2006年10月

2006年10月29日

アルゼンチン共和国杯分析

☆大きな傾向(過去10年)
_甬遑糠間で前走条件戦だった馬が9頭連対、3着以内なら12頭。(前走は10頭が連対、1頭が3着だった)
2001、2002年を除いた8年間は、7番人気以下が連対して波乱となっている。(10頭)
4慇焦呂錬珪10連対で強い。
ち袷より斤量が増えた馬は1頭しか連対してなく不振。(3着以内なら13頭)
ズ鯒を除いた9年間で53kg以下の軽ハンデの馬が10頭も連対している。
Ω什滷廓連続で前走が京都大賞典の馬が4頭連対している。4頭とも一桁着順だった。(3着以内なら4年連続で6頭)

該当するのは
.▲疋丱鵐董璽検▲船Д好肇Εぅ鵐亜▲疋薀乾鵐ャプテン、次点でトレオウオブキング
Ε▲ぅ櫂奪僉次▲肇Ε轡腑Ε淵ぅ

まだハンデ発表前なのでい鉢イ亙からないし、△凌裕い眷老瑤発売しないと分からないが、現時点では,乏催する馬に食指が動く。
特に、自分が何度も推奨馬に挙げていて、10/15準オープンのオクトーバーSでも推奨して2番人気で快勝したチェストウイングは関東馬だけど面白そう。
ただ、2400mは[3.0.0.1]の成績だが2500mが[0.0.0.5]なのが引っ掛かる。(笑)
とにかく月曜日のハンデの発表を見て他馬と比較してみて、吟味してみたい。
当然、他に狙いたい馬が出てくるかも知れないけど。(笑)(^o^;

tabuo1 at 22:43|Permalink

ファンタジーS分析

過去10年の成績から連対馬を分析してみる。

〜袷が重賞orオープン特別なら3着以内。(20頭中9頭)
∩袷が500万平場なら1着、500万特別なら連対。(5頭)
(3着ならオープン連対実績が必要・1頭)
A袷が新馬戦1着。(4頭)
ち袷が未勝利戦1着の馬の連対は皆無。
ヌ鞠塲呂詫彙躇奸
99年を除いて必ず1〜3番人気が連対している。(9頭)

該当するのは
.▲好肇鵐沺璽船礇鵝▲ぅスキューズ、クインズプレイヤー、ニシノマオ、ハロースピード、マイネルーチェ、メジロアダーラ、ローブデコルテ
▲ノヤザクラ、ハギノルチェーレ、ホットファッション、マイネインティマ
3無
ぞ辰径仂檗Ε検璽縫▲后▲好沺璽肇スタム、テイエムヤマサクラ、マザーズウィッシュ
ゥノヤザクラ、ハロースピード、
Γ院腺拡嵜裕い魯▲好肇鵐沺璽船礇鵝▲ぅスキューズ、ハロースピードだろう。

今年は重賞&オープンで実績がある馬が多く、結構レベルが高そうだ。
1400mなら距離実績があるハロースピードが1日の長がありそう。

tabuo1 at 22:09|Permalink

天皇賞・秋(G機亡響

結果は
1着◎ダイワメジャー
2着×スウィフトカレント
3着無アドマイヤムーン

予想では推奨してなかったが、実馬券で馬連4780円、馬単8690円を千円ずつ取りました。(爆)(;^_^A

1着ダイワメジャーは、思ってた通りの展開&走りでの快勝。
なんの小細工もせずの勝利だから横綱相撲だ。
この馬を距離不安とか言ってた人が多かったが、それはまったくのナンセンス!
メンバー中で唯一の牡馬クラシック2000mを勝った馬が、距離に不安がある訳がないし『格』が一番上だ。
2着スウィフトカレントは、自分は実力は全然評価してない。
あくまでジョッキー横山典弘のお陰だと思っている。(笑)
この馬の末脚を引き出したジョッキーの腕じゃないか?(笑)
3着アドマイヤムーンは上出来だろう。
最後はG鞠魯灰好皀丱襯やダンスインザムードとの叩き合いを制しているのだから。
しかし、未だにG橘は対なのに変りはない。(笑)

