2010年03月

2010年03月28日

日本の行く末…浦和の行く末…

J1リーグ 2010 第4節


C大阪2ー3浦和


得点者:
21分 田中 達也(浦和)
21分 アドリアーノ(C大阪)
54分 エジミウソン(浦和)
79分 香川 真司(C大阪)
80分 エジミウソン(浦和)


警告:
23分 細貝 萌(浦和)
32分 宇賀神 友弥(浦和)
36分 乾 貴士(C大阪)
50分 アドリアーノ(C大阪)
56分 山田 暢久(浦和)
71分 マルチネス(C大阪)


主審:飯田 淳平


会場:大阪長居スタジアム

入場者数:16261人





どうにか掴んだ勝ち点3かなぁf(^^;)





この試合は、テレビ観戦でした(´o`)





今日は、いつもと違う観点から感想を述べたいと思います(*^o^*)





今年から手を使うプレーを厳しくファールを取るってことみたいですが、その狙いってなんなのかって開幕してから思っています(*_*)





日本人選手も屈強な体になって、世界と互角に戦えるようになりたいのか…





去年までなら取られないファールをいくつも取られ、主審によって基準は曖昧…





映像を見てないから無責任なことは言えないんだけど、ガンバ大阪対仙台はPKが3本あったらしいし、大宮対東京は大宮に退場者が2人…





主審は、家本と村上(・。・;





まぁ、端から日本人の主審に期待はしてないけど、これって本当に日本のレベルが上がるかなぁ(*o*)





この試合を見てはっきり分かってしまったのですよ\(`o´)





日本人は、外国人と真っ向勝負しても総合的に勝ち目なし(>_<)





アドリアーノの筋肉の塊の体を手を使っても止められなかった暢久(ToT)





一対一になって競り合いしても、なかなか倒れないアドリアーノ(・_・;)





あんなの世界中にたくさんいるのに、今年のJの判定基準が正しいとは思えません\(`o´)





そして何より、試合が見にくい(-_-;)





いちいちプレーを止められたら、流れなんかあったもんじゃない(-_-)





これからどうなっていくのか…





浦和も判定に泣かされる試合が、きっとあるはず(+_+)





早く、統一感のある判定をしてもらいたいものです(^。^)





でもまぁ、勝ってよかったぁ\(^o^)/


tacchi555 at 22:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年03月24日

あ〜あ…

J1リーグ 2010 第3節


山形1ー1浦和


得点者:
30分 エジミウソン(浦和)
58分 宮沢 克行(山形)


警告:
27分 西河 翔吾(山形)
34分 古橋 達弥(山形)
40分 秋葉 勝(山形)
72分 鈴木 啓太(浦和)


主審:佐藤 隆治


会場:NDソフトスタジアム山形


入場者数:19021人





いろいろばたばたしていて、山形戦の更新が遅くなり…





まぁ、誰も待ってなかろうが(*^o^*)





前半のみ見ました(^^;





後半は、全く違うチームになってしまったとか~>_<~





犯人は、セルだそうで(-_-)





セルは確かに痩せたけど、戦術理解してないんじゃ?





また、都築に怒ってもらわなきゃかい?\(`o´)





一度、ベンチ外れて上から見てみたらどうかい?





ってわけで、まだまだ弱いってこった(´o`)





次もアウェイ…





昇格組になんか負けるなよ\(`o´)


tacchi555 at 19:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年03月15日

まだまだ楽観できない~>_<~

J1リーグ 2010 第2節


浦和1ー0FC東京


得点者:
19分 ポンテ(浦和)


警告:
18分 森重 真人(FC東京)
39分 森重 真人(FC東京)
44分 阿部 勇樹(浦和)
44分 平山 相太(FC東京)
50分 鈴木 達也(FC東京)


退場:
39分 森重 真人(FC東京)


主審:扇谷 健司


会場:埼玉スタジアム2002


入場者数:50096人





ここ数年、負けなしと抜群の相性の東京戦(*^。^*)





ですが、今年の両チームの完成度は東京が上だと思っていました(´o`)





それでも何が起こるかわからないのがサッカー(・_・;)





