2013年03月12日

東日本大震災

永らく放置しているブログだけど、たまにはなにか書いてみようかと。
二年前の昨日、平和ボケ真っ最中に育った世代には
映画やドラマの中ですら、そんなバカな‼を連発
しそうな大災害を目にした。
私は関東にいたし、あの何度も振り戻されるような地震は怖かった。
自分には充分怖い思いをした。
けど、その後太平洋沿岸を襲った津波やまさかの
メルトダウン等々とんでもないことが連発で
まだ多くの人がその悲しみや苦しみの中にいる。
他人の体験や悲惨な映像を見るにつけ、どうも
自分は無事なんだから、なんの被害者でもないような気分にさせられる。
けどこの感覚は危険なのではないかと思った。
確かに目に見えて失ったものは少ない。
けれど、あの日確実に何かを失った。
誰かと比べて自分はマシだと思うのではなく、
失った大きさを人と比べずに、自分は自分のために
悲しんでいいんだと思う。
自分のために悲しんだ後でみんなが少しずつ周りの人の心配をし、
周りの人の幸せを少し願えればいいと思う。
復興復興って急き立てず。
二年経ったけど、まだまだ悲しみの中にいる人の
悲しみを押し込めさせることなく、
ただ自分のためにちゃんと悲しもう。
何年でも何十年でも悲しいうちは悲しもうと思う。

taco at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月27日

明日から京都

明日というか、今日から京都。
さっさと寝なくては、準備はしなくては、と思うのにダラダラこの時間(´−д−;`)



楽天カード入会でもれなく2000ptプレゼント

続きを読む

taco at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2009年01月09日

定額給付金

私自身世論調査の仕事をした事があるので、あの世を動かす世論調査がいかにして出ている数字かを知っている。
別に偽装だと言うつもりもないけれど、大した数字でもないと思う(もちろん数字を取る方は真面目にやっているし、答える方も真面目に答えてはいる)
大方の日本人の本音は「くれるならさっさとくれ」ではないだろうか。
国会では、そんな無駄なお金いらないという調査が出ている、と世論調査の結果として発表されているが、いらないのではなく、いつまでその話ばかり続けるのか、と一般市民として思う。
2兆円がなんなのか。
大体生真面目に税金を払っている人達にとっては「定額減税」でよかったはずである。
その2兆円をもっと有意義な事に!と言われても、公共事業くらいしかやることないんだから、自分に直接回って来ないところに使われるそんなお金より、1万2千円貰った方が単純にありがたい。

お国が1月から出産一時金を3万円上乗せして38万円にすると言った。でもその3万円は脳性麻痺の子のためのお金として病院が徴収しはじめる金額だそうで、別に家計に戻るわけではない。
そしてその集めたお金は保険会社に振り分けられるという報道もやっていた。
株買いですか?!?!
密やかなマネロンですか?!
そして来年10月から42万にするという話もある。
6月に分娩予約を入れた病院で35万〜45万だった分娩費用がその話が出たあたりから、突然47万〜57万に上がった。
完全な前倒し便乗値上げである。
検診で大体入院前に病院に払うお金は10万前後。
検診を受けない野良妊婦や出産費用踏み倒す人が後を絶たないらしいが、半年で3割増の入院費をどうやりくりすればいいのか。
多少時間はかかるけど、子は国益なはずだけど、目先の話しか見えない箱もの好きの高齢の議員達にはどうでもいい話なのかもしれない。
出産は病気じゃない、その一言で使えない保険の類い。
少子化対策なんて口先ばかりで、自分たちが生きている間だけ国がもてばいい、としか思っていないのだろうか。











taco at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年12月18日

忘年会シーズンですが・・・

アメリカがついにゼロ金利政策に乗り出した。
あらら、それはやらないお約束だったのでは・・・・
ドル円L118円がくさり始めてしまう。と思うよりもドルペッグしたままの香港ドルが一緒に
暴落していくのを静かに待っている。
大体今までドル高円高だったけれども、これで「ドル安」に傾けば、相対的にドルペックしていない
通貨達はなんとなしに円安に向かって行くはずである。
とは言っても、米ドルの−30円落ちにくらべて、ポンドの100円落ちの痛かったことよ。
日本経済的にはポンド円なんて大して問題視されないけれども、個人資産としては痛かった。
だから多分ドルが70円台に入っても恐るにたらない。

年末を迎え、これからどういう相場になって行くのだろうか。
消費税上げることばかり話題にあがっているが、そんなに固執しなくてもその時が来たら勝手にあげればいい。
ここ数ヶ月で世界の経済はバタバタと色々なものがはがれ落ち、ドバイなんて砂漠の蜃気楼扱いされている。
日本は弱者ネタが好きなので「非正規雇用」保護や新卒者の話ばかりだが、今まで勝ち組と言われて来た日本を代表する大企業の正社員リストラの方がよっぽど凄まじい話な気がする。
それは言わないお約束なのだろうか。
状況が悪いのにあれこれもがいても仕方がない。
自分はそもそもどこから来たのか思い出してみることも必要なのではないかと思う。

taco at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年11月20日

外は寒し株も寒い

気づけば随分配当利回りのよい株がごろごろし始めている。
春先までは株価の下落は他国のせい〜とのたっていた政治家の方々も、さすがに自国の弱さに気づいたようで、郵政株は損するからしばらく売らない!とまで言い始めた。
え?まだまだ下落するとみていいんでしょうか・・・
りそな銀行の株価の2倍のみずほ銀行、配当利回りが単純に10倍なので、何週間前かに−36万の含み損を損切りして乗り換えた。
みずほがどんなに損失を抱えようとも、前からりそなとみずほは同じような動きしかしないので、だったら配当利回りがいいほうがいい、と単純に思いついただけである。
そこからみずほのみで短期売買を繰り返し、少しずつ儲けたけど、あっさり今また下落にやられている。

為替もさすがに多大な含み損とともにポンド円とはおさらばした。
現受けしてもいいかと思ったけど、この先の人生でイギリスに行く可能性はなさそうだ。
大体政策金利でユーロに負けるなら、ユーロを買っておけばいいのである。
私の損失も大きいけど、このまままたデフレ入りしてくれるなら、+ー0とは行かなくてもそう悲観することでもない。