終わってみれば、やはり弱い4歳世代は連対できなかった。(笑)
そしてコスモバルクは、以前にコラムで指摘したように国内G祇覇は出来なかった。(笑)
そして、何度も口を酸っぱくして言ってる事だが、ダイワメジャーはダンスインザムードに対してこれで6戦連続先着してるし、コスモバルクに負けた事がない。
そしてスイープトウショウにはこれで2勝1敗の勝ち越しで、現在2戦連続で先着している。
こんなにハッキリと結果が出てるのに、なんでいつもこれらの馬より人気が無いんだ?(笑)( ̄ー+ ̄)ニヤリッ
ま、マスコミに踊らされてる人が多いのだろう。(爆)(^o^;

tabuo1 at 22:07|Permalink

2006年10月28日

天皇賞(秋)(G機忘能決定!!

古馬のG汽譟璽垢砲蓮■押腺浬義阿冒鮎ダ錣箸盡世Δ戮ステップレースのグレード別定戦が組まれている。
例えば春の天皇賞なら阪神大賞典、日経賞、大阪杯で、安田記念なら京王杯SCだ。この秋の天皇賞なら毎日王冠、京都大賞典、オールカマーになる。
《グレード別定戦》
基本斤量・3歳55kg、4歳以上57kg(牝馬各2kg減)
ただし過去1年以内のG犠,素呂錬kg増、1年以内のG蕎,繊別毒聾堕蟒く)または牝馬G犠,素呂錬kg増、1年以上前のG犠,素呂錬kg増(2歳G欺く)
ほぼ、このような規定になっている。
それらのレースで1〜2kg増量されて連対する馬は、まず基本的に(あくまで基本的に。笑)本番のG気任盥チする。
何故か?
それらのグレード別定戦で増量されてない馬が3着以下に負けているのに、本番のG気任錬kg増になって基本的に(あくまで。笑)好勝負できるはずがないのだ。
つまり、グレード別定戦で1〜2kg増量されている馬は、本番のG気茲蝪kg重いか同じ斤量だ。
それらの増量馬が前走1kg軽かった馬に完勝してるのに、今度は同じ斤量で走って負ける訳がないって理屈なのだ。
毎日王冠だと、天皇賞と同じ58kgで1着したダイワメジャー、やはり同じ56kgで2着したぅ瀬鵐好ぅ鵐競燹璽鼻
京都大賞典ならやはり同じ56kgで1着したД好ぁ璽廛肇Ε轡腑Α
オールカマーなら天皇賞より1kg重い59kgで2着した┘灰好皀丱襯の合計4頭だ。
ちなみに現在4番人気のアドマイヤムーンは、札幌記念より一気に2kg増となるので更に厳しい。
仮に天皇賞をハンデ戦と仮定すると、上記4頭は連対してるのに斤量が据え置きか1kg減となり、3着以下だった馬達は1kg増になるのを考えると上記4頭がいかに有利なのか理解できるはずだ。
なので上記の4頭(きЛ┃)で決着、又はどんなに悪くても最低1頭は連対はする。
この4頭の力関係を比較すると皐月賞馬ダイワメジャーが浮上してくる。

