2011年03月

2011年03月29日


29日、永松市長に下の申し入れをしました。



豊後高田市長 永松博文殿
                          2011年3月29日
                       日本共産党豊後高田市議会議員
                                大石忠昭
  大震災被災地救援と防災計画見直しの申し入れ

 3月11日に発生した東日本大震災は、死者・行方不明者は2万人をこえ、20数万人の方がたが家や財産を失って避難所での生活など、戦後最大の大災害をもたらしました。
 日本共産党は志位和夫委員長を本部長とする「東日本大震災対策本部」の設置につづき「現地対策本部」を設置し、①被災者救援、福島原発事故の危機回避の2つの緊急の大問題にとりくむ。②戦後未曾有災害からの復興に、国の総力をあげてとりくむ。③原子力行政、エネルギー政策の抜本的転換。④各地方政治では、住民の暮らしを守る「福祉・防災のまちづくり」を。・・・などを提案し党としての可能なあらゆる活動に取り組んでいます。
 豊後高田市におかれましても、被災された皆様の一日も早い復興を支援するため、義援金の受付を開始していることに、心から敬意を表します。 豊後高田市の党組織も現地での活動と連携し、支援者に呼びかけて被災者救援募金にとり組んでいますが、市当局に対し被災者救済と、豊後高田市民の命やくらしを守る取り組みを検討されるよう下記事項を申し入れます。
                   記
1、避難所での長期の生活は心身ともに過酷なものです。とりわけ高齢者や障がい者などにとっては命にかかわります。したがって仮設住宅など整うまでの仮住所の確保が必要です。市営住宅の提供や一定の家賃補助を行う民間アパートの借り上げなどの支援ができないでしょうか。
2、市独自の支援物資の品目を選定し、市民の協力を呼びかけ被災地が希望する物資を届けることはできないでしょうか。
3、ボラティアの登録を呼びかけ、被災地での受け入れ条件が整ったら派遣できるよう準備しておいたらどうでしょうか。
4、今回の地震・津波は過去の記録にもとづく想定をはるかに超えたものでした。市の防災計画についても総点検し見直す必要があるのではないでしょうか。
5、避難所となる学校や公民館での耐震化工事が完了してない箇所は、早急に完了すべきではないでしょうか。
6、原発の「安全神話」は壊れました。四国の伊方原発の総点検と安全対策、山口県の上関原発建設中止を関係機関に働きかけべきではないでしょうか。
                                以上。



tada170302 at 21:32コメント(2)トラックバック(0)議会報告 

2011年03月26日

被害対策求める声紹介し
   大石議員が何度も議会で要求

 シカ・イノシシなど有害鳥獣による被害が年々ひどくなっており「駆除するなど被害防止対策にもっと取り組んでほしい」の声が広がっています。
 共産党の大石議員は倉田市長時代から、何度も議会でとりあげ、シカ・イノシシの捕獲費など予算を増額し被害防止対策に積極的に取り組むよう要求してきました。

 シカ・イノシシ捕獲報奨金(2011年度)

期間 狩猟期外 鉄砲  イノシシ 1頭 10000円
                  シカ 1頭  5000円
          箱わな イノシシ 1頭  7000円 
                  シカ 1頭 10000円

    狩猟期内 鉄砲  イノシシ 1頭 3000円
                  シカ 1頭 5000円
          箱わな  イノシシ 1頭 3000円 
                  シカ 1頭 5000円

有害鳥獣被害対策費(2011年度)

 捕獲班活動費          700,000円
 捕獲報償費         10,700,000円
 電気柵設置補助金      2,100,000円
 シカ防護柵設置補助金   4,200,000円
 イノシシ防護柵設置補助金 1,354,000円
 金網柵補助金         1,030,000円     
    
                   
  3月議会でも、香々地や真玉、田染などから切実な声があがっていることを紹介し、被害防止対策を要求しました。
 課長は、新年度は2,000万円の予算を計上し、捕獲班員を17名増員し地区研修会など関係者や地区ぐるみの被害防止の取り組みや、シカ・イノシシの捕獲や防護柵など被害対策に積極的に取り組むことを明らかにしました。
      