しかしというかやっぱりというか、、買いたい株は落ちて来ない。
財布のひもがかたくなっても、女性はスイーツと化粧にお金を惜しまないそうだ。
外出を控えればその辺にさらにお金が回るのは確かで、もともと男性の趣味とされる高額な車やカメラや時計など見栄を満足させるものに比べても、スイーツや化粧は実用品の類いで値段も遥かに安い。
お外で見栄の張ったフレンチを食べるとそこに行くまでに服やバックやアクセサリーにお金がかかるけど、自分のためにお肌のお手入れをしたり、自分のためにデパ地下で高級スイーツを買ってもたかがしれてる。
そしてお肌も満足、お腹も満足。
誰に見せるより前に、自分のために自分をうっとりさせる事が好きな女性というのは、不況に強い。
かくなる私は化粧には全く興味がないが、スイーツは大好きなので、よく見れば1ホール7千円のクリスマスケーキカタログなんかをうっとり眺めてしまう。
りそなの損切りなんてあのケーキ50個分にしかならないんだなぁ〜






taco at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)株。 

2008年10月29日

家を買うといこと

マンション値下がりの激しい中、年齢のせいか家を買う人と子どもを産む人が多くなってきた。
実家は30年前に建てた庭付き1戸建てピアノあり大きなおひな様ありでかいステレオあり、これが普通の生活だと思い続けてきた。
が、親が家を建てた年を軽く越え、改めて見渡してみるとなにをして団塊の世代はこんなに購買欲が旺盛だったのか・・・頭が下がる思いである。
たまに実家に戻って家中の開かずの間を開けてゴミを捨てている最中、たくさんのローン契約書が見つかった。
そして家を買ったのは2軒目で、この後生涯でさらに2軒買った父親・・・
そのお金、せっせと郵貯にでも入れておいてくれればよかったものを・・・

友だちが世帯年収700万で3500万の家を建てて、果たして破産せず払い終われるのか、、、と余計な心配をしてしまう不況真っ盛りの青春時代を送った就職氷河期世代には、団塊の世代も子をブランド物で飾るバブル世代も不思議な人たちである。
でもアメリカ人同様、借金してでも欲しい物は買う、というバイタリティが経済を維持するのだという事も理解できる。

30年経ったわが家はどこもかしこも薄汚れ始めていて、真面目にやったら相当なメンテナンス費が必要だ。
新興住宅地だったので、周りの家もざっと築30年だが、ここ数年リフォームではなく建て替えが流行っている。
退職金をつぎ込んだのだろうか。
団塊の世代の購買欲はまだまだ衰えないのだなーとまたまた感心している。


インヴァスト証券【FX24】ドル円スプレッド1銭〜!

10万円以上の入金と取引で<5,000円>ギフト券プレゼント!



taco at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年10月27日

温泉三昧してる間に・・・

遅れてきたお盆休みという事で、北関東と南関東の温泉はしご&ソフトクリーム&新そばめぐりをしていたら日経と為替がとんでもない様相になっており。
ポンド円、130円台って・・・温泉つかりすぎて目が変になったかと思っている間もなく世の中の大騒ぎで我に返った。
230円のポンド円L、ついこの間損切りしてみたけど、今でも持っていたら0.1枚で−10万。
1枚で−100万、恐ろしやー。
などと言いつつも202円から途中までナンピンしたポンド円達が律儀にロスカットもされず鎮座していた。
なかなか色づかない紅葉を眺めながらボーッとしていただけなので、暴落する通貨(日本円的には急騰)も暴落する日経もザラバを見る事もなく、焦る事もなく、正直助かった。
「郵便が2週間遅れる地域に住んでいる方が運用成績がよい」だったか、バフェットだったかの言葉は偉大だなぁと温泉につかりながらかみしめた。
それどころか、第一次暴落の後、アナリストがバブル崩壊やブラックマンデーの例を出してとにかくあと数回大きく暴落するだろうし、安値は更新していくだろうー。という話に能天気にコメントしていたアナウンサーがその後の暴落で度々「これは大変な事になってしまいました・・・」と悲観的なコメントを繰り返すのを見て、きみはそこで何の話を聞いていたのか!とテレビに説教するくらい、自分の含み損を棚に上げていられるのは、明らかに自分より大きな含み損を抱えてる人や企業がたくさんいるという奇妙な安心感だろうか。
恐ろしいくらいの暴落は、待ちに待ったチャンスでもある。
今まで手が出なかった大型株もゴロゴロ転げ落ちてきた。
年々どんどん値上げされていた欧州メーカー品も実質4割引きになったようなものだ。(どうせ値下げはにぶいけど)
個人的には円は高い方がうれしい。


taco at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年10月16日

自己責任はどこへ・・・

自己責任の本家アメリカでは公的資金に頼り、属国(?)日本は政府が株価を下げるな!と空売りや自社株買いに躍起になり・・・
いんちきくさい戦後最大の上げ幅をつけた翌日、心なしかまたあげていたが、ダウが下がれば仲良く下げて。
大体株が上がり続けても大きく儲ける事なんてできない。
上がるだけ上げて個人のお金を吐き出させたところでどかんと大暴落させて儲けるのが、大金持ちのやり方なのだろう。
有り難い事に一部の自称賢い人達が民衆を操って、暮らしを与えてあげてる、というところだろうか。

マット今井が民主党から選挙に出てくるらしい。
常勝トレーダーマット!へぇ〜。
政治的手腕は別にして、少しは経済に明るい日本に貢献してくれるのだろうか。
いつも客パン的な候補者が出てくるが、今回はまともな気がする。

スワップ派が続々と陥落していく中、気づけば南アフリカランド円は9円台に突入し、私は大きく足をひっぱっていたポンド円とランド円を先週損切りしたので、心の中でもっと下がれ〜!と思っている。
こうなったらくりっく365でトルコリラレバ1倍3年計画でも、と思っていたが、どうもアイスランドの二の舞にならぬよう、取扱を見送る様子。
残念であるが、助かったのだろうか。

taco at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年10月06日

セリクラはまだ?!3

風邪を引いて、朝から寝続けていた。
喉が痛い時はてぬぐいを首に巻いて寝る、という民間療法(?)をベルギーであったぜんそく持ちのお姉さんに聞いてから早8年くらいたったのだろうか・・・いまだに信じて実践している。
おかげであれ以来インフルエンザ時を抜かしては、大きい扁桃腺持ちだけどあまり腫らす事なく済んでいる。

