2009年11月

2009年11月29日

ACL…遥か遠くに。。。。(〃_ _)σ‖

2009 Jリーグ 第33節


京都1―0浦和


得点者:
71分 中山 博貴(京都)


警告:
44分 染谷 悠太(京都)
87分 水谷 雄一(京都)


主審:松尾 一


会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場


入場者数:18121人





結果だけ見ると浦和らしいと言えば浦和らしいけど…





前節の劇的な勝利のように、いい試合をしたあとってこういう結果になるんだよねぇ…浦和って(ToT)





試合内容は決して悪くはなかったけど、決める時に決めなきゃこうなります。。。。(〃_ _)σ‖





来季ACLを狙う上でもかなり痛い敗戦となりました(>_<)





あとは、何とか4位になって天皇杯での他力本願しかない(*_*)





その4位もかなり厳しい条件…





それよりも最終戦の相手は鹿島(`曲´#)





鹿島にだけは負けられん!





俺たちの埼スタで鹿島を胴上げさせるわけにはいかん<(`^´)>





簡単だね!





鹿島に勝って、川崎が勝つのを待てばいいんだから。





その上で、広島・清水・東京が負ければ浦和は4位を確保できる(^-^)v





厳しいなぁ…





可能性あるかぎり頑張って応援するけどね\(`o'")





とにかく最終戦は…





必ず勝つ(`曲´#)


tacchi555 at 08:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年11月22日

優勝よりも大事なものがあるとしたら?

2009 Jリーグ 第32節


浦和3―2磐田


得点:
21分 エジミウソン(浦和)
55分 前田 遼一(磐田)
59分 前田 遼一(磐田)
82分 エジミウソン(浦和)
89分 エジミウソン(浦和)


警告:
68分 茶野 隆行(磐田)
75分 エジミウソン(浦和)


主審:奥谷 彰男


会場:埼玉スタジアム2002


入場者数:43619人





ものすごい歓声でした\(^O^)人(^O^)/





ラストプレーでの逆転…いや大逆転ゴールo(^o^)o





1―2になっても必ず勝てると思っていたし、2―2になりロスタイムで相手にCKが続いた時にも、必ず守って高原が決めてくれると思っていました(^-^)





決めたのはエジでした(笑)





ロスタイムの相手のCKの時に思い出したのは、昔の長谷部のロスタイムの勝ち越しゴールと、去年の高原の終了間際のゴール(*^_^*)





どちらも相手はジュビロ。





必ずまた、そんな劇的なゴールが生まれると信じていました(^-^)





いろいろなことが詰まったゴールでした(^-^)





ボールが、得点王を争うエジのもとにこぼれてきたのも、何ともいえない幸運だったしd(^O^)b





いくつもバーやポストに嫌われ、ハラハラな試合だったけどこういう試合をものにできるメンタルの強さをもっとチームが身につけてほしいです\(`o'")





何か連日、新聞報道は過熱してますが、今はまだシーズン中!





この日の鹿島勝利で優勝の可能性が消え、今季の無冠が決まったけどACLの可能性はまだ残ってるし、何よりも来季に向けた内容と結果を求めて頑張ってもらいたい\(`o'")





しかし、フィンケ監督…





子供のような喜びようでしたな\(^O^)人(^O^)/





まぁ、あぁなりますわなぁ(*^_^*)


tacchi555 at 14:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年11月16日

失われたものの大きさと残されたものの可能性…

ここ1週間で、劇団時代に共に仕事させていただいた作曲家と女優さんの訃報がありました。





お二方ともあまりにも若すぎる死です。





木村直樹さん(享年46)と大浦みずきさん(享年53)





木村直樹さんとは『トラブルショー』で出演者・演出助手として、『ロイヤルホストクラブ』では演出助手としてご一緒させていただきました。





また、『スウィングボーイズ』再演では、ドラム演奏をしていただき、ぼくらボーイズとともにたくさんのジャズを演奏してくださいました。





もともとミュージカルの世界で作曲していたわけではなかった木村さんの作る楽曲を、演出助手という立場から他のキャストより早く聞くことができた役得?もあったのですが、どの曲もはじめて聞いたときにはわくわくしたのを今でも覚えています。





