はじめに

最近、面白そうなメガシンカを募集して使ってみるということをしていたのだが、一時的に忙しくなるためメガスピアー構築をここでやめることにした。

配分そのものはこれでいいと思ったので、誰かの役に立てばということで公開する。
欠陥は記事最後に書いておく。要するにメガスピアーの型までは決まったが、組みきれなかった…。

また、スピアー構築に関して参考にした文献まとめはこちらから

2019/1/1 20:30追記: QRレンタルチームのブルルの技ミスってた。脳内変換して直した
2019/1/8 19:13追記 QRチーム使う人いないだろうから、次構築組んだら消すかも。
2019/1/11 18:32追記 メガスピアーの虫技は要検討かもしれない。ブルルガエンを後投げする旨味と虫技による悪エスパーへの打点を天秤にかけるとなかなか難しい。主にヤレユータンへの遂行力がかわる。
2019/2/3 12:20追記: ぽけっとふぁんくしょん様に掲載されていたようです。ありがとうございます。
2019/2/12 14:30追記: 枠が足りないのでQRは一旦消しました。必要な方がいればツイで言ってください。

構築ができるまで

メガスピアーの対フェアリー打点の高さおいかぜが出来る点を買って使ってみることにした。 考えられる使い方は、陽気にしてコケコまで抜き去る型と意地でステータス合計を上げる型であり、今回は後者を選ぶことにした
Sラインはウツロイド抜き抜き(ニャオニクス抜き)にとどめ、めんどうなグロスバンギに関しては個別対策枠を入れることで対策とする。

裏には、炎耐性の積みアタッカー(フェアリーに弱め)を採用することとした。 その中でも、一番数値の高いバンギラスと対カミツルギで強いドラゴンタイプの二枚を選んだ。
ドラゴン枠の候補には、ラティアス、バクガメス、アーゴヨンがいるが、メガとZを採用すること無く、積んだ後に高い炎範囲と単体打点を持てるアーゴヨンを採用した。
バクガメスについては別途記事を作成してあるため、そちらを確認のこと。

猫騙しで積みとおいかぜを補助できてスピアーへのエスパー技をカットできるガオガエンを採用した。

ここまでで、ランドコケコバンギグロスジャラランガあたりへの耐性が不足しているため、カプ・ブルルとダグトリオを採用した。

ダグトリオ以外はメガスピアーのトンボからダメージを肩代わりすることになるので、高耐久気味である。
エースに関しても特殊に強いバンギ、(特にバンギラスが苦手な)物理に強めのアーゴヨンといった役割分担だ。

構築詳細

メガスピアー

持ち物:スピアナイト
特性:てきおうりょく
性格:いじっぱり
努力値:116-204-132-0-4-52
能力値:155-215-77-x-101-172
技:とんぼがえり/どくづき/まもる/おいかぜ

そんなに耐久なくない?という話にはなるが、最低限意地キザンの珠ふいうちを耐えてくれる。
D方面は、アーゴヨンの流星群耐え。これ以上確保するとASが足りない。 Sはニャオニクス抜き(ウツロイド抜き抜き)。
火力面は175-100メガサナに威嚇込み確1ライン。

バンギラス

持ち物:じゃくてんほけん
特性:すなおこし
性格:いじっぱり
努力値:60-204-4-0-172-68
能力値:183-198-131-x-142-90
技:いわなだれ/かみくだく/ロックカット/まもる

Zとメガなしに一番強いポケモンを入れた。
配分に関しては耐久にあついふるーるさんのリザバンギ追い風トリルスイッチ構築の配分を拝借した。
PTのS操作の信頼性が低い分ロックカットが入っている。

アーゴヨン

持ち物:グラスシード
特性:ビーストブースト
性格:ひかえめ
努力値:124-0-36-180-4-164
能力値:164-x-98-187-94-162
技:ねっぷう/ヘドロばくだん/わるだくみ/まもる


前に個別記事を書いたバクガメスの後釜。
Sは最速テテフ抜き。
火力はわるだくみヘド爆で無振ジャラ確定ライン+3(11n)。
グラスシード発動でナットレイのハチマキジャイロ耐え。物理技なら耐える感じ:特殊を耐えるバンギと対
威嚇+グラスシード+グラスフィールドで対地面をある程度対応。
臆病にしていないのは、ジャラランガをヘドロばくだんで倒す打点を確保するため。