そもそも風邪を引いたのは土曜明け方のアメリカの金融安定法案だかをジッと待っていたせいだ。
可決の見通しがたったころ、円安にふれていた為替は、可決が通った途端円高へふれた・・・
ダウも暴落した。
「自己責任」を美徳とするアメリカ的資本主義社会の中で、そもそも政府が救済に動く事が、そのシステムを否定しているわけであり。
これ以上株価を下げないようにと、なんと空売り規制までしていたのだから、時価総額を上げ続ける事ができたあの時とライブドアと同じである。
そうまでしないとまずかったこの現状。
でもその空売り規制も、この法案の通過とともになくなる。
恐ろしい。
自己責任というか、本当に儲かったのは誰なんだろう。
某自動車会社の配当利回りは7%近くになっている。
輸出頼みの日本。
生産調整なんて古くさい事はさっさとやめて、安全安心を売りに牛乳でも粉ミルクでもどんどん輸出すればいい。
ここまでこの1年ちょっと、定期預金は約2.5%で回し続けて来た。
でも定期を転がすのも面倒だし、これが一番確実なので、新生10年2%に入れてしまおうかと模索中。





taco at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年09月26日

デスパレートな妻たちseason4

9月の初旬にアメリカから届いたデスパ妻、無理矢理パソコンで観ている。
台詞の半分わかるかわからないかだけど、キャラで観ているので内容はわかる。

日本ではまだ渡鬼が続いているので、惰性で観てる。
惰性だけどそれなりに面白いのはそういう年になってきたのだろうか・・・

このデスパと渡鬼、どちらで観ても「崖っぷち」という主題は一緒なのだろうけど主人公達の悩みは大きく違うような違わないような。
どちらも幸せなひと時は嵐の前の静けさでしかなく、どちらもみな必死に生きている事は確かだけど、人生は自分の思う通りにはいかない。
多くを望み過ぎなのか、そもそも人生はうまくいかないことが前提なのか。

ただうまくいかないのは誰のせいでもなく自分のせい。これだけは確かである。
世間が悪い、時代が悪い、親が悪い、友達が悪い、なんでもかんでも自分以外の他者のせいにするほど愚かなことはない。

と言いつつ自分もすぐに株が上がらないのは政治が悪い、と思ってしまう。
しごく常識的な考え方として空売りで儲けるなんてアクドイ考え方だし、株主権利を両建ててとるのも、わかってはいるけど常識的な大人としてやらない方がいいこと、だと思っていた。
が、そんなこと言っていたら某銀行株は1/4まで行ってしまったし、そもそもゼロサムの中にいるのだから、それなりの振る舞いをせねばならぬと反省した秋。







taco at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年09月11日

事故米じゃなくて毒米。

なにが事故なのか、毒米事件。
お上のやることは相変わらず間抜けというか・・・
どこが間抜けかなんていちいち指摘する必要がないくらい間抜けである。

しかし恐ろしい。
美少年だけでも驚いたけど、まさかアサヒが・・・
でもこういう事件は後だしするより、先陣切って対処してくれた方が、企業としての好感は持てる。
農水省の対応など待たず、バンバン出て来てさっさと謝ったり回収してしまった方が後々のためだ。
あの三笠フーズの社長はなにがしたかったのだろう。
度々食品偽装系で出て来る社長や代表者を見ていると、国が滅んだらあなたのお金はただの紙切れですよ。
と言いたい。
多かれ少なかれ世の中は騙し合いで化かし合いだと思う。
でも化かす相手が死んでしまったらなにも残らない。
毒入り米は工業用に使う、というのも変な話である。
アレルギーやハウスダストはこういうところに問題があるのだろうか。

ゼロサムゲームなどと言われるが、初心者や素人をある程度勝たせておかないと、プレイヤー自体いなくなるので自分が儲ける事が難しくなる。







taco at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年09月10日

毎日ブラック3

ブラックフライデーの週末、アメリカが公的資金投入でこの金融不安を乗り切ろうとした。
でも乗り切れているかどうかは別にして、毎日早朝の日本時間は荒れている。
この間までピクリともせず凪っていたのに・・・
早朝、大体本日の安値をつけ、午後に向けてポン円なら100ppや200ppなら抜けるので、毎日そういう事をしている。
往復で取りに行けばいいのだけれど、レンジというのはみんなが気づけば終わるもの。
欲をかきたい気持ちを誤摩化し、微益に甘んじる。
私の人生たかが知れてるな〜と思ってみたり。
大体教科書通りに取れれば苦労しないわけで。
また一つFX会社が飛んでしまった。
みんな苦労しているのである。
メインで使っているところは早朝、ポン円のスプ19とか、なんて野蛮な・・・と思いつつ、それでもそこがマシなので使っている。
スプがなんだろうが、業者に飛ばれるのが一番キツい。
今晩20時30分からはリーマンブラザーズの決算である。
資金投入の噂もあり、どうなるか気になるところである。
ここが飛べばまたまたすごい事になりそうだ。
総裁選、ここに来て初めて有名どころの候補者だらけである。
国力があってこその円高なのに、円高になると色々と困る日本、摩訶不思議な国である。
ねじれ国家どころが国そのものがねじれ過ぎている。




taco at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年09月06日

ブラックフライデー1

朝、いつものようにNHKの為替と株を寝ぼけながら聞き流し、
ヨーグルトを食べてチャンネル変えた途端、他局でドル円が1円の円高・・・
おょょこれはいつもとは違う朝が来た。
この時間、ほんの数分でドル円が1円落ちるとは何事だ。

