新間先生から身に余るお言葉を頂きました。もっとしっかりしなくてはと強く思いました。ありがとうございます。


新間 英雄 :グランソロやアルベニスの難曲セビーリャを完璧に弾くだけではない、私が弾きたかったけれど弾けない、ロマン派の小品集の演奏に涙がこぼれそうになった。今の若手ギタリストが見向きもしないセゴビアの遺産だ。それを見事に田部井流に進化させて演奏している。ギターだけの世界の話ではない。本当に良い友が持てたことに感謝しています。G04田部井コンサート2018

また若い頃東京デビュージョイントリサイタルをした本木盛夫先生からも励ましのコメントを頂きました。

本木 盛夫: 先日の久しぶりのリサイタルを聴かせていただき、改めて田部井先生の音楽に対する真摯な姿を演奏を通して随所に感じました。一音々に込める愛情が2,000名有するあの大会場の隅々にまで響き渡り、多くの聴衆に感動を与えたことでしょう。亡きセゴビアを心の師と仰ぎ、この半世紀余り、日々研鑽を重ねた結果だと思います。近い将来また演奏会を開きたいと言う。そこからは依然として田部井ワールド健在なりと受け止めました。更に高みを目指して頑張って下さい。最後に勇気と感動をありがとうございました。(温泉にでも入りゆっくり手足を伸ばしてくださいね(^^♪