この曲が、稽古でどのようにキャストに叩き込まれ、観客に何を訴えられるかと稽古場でも仕事が楽しかった。





ミュージカルの世界にいたわけでない作曲家の出すダメ出しも、常に目からうろこばかり…





たっちが、劇団を退団してからも数作品を作り、どれも大変好評だったし何より劇団員の人望が厚かっただけに、本当に残念でなりません。





彼の残されたものは、関わった者すべてがしっかり胸に刻み、彼が撒いた種をしっかり芽吹かせ花を咲かせなくてはならないと思います。





それは、もちろんたっちにも言えること。





だから、木村さんには天国からしっかり見守ってほしいと思います。





そして、元宝塚歌劇団トップスターでミュージカル女優の大浦みずきさんは、『スウィングボーイズ』初演で共演させていただきました。





パワフルな歌声とダンス。





振付稽古では、自分の稽古にならなかったです。





なぜって、あまりにも素晴らしい大浦さんのダンスに見入ってしまうから(笑)





これも演出助手の役得?で、自分の出ないダンスナンパーの稽古をよく覗きにいきました。





初演の時にはたっちには、サックス演奏という難題があった上、稽古期間の最初の1ヶ月間に別作品の本番のため、稽古には行けずサックスもほとんど練習できず、ようやく稽古に参加した時には周りはかなり進んでいて、全く話にならない始末だったたっちでしたが、大浦さんのダンスを見ると「絶対に演奏で足を引っ張れない」と思ったのをよく覚えています。





今にして思えば、本当にテンパっていた初演のスウィングボーイズでしたが(再演もだけど)言わずもがな、本当に大浦さんの存在は大きかったです。





肺がんで闘病中とは知らなかったですが、これまで数えきれない舞台に立ってこられたであろう大浦さんには、お疲れ様でしたとありがとうございましたしか言葉が見つかりません。





奇しくも、初演と再演でスウィングボーイズに関わったお二人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


tacchi555 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月11日

どっちにしてもカッコわるいd(^O^)b

某スポニチより





浦和サポーター居残りをJ運営会議で検証へ

8日のFC東京―浦和戦の試合後、選手が退場しても10分以上歌い続けた浦和サポーターの行為について、Jリーグは運営会議で検証することになった。

当日のマッチコミッショナーからは報告を受けており、Jリーグの羽生事務局長は「他の試合でも(サポーターの居残りが)見られるので、全体的に検証したい」と説明した。





何を検証するの?





あれが居残りなら、どこのチームも居残りしてますね(*'o'*)





だいたい、普通に喜んで普通に帰りましたが…





試合終了後、10分以上居残りしたって帰りが混むし落ち着くまで待って帰るのがダメなら、今後は事故を覚悟しなくちゃならない。。。。(〃_ _)σ‖





未確認情報だけど、Jは別に検証する予定ないらしいし、東京の社長には逆に注意するらしい(笑)





勝敗に感情剥き出しで、プロチームが何で成り立ってるかすら見失ってる情けない位レベル低すぎな社長…





逆に東京の選手・サポーターが気の毒なくらい(>_<)





逆に問いたいが、世界中勝って喜べないスタジアムなどどこにあるんですか?





例えば、清水はアウェイで勝つと必ず試合後に王国清水の段幕だして王国清水コールもしてるし、ロコモコも歌ってる(´〜`)





それは、勝利者だから出来るわけだし、それ見てものすごい悔しいが次は必ず勝ちたい!ってなるからおもしろい\(`o'")





東京の社長には、自分の発言に責任持てないのなら、今後対戦相手に関わらず次のアウェイから勝敗に関係なく終了したらすぐにサポーターには帰ってもらいたい(*_*)





何てことも言いたくなるよ(-"-;)





あの発言は、何より身内の東京サポーターを苦しめたってことを自覚なさっては?