7時過ぎ、2度寝をしたかったけど気になってパソコンの電源を入れる。
あれれ??
ポンド円186円??ん??なんじゃこりゃ・・・
昨日夜中、最後に見た時は192円台だったよな。
さらにさらに!
ユーロ150円!これはイイ。
買い増し始めたナンピンポンド円、キウイ円、0.1枚。
ランド円1枚買い増しして、この時間にこの展開、こりゃまずそうだ・・・
と思い睡眠へ。
何が怖いって、今は円高、ドル高である。
ドル高。ドルが高く居続けられるわけがないのに、周りの国が景気減退、ロシアはグルジアで
世界の投資資金が引き上げられているという噂。
ドル高、うさんくさい。
そもそもマイナー通貨はドルを介して取引されるため、円高ドル安になると、ドルストレートの値は変わらなくても単純につられて円高になる。
そして急激なドル安は誰も好まないから、各国が暗黙の了解でなんとかしてくれたりもするが、マイナー通貨は放置。
やられるがまま・・・
なため、ドル高で円高、というのは円高ドル安が来た時にさらなる円高が襲うため、マイナークロス円のロンガーはにっちもさっちも行かなくなる。
大体日本の景気低迷は何よりも消費行動まっただ中にいなければいけない世代の自分たちが、全くお金を使わなくなってしまっているのだから、どうしようもないところに来ていると実感する。
だから借金を重ねてまで買いまくるアメリカ人気質には正直勝てないだろう・・・と思っている。
だから基本は円売り。円高来たら円を売る。



taco at 02:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年09月04日

首相の辞任

またも日本の首相が辞任した。
そんなに嫌な仕事なのだろうか・・・嫌な仕事なのだろうな。
テレビで歴代の首相の辞任会見特集をやっていたが、見事にみんな任期を終えずに辞任していた。
これには笑った。
殆どが不祥事かもうやんなっちゃいました〜がありありと感じられる会見で。
どこかの国の大統領みたいに、大統領利権でファミリー企業儲けさせてやりたい放題とはいかないんだなぁ。
自分の私腹をこやすにはわざわざ総理大臣になる必要はないのか。なるほど。

為替はドル高円高である。
これだけ政治が荒れても、国民はあまり関心をもたない国日本。
最近突如「景気対策!景気対策!」の声が聞かれるようになった。
ついこの間まで、アメリカに引っ張られて景気が悪くなっているだけ〜、と発言していた大臣達。
あきらめがいいのかなんなのか。
ドルはくさってもドル。

とりあえず円高なので、相変わらず最速で滑り落ちて行くポンドを少し買い始めた。
60年に1度の大不況が来る、ともっぱらの噂だけど、日本の景気低迷はいつまでたっても晴れない気がする。


taco at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年08月27日

介護と育児

年相応というか、やっぱり三十路にもなると・・・・
介護と育児という今までこれらに惑わされない生活だからこそ自由にやってこれた問題にかすり始めている。
ここからは育児問題がまずありきで、それに惑わされなくなった頃に介護問題。
年を取ると人は赤ちゃんのようになる。
それをこの夏直視してしまった。
今までは立派な人で、この先も立派なままでいるのかと思っていたら、ここに来てまるで赤ちゃんに戻ってしまったようで。
と言っても認知症というわけではなく、頭ははっきりしている。
ただ老いというのは人をどんどん何もできなくさせていく。
きっと大人にかかってくる手間というのは赤ちゃんにかかる手間と同じようなものなのだろう。
一人で物事が出来なくなり、物をうまく飲み込む事ができなくなり、排泄に人の手が必要になり・・・
放っておかれることが不安になり。
一歩踏み出す足下に周りが目を光らせる。
赤ちゃんは小さくて可愛い。小さくて可愛いから周りの大人は喜んで世話が出来る。
でも老人は大きい。大きいし可愛くはない。
それどころかそもそもつい最近まで自分より目上の存在であった人だ。
その人が今日から赤ちゃんになる、と言われても、他人ならまだしも親族は簡単に気持ちの整理がつけられない。
ただ赤ちゃんの武器が「可愛さ」なら老人の武器は「恩」である。
ここまで自分を愛し、守ってくれた恩以外のなにものでもない。
(職業にしている人には賃金という報酬があるから武器は必要でもないかもしれない)
ロクにお小遣いをもらった覚えもないけど、自分がまだ小さい頃、台風で割れた窓ガラスに畳をたてかけ一晩中支え続けてくれた恩が、相手を大事に思う気持ちに繋がっている。
正直な気持ちを言えば、何故こんなに手がかかるようになってしまったのか・・・と思ったりもするけど、それでも今までとは全く違う相手を見ながら、この人は最初からこうだったのではない、という気持ちが介護する側を支えてくれるのだと思う。

あと2.30年もすれば自分が直接親を介護する側に回るのだと思う。
でも自分の力量も見切っているし、そもそも奉仕の精神が少ないのは親の育て方にも問題があったのではないかと思う。
これを解決する方法として、親には今から将来的には物価の安い国で豪遊しながら暮らすつもりだから、ついて来てね、と言ってある。
土地にこだわるという気持ちもわからなくはないが、土地にこだわるからこそ遠距離介護やUターン介護に悩む事になる。
こんな年になって今更動きたくない・・・と自我を通すなら通せるだけの健康と気力と財力を。



taco at 16:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年07月23日

南アフリカランド円4

ライオンキングまで観ながら応援していた南アフリカランド円、ここ数日やっとボックス(13.5~14)を抜け出してきたようなそぶりを見せている。
私は最高値16.54から最安値11.8?あたりをチラチラもっており、ちょこちょこ上がる度に少しずつリカクしてしまっているので、大して儲かったわけでもない。
し、あと2枚救出出来ていない16.54と15,23も保有中。

しかし確実に来ている。
また去年のようにお盆に向けた大幅仕掛け中なのだろうか。
さすがに毎年毎年同じようなパターンでみんなで騙されるわけにもいかないが、掲示板の書き込みを見ているとロング総楽観な空気が漂い始めているし、現に私自身が
「今こそ全力でランド円ロングを〜!」
と心のどこかでつぶやいている。
得てしてこういう時は危ない。
何度もやられてきた。
だから待つ。
保有通貨は減って来てしまい、1日のスワップは微々たるものだけど、また暴落が来るのを待つ。
ジッと待つ。
世の中「見えざる手」なんて言いながら多くはインチキだ。
インチキなのはよくわかった。
「市場は予想よりも〜〜」
結果が悪かろうが、「予想よりよければ上げる」
その予想を流しているのは関係者なわけだし。
だけど正しい道を!と説いても微々たる個人資産では到底大きな力に太刀打ちできない。
裏をかけるほどの実力も度胸もなければ虎視眈々、力を蓄えて耐えるしかない。

taco at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年07月19日

ドルコスト平均法4

「ドル・コスト平均法とは、定期的に、継続して、一定金額ずつ購入する投資手法のことをいう。ドルコスト平均法で購入すると、価格が安いときには多く、高いときには少ない量を自動的に購入することができる。そのため、ドル・コスト平均法を利用すれば、一定量ずつ買付けたときに比べて、平均コストを低く抑えられる効果を期待でき、積立てなどの長期投資に向いている。」

