2010年09月

2010年09月26日

今年中に見れました\(^o^)/

J1リーグ 2010 第24節 〜アルビレックス新潟戦トリプルマッチ〜


浦和2ー0新潟


得点者:
45分+1 柏木 陽介(浦和)
81分 エスクデロ セルヒオ(浦和)


警告:
30分 細貝 萌(浦和)
41分 ポンテ(浦和)


主審:木村 博之


会場:埼玉スタジアム2002


入場者数:31973人


〜トリプルマッチ 他の結果〜


プレナスなでしこリーグ2010 第13節

浦和レディース3ー0新潟レディース


得点者:16分 庭田、67分 北本、78分 荒川



ボーイズマッチ:

浦和JrユースUー13 2ー0 新潟JrユースUー13





はいっ!トリプルマッチ3連勝〜\(^o^)/





新潟戦も負ける気しません(笑)





サッカーの内容も何か少しずつよくなってきてる(^。^)





ゴール前のショートパスの回しは、相変わらずなんだけどそのスピードが上がってきてると思う(*^。^*)





相手を崩す回数も増えてきてる(^o^;)





ようやく戦術が浸透してきた?





その一つに、柏木の躍動感があるんじゃないかな(*^-^*)





しかし、また怪我人が出たのが痛いね(T-T)





スピラノビッチは、どのくらいで治るのか…





軽症であることを祈るが、どうやら肉離れらしい(本人談)





残り10試合…





総力戦です(-_-)





次はダービーだしね(*^。^*)






まぁ、勝ったのはよかったけど…





何なん?あの主審(-_-#





下手くそは、引っ込んでろ(`ε´)





アマチュア?





高校サッカーの試合で笛吹いてろよ(-_-;)





高校サッカーにも失礼か…


tacchi555 at 14:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年09月19日

今年中に見れますか?

J1リーグ 2010 第23節


浦和1ー1清水


得点者:
19分 エジミウソン(浦和)
38分 岡崎 慎司(清水)


警告:
41分 ボスナー(清水)
53分 柏木 陽介(浦和)


主審:村上 伸次


会場:埼玉スタジアム2002


入場者数:38909人





5月5日以来、ホームで勝利のない浦和です(ToT)





いろんな意味でもう一息(´o`)





たらればはないけど、元気が決めていれば…





達也のコロコロが入っていれば…





達也は、南アフリカメンバー入りの話が持ち上がったくらいなのに、最近は低調なパフォーマンス(T-T)





まぁ、半分以上は爺に問題あるんだが(-_-#





元気は、あとは決めるだけ。





爺の『原口にあと50試合の経験があったら、あのシュートは決めていただろう』ってコメントに妙に納得(^。^)





たまに正しいこと言うから、爺はめんどくさい(*^。^*)





ともかく、残留決めるまで気は抜けない\(`o´)





しかし…





かしわぎっ!オレっ!は…





違和感満載(笑)


tacchi555 at 14:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年09月13日

相性…ですか?

J1リーグ 2010 第22節


東京0ー1浦和


得点者:
66分 ポンテ(浦和)


警告:
83分 坪井 慶介(浦和)


主審:佐藤 隆治


会場:味の素スタジアム


入場者数:29959人





拝啓。FC東京様。





今年も勝ち点6をありがとうございました\(^o^)/





森重選手…





FC東京を選んでくれてありがとう♪♪(^ε^)





なんて、皮肉も込めつつ…





久しぶりの勝ち試合を生で見れたのが、嬉しいったらありゃしない\(^o^)/





まぁ、試合内容は…?がまだまだ多いけどね(´o`)





阿部ちゃん移籍でチーム状態はよくない中、どうチームが進んで行くか…





これが大事だから\(`o´)





っていうか、もう少し暢久が真剣にやってくれると、少しは楽な試合運びだったやうなf(^^;





山田暢久選手…





真剣にやりましょう)^o^(





次は清水戦…





もう、勝ちロコは見たくねーぞ(-_-)





それと、たっちの後ろにいた年配のご夫婦へ一言(^。^)





角田さんは、コールリーダーです。団長ではありません(爆)


tacchi555 at 21:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年09月06日

阿部勇樹オレっ!