1日も早く利用をさせよ
     火葬場の利用料は低料金で

 昨年9月に着工された新火葬場は、予定通りに建設工事が進められています。
 共産党の大石議員は、「1日も早く完成させ、市民に利用させてほしい」との声を取りあげ、11日の議会で「1日も早く完成させ、いつから利用できるのか市民に目標期日を知らせよ」「宇佐市は新火葬場の利用料金が大幅値上げし問題になった。高田は長年市民に迷惑をかけたので、利用料は値上げせず低料金の設定を」と要求しました。
 課長は「12月9日が完成工期で建設をすすめている、1日も早く稼働できるよう願っている。利用料金は近隣の火葬場の利用料や維持費などふまえ現在検討中です」など答弁。


ケーブレテレビ議会放送

3月14日の議会一般質問の模様は下記日程で
ケーブレテレビで録画放送されます

3月26日(土)

近藤紀男議員 午後6時33分頃から
川原直紀議員    6時54分頃から
大石忠昭議員    7時30分頃から
土谷 力議員     8時30分頃から

4月3日(日)

近藤紀男議員 午前9時3分頃から
川原直紀議員    9時24分頃から
大石忠昭議員    10時頃から
土谷 力議員     11時頃から

 

 【PR】カバーマークが激安|カバーマーク激安通販



tada170302 at 15:42コメント(2)トラックバック(0)議会報告 

2011年03月16日

陸前高田市は壊滅的被害
   共産党市議・市長夫人も安否不明

 昨年5月、チャレンジデーで対戦した、岩手県陸前高田市は面積、人口は豊後高田市とほぼ同じ、今回の大震災では壊滅的な被害を受けています。
 陸前高田市とは連絡がとれないため、共産党岩手県委員会に問い合わせたところ、電話も不通で緊急者車輌しか進入することもできず、正確な情報がつかめず途方にくれていることや、共産党市議3人の内、及川一郎議員や戸羽太市長の奥さんが、安否不明となっていることが分かりました。
 
 戸羽太市長は2月6日の市長選で初当選したばかり。2期8年努め大きな業績を誇る、共産党員の中里長門市長が健康上の理由で勇退し、元市議で副市長の戸羽太氏が無所属で立候補。中里市政の継続・発展か、8年前の市政への後戻りかが大きな争点となった市長選で、民主党推薦の元県議の候補は小沢一郎氏や民主党の国会議員が応援に入りましたが、自民党の全議員が戸羽氏を応援するなど党派を超え支援の輪が広がり大差で初当選しました。
 
 日本共産党豊後高田市委員会は、陸前高田市への救援募金活動にとり組んでいます。皆さんのご協力をお願いいたします。

 
 大惨事・市議会も緊急対応を
  共産党の大石議員が議長に申し入れ

 3月議会が始まる11日の朝、共産党の大石議員は村上議長に会い、議会開会前に代表者会議を開き、東日本大震災で市議会としても支援策などどうするのか協議し、開会冒頭に議会の対応策を報告するよう申し入れました。
 代表者会議を開き協議することを約束し、緊急に代表者会議が開かれましたが、会派届けを出している共産党や会派届けを出していない新人議員は会議に参加できず、2つの会派と議長、副議長で協議。
 
 10時に議会は開会されましたが、議長は代表者会議の結果について報告せず、黙とうのあと、「市長から発言を求められているので発言を許します」と、市長の発言を優先しました。
 議会としての震災対策を市長よりも先に議会で報告、ケーブルテレビで市民に報告できない、議長の対応について市民の皆さんはどう思いますか。

「陸前高田市に支援を検討したい」 
   議会で永松市長が支援の表明

 市長は「今回の災害に対するお願いとご報告をさせて」として発言「特に壊滅の被害を受けた陸前高田市は同じ高田という名前であり、昨年はチャレンジデーでは対戦し、ライオンズクラブの交流もあり我が市のように心が痛みます。1日も早い復興をお祈り致しますと共に、本市にできる限りの支援を検討して参りたいと思っています。取り急ぎ本日から5箇所に義援金箱を設置。義援金を受け付けることにしました」など発言しました。
 