投信などで毎月決まった日に1万円づつ、などで使われるドルコスト平均法、負けるのが難しいとまで言われる事があるが、1年やそこいらで結果の出る方法ではないし、10年、20年を見て投資して始めて意味の出て来る方法だと思われる。

が、私はFXのロングポジションに関してはかなり有効なのではないかと思ってる。
但し毎月継続して一定額ではなく、むしろ下がったら買うナンピン方式だが。
まず大事なのはレバレッジとポジションサイズ。
今の価格の半分になっても耐えられるくらいの資金管理が必要だ。
金利差も大きい方がいい。
これだけ守ってあとはランドなら50銭毎、ポンド円なら5円毎くらいにナンピンし続けて、あとは3年も待てば間違いなく勝てると思われる。
ただ勝てるだけで笑っちゃうほど儲かるわけではない。
笑いが止まらないほど儲けたければリスクを取って差益狙いでバシバシやっていくしかないだろう。
スワップ派というのは3年スパンで眺めて、度重なる差益で儲けている時期を黙って見過ごすしかない。
だからついついちょっと差益が出ると決済してしまう。
器用貧乏。。






taco at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年07月16日

バスジャックらしい3

昨日やっていた休漁ネタ、近海物の魚は昔ほど捕れなくなった、と今朝のテレビで言っていた。
とすると泳ぐ魚、食べる消費者に対して漁業関係者が多すぎるということなのだろうか。
とは言っても後継者不足らしい。ん〜ん〜
と、思っていたら昨晩バーナンキン議長からドル安確認が来た。
ちょうどSQの45日前なので株価暴落はお約束だとして、、
ん〜次ドル円100円割れたらなに買おう〜。

この暑いさなかに14歳の少年がバスジャックして捕まったらしい。
少年、なにがしたいんだろうか。所詮少年Aの存在で。果物ナイフ持って。
日本人DNAなのか、困難には助け合うのに、平和だと意味のない事件をよく起こす。
少年なんだから好きな女の子と駆け落ちでもすればいいのに。
テルが「命を大事にしないやつなんて大嫌いだ!」と言っていた。
少年Aの人生はわからないが、ただ一つ、その子の母親が命がけで生んだ事だけは確かだ。




taco at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年07月15日

魚がいなくなる?!3

本日一斉休漁で漁師さんたちは燃油補填などなどを求めてデモをしているらしい。
また原油高。
でも原油高で困っているのは漁業だけではない。
魚も野菜もそうだけど、とれればとれるほど単価が下がり生産者は儲からなくなるらしい。
だから生産調整や減反を政府や組合が指導する。
牛乳が余ったから減らさせたら2年も経たないうちに生乳不足になりバターが店頭から消え、輸入を始めた。
本末転倒である。
一般消費者から見れば国や組合が多分一生懸命考えてやることはしばし本末転倒で理解出来ない。
生産者を守る、というが、その守り方は正しいのだろうか。
週末、ちょっと用事があり電車に乗った。
いつもはすいてるはずの時間帯の電車に人が溢れ、いつも車で込み合う国道に車が少なかった。
ガソリン控えて電車移動している話は本当だったようだ。

漁師さん達は船のメーターを指し、今まではここまでいっぱいにつかって運転していたけど、最近はここまでしかメーターを回さない、とか、電気を少なくしている、とか、やれることはやったけどもう限界だ!と言っていた。
ただ不思議なのはそうしたからと言って魚が捕れなくなったわけではないようだ。
ということは今まで無駄にエネルギーを使っていたということなのだろうか。
省エネによって魚が捕れなくなり、だから生活に支障が出る、というならわかるが捕れる量は変わらず、むしろ省エネが実行出来ているなら、エコ的にはありがたいのではないかと思う。
あとは捕れば捕るだけ値段が下がる、けど、魚の値段をあげてしまうと消費者の魚離れが進む、という矛盾をなんとかしなければいけない。
原油がどうこうの前に、すでにこのビジネスモデルがもう限界なのではないかと思う。
原油が上がっているのは日本国のせいではなく、CMEのせいである。
だから国になんとかしろ、と言っても抜本対策にはならないし、本気でなんとかしたいなら、国に眠っているアメリカの債券類を全部放出し、ドルも放出し後先はあとで考えて1ドル30円くらいまで暴落させてしまうか、原油先物に強烈な売りを浴びせて大暴落させるか、、(それでも勝てるかわからないから国をあげた大勝負だけど)原油に頼らなくていい代替え燃料を早急に流通させて、日本国では原油は使いません!とそもそも使うのをやめるか。




taco at 16:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年07月10日

教師の娘3

世の中バブル絶世期だった子供の頃は貧乏人扱いされ、不況に陥ったらうらやましがられた、そう生まれも育ちも両親とも教師の娘である。
親戚見渡しても教師だらけである。
だからこそやりたくない職業ナンバー1は殿堂入りで教師という仕事である。
が、そんな私がびっくりした大分県教育界を旋風する賄賂事件である。
どうやら元々は県議会など政治家絡みの汚職事件が根底にあるような報道もあり、それが個人の口利きで始めた小遣い稼ぎがバレた,話であるような報道になっているが、
「大分県人は400万も払って子供を教師にしたいのか、、、」