☆毎日王冠の予想の時にも述べたダイワメジャーの対戦成績。
・対ぅ瀬鵐好ぅ鵐競燹璽匹砲蓮∈鯒の安田記念、マイルCS、今年のマイラーズカップ、安田記念、毎日王冠と現在5戦連続先着している。
・対┘灰好皀丱襯には、皐月賞、ダービー、昨年の毎日王冠、今年の宝塚記念と4戦して一度も先着された事がない。
・対Д好ぁ璽廛肇Ε轡腑Δ砲蓮∈鯒の安田記念では負けてるが、昨年の毎日王冠では先着して1勝1敗だ。
やはり、この天皇賞と同距離の牡馬クラシック皐月賞を勝ってる実力は伊達じゃない。
しかも、何故かあまり人気しない。(笑)
外枠過ぎずちょうど良い外の7枠から先行して┘灰好皀丱襯、インティライミの外目2〜3番手から抜け出すであろう現在5番人気の皐月賞馬ダイワメジャーを軸馬にする!
相手筆頭は末脚が斬れる現在1番人気のG毅馨’廊Д好ぁ璽廛肇Ε轡腑Α
3番手には2年前2着と同じ枠から、やはり同じように得意のインからの抜け出しを狙う現在3番人気のぅ瀬鵐好ぅ鵐競燹璽匹髻
ほぼこの3頭の決着と見る。

現在2番人気┘灰好皀丱襯は、相性の良くないオールカマー組でもあるし、このレースと関連のある宝塚記念を8着に惨敗してるのがネック。
しかし、前走59kgで2着してるしデータを破るのはG鞠呂鳩茲泙辰討襪里念豈押さえる。
印は
◎ダイワメジャー
○Д好ぁ璽廛肇Ε轡腑
▲ぅ瀬鵐好ぅ鵐競燹璽
△┘灰好皀丱襯
×.▲汽サデンエン、スウィフトカレント
馬単マルチで⇔Лぢ臻楡、Б劉ぁ押さえで馬連&馬単Лあ
3連複はЛ→´き┃、き→´┃
3連単はきЛ→きЛ┃→´きЛ┃

しかし、ぅ瀬鵐好ぅ鵐競燹璽匹筬┘灰好皀丱襯って、ずっとダイワメジャーに負け続けてるのに、なんでいっつも人気が上なんだ?(笑)( ̄ー+ ̄)ニヤリッ



tabuo1 at 20:47|Permalink

2006年10月27日

武蔵野S(G掘忘能決定!!

週中にブログでも述べたように軸は3歳馬Д侫汽ぅ船螢轡磧璽襪鯀世し發繊
基本的に芝のG気脳,蘇蕕韻垢襪茲Δ頁呂辰討里魯澄璽箸眩る。
それは絶対的能力が違うからだ。
このレースがG気覆薜磴Ω吐呂鮗瓦砲垢襪、このレースはG靴妊澄璽箸任皸掬歸な実力を持った馬が居る訳でもない。
それに調教駆けする馬は当然ダートも走る。
この武蔵野Sでも2003年にダービー4着、シンザン記念勝ちのサイレントディールが圧勝している。
2001年もNHKマイル勝ちのクロフネが衝撃的なレースでレコード勝ちしている。
他にも芝路線から転向して成功した例は
・アドマイヤドン(朝日杯FS1着)
・イシノサンデー(皐月賞馬)
・イーグルカフェ(NHKマイルカップ1着)
・フジノマッケンオー(ダービー4着)
・ホクトベガ(エリザベス女王杯1着)
・ゴールドアリュール(ダービー5着)

例を挙げればキリがない。
Д侫汽ぅ船螢轡磧璽襪蓮△海海初ダートだから圧倒的人気って訳でも無いだろうが、次からは人気するはずなので妙味があるのはここだけ。
相手筆頭は増量馬の中で一番順調に使われている.汽ラート!
府中は[0.0.0.2]だが、2戦ともG気覆里濃妬がない。
左回りは船橋で重賞を勝ってるし苦手ではない。
3番手評価でトーセンブライト!
エルムSは4着だったが、やはり2ヶ月ぶりが響いた模様。
叩かれた効果があるし、府中は[2.1.1.1]の相性なので好走可能。
印は
◎Д侫汽ぅ船螢轡磧璽
○.汽ラート
▲トーセンブライト
△フィールドルージュ
×ドンクール、シーキングザベスト
馬連&馬単でБ´
3連複は´Б、Л→
3連単はБ´→´


tabuo1 at 15:54|Permalink

スワンS(G供忘能決定!!