阿部ちゃんをはじめて生で見た日…





2004年の秋に国立競技場で行われた、東京オリンピック40周年記念試合の日本選抜対ハンガリー選抜。





たっちはこの日、知り合いに頼まれて試合の前に行われた、アテネオリンピックのメダリストや東京オリンピックの当時の選手たちのイベントのお手伝いの仕事をしていました。





たっちの関係者パスは、ピッチに降りることのできるパスで、実際に野口みずき選手や室伏広治選手のお世話をしましたが、日本選抜の選手たちも間近にいたわけで、阿部ちゃんや大久保嘉人(神戸)や高松(大分)とすれ違ったり、山本昌邦なんかには『どうもどうもお疲れ様です』って肩を叩かれたり(笑)





そんな縁で?試合を日本ベンチの横で見れた\(^o^)/





この時から阿部ちゃんは、素晴らしいフリーキックで相手ゴールを脅かしていて、本当にいい選手だと注目していました。





たっちが、本格的に浦和の試合に足を運ぶようになった2005年。





ジェフ千葉戦で憎たらしいくらいに浦和の前に立ちはだかった阿部ちゃん(+。+)





そんな阿部ちゃんをウイイレで勝手に浦和に移籍させ、ウイイレの中ではいち早く浦和の一員でしたが(笑)その翌年の2007年に本当に阿部ちゃんは浦和に移籍してきた(^o^;)





阿部勇樹の浦和移籍を本当に喜びましたが、浦和というチームあっての選手の存在と考えていたたっちは、当時のユニに番号は入ってなくて、番号入れるなら何番だろう?って考えてました。





その年のさいたまダービーの大宮戦…





1ー0で負けて、サポーターは大ブーイング(-_-#





そんな中、ずっと頭を下げたまま動かない阿部ちゃんを見て、この人柄すごいと思ったし応援したいって思った。





グッズと言えばタオマフくらいしか買わないたっちが、その日のうちに22番の携帯ストラップを買った(^。^)





ステップアップのために浦和に移籍して、アジアチャンピオンになるために浦和にきた阿部ちゃん。





ACLの準決勝で、全身つって一人で立てなくて、それでも阿部コールに押されてPK蹴って、足を引きずってた阿部ちゃん(ToT)





平川が、最後のPKを決めた瞬間、歓喜の輪に入れずその場に座りこんだ(T-T)





ACL決勝。なぜあそこにいたか分からないって自分でも言っていたゴール前で、永井のシュートのこぼれ球をヘディングで押し込んだゴールが、たっちの見たはじめての阿部ちゃん生ゴール\(^o^)/





もう、号泣でコールすらできなかった(>_<)





アジアチャンピオンになって、なかなか結果が出なくてもどかしい時期もいつも気持ちのこもったプレーで応えてくれた。





年齢的にも遅いくらいの夢の海外挑戦!





頑張れなんて言わなくても頑張る阿部ちゃんだから、心配はしてないけど体に気をつけて来年、プレミアに上がってほしいです。





天皇杯2回戦の行われた駒場で、試合後に最後の挨拶に出てきてくれました。





気がついたらふらふらと最前列にいたたっち(^。^)





きっと、阿部ちゃんに激励の言葉をかけたかったんだろうな(^^;





沸き起こる阿部勇樹オレっ!をすぐに叫べなくなりました(T-T)





えぇ、号泣したんで(笑)





東の爆心と選手たちに胴上げされて、少しずつ一人一人と握手してまわってくれた阿部ちゃんは、最後まで阿部ちゃんでした(^。^)





たっちのところに来た阿部ちゃんに、号泣すぎて『あぶぇぢゃん、あでぃがどう』と声になりませんでしたが、たっちが今年の試合で使っていた22番のタオマフを、阿部ちゃんの首にかけてあげることができたのは、嬉しかったです(^_-)





阿部ちゃん、首をさげてくれたからタオマフをかけやすかったし(笑)





厳しいことを言うなら、浦和が大変な時に移籍するんだから、サポーターの歌にあるように頑張ってほしい!