うちの両親は単純に「子供が好きだから教師になった」と言っていた。
子供は好きなはずなのに、自分の子供は好きじゃないのか?、、長年持っていた子供としての感想である。
舅、姑同居の家庭では当てはまらないのかもしれないが、うちは仕事が忙しすぎて自分の子供は完全放任主義だった。
小さい頃は、学校行事が重なるため、入学式、卒業式くらいしか親は来なかった。
病気になれば近所の家に預けられるか、祖母が新幹線込みで片道4時間の道のりを看病しに来た。
もちろん勉強を見てもらった事もなければ、テストで100点取ろうが褒められた記憶もない。
(教師は子供を沢山見ているので殊更自分の子供が秀でているとは思わない)
放課後は学童保育に預けられ、夕飯を食べた後また持ち帰った仕事を黙々と明け方までやる親。
ここまでやればいい、という境界線がない仕事だから、うちの親がやり過ぎだったのかもしれないが。
中学、高校と学校をさぼろうが夜中抜け出そうが、成績表を一度も見せなくても何も言われたことがない。
弟は悩まずグレた。
あまりに何も言われないので国内家出に飽き、海外家出を始めてもこれと言って怒られた事もない。
そんな事に気をとられるより、1日1日クラスの子ども達の成長に目を見張るのが教師であり。

休みの日に自腹で遠足の下見に行ったり、領収書もらうのをめんどくさがって学校で使う道具や教材を自分で買ったりしているのを私は勿体ない、という気分で見ていたので、賄賂という発想に驚いた。
市役所でも会社でも筆記さえ受かればコネがある、という子は多いし、実際受かったりしていたが、「筆記試験」だけはどうにもならない、というのが共通認識だった。
でも大分では筆記の点数ですらどうにかなっていたらしい。
それはすごい。。

親も苦労していたと思うが、子供としてはまったくいいものではなかったので、教師の子供が教師になりたい!という気持ちがさっぱりわからないのだ。

「みんなのFX」 スプレッド1銭?

手数料無料、15通貨ペア、レバ300倍、ダイレクト入金OK、







taco at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年06月25日

自宅安静中

病気でもないけど、個人的不治の病中なので自宅安静中。
1ヶ月以上殆ど家を出ていない。
あと2週間こもれば丸2ヶ月。
でも用がなければ出たくないので、特に困ってもいない。
たまに近所のパン屋にサンドウィッチを買いに行くくらい。
6月はVSE+あじさい電車で強羅へ行くはずだった。
友達の高級ホテル結婚式に行くはずだった。
でも不治の病が治っていないので行けなかった。
それだけは無念。
元々ゲームに全く興味がないし、ほとんど起きていられないので寝てばかり。
前に四川で会った通りすがりの旅仲間に「リセットするからダメなんだよ」といつでも前向き人生全否定な身もふたもないことを言われた事がある。
むむ。
でも気づいた。
ゲームはしないけど、現代人なので間違いはリセットすればいいと思っていた。
しかしそのリセットする、という思考が間違いの元だった。
大事なのは心を折らずにそのダメなところをそのまま受け入れ、そこからどうするかだ。
それがバーチャルとリアルの一番の違いで、なにもなかったようにやり直しをするのではなく、間違いも失敗もまずは受け入れ、そこからどうするかを考えなくてはいけなかった。
生きづらくはなったけど、バカな事はしなくなった。
でも反省をすればいいと思っているわけではなく、死刑制度には賛成だし、死刑判決が出たら反省する機会など与えず(自分が死刑になる「から」反省するのはおかしい。さっさと反省せよ)数日以内にどんどん施行してくれ、とも思っている。




taco at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年06月17日

淋しい熱帯魚3

秋葉原の通り魔事件を受けて、最近なぜ彼を救えなかったのか、とか彼の栄光と挫折的な記事や特集が増えて来たように思う。
sofmapの株主優待券9000円分を手元に、まずはあの日あの場所にいなかった自分の幸運に胸を撫で下ろす。
彼はサカキバラ事件やバスジャック少年と同じ世代らしい。
私は彼らより少し年上で、彼らが事件を起こすたびに14歳や17歳をキーワードに色々語られていたのが微かな記憶にあるけれど、自分が遊びたいまっさかりで、まったく眼中になかった。
見知らぬ人に共感や興味を持つほどヒマではなかった。
でも今ヒマな身になって、大人にもなってこの事件を眺めると、この世代の子達は注目を集める一点でのみ人を殺すのかしら、、と不思議に思う。
ちょっと前にも刑務所に入りたい、と言った通り魔犯がいたけど、刑務所入りたいなら窃盗で黙秘で十分なので、結局は目立ちたがり屋??
目立つ為に見知らぬ人を人殺す。彼女がいないと負け組。不細工だと生きてる価値ない。
と、こういうことではない、と彼を救いたかった人達は言う。
問題は現代の閉塞感と孤独感だと。
私は人間関係はすべてにおいて利害関係だと思っている。家族はそうでもないかもしれないけど。
友情も愛情も他者である限りそこになんらかの利害関係が含まれている。
小さな利から大きな利まで様々だと思うけど。
友達が欲しければ、そこに必要なのは、その友達にとって自分は利があるかどうかだと思う。
(もちろん一緒にいると楽しい、というような感情も含め利)
家事や愚痴聞きなど、一見愛情や友情のもとに「無料」だと思われる行いを、仕事として時給を払ってやってもらうとやたら高い、ことに気づいているだろうか。
それらは相手に負担をかけるのに、無料サービスだと思っている人が多すぎる。
無償の愛の象徴のようなチベット仏教も、徳を積んで解脱する、というそこには修行という自分にとって利になるらしい目的がある。
そういうのを無視して、どうしてみんなオレの話を聞いてくれない!オレの苦しみをわかってくれない!的な発想は考えなおした方がいい。
友情は無料じゃない。金を払えと言ってはないけど。
ただ利害関係だと頭にたたきこんだ上で、相手に必要とされる自分、相手を必要とする自分を考えればいい。
それは違う、そんなのおかしい、と思うなら整形するもよし、100回告白するもよし、勉強するもよし、とにかく努力して圧倒的魅力を持つ自分になるしかない。
けどそんなのめんどくさいでしょ。
むやみに人を殺して目立って、その先になにがあるのか。
目立っているつもりかもしれないけれど、事件なんて結局マスコミの目くらましに使われるだけで、いいように利用されて終わりである。
勝ち組負け組だって、このまま非正規雇用が増えると税収が確保出来ず、近い将来年金破綻前に生活保護破綻するのが現実的に見えてるから煽っているだけで、そんなのに煽られて利用されて人殺し。
自分ではなにかしでかしたつもりでも、自分で考えないで人にいいように操られているだけである。






taco at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年06月03日

梅雨入り??