主力はスプリンターズSで距離不足で惨敗した馬になるので、1400mがピッタリな馬を狙う。
軸は芝1400m[3.2.0.0]で連対率100%の殴轡鵐椒螢┘好院璽廖
京都コースも[0.2.0.0]だし、持ち時計1.20.4も優秀。
前々走のNSTオープンの勝ちっぷりも良かったし、距離が1400mになって一番喜ぶのはこの馬。
相手筆頭はメイショウボーラー!
過去6年で2001年を除いた5年間は、増量馬かG杵対馬が3着以内に好走してるのだからこの馬。
スプリンターズSでは久々に粘りを見せて復調気味だし当然距離は持つ。
3番手評価でゥレハマッテルゼ!
一応、右回りも[3.4.2.5]だが、[6.4.2.3]の左巧者なので評価を下げた。
59kgも京王杯SCで克服してるが、あの時は雨が降って逃げ有利だったので、パンパンの良馬場だと斬れる脚が無いから厳しい。
印は
◎殴轡鵐椒螢┘好院璽
○メイショウボーラー
▲ゥレハマッテルゼ
△哀船▲侫襯好泪ぅ
×ネイティヴハート、┘轡鵐椒螢哀薀
馬連&馬単で旺キ悪
3連複は旺キ┃亜↓キ旺┃
3連単はキ旺キ悪旺キ┃悪


tabuo1 at 15:51|Permalink

2006年10月26日

天皇賞(秋)出走予定馬診断PART2

【スウィフトカレント】
G杵対実績が皆無で前2走も凡走で無理。
唯一の期待は、菊花賞に続いて横山典弘が2着しそうな事。(笑)

【ダイワメジャー】
今年既にG兇鬘仮,靴討董⊇初戦で実績の無い府中で快勝した事で昨年の臨戦過程と比べてウンと良い。
ただ、この馬が好走するレースは典型的な逃げ馬が居る場合だ。
平均より少し速いペースを2〜3番手で進み、早めに抜け出すのが好走パターン。
例えば皐月賞の時はメイショウボーラーが居た。
前走の毎日王冠ではメジロマントルが引っ張ってくれたし、マイラーズカップではプリサイスマシーンが引っ張ってくれた。
今年のように逃げ馬不在でスローペースになると、斬れる脚が無いだけに苦しい。
枠は安田記念のように内枠だと包まれて実力が発揮できないので、マイラーズカップや毎日王冠のように外枠から好スタートを決めて外目の2〜3番手追走で早目抜け出しが理想。
毎日王冠の勝ちタイムが1.45.5だから、残り1ハロン12.5秒で走れば1.58.0で走れる計算で、これは秋の天皇賞レコードのタイムだ。
だから敵は枠順とペースになる。

【ダンスインザムード】
過去2年は一昨年が2着、昨年が3着と好走しているが、過去2年と比べて臨戦過程が雲泥の差で良い。
3歳時と同じ時期にアメリカへ遠征して雪辱してるし、実績の無かった帰国初戦を勝ちに等しい2着に好走。
しかしG毅仮,箸1600mで、2000mだと勝ち切れてないのも事実。
同期のスイープトウショウ相手に2000mだと分が悪いので、安定した先行力で早めに抜け出してどれだけセーフティーリードが取れるかだ。

【トリリオンカット】
毎年そうだが朝日CC勝ちの好走は皆無。
G欺蘢戦なのにG靴鬟ビ差勝ちでは厳しい。

【ハットトリック】
今年一番良かったのが宝塚記念7着で、他の4戦全て10着以下で一変は無理。

【バランスオブゲーム】
もしかすると逃げる可能性があり、宝塚記念同様に恵まれて3着あたりに好走可能。
G気14回走っているが、過去のレースを見るとG気世板賣鷲埖で、典型的なトライアルホース。(笑)

【ファストタテヤマ】
府中成績は[0.0.0.5]で、左回り合計でも[0.0.0.7]で京都か札幌でしか好走しない馬。

【ローエングリン】
ここ3走は脚質転換が成功して3〜4着に好走してるが、G靴任気┥,狙擇譴覆い里烹猫気嚢チは無理。(笑)
もっと早く脚質転換すれば良かったのに。(笑)

