北のRAKUEN荘オーナーのブログ

北のRAKUEN荘では、自然の中でその恵みに包まれ一日一日が贅沢な暮しなのでしょう。「贅沢な暮し」の一こまを拾い上げるためにプログが役立てるといいですね。

戻ってきた夕日

ここ数日、晴天が続いた。
昨日の夕日を見て、ハッとした。
この光景だ。
181113w















(午後4時4分)
落葉が済んだ林の向こうの落日光景が、透けて見えるのダ。
林に住む者としては、日差しの恩恵を受けられるのがこれからだ。
毎日夕日が楽しめるゾ。
いつもより冬の訪れが遅い!
全然寒くない。
今日の夕ニュースで、旭川などでやっと初雪だそうだ。
我が敷地でも、今朝の外気温はマイナス0.6℃。
初のマイナスになった。
外にあったコッコの水入れに、薄氷を見つけた。
181114w















このところ、薪準備に忙しい。

ペットになったコッコ

コッコは、庭囲いネットを拡張され伸び伸びしている。
朝に小屋から出し、夕方には入れる。
夕方は、暗くなると自分で小屋に入る。
3羽止まり木に外に向いて並ぶ。
何でこんなに行儀よく振舞うの?
何があるのかだろうって、分けが分からない!
よく、餌を食う。
181154















名前をつけた。
右から、チャチャ・ココ・ぺぺだ。
いつも一緒に行動するが、ぺぺは好奇心旺盛でネットの外側に興味を持つ。
ある朝、囲炉裏部屋にいると・・・。
181151















ネットから出て、ご主人の近くにやってきた。
「エサ欲しい!」って言いに来た?
ある時は、台所の中に入って来ていた。
ニャンニャン(モモちゃん)も、特に興奮するでもなくボケっと見ていたネ。
181153














モモちゃんは、同じ住人と思ったのか・・・・。
ある日、ココ小屋の寝床の中に居た。
191028















敷き藁が気持ちいいのか、小屋作りの時からこの場所に入ることがあった。
さすがにこれはいかんだろうと、すぐに外に出した。
コッコとニャンニャンが遭遇しても平和だが、同じ空間に入れるのには未だ勇気が要りますネ、。

今季の山ぶどう採り

10/10、山ぶどうを取りに行った。
この半自作の高枝切りハサミが、上手くいくか!
高切りハサミ9w















昨年採った場所は、枝が電線近くまで伸びていたためかバッサリ切られていた。
以後、諦め半分であちこち探し回って見ると・・・・。
その気の目で探せば、自宅近くに随分とあることが分かった。
採りに行くタイミングを見つつ、何度か下見に行った。
行く度に、他の人が採りに来ている跡があった。
山ぶどうは日当たりの良い広い道路縁にあるため、人目につきやすいのだろう。
あまり車も人も通行しないこの場所は、全く手がつけられてなかった。
高切りハサミ1w















数メートル上に、たくさんあったネ。
高切りハサミ3w















例のカゴ付高枝ハサミで、ドッコイショ。
ハサミを動かすヒモ引きは、まずまず問題なし。
高切りハサミ2w















ウン、一回目は成功!
しかし、枝の込み具合によってはぶどう房の下にカゴをもって行くのが難しい事も。
まっ、万能ではないネ。
べつに、地面に切り落としても一向に構わないのだし・・・。
実際、上手くカゴに入らず下に落ちとこともあった。
釣りタモの様に、獲物を逃がすこともないので気が楽だ。
この日の収穫は、コレだけ。
1810104w















青い実や枝を除去して、水洗いした。
1810103w

















これは、去年と同じように果実酒に。
4ℓビン2本に、ナリマシタ。

プロフィール

tabypapa

  • ライブドアブログ