになることは間違いありません。その辺はiPhoneとおんなじで、買っただけて完結しちゃってアプリなんか殆どインストールしてない方々が、「まあ別にフツーの携帯と大して変わんないじゃん」とか言ってるのと一緒。わしは新しいテクノロジーと向かい合う際のポリシーとして、「便利なものは、便利だと気付いたときに即使い始め」、「使い始めた以上は、とことん使い倒す」ことにしています。もちろん、今回のiPhone4のアンテナ問題のように、いわゆるアーリーアダプターにとってのリスクはありますので、そこらへんのトレードオフは考える必要があります。ただそれ以前の問題として、「そんなもん無くたって暮らせらぁ」と斜に構えるのも、或いは逆にこの手のツールの出現そのものに舞い上がっちゃって、防護シートは何を貼るかだとか、ケースはどんなのにするかだとか、本質的じゃないところで盛り上がるのも、どうも違うんじゃないかと思ってしまいます。便利なものを便利に使う、ただそれだけのこと。電子書籍に向けた流れについては、それがもたらす便益を考えれば間違いなく今後太くなっていくでしょうから、タブレット型端末も遅かれ早かれ、かつてのワープロ専用機やパーソナルコンピュータが経験したようなテイクオフの局面を迎えるのではないでしょうか。でもってモバイルはこれでOKとして、個人的にはこのあと自宅の作業環境として、机全面がタッチパッドスクリーンの「iDesk」が早く出てくれないかなーなんて妄想中。これも出たらすぐ買っちゃいそうです(笑)。

tabnyan at 16:25コメント(0)トラックバック(0) 
IT 

July 13, 2010

恒例の経過報告@開始後3ヵ月。

 − 体重: −1.8kg (直近1ヶ月では-0.7kg
 − 体脂肪重量: -0.2kg (同±0.0kg
 − カラダ年齢: -1歳(同-1歳

暑くなってきたせいか、ようやく落ち始めてきました。ただ、体脂肪重量の動きを見ても、落ち幅はまだまだ誤差の範囲って感じなので、油断は禁物。今月からスタートしたバンド活動で、少しはカロリー消費のペースが加速するといいのですが、練習後には「反省会」という名の飲み会があるので、そこでチャラかも(笑)。

tabnyan at 22:05コメント(0)トラックバック(0) 
ダイエット 

July 09, 2010

バカボンのパパ他の場所では時々つぶやいていましたが、シンガポールでストレス解消のために始めたドラムがいつの間にかバンド活動に発展。かつての職場の同僚で飲み友の2人(G,KB)と酔っ払ってふざけてるうちに、「じゃあファンクでもやってみるか」ということに。ときにギターのTサンはかつてプロ目指して渡米した本格派、キーボードのRさんは大学時代にジャズ研、ベースに急きょ招聘した職場の後輩Dクンもプロデビューを断念して就職したクチ。要はド素人はわしだけで(汗)、先月から焦って始めたドラムの個人レッスンは、バンドでダメ出し食らった際の「駆け込み寺」になりそうな予感(笑)。で、昨日が初練習だったのですが、、、まあドラムの出来のほうはさておき、皆さんそれなりに楽しんでいただけたようで、とりあえずはひと安心。昨日は飛び入り参戦だった(こちらもかつての同僚)Nクンも、次回からは「効果音」での参加が決定。バンド名のほうは、どうやらRさんが酔っ払って言い出した「華麗衆」に決まってしまいそうですが、悪ノリはさらにエスカレートして、ステージ衣装はステテコ(イラスト参照)なんていう驚愕の提案まで飛び出す始末。Tサンによるとバンドのコンセプトは、「ステテコ姿&ワンコードでオシャレな若人達を踊らせる」なんていう無茶苦茶チャレンジングなものに...。まあファンク自体がもともとは「カッコイイ」と「笑える」の紙一重なジャンルではありますが、それだって演奏技術あってのこと。ステテコ姿でヘタっぴぃなんて、目も当てられません。ま、それが技術を磨くモチベーションになればいいのですが、さてどうなりますか。。。

tabnyan at 22:39コメント(0)トラックバック(0) 
音楽 

June 12, 2010

ちょっと遅れましたが、開始後2ヵ月の経過報告。

 − 体重: −1.1kg (直近1ヶ月では-0.1kg
 − 体脂肪重量: +0.2kg (同-0.2kg
 − カラダ年齢: ±0歳(同±0歳

ほぼ横這い。。。これで、先月立てた「iPhoneアプリによる記録だと、記録するのが面倒だから食べなくなるという、レコダイに秘められたメカニズムが崩壊」という仮説が現実のものに(笑)。そこで今週からは「フェーズ2」ってことで、シンガポール時代の「豆乳野菜ジュース」(朝食、176kcal)と「お子煎」(午後のおやつ、1袋26kcal)を復活。昨年7月に帰国してからは、朝はがっつり卵かけ玄米飯(320kcal)、午後のおやつにはスタバの豆乳スコーン(187kcal)を摂取していたので、これで、1日約300kcalの節約。余談ながら、日本の豆乳のクオリティの高さにはモーレツに感動。パッケージに「これで豆腐が作れます」なんて書いてあったりして、そのまま飲んでも湯葉食ってるみたいないい香り。息止めて飲んでたマレーシア産とは大違いです(笑)。

咳喘息もすっかりおさまったので、皇居ライドも復活することにしましたが、来週は早くも梅雨入りだったりして...。

tabnyan at 12:48コメント(0)トラックバック(0) 
ダイエット 

May 09, 2010

某政権政党とは違って(笑)、「公約どおり」開始後1ヵ月の経過報告を。。。

 − 体重: −1.0kg
 − 体脂肪重量: +0.8kg
 − カラダ年齢: ±0歳

カロリーコントロールは全くしませんでしたが、前回同様、「記録をつけ始めた」だけで、とりあえず1kgは落ちました。ただ体脂肪重量が増えてるところを見ても、まだ誤差の範囲。。。先月は咳喘息を発症してしまったこともあり、酒量は激減したものの、1ヶ月間ほとんどカラダを動かさなかったので、ほぼ横這い。試練はこれからです。それにしてもiPhoneアプリのRecRecDietはホント便利。ほとんど時間を取らずに記録が完了してしまうので、むしろ「記録するのが面倒だから食べなくなる」という、レコダイに秘められたメカニズムが崩壊してしまう可能性も(笑)。

tabnyan at 15:29コメント(0)トラックバック(0) 
ダイエット 
livedoor プロフィール
月別表示
カテゴリ別表示
最新コメント
最近ハマってます
飲んでます