【ローゼンクロイツ】
昨年の皐月賞とダービーで人気しながら惨敗して、長距離輸送に弱い事が発覚。
それからは輸送時間の短い地元関西でのレースに専念してきたが、それでも勝ち切れていない。
この馬も弱い4歳世代で、まだG靴1勝のみでは苦しい。


tabuo1 at 01:52|Permalink

天皇賞(秋)出走予定馬診断PART1

あくまで自己診断なので参考までに。(^-^;

【アサクサデンエン】
府中では安田記念を含み6勝している巧者だが、前走の毎日王冠は不可解な惨敗。
過去20年以上、前走が10着以下から連対した馬は皆無。
この馬のピークは昨年、京王杯SC→安田記念を連勝した時で、7歳という年齢を考えても上積みは難しい。

【アドマイヤムーン】
武豊が騎乗するし、前走は3歳ながらG胸ニ攀念を勝った事により人気するはず。
前走に札幌記念を勝ってだと、97年1着エアグルーヴ、昨年1着ヘヴンリーロマンスが居るが、両馬は前々走も重賞を1〜2着してたのでデータ的に厳しい。
それに確かに札幌記念を3歳馬が勝ったのは快挙だが、実は今年の札幌記念のメンバーはレベルが低かったので価値が低い。
2着が牝馬路線でイマイチのレクレドールだし、3着が2番人気で重賞未勝利だったマチカネキララで、3番人気がハンデG靴靴勝ってないエリモハリアーだった。(笑)
皐月賞もダービーもスローペースに泣かされたのに、この天皇賞も逃げ馬不在でスローペース濃厚で展開も向かない。

【インティライミ】
実は今年の4歳馬は、横綱のディープインパクトを除くとまだ古馬G気馬対さえ無い。無理。(爆)(※注意・下記参照)

【オースミグラスワン】
インティライミと同じ4歳馬で無理。(笑)
今年の天皇賞はスローペース必至で、最後方から大外をぶん回してくるであろうから届かないし。(笑)

【カンパニー】
これまた4角では常に10番手前後に居る馬だし展開は向かないだろう。
G杵対も無いし、前2走凡走してるので無理。

【グレイトジャーニー】
G轡泪ぅ觸転泙鬘仮,里澆能个襪世院(笑)

【コスモバルク】
もしかするとハナを切る可能性があり、展開には恵まれるかも。
国際G犠,繊∋月賞とJCで2着があり走っても不思議じゃない。
特に2004年ジャパンカップでは終始2番手を守り抜き2着を確保した実績があるので、距離も大丈夫。
しかし、オールカマー組は過去20年でも3頭しか連対例がない。

【サクラメガワンダー】
名馬を輩出するラジオたんぱ杯2歳S覇者だが、今年は勝ち星どころか連対さえ無い。無理。

【スイープトウショウ】
今年のメンバーでG毅馨,郎捻ν磴韮曳嵜裕い砲覆蠅修Α
前走を見ても分かるように、典型的な逃げ馬不在でスローペース必至なだけに直線で「よ〜いドン!」の瞬発力勝負になれば圧倒的に有利。
京都大賞典組は過去8年間で7頭連対しており有利。
臨戦過程も不得手な休み明けを快勝した事により、昨年とは雲泥の差。
不安なのは、昨年の毎日王冠と天皇賞で見せた馬場入場時に立ち止まって動かなくなる悪癖。
地下道を通るのが原因と言われているらしいが、仮に予想で重い印を打っても、本馬場入場を見てから馬券を買いたい。

