立体データ( 3D = 三次元 )は、
CG (コンピュータ グラフィックス)とCAD(キャド)
の分野に分け応用されるそうです。

図と図面の違いだろ。
軽く流せる、わかりきった、
どうでもよい分類え思えます。

3D(立体)データを扱うという点は同じですが、
それぞれの目的の違いうので、
3Dデータに付加する価値が異なる。
それで、3D- CGと3D-CADを分ける。
ということのようです。

例えば、建築設計の場合を考えてみると
プレゼン資料などの、
イメージを伝えることを目的した場合は3D- CG
実施設計などの、
実際の見積りや工事を目的した場合は3D-CAD
と、いった具合でしょうか。

ところが、
Sketch Upなどの3Dソフトの中では、
良くも悪くも、
3D- CG も3D-CADも3D(立体)データとして
ひとくくりです。

3D- CG と3D-CADとの垣根はありません。
イメージと現実の間を行き来できるのです。
建築設計の場合は、
プレゼン資料の3Dモデルも実施設計の3Dモデルも、
意識の持ち方次第でどちらもつくることができます。
この扱いやすさが、ちょっとした混乱を招きます。
グリトskp

例えば、
私にはこんな経験があります。
ようやく、Sketch Upに慣れた頃。
パースやアニメーションなどのプレゼン資料や
現場への簡単な説明図は描けても、
そこからが、思うように進歩しない。
パースばかりではなく。
もっと踏み込んで3Dを設計に利用したい。
ところがなかなか発展しない。
モヤモヤとし、何かやらないと落ちつかない。
そこで、少々違和感は覚えながらも、
光源の設定やレンダリングなど、
3Dモデルのリアルな表現への挑戦という、
目の前の楽しい課題に夢中になった時期がありました。

同じような経験をされた方も、
少なからずいるのではないでしょうか?

ただ漠然とSketch Upが上達すれば、
いろいろなことが出来る。
とうぜん,
多少Sketch Upが使えるようになっても
モヤモヤは解決どころか増すばかり。

思いかえしてみると
3D-CGが上達すれば、3D-CADに行き着くと、
誠に、勝手都合の良い解釈をしていました。

Sketch Upの巾広い柔軟性が、
曖昧なデータをあたかも、
建築的に整理された数値データに
自発的に変換してくれる。
そんな、錯覚をしてしまったのです。

軸組

あらためて、客観的に見ると、おかしな話しです。
しかし、
案外、陥りやすい例であると思います。
慣れない、Sketch Upの中で
操作や機能を学ぶことに夢中で、
3D-CGと3D-CADの分岐点で疑うことなく
3D-CGの道を選択してしまったのです。

3D-CGは、まさに上達が目に見えます。
目的より結果に夢中になってしまいます。
こんなことが出来る、そんなことも出来るのかと
つぎつぎに課題が見えてきます。
3D-CGは表現の世界ですから、
追求したら底はありません。深入りは禁物です。
一方、
3D-CADの場合は
おおよそ、想像できると思いますが、
簡単な3Dモデルでも整理、分類が進みません。
さまざまな関連を
どう処理したら良いものか?
あげくには、
図面で十分なものを手間かけて
わざわざ3Dにする意味は無いのでは?
ヤメタ、ヤメタとなってしまいます。