「木と家と建築」

+木の家とSketch Up

Sketch Up-3D-CGと3D-CAD

立体データ( 3D = 三次元 )は、
CG (コンピュータ グラフィックス)とCAD(キャド)
の分野に分け応用されるそうです。

図と図面の違いだろ。
軽く流せる、わかりきった、
どうでもよい分類え思えます。

3D(立体)データを扱うという点は同じですが、
それぞれの目的の違いうので、
3Dデータに付加する価値が異なる。
それで、3D- CGと3D-CADを分ける。
ということのようです。

例えば、建築設計の場合を考えてみると
プレゼン資料などの、
イメージを伝えることを目的した場合は3D- CG
実施設計などの、
実際の見積りや工事を目的した場合は3D-CAD
と、いった具合でしょうか。

ところが、
Sketch Upなどの3Dソフトの中では、
良くも悪くも、
3D- CG も3D-CADも3D(立体)データとして
ひとくくりです。

3D- CG と3D-CADとの垣根はありません。
イメージと現実の間を行き来できるのです。
建築設計の場合は、
プレゼン資料の3Dモデルも実施設計の3Dモデルも、
意識の持ち方次第でどちらもつくることができます。
この扱いやすさが、ちょっとした混乱を招きます。
グリトskp

例えば、
私にはこんな経験があります。
ようやく、Sketch Upに慣れた頃。
パースやアニメーションなどのプレゼン資料や
現場への簡単な説明図は描けても、
そこからが、思うように進歩しない。
パースばかりではなく。
もっと踏み込んで3Dを設計に利用したい。
ところがなかなか発展しない。
モヤモヤとし、何かやらないと落ちつかない。
そこで、少々違和感は覚えながらも、
光源の設定やレンダリングなど、
3Dモデルのリアルな表現への挑戦という、
目の前の楽しい課題に夢中になった時期がありました。

同じような経験をされた方も、
少なからずいるのではないでしょうか?

ただ漠然とSketch Upが上達すれば、
いろいろなことが出来る。
とうぜん,
多少Sketch Upが使えるようになっても
モヤモヤは解決どころか増すばかり。

思いかえしてみると
3D-CGが上達すれば、3D-CADに行き着くと、
誠に、勝手都合の良い解釈をしていました。

Sketch Upの巾広い柔軟性が、
曖昧なデータをあたかも、
建築的に整理された数値データに
自発的に変換してくれる。
そんな、錯覚をしてしまったのです。

軸組

あらためて、客観的に見ると、おかしな話しです。
しかし、
案外、陥りやすい例であると思います。
慣れない、Sketch Upの中で
操作や機能を学ぶことに夢中で、
3D-CGと3D-CADの分岐点で疑うことなく
3D-CGの道を選択してしまったのです。

3D-CGは、まさに上達が目に見えます。
目的より結果に夢中になってしまいます。
こんなことが出来る、そんなことも出来るのかと
つぎつぎに課題が見えてきます。
3D-CGは表現の世界ですから、
追求したら底はありません。深入りは禁物です。
一方、
3D-CADの場合は
おおよそ、想像できると思いますが、
簡単な3Dモデルでも整理、分類が進みません。
さまざまな関連を
どう処理したら良いものか?
あげくには、
図面で十分なものを手間かけて
わざわざ3Dにする意味は無いのでは?
ヤメタ、ヤメタとなってしまいます。

自然の力を生かした林業

瀬野和広+設計アトリエのみなさんが
天竜T.Sドライシステム協同組合さんへ伐採・工場見学に行くと聞き
是非にとお願いして、同行させて頂きました。
ts-05

ts-04
旬伐り、葉枯らし、天然乾燥のメリットは周知の通りと思います。
ところが、
このシンプルな「自然の力を生かした林業」は、
やさしいイメージとは裏腹に
日本の林業が抱え込んでいる複雑な問題をコツコツとクリアーして、
必要ならば、古い仕組みや既成概念を変え行く勇気がなければ、
決して実現することは出来ないことなのです。
想像を絶するような努力の結果でもあります。

タフで熱い気持ちを持った榊原さん・森下さんであるからこそ
既成の流れと戦いながら、
実践できていると言ってもよいと思います。
ts-01

天然乾燥をささえている広大ストックヤードは圧巻です。
「ここまでやるのか、ここまでやらなければ駄目なのか?」
見渡す事が出来ないほど広い倉庫に高く積まれた
仮製材された乾燥材には、唖然としてしまいます。ts-06
「値段・寸法・量・納期など、まだまだ対応が出来ない物もあります。」
と普通に真面目に話す森下さん、目指すレベルは高い。ts-07
とても、人あたりの良い、榊原さん・森下さんですが、
ストックヤードに積み上げられた木材の重厚感からは
二人の持っている芯の強さを感じられずにはいられません。ts-10
山で3ヶ月葉枯らし、丸太で乾かし、製材してから雨風にあて天日で乾しもう一度、製材する。
伐採から2〜3年は当たり前。ts-08