カプ・ブルル

持ち物:こだわりスカーフ
特性:グラスメイカー
性格:ようき
努力値:28-220-4-0-4-252
能力値:149-178-136-×-116-139
技:ウッドハンマー/ウッドホーン/いわなだれ/ばかぢから

対電気水岩地面を一手に担う。
また、グラスフィールドで積みエースの耐久を底上げして勝利に近づける。
行動回数が増えるメリットが大きいため、ASぶっぱではなくパメラ氏の配分を拝借した。 注意点は、砂ダメのほうが回復より先に来ること。
ばかぢからは使うことが少ないが、対ヒードランでは役立つ。

ガオガエン

持ち物:いのちのたま
特性:いかく
性格:ようき
努力値:4-252-0-0-0-252
能力値:171-167-110-x-110-123
技:フレアドライブ/はたきおとす/ねこだまし/まもる

猫おいかぜの流れで置物化をふせげてフェローチェを倒せる。
それだけなら準速でもいいが、ガオガオ猫耐性のために最速。
削りが遅いと隣が返しで倒してくるためAS珠。
まもるを入れることで消耗の早さを緩和している。

ダグトリオ

持ち物:ジメンZ
特性:すなのちから
性格:ようき
努力値:4-252-0-0-0-252
能力値:111-142-70-x-90-189
技:じわれ/ストーンエッジ/いのちがけorおきみやげ/まもる


メタグロス抹殺光線を安定した速さから打てる点から採用。(威嚇込み砂地面ZでAS個体へ確1)
非実在性ありじごくで相手の交換が減る。
威嚇2回まで砂エッジでCSリザ確1
じわれにしたのは、こいつの打点だとグラスフィールドがなくても大した削りにならないため。
無理な相手を削りきれないときは、いのちがけで削っておくかじわれでなんとかする。
いのちがけの枠はおきみやげに変えて後続補助したほうが良かったかも…。

ダグトリオの枠は炎Zオンバーンやトルネロスなども入ってくることができる。
なぜダグトリオ入で出したかというと、公開日が元旦だったため。
ここをドリュウズにすると、ボーマンダを入れたくなってしんどくなる。

反省会

ガエンランドの処理(特にランド)が遅すぎる。
ブルルをうまく出して受けを許さない状況にしないと安定して倒せない。
あと、ヒードランの処理も遅い。虫毒だとあまり削れない相手が多いのがなかなか難しかった。
そして、大問題なのが対ジャラランガ。あいつの物理耐久はやばい。
コケコを入れるとだいぶ変わってくるのだが、スピアーコケコ(orテテフ)の低耐久の並びを使いたくなさすぎて断念。
バンギの枠をレヒレで組むといい感じになるかもしれない。僕はあいつ苦手。

ガエンの枠も怪しい。せっかくフェアリーを動かさないのだかられいとうパンチ持ちのズルズキンを入れても良かったのではないだろうか。
炎耐性が少し犠牲にはなるが、対バンドリなど格闘タイプの強みが生きる相手も多くいるはずだ。
この枠でヒードランへの打点も増やせる。

バクガメスとアーゴヨンの枠については、対メタグロスをとるか安定した単体打点を得るかで悩むことになった。
最終的にはスピアーとアーゴヨンを並べたくなったのでアーゴヨンを選択した。

前回の構築記事同様、火力指数'表を貼っておく。(表の幅を短くするため小数点以下四捨五入)

ポケモンF'1F'2F'3F'4GbGd
メガスピアーF'b=1321115098001193515655
バンギラス(※1)F'b=735110454002397338979
アーゴヨンF'd=586211108002410815416
カプ・ブルル(※2)F'b=2114613217440693982026417284
ガオガエン(※3)F'b=1719413970(※2)382102821518810
ダグトリオFb=∞(Z:23475)86940077709990

※1:特殊耐久は砂込
※2:グラスフィールド込
※3:物理耐久は威嚇込

QR

門松入スピアーゴヨン