ましてや、この人が主審じゃね(=_=)





たっちは、この試合の主審が分かった時、退場者が出ると予想してましたし、PKもあると思っていました(・。・)





しかし、相変わらず意味不明なジャッジが多いすなぁ(-_-;)





今年からは、手を使うプレーには厳しくファールを取るみたいだけど、それって選手は戸惑うろうし、選手の成長につながらない(*o*)





この試合のジャッジも疑問のものが多く、選手だけでなくサポーターもイライラ(`ε´)





両チームの試合の出来が云々じゃなくて、試合そのものが見ずらいんだよね(>_<)





どうしたら審判のレベルが上がるかねぇ…





審判のレベルが、日本サッカーのレベルアップを妨げていることにいい加減気づけよ\(`o´)





さて、浦和的には相性のよさだけで勝ったようなもの(*^。^*)





まだまだ、内容は悪い\(`o´)





次に向けて、しっかり準備を頼みます(・ω・;)





最後に宇賀神選手…





アウェイサポーター席には、挨拶に行かなくてもいいです(笑)





たくさんの笑顔をありがとう\(^o^)/


tacchi555 at 09:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年03月07日

去年と変わらないものとは…

J1リーグ 2010 第1節


鹿島2ー0浦和


得点者:
5分 興梠 慎三(鹿島)
86分 マルキーニョス(鹿島)


警告:
18分 中田 浩二(鹿島)
39分 内田 篤人(鹿島)
51分 エスクデロ セルヒオ(浦和)
59分 柏木 陽介(浦和)
65分: 細貝 萌(浦和)


主審:吉田 寿光


会場:県立カシマサッカースタジアム


入場者数:35251人





いくつかの発見?のあった試合でした(+。+)





サッカー選手の旬は短い(-_-;)





去年から分かっていましたが、明らかに衰えの目立つ選手が何人かいました(´o`)





鹿島のように何年もスタイルを崩さず、選手の入れかえがあっても強さを継続できるのは、明らかにクラブのスタイルがぶれてない証拠(・_・;)





鹿島のサッカーは、クラブ自体が大人で、浦和のサッカーはクラブ自体が子供であるということ\(`o´)





本当は、名前は出したくないが平川は、もう復活はできないでしょう(-_-#





去年の最終戦と同じ過ちを犯しての失点…





たっちの後ろにいた若い女の子でさえわかる、相手への寄せの甘さとチェックの甘さがなおらないのでは、サッカー選手としては問題ありすぎ(`へ´)





うんざりなシーンでした(-_-)





変わらぬサッカー…





変わらないのは、スコアではなく浦和のサッカーそのものでした(+_+)





今年も失点は増えそう…





まだ言いたいことはあるが、言うのもバカらしいことばかりなので、今日はこれくらいにしとく(-_-;)


tacchi555 at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月05日

さぁ!開幕!\(^o^)/

一つ一つの試合を悔いなく闘い抜くことが、今年の最低限の目標です(^_-)





それができたら、結果は必ずついてくるはず\(`o´)





さぁ!いくぞ!レッズ\(^o^)/


tacchi555 at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile
高原 達也
ミュージカル座の舞台を中心に積極的に活動。主な出演作に「ひめゆり」、「ルルドの奇跡」、「ゴーストミュージカル」、「ニューヨーカーズ」など多数出演。2007年1月の「スウィングボーイズ」では、再び劇中においてテナーサックスを演奏し評価を得た。その他に、東宝「ジキルとハイド」、「チャーリーガール」、丸美屋食品ミュージカル「アニー」、アトリエダンカン「ママ・ラヴズ・マンボ」、タナボタ企画「新血鬼ドラキュラ」等に出演。
スケジュール
《2008年》
1/12(土)
赤坂・B flat〜ビーフラット〜
☆256MBz 2nd Live 『四面楚歌』冬にみんなに囲まれた・・・?!



10/27(月)〜11/4(火)
荻窪メガバックスシアター
☆空間製作社・3部作『ピアノのへや』



《2009年》
10/1(木)〜10/4(日)
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
☆空間製作社 ミュージカル『GHETTO/ゲットー』