さぁ!世界を揺らせ!俺らの阿部勇樹!





それが、浦和というチームに関わる全ての人達、サポーターの思いでしょう(^o^;)






3年半…





たっちには、10年にも20年にも値する時間でした(^。^)





ありがとう阿部!





あとは、浦和の若手たちが阿部イズムを継承してくれると思います(*^o^*)





最後に…





まさか、たっちがあんなに号泣するとはねぇ(笑)





そんな姿を見たい方は、浦和レッズの携帯オフィシャルのムービーをどうぞ(笑)





たっちの号泣映像がアップで映ってしまってます(*^。^*)





あぁ、はずかしや…


tacchi555 at 23:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年09月05日

まぁ、快勝\(^o^)/

第90回天皇杯全日本サッカー選手権 2回戦


浦和7ー0東京国際大学


得点者:
5分 エジミウソン(浦和)
30分 ポンテ(浦和)
39分 エスクデロ セルヒオ(浦和)
45分+1 ポンテ(浦和)
48分 原口 元気(浦和)
72分 高崎 寛之(浦和)
88分 原口 元気(浦和)


警告:なし


主審:柏原 丈二


会場:さいたま市浦和駒場スタジアム


入場者数:9701人





去年は、一生拭いさることのできない大失態を犯した浦和(ToT)





選手もサポーターも二度と味わいたくない、繰り返してはならない事態だけに、今年は気持ちから違ったね(*^。^*)





終わってみれば、大量点での快勝\(^o^)/





しかし、これは当然の結果\(`o´)





次の相手は徳島ヴォルティス。





プレシーズンマッチのリベンジのチャンス(^。^)





決して侮れない相手…





たっちは、天皇杯を生観戦したのは3年ぶり(´o`)





舞台の仕事が重なって見れないうちに負けたりしてたから(><)





今年は頼むぞ!浦和レッズ\(^o^)/



tacchi555 at 22:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

まぁ、こんなもんでしょ(-_-)

キリンチャレンジカップ2010


日本代表1ー0パラグアイ代表


得点者:
64分 香川 真司(日本代表)


警告:
55分 内田 篤人(日本代表)
85分 エルナン・ペレス(パラグアイ代表)


主審:マルコ・ロドリゲス


会場:日産スタジアム


入場者数:65157人





この時期に監督代行で試合する意味は?





チケット代としては、細貝が出てなかったら劇高だったな(´o`)





細貝は、代表に壊されないことを祈るのみだね(>_<)


tacchi555 at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile
高原 達也
ミュージカル座の舞台を中心に積極的に活動。主な出演作に「ひめゆり」、「ルルドの奇跡」、「ゴーストミュージカル」、「ニューヨーカーズ」など多数出演。2007年1月の「スウィングボーイズ」では、再び劇中においてテナーサックスを演奏し評価を得た。その他に、東宝「ジキルとハイド」、「チャーリーガール」、丸美屋食品ミュージカル「アニー」、アトリエダンカン「ママ・ラヴズ・マンボ」、タナボタ企画「新血鬼ドラキュラ」等に出演。
スケジュール
《2008年》
1/12(土)
赤坂・B flat〜ビーフラット〜
☆256MBz 2nd Live 『四面楚歌』冬にみんなに囲まれた・・・?!



10/27(月)〜11/4(火)
荻窪メガバックスシアター
☆空間製作社・3部作『ピアノのへや』



《2009年》
10/1(木)〜10/4(日)
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
☆空間製作社 ミュージカル『GHETTO/ゲットー』