なんか寒いな〜と思っていたら梅雨入りらしい。
梅雨入りってまたそんな簡単に・・・
昨日某テレビ局の恋愛観察バラエティを観ていたらゾマホンが出ていた。
ゾマホン、相変わらず特攻型のしゃべりでうわーっと思っていたけど、この人自国語話すときもそうなのだろうか。
出演者のお兄さんが「勉強もせずなにが恋愛だ!」と切れたゾマホンに
「勉強より大事な事がある」と切れ返し。
それはそうだろうけど、そういう言葉は勉強した人が言う言葉でしょ。
2度と戦争という悲劇を繰り返さない・・を合い言葉に行われた国民の意識改革のおかげで、愛国心などという気持ちはチラリとも持たない人々が増えた。
教育の賜物である。
勤勉と言われる日本人であるけど、得意なのは生真面目さであって、賢さはないなぁと思う。
詰め込みの勉強はさせてきたけど、そこから考える力を付けさせなかったのも日本的な国策だったのだろう。
今だってそうだ。ガソリンが200円!?と大騒ぎする前に、何故200円なのか、新興国なんちゃらなんていう理由はていのいい話であって、誰がそれを搾取しているのか勉強して考えればわかる。
きっと今戦争が起こっても、戦争に行く人がいないし、どこかの国に吸収されようが合併されようが、それほど疑問を持たずに従えるのではないかと思う。
ゾマホンが涙ながらに話していた三角貿易の話もわかる。
でも悪いのは欧州や米国人だけではないはずである。
奴隷として自国民を輸出させた同胞に裏切り者がいる。
国益を損なわせる結果になったとしても自分の私利私欲を肥やした人がいる。
勉強よりも恋愛が大事なのは結構な事だけど、その愛だの恋だのを守り続ける為に必要なのが勉強な事に気づいてお兄さん!



taco at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年05月21日

シュガー☆ウェディングベル4



81年に発表されたこの曲、その頃多分2歳だか3歳。
でも知ってる知ってる。平松愛理みたいなラブリー路線の歌だと勝手に思っていたら歌詞付きで聴いて度肝を抜かれた。
元カレの結婚式に(←歌の中の感じだと勝手な片思いな気もするけど・・・)呼ばれた彼女の恨み節とでも言おうか、、、だとしても教会の中で
「くたばっちまえアーメン♪」て。
「もういちど言ってもいいかな、くたばっちまえ♪アーメン」連呼。
なんとまぁ。
自分の中で勝手にこの人と結婚する!と出会いから決めていた人に、ある日誕生日パーティだと聞かされて行ってみたら披露宴パーティだった経験がある。
付き合った事もなければ好きだと言われた事もなかったけど、何度かフラレタ事もあった気がするけど、時が経てば二人はきっとうまくいく、と信じて疑わなかった今よりは若かりし頃。








taco at 03:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月20日

1

病気でもないのに、運が悪かったのか死ぬかもしれない宣告をうけてしまった。
正確には手遅れになれば死ぬだけど。
今は経過観察でじっとしている。
総合病院まで徒歩10分、手遅れになる確立の方が低いけど。
死ぬかもしれない、そう思って何か準備をしようかと思ったけど、周りはみんな大人だし、自分の生活は自分でできるだろう。私がいなくなって本気で困る人はそれほどいないと思う。
ただ、色々な口座にバラまいてるお金が気になる。
株もFXも長期用に仕込んでるものを志半ばで誰の目にも触れる事なく、一体どうなってしまうのだろうか。
お金以外に気になる事はないのか!自分。
北の国からの遺言で「自分がいなくなった後の世界の事を考えてみてください〜」というくだりがあった。
五郎さん並に悩んでみたけど、五郎さんが純や蛍に「おまえたちは勝手にやれ」と言ったのと同じく、大人相手に言いたい事ってやっぱりないなぁ。
株がちょっとと現金がちょっとあるけど、不動産などと違って割り切りやすい財産だしもめるほどの額でもない。
自体の逆流していた五郎さんも、今や時代の最先端なわけで。
30歳で思い残す事がない人生もいかがなものか。
このまま後40年生きるなら40年計画でやりたい事は色々ある。
でもここまでの30年、今更後悔してどうにかできることはもうどうにかしたはずなので概ね満足。
そうだ、療養中の岡崎京子先生に21世紀を生きる金田サカエ(50歳くらい?)の今を描いてほしい。
それが読めないのは残念だ。




taco at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月16日

税金を払うのがシンドイ2

72589c42.jpgサラリーマンは源泉徴収という名の元に納税の義務を拒否する権利がない。
権利というか方法がない。あるのは酒を飲まず、車に乗らず、ものは買わず、など間接税を極力払わず。
近くのスーパーのブランド肉の100g当たりの単価が段階的に4割あがった。
魚は時価だし、年中安定供給ではないので様々である。
でもこれらは税金と違って文句があるなら買う量を4割減らせば払うお金は変わらない。
物価の上昇や消費税は嫌なら買わない払わない。

国民健康保険が払えなくて医療が受けられない、と悩んでいる社会的弱き人々の話をやっていた。
しかし簡単な事である。保険証は保険料を払わなくても交付されてしまう摩訶不思議な免罪符である。市町村毎に値段は違うし、世帯年収を見るので、引っ越すなり世帯分離するなり、色々手はある。分割と言う名の実質免除もある。
手がないのは半ば強制的に搾取されてる給与所得者。
労使折半という体のいい話で誤摩化され、結局は自分たちがあげた利益を会社があたかも払ってあげたように、整えられている。
払えないなら払わなければいい。でもただ払わないのではなく、払わないなりの手を打つ努力もせず、国が悪い!とばかり叫んでもどうにもならない。