 その後の一般質問が始まり、3番目に質問に立った大石議員は、冒頭に被災者へのお見舞いなど述べたあと、市長の発言を評価し、「心から感謝申し上げる」と謝辞を述べました。  


【PR】カバーマークが激安|カバーマーク激安通販

           

 



tada170302 at 09:52コメント(3)トラックバック(0)議会報告 

 14日の議会一般質問で取りあげて、生活保護者からの国保税強制徴収問題は、15日付の大分合同、朝日、毎日、西日本の各新聞、NHKニュースでも報道しました。
朝日新聞、毎日新聞に記事を紹介します。

朝日新聞

生活保護者から国保税を徴収/豊後高田市

 豊後高田市が昨年、生活保護を受けている男性から、国民健康保険税の滞納分など計16万円を徴収していたことが14日の市議会で明らかになった。地方税法などで禁止された行為で、市は間違いを認め、今年2月に全額返金。永松博文市長は「大変な迷惑をかけた。反省し、おわびする」と陳謝した。

 大石忠昭議員(共産)が指摘した。大石議員によると、男性は50歳代で夫婦と子ども2人。病弱で、働いていた妻が入院したため昨年10月に生活保護を申請した。市によると、男性は2007~10年度分の国保税滞納があり、11月18日に市福祉事務所が保護決定を通知し、保護費を支払った際、同事務所職員が国保税の納入を勧め、税務課に出向いて10万円を支払った。さらに12月1日、職員が男性宅に出向いて6万円を受け取った。これには12月からの3カ月分も入っていた。今年1月、男性らからの抗議で税務課が誤りに気付き、2月10日に返金した。

 大石議員は「市は保護費から国保税の支払いを強要している。しかも前取りしたのは明らかで違法行為だ」と追及した。市側は「法律で税金を取ってはならないと決まっていることについて、職員の認識が甘かった。厳重注意した」と話している。

毎日新聞

豊後高田市:生活保護者から国保税
    法に反し徴収後、返還 /大分

 豊後高田市は生活保護を受けている男性(50代)から、滞納した国民健康保険税を法の趣旨に反し徴収後、男性の申し出で返還していることが分かった。市が14日開かれた市議会で、大石忠昭市議(共産)の一般質問に答えた。

 市などによると、男性は07年度~10年度、国保税計約31万5000円を滞納。男性は昨年10月に生活保護を申請し、11月に認められた。その直後、市福祉事務所職員から「滞納分を払ったほうがいいのでは」とアドバイスされ、男性は生活保護費の中から滞納の一部16万円を納めた。

 男性から相談を受けた大石市議らが調べた結果、国税徴収法上、生活保護者らからの徴収は停止することになっており、市は「不適切だった」と認め、今年2月、男性に謝罪し、16万円を返した。大園栄治福祉事務所長は「職員は法の趣旨を認識していなかった」とした。市は大園所長や職員を厳重注意した。【大漉実知朗】


 

続きを読む

tada170302 at 09:35コメント(1)トラックバック(0)議会報告 

2011年03月07日

11日、14日に質問します

 3月定例議会が11日~24日の予定で始まります。
 11日は、10時から始まり市長が提案している、予算案や条例制定議案などの提案理由の説明。そのあと議案質疑と関連一般質問があります。
 今回は大石、土谷、川原議員の順で質疑します。
 14日は、10時から一般質問、今回は近藤、川原、大石、土谷の順で質問します。質問時間は1人1時間の制限が有りますが、短い方がありますので、大石議員は午前中に質問に入ることが予想されます。一般質問は26日、夕方ケーブルテレビで録画放送されます。
 