はずかしいことに、
「70年の時間をかけて育つ木は、とても貴重です」と説明しながら
次の瞬間には乾燥窯に放り込んでしまう。
「自然のイメージ」だけが強調された、ボランティア的な協同組合の活動しか知る事がなかった私には、
正直にたっぷりと時間をかけ「自然の力を生かした林業」を実践されている
天竜T.Sドライシステム協同組合さんの仕事は、
逞しさと力強さが心に残る、とても学ぶことの多い充実した体験でした。ts-03

夏の贅沢

綾戸簗は利根川の上流にある。
赤城山と子持山に挟まれた渓谷で、夏でも水は冷たい。

簗は、
川が不思議なほど折れ曲がった、
その頂点に位置している。

そんな立地の影響なのか、
ここが、谷筋であることを意識させないほど
ぐるり、遠くまで視界は広がる。

それでも、
景色は、勢い流れる川と
隙間なく遠くどこまでも重なりあった山である。

大正時代に築かれた歴史のある簗なので、
交通の便利は良い場所にあのだが、
特別な地形が、
この場所だけ孤立した深い山の中であるように感じさせるのだろうか。RIMG6571
簗にならんで、
杉丸太を越屋根に組み、周囲をくるりと「よしず」で囲った
川風が吹きぬける「夏の家」があって、
簗でとれる鮎を食せる。
RIMG6543
とりあえず。
お通しと漬物で冷酒を頂く。
お酒が空くころに
鮎が塩焼きと田楽でてくる。
ぺろりと行けてしまう。当然うまい。
RIMG6544
胸ビレがぴんと張っているのは「生きたまま焼いた証」だそうだ。RIMG6546
田楽、秘伝の味噌 うまい。
RIMG6522
生きたまま手早に串を打ち、
まな板にならべて一塩を振り、
炭の周りに串をぐるりと立ててゆく。
手馴れた流れが小気味よいRIMG6527

お酒もまわり、おなかも満たされ、
深い庇にまぶしく切り撮られた川をぼんやり。
気まぐれに川面の風が高い天井へと抜けていく。
この季節、此処でしか味わうことができない、、
夏を凝縮した贅沢な時間を楽しめる。

この場所も、夏の特別な楽しみ方も、
諸先輩に連れられ、体験できたことであり、
感謝しております。

締まる背割り。

柱の背割りは乾燥が進むと開くものだと思っていました。IMG_5791
ところが下の写真。背割りが狭まばり、楔をつぶしたのだそうです。
こうゆうこともあるんだねと大工さん。
木材によって個性いろいろ。RIMG4892

湧き水の池

東あきるの現場の近くに八雲神社、という神社があって、
境内に綺麗な湧き水の池がありました。RIMG4842

硬すぎる家としなやかな家

耐力壁に頼らない、貫構造の家を見せていただける機会に恵まれました。
RIMG4868
宮大工さんが手掛けた家、
仕口や継ぎ手は勿論、プレカットのプリント文字に慣れた目には、墨の番付の迫力に圧倒される。RIMG4891
4号建築物は筋違、耐力壁+金物は普通であるから貫が主役の家はとっても珍しい。大工さんの仕事が高度で、大工さんと出会えることがまず難しいとのこと。
RIMG4885
長期優良住宅は硬すぎてポッキリ行ってしまったけれど、貫の家はしなやかに全体で持つのだそうだ。
2011年運用を目指して伝統構法の簡易設計法づくりが行われている。貫に加え足元をフリーとする石場建ても盛り込まれることであろうから今後、より伝統技術に注目。
RIMG4881
構造にしろ、コストにしろ意匠にしろバランスが大切。人も組織も偏って絶えられなくなったらポッキリ。やわらかさ、丸さは必要不可欠。RIMG4878


どんぐりごろごろ

休日には、イチョウまつりでにぎわっている明治神宮外苑
ちょっと静かな林のなかは、どんぐりの実が地面いっぱい。
RIMG4661

おおきなポプラ

迎賓館の脇の公園にあるおおきなポプラRIMG4828

壁と草花

ボンデ鋼板とトネリコRIMG4719
RIMG4724

金色:ユリノキ
RIMG4817
金色:イチョウRIMG4664
金色:プラタナスRIMG4657
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