義務教育に対する公費負担が児童1人当たり87.3万円というデータがあった。
小学校6年間、中学校3年間の9年間で1人当たりに税金が800万くらい使われるらしい。
何故こんなに・・・と払わされる税金はそのへんのお子さん達に使われているのか。
そうだったのか。少なくても私は800万は国に返さねばならないのかもしれない、と思い直した。
その上で、そこらへんで友達いじめる子ども達に、
「あんたたち、誰のお陰で学校通えると思ってるの?人に迷惑かけるなら学校なんていかないでよろしい。憲法は子供に教育を受けさせる義務を定めているけど、学校に行けなんていってない。無駄な税金使わせるなコノヤロー」と言いたい。

taco at 02:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年05月10日

「食べ残しと言わないで」2

28e67ef5.jpg「残されたお料理としてほしい」と女将が報道陣に言ったとか言わないとか。
「食べ残し」なんて随分生温い言葉を使うな〜と思っていた。
これは一般用語で「残飯」と呼ばれるもので、小学校や外食産業では食べ残し=残飯は選り分けて(ブタさんは好き嫌いがある?)ブタさんのえさになりそのブタさんを僕たちがまた食べる。
という人間本位な食物連鎖的な話はそこらへんの小学生が授業でやったりしている。
小学生だって知っているのだ。残飯はブタさんのエサ。
リサイクル料理が正当かつ有効なのは家庭内でのこと。
人の唾液は細菌だらけなので物を腐らせる。洗えばいいってもんじゃない。

こちらはGWに200円で食べた行田名物その名も「フライ」。油で揚げないけどフライ。
初めてお目にかかりました。うまい☆
GWに来る予定にしていた円高は遅ればせながら昨日今日でやってきた。
この間の円安で少しポジション減らしていたので、再び参戦である。
が、気のゆるみか、1万通貨ずつせっせとナンピンしているランド円、間違えて10万通貨で買ってしまった。
あわてて8万通貨損切り。スプレッド分取り返そうなどと思ってると痛い目みるから間違えは間違えで素早く対処。
6万通貨保持。また50銭毎にナンピンしていこうと思う。
でも本当はランド円よりメヒコだと思っている。
最近ペソ円Lドル円Sをしようかと思索している。
つまりはドルペソSに他ならないのだが、なかなか気の合う業者が見つからない。
メキシコはアメリカと運命を一体にしている。
政策金利が7.5%のメキシコと2%のアメリカがなんとなく同じような動きをする(経済依存)関係なら、それで良いのではないかなぁ〜と。









taco at 02:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月09日

GWの思い出〜センバに想う〜1

54c4a3be.jpg近所で○○県B級グルメ大賞イベントが行われていて、そこで食べた一食。
一杯200円なり〜。うまい!!
この「すったて」なるもの、初めて食したが、お味噌仕立ての冷たいおつゆにつるつるシコシコの麺にきゅうりやネギなどがたっぷり。
多分冷や汁にうどんが入ってる、というのが簡単な概要である。うまい。

LOHASもスローフードも結構な話だけど、日本の2大有名高級料亭(誰でも知ってるという意味で)と言えばなだ万と吉兆だと思われる。
その吉兆でなんだか、え?おたく儲かってんのとちゃいますの?と思わず突っ込みたくなるような食品リサイクルを行っていたようで問題になっている。
なにもわさびまで使い回さなくても、、、。そんなにすごいわさびを使ってるんですか?!
私は食品業界に結構長くいたので、外で出される物を信用していない。加工食品はあまり食べない。
ビールは生でなく瓶しか飲まない。
ビールサーバーを毎日洗浄する店とそうでない店、洗浄した後どこまで最初のビール(洗浄水入り)を捨てるかなど気になる点が色々ある。
別に飲食業会にいる人々が悪い事をしているということではない。
ただ人のさじ加減次第だということだ。
野菜の切り口を見れば、大体それがいつ切られたものかがわかる。
マニュアルでは切った当日破棄でも、勿体ないという気持ちで翌日も翌々日も使う事がある。何度も水に繰り返しひたしながら。栄養なんてとっくに流れ出てる。なんのために食べているのだろう。
落ちたからあげをカウンター内でもう一度揚げなおしているのを見た事がある。
その店は美味しかったけど、あれ以来行っていない。
別にだからと言って死ぬ事もない。
でもわざわざお金払って人の食べ残しを食べに行くのもバカバカしい。
質の高いサービスを期待しているのではなく、人をもてなす、という気持ちがない店にお金を払うほど食べる物に困っているわけではない。

「たかけりゃいいってもんじゃない。高い分余計に腹が立つ」








taco at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)料理 

2008年05月03日

原油。3

今週はダウが頑張った。
ドルも頑張った。
イランが石油をユーロ決済にすると申した。
アメリカ怒ってるはず。
そもそも1ドルは1gの金という保証があったはず。
でもそれは今更誰も触れられないパンドラの箱化してる。
金の換わりに石油はドル決済!というアメリカルールがある。
金では保証出来ないけど、石油取引に使えるのよっと。
でもその基軸通貨としての最後の砦が徐々に壊れつつある。
そして多分延命措置にダウをじゃんじゃん上げて、ドル高を演出してしのいでいる。
さすがに戦争を企てるにはアメリカは疲弊しているのだろうか。。
ここ数日のドルの踏ん張りを見ていると、さすがは世界のジャイアン!と感心する。
自国の株の暴落を傍観し続けるどこかの国とは・・・。

インドやチャイナの発展に合わせて石油が足りないと安易に大騒ぎしている。
しかし足りないのは精製技術で、重油は足りてるらしい。
見た事ないから本当の事なんてわからない。

ただ石油はドルの命綱、という事だけは確かなのだろう。
そしてバーナンキンがいくらでもドルをバラまくので、長い目で見て売ればいいだけ!とは思っていてもなりふり構わないアメリカに個人資産では到底太刀打ちできない。

アメリカ対ユーロというよりは、ロックフェラー爺vs甥vsロスチャイルドという構図なのだろうか。
ん〜、だとしても個人的には誰も知らないので、誰かに肩入れするわけでもなく。
ただいい加減先物で遊ぶのはやめた方がいいと思う。
世界のみんなが困っているではないか。。







taco at 02:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)為替 

2008年05月02日

GFT

ネクストインベストメント



taco at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)