11日 議案質疑、大石議員の質問要旨

①新火葬場の稼働時期や新火葬場の利用料金について。

②イノシシ、シカの被害は広がるばかり、有害鳥獣対策事業の拡充について。

③今回提案されている昭和の町関連事業について。昭和の町だけでなく真玉、香々地を始め周辺部にも予算を回し地域活性 化対策を。

④長年の懸案事項である城台団地整備事業について。

⑤新図書館の蔵書整備について。

⑥定住促進奨励事業について。

⑦全国各地で取り組みが広がっていて好評な住宅リフォーム助成事業の創設について。

⑧高すぎる国保税の引き下げを。

⑨後期高齢者医療制度の廃止と高齢者の負担軽減対策について。

⑩貯めこんでいる約15億円の財政調整基金は、国保税の引き下げ、介護保険料や利用料の負担軽減、老齢年金の復活、敬老会祝い品の復活、子どもの医療費は中学卒業まで無料になど、市民の暮らしを守るために有効活用すべきではないか。

⑪介護保険計画策定委員会の委員の公募制について。



14日 一般質問 大石議員の質問要旨

市長の市議選当選者への挨拶まわり

①市議選当選者に市長と副市長がそれぞれ分担して深夜に挨拶回りしているが、回った当選者の順番について。
 翌日も市長が当選者の挨拶回りしているが、回った当選者の順番について。
 市長、副市長が挨拶回りに行かなかった当選者はだれか。その理由について。

市税の滞納処理について

①市長は歴代の市長が実施したことのない大がかりな市税滞納者への差し押さえを強行しているが、その理由と差し押さえの実態について明らかにされたい。

②市税の滞納者に、給与や子ども手当などの差し押さえが強行されているが、生活困窮者への行き過ぎた差し押さえについては今後改めるべきではないか。

③生活保護者から国保税の滞納分だけでなく、まだ納期も来てない分まで合計16万円を不当に徴収した事例があり、「生活と健康を守る会」から抗議され、その後、謝罪し返還しているが、生活保護費から国保税の支払いを強要し、しかも生活保護決定以降の分まで前取りしたのは違法行為であり絶対に許せない。市長はこの案件についてどのように反省されているのか。
 再発防止のためにどのような対策を講じたのか。

④滞納すれば14.6パーセントの延滞金を取られるが、誤って徴収させたこの案件は還付加算金を支払っていない。還付加算金を支払うべきではないか。

生活保護について


①昨年4月1日以降に民生委員が生活困窮者の相談を受け、市に生活保護の申請に訪れた件数と申請を受理した件数、生活保護決定件数について。

②ある夫婦と小学生2人の子どもの4人家族は夫が病弱であり、働いていた奥さんが昨年9月15日に脳出血で急遽入院、見かねたある民生委員は17日、夫と一緒に市役所に生活保護の申請に訪れたが、申請できないまま帰されている。
 生活費にも入院費にも困り果てた夫は病院に頼み込み奥さんを10月7日に退院させ、その後、10月19日に民生委員と市役所へ行き生活保護を申請した。市はその時点でようやく生活保護の申請を認め、1ヶ月後に保護決定した例があるが、当初、民生委員が市を訪れた時点で申請させていれば、入院医療費は保護費から支払うことができたのに、退院後に申請を受け付けたために、医療費約9万円は未払いになっていて月額5,000円を分割払いしている。
 申請をさせなかった市の怠慢は許せない。民生委員が一緒に申請に行ったにもかかわらず、なぜ申請させなかったのか。その理由を明らかにされたい。
 担当職員よりも市長の指導監督責任が問われる問題だが、市長はいかに反省しているのか。市長は誤りを認め未払いになっている医療費は生活保護費を加算して支払うべきではないか。 
 また、生活困窮を見かねた病院の職員が、9月29日に夫を車で迎えに行き、市へ生活保護の申請に一緒に行っているが、「部外者」との理由で退席させられている。そのためその時点でも生活保護の申請ができていない。お世話している職員を部外者扱いし退席させたのは背任行為ではないか、市長の見解を。

市長の退職金の減額を

①市民の暮らしが大変な時だけに、退職金を減額する意志のない市長への批判、怒りの声が大きい。市長は退職金について市民の感情をいかに認識しているのか。

②市民の声に応え、せめて宇佐、日田市長と同じように2年後の退職金は減額すべきではないか。

生活道路の改修

①香々地と草地の火災で消防車が通行できなかった。市道の改良工事促進について。





tada170302 at 22:24コメント(0)トラックバック(0)議会報告 
クリックが元気の源です
プロフィール
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