2010年12月

2010年12月19日

 19日、大分市で日本共産党第67回大分県党会議が開かれ、林田県委員長が第2回中央委員会総会の決定にもとづく「大分県党の総合計画」案を提案し、民主党政権の現局面の特徴と、日本共産党の国会議員団の論戦と抜群の役割を報告。
 広瀬大分県政とオール与党の問題点と県議会における日本共産党堤栄三県議の果たした役割と党議員の値打ちについて詳細に報告しました。
 来春の県議選では大分市区での議席の絶対確保、別府市区での議席の回復、2月の豊後高田市議選といっせい選挙後半の別府市、日田市、宇佐市、津久見市議選での現有議席を絶対確保するとともに、中津市、杵築市議選での議席増を果たすために全力尽くすことを表明し、選挙にのぞむ構えとたたかいの方針について報告しました。
 荒金書記長から候補者の紹介があり、候補者を代表し堤栄三県議が決意表明しました。

19 003

 19 020
決意表明する堤栄三県議(大分市)と、福田きみ子県議候補(別府市)


19 031
3議席めざし決意表明する中津市の三上英範候補と、荒木ひろ子市議、川内八千代市議



tada170302 at 22:48コメント(0)トラックバック(0)市議選勝利めざし 

2010年12月16日

 15日、12月議会が全て終わりました。何回かに分けて議会報告致します。

介護保険
サービスは削ったうえに
  保険料は大幅値上げなんて


介護保険・大改悪やめさせよう
 「市長は政府に働きかけよ」大石議員が要求

 厚生労働省の介護保険部会がだした意見書では、2年後には、介護保険の利用料や保険料の大幅値上げ、サービスの削減など大改悪される内容です。
 来年の通常国会に向けて厚生労働省の検討作業が始まっていますが、そのとんでもない内容は下記の通りです。
厚生労働省の試算では、これらをやってもなお保険料を引き上げる内容です。新聞報道では介護保険料の基準額は全国平均で月額1000円引き上げられる。
 共産党の大石議員は、今でさえも介護保険の負担が重くて困っている高齢者の声を取りあげ「高齢化が進んでいるのに、民主党政権が介護保険に対する、国の負担割合を増やそうとしないからだ。サービスは削った上に保険料は大幅に上げる、こんなお年寄りいじめは絶対に許してはなりません」と民主党政権を批判。「高齢者の保険料・利用料の増額をやめさせ、高齢者を守るために、国の負担を増やし、高齢者負担を軽減するよう政府に働きかけよ」と市長に要求しました。

介護保険改悪案

① 調理、買い物、掃除など生活援助中心の、要支援や 軽度の要介護   の方は、保険からはずされるか利用料を1割から2割に負担額を2倍に引き上げる。

② 現在無料のケアプラン(介護サービス計画)作成を 有料化し、要介護者で毎月1000円、要支援者で毎月500円を負担にする。

③ 施設は2~4人部屋の部屋代も保険の対象から外し、 月5000円の負担。現在は1割負担で月500円、10倍にはね上がる。

④ 年金収入320万円以上の人は、1割の利用料を2割に倍増する。

⑤ 施設の入所者負担は、低所得者については負担軽減されていますが、軽減を制限する。

市民にとって大事な事なのに
    答弁しない市長・それを擁護する議長

 こんな大事な問題などに市長は答弁せず、課長に答弁させました。
 大石議員は、答弁しない市長のワンマンな態度を許せず、市長に答弁させるため、議長に議事進行の発言を求めましたが、議長は無視し議事を続けようと、市長の答弁しないことを擁護する不当な議事運営をしました。
 大石議員は議長のワンマンさに抗議し「議長は市長に答弁させよ」と声を大にして訴えました。
 議長のワンマンな議会運営には、他の議員も批判の声をあげています。



tada170302 at 20:45コメント(0)トラックバック(0)議会報告 

2010年12月12日

 7日から開かれている12月議会も残すところは最終日の15日だけ。後は反対討論作り、委員長報告を受けての質疑と、駐車場の有料化の条例職員手当削減などの盛り込んだ補正予算案の反対討論するのみとなり一段落。
 昨日の土曜日は党県委員会、今日の日曜日は早朝から暗くなるまで街頭演説、市内大事な場所で39箇所で訴えました。
 拍手があったのは6箇所だけ。今日は暖かかったのに出てきて聞いてくれる市民は少ないです。明日は午前7時30分から国道筋で7箇所する予定です。がんばらなくちゃ。

tada170302 at 20:23コメント(0)トラックバック(0)議会報告 

2010年12月10日

11-1
  スズムシバナ 10月 豊後高田市


9
   コシオガマ  10月 豊後高田市


11 040
  ゲンノショウコ 10月 豊後高田市



2-2
  ウメバチソウ 由布岳山麓 10月




30
   アケボノソウ 10月 豊後高田市







tada170302 at 20:13コメント(0)トラックバック(0)野山の花 

2010年12月09日

アンケートに寄せられた市民の声を代弁
  大石議員が市長追及
     明確な答弁できない市長
  
 
 住民アンケートには、市民から議員に対する厳しい批判の声が寄せられていますが、豊後高田市議会は市長に堂々とモノが言えない議員が多すぎます。議会は市長の追認機関ではありません。
 共産党の大石忠昭議員は、住民アンケートに寄せられた市民の声を代弁し、7日の議案質疑、8日の一般質問をし、明確な答弁できない市長を追及しました。
 
8日の一般質問の模様だけは、ケーブルテレビ(88%の世帯が加入)で18(土)午後4時40分頃から録画放映されます。

 定数22人の議員で、任期中の4年間に全く質問しない議員もいますが、今回は市議選前で始めての質問の議員を含め8名と、この4年間では一番多い質問者です。8人はの議員はどんな案件を取りあげて質問したのか、市長などの答弁は市民納得できる内容か、ぜひご覧下さい。
 感想などはこちらにhttp://blog.livedoor.jp/tada170302/


議会一般質問放送予定時間

12月18日(土)
議員名
成重博文  午後4時43分頃から
近藤紀男     4時52分頃から
明石光子     5時19分頃から
北崎安行     6時01分頃から
安達 隆     6時35分頃から
後藤龍太郎   6時55分頃から
川原直記    7時17分頃から
大石忠昭    7時52分頃から


7日から9日まで連続3日間の議会質問終わりました

7日の議案質疑は1時間の制限時間いっぱい使い頑張りました。
8日午前10時から一般質問、短い方は質問、答弁含め9分、7人の一般質問は午後2時に終わり、8番目の私は2時から3時まで頑張りました。
9日は、総務委員会で補正予算や、条例改訂議案の審議をしました。


     



tada170302 at 23:33コメント(0)トラックバック(0)議会報告 
クリックが元気の源です
プロフィール

tada170302

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