今回は、「です・ます調」ではなく「だ・である調」で書かせて頂きます。お願いします。


突然だか、ウォーキングが人気だ。

舗道は朝晩、ウォーキングする人で溢れている。ご多聞にもれず私も歩いてたいるのだ。すでに半年ぐらいになる。

ウォーキングは、健康に良い•ランニングやジョギングより身体に負担がきらず良いなどとマスメディアの情報を目にする。だが、私がウォーキングを選んだ理由は、歩くほうがジョギング•ランニングより健康に良いと言った記事を読んだからではない。歩くほうが走るよりも簡単にできると思ったからだ。何と言っても飽きっぽく意志が弱い性格である。簡単にできて楽しくなくては続かない。もう一つの理由として、私は、 3年前から自宅筋トレをやっている。巷では短期間で痩せ、筋肉をつけ理想の身体を得ようとする事が話題になっている様だが私の考えは逆である。なんたって、激しい運動や食事制限。そうやって短期間で造ったその身体を維持する為には、その後も永遠に大変な意志と努力が必要である。先ほども書いたが飽きっぽく意志が弱い私が続るためには楽しく ユルくやらなければならないのだ。

私の筋トレ主義

1.時間があればやる。時間がなければ翌日!

これは、ユルい!

2.限られた道具を駆使して筋トレをする。

工夫をしてメニューを考えるのもまた楽しい。

自分の身体が日に日に変わって行くのも嬉しくユルく続けられる理由の1つであるのだ。おかげで、少しずつ理想の身体に近づきつつあると言ったところだ。(ちょっと甘く見積もって)

ところが、1つだけ合点がいかない事がある。腹部から腰回りにかけて、ふくよかなままなのだ。

これは、どうした事か?












やはり、筋トレだけでは駄目か?

有酸素運動が必要ではないか?

と考えウォーキングに至ったわけである(少し長々と書きすぎた)しかし、このウォーキング、ジョギングなどに比べ運動量、消費カロリーが少ない。

「じゃあ、ジョギングすればいいじゃないか」と言った声が聞こえてきそだが、何回も言うがシンドイ事は続けられない。だが、ユルくて続けられたとしても、結果がでるまで時間がかかりすぎても困る。不安に駆られる日々が続いた。こんな不安なまま、ウォーキングしても良いわけがない。心と身体はリンクしているのだ。気持ちの伴わない運動は効果をもたらしにくい。

なんとかウォーキングをしながら、効率よく腹周りの脂肪を燃焼できる方法はなか?

調べてみた!

調べる事丸一日。なんと、画期的な方法があったのだ!


次号につづく!










立川堂すみよし接骨院•鍼灸院

http://t-sumiyosi.jimdo.com