※注意
現4歳世代の古馬G杵対は牝馬とダートではあるが、国内での牡馬の芝路線ではディープインパクト以外は皆無。
(連対例)
・ラインクラフト(高松宮記念2着)
・エアメサイア(ヴィクトアマイル2着)
・カネヒキリ(JCダート&フェブラリーS1着、帝王賞2着)
・シックスセンス(香港ヴァース2着)


tabuo1 at 01:46|Permalink

2006年10月22日

天皇賞(秋)分析

過去10年間の成績から連対馬を分析してみる。

☆連対馬のタイプ
]対20頭中、98年を除いてG鞠呂13頭連対している。
98年2着ステイゴールドはG杵対馬で、G杵対馬なら毎年必ず18頭が連対している。
■猫杵対馬以外なら、前走重賞1着を含み2戦連続重賞連対な事。
(98年1着オフサイドトラップ、2005年1着ヘヴンリーロマンス)
G鞠楼奮阿覆蕋憩中5頭が2戦連続重賞連対な事。(例外は98、99年2着のステイゴールドのみ)
ち闇秋の天皇賞3着以内、今年の安田記念3着以内、宝塚記念2着以内、毎日王冠5着以内、京都大賞典5着以内が有力。
ただし、これらのレースで一度でも6着以下だった馬は除外。
(例外は前年秋天連対or今年安田記念連対、年明け以降宝塚記念1着を含み無敗)

該当するのは
.▲汽サデンエン、コスモバルク、スイープトウショウ、ダイワメジャー、ダンスインザムード、ディープインパクト、ハットトリックの7頭
次点としてインティライミ(ダービー2着)、ファストタテヤマ(菊花賞2着)、ローエングリン(ムーランドロンシャン賞2着)
↓は皆無
ぅ▲汽サデンエン、スイープトウショウ、ダイワメジャー、ダンスインザムード、ディープインパクト、マルカシェンクの6頭

以上から、今年はG鞠楼奮阿蕨対できない事が分かる。
重視するのはい裡尭だが、ディープインパクトとマルカシェンクは回避の模様。
残る4頭の争いになりそう。
ダイワメジャーを除く3頭は前年の3〜5着馬だ。
前年1〜2着が引退して不在なのだから、当然有力になってくる。
しかし、前走10着以下から巻き返した馬は皆無なので毎日王冠13着だったアサクサデンエンは厳しい。
となると、スイープトウショウ、ダイワメジャー、ダンスインザムードの5歳勢の争いで、京都大賞典VS毎日王冠の構図となる。

tabuo1 at 23:29|Permalink

武蔵野S分析

2000年から10月以降に行われるようになった過去6年間の成績から分析してみたい。

☆大きな傾向
(鳴蠢量馬は12頭中半分以上の7頭が連対。3着以内でも15頭中10頭。
(7頭中5頭が前走5着以内)
■該佛呂馬対できるのは、ダートG杵対、芝G毅誼絨米癲∩袷ダート重賞勝ちに該当する馬のみ。
A袷が条件戦の馬の連対は皆無。
ち量馬以外が連対するなら、前走は3着以内が望ましい(5頭中4頭)
ハ対馬12頭中、10頭が関西馬で圧倒的に強い。
(1着馬は5頭)(3着以内15頭中12頭)

該当するのは
.汽ラート、セフティーエンペラ、トーセンブライト、ニホンピロサート、マイネルモルゲン、メイショウバトラー
(次点でクーリンガー、サイレントディール、サンライズバッカス、ドンクール)
▲侫汽ぅ船螢轡磧璽
ぅ▲襯咼譽、オーゴンサンデー、サウンドザビーチ、シーキングザベスト、フィールドルージュ

以上から増量馬の中では現在重賞3連勝中のメイショウバトラーが最有力。
別路線組なら関西馬のシーキングザベスト、フィールドルージュが有力。
そして注目は、3歳のG鞠魯侫汽ぅ船螢轡磧璽襪澄
父クロフネがこのレースを圧勝したのは記憶に新しく、芝のマイルG鞠呂箸靴峠蕕瓩討離澄璽箸頬召猯彑鏖當は父と全く同じ。
もしかすると圧勝するかも知れないので大注目だ。

tabuo1 at 22:33|Permalink