村林くん(^-^)





あと、某スポニチ…





もし、Jが検証する予定がないのが事実なら、羽生事務局長なんて具体名だしたらあかんでしょう\(`o'")





さすがマスゴミ(^-^)





はてさて、この問題はこれからどうなるかな…


tacchi555 at 16:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年11月09日

これこそが執念<<o(>_<)o>>

2009 Jリーグ 第31節


FC東京0―1浦和


得点:
49分 エジミウソン(浦和)


警告:
3分 原口 元気(浦和)
53分 原口 元気(浦和)
56分 田中 達也(浦和)
59分 梶山 陽平(FC東京)
70分 山田 暢久(浦和)
80分 山岸 範宏(浦和)


退場:
53分 原口 元気(浦和)


主審:西村 雄一


会場:味の素スタジアム


入場者数:40701人





前節のダービー惨敗で状況は厳しくなり、来季ACL出場権も厳しくなった浦和ですが、未来に向けての残り試合をどう戦うかが非常に大事\(`o'")





そんな中、試合前にリーダーが己のプライドかけて、ゴール裏全体に隅から隅まで出向いて気持ちを訴えコールを煽りました(>_<)





今日、生半可な気持ちでここに来た人は帰って下さいとまで言い放った(*'o'*)





あそこまでやって負けたら、リーダーは恥ずかしいくらいじゃ済まない(*_*)





たっちも絶対に負けられないと思いました!





これで負けたら浦和に帰れない(`曲´#)





試合は、退場者も出たし正直苦しい試合でしたが、選手もサポーターも気持ち入れて戦ったと思います(^-^)v





まぁ、相変わらずの主審に試合は壊されたけど…





羽生のあからさまな遅延行為や権田の非紳士的行為には、カードは出さないのに原口の普通なファール(悪質じゃないって意味ね)にはカード出す<(`^´)>





今野や米本の明らかなファールのプレーに笛は吹かないのに、闘莉王の正当なチャージには笛を吹く(-"-;)





原口のプレーがイエローカードなら、FC東京は3人は退場だ(`曲´#)





西村よ…





頼むから浦和に…いや日本サッカーに関わらないでくれよ<(`^´)>





東京の社長さん…





うちら、そんなに騒ぎました?





いつも通りに喜んでいつも通りに帰りましたけど┐('〜`;)┌





帰りが混むから時間をおいて出たらダメですか?





他チームの試合より入場料を多めに取ってるのに、試合が終わったら早く帰れとはどういう了見ですか?





負け惜しみにしか聞こえませんが…





こんなチームとは試合できないと言ったようですが、ならば次から浦和の不戦勝でいいのですね?




いやはや、とてもカップウィナーの社長のコメントとは思えませんね(-"-;)





サポーターは、勝ったらうれしいし負けたら悔しい、ただそれだけではないですか?





あなたがたもナビスコ決勝では、ものすごい嬉しかったでしょう?





っていうか、文句あるなら直接ゴール裏に来たらよかったのに\(`o'")





そうそう…





東京ドロンパ、以外とかわいかったよ(^-^)


tacchi555 at 13:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
Profile
高原 達也
ミュージカル座の舞台を中心に積極的に活動。主な出演作に「ひめゆり」、「ルルドの奇跡」、「ゴーストミュージカル」、「ニューヨーカーズ」など多数出演。2007年1月の「スウィングボーイズ」では、再び劇中においてテナーサックスを演奏し評価を得た。その他に、東宝「ジキルとハイド」、「チャーリーガール」、丸美屋食品ミュージカル「アニー」、アトリエダンカン「ママ・ラヴズ・マンボ」、タナボタ企画「新血鬼ドラキュラ」等に出演。
スケジュール
《2008年》
1/12(土)
赤坂・B flat〜ビーフラット〜
☆256MBz 2nd Live 『四面楚歌』冬にみんなに囲まれた・・・?!



10/27(月)〜11/4(火)
荻窪メガバックスシアター
☆空間製作社・3部作『ピアノのへや』



《2009年》
10/1(木)〜10/4(日)
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
☆空間製作社 ミュージカル『GHETTO/ゲットー』