2013年12月

2013年12月31日

sDSC_6381



















sDSC_6515



















sDSC_6585



















sDSC_6675



















sDSC_6678



















sDSC_9552



















sDSC_9561



















sDSC_9558


















ご意見はこちらへooisi32@po.d-b.ne.jp








tada170302 at 23:07コメント(0)トラックバック(0)家族 

 
 ssDSC_9341 




















総務大臣から感謝状

長年地方議員として活動している市区会議員23人に10月30日、新藤義孝総務大臣から感謝状と記念品が贈られました。今回は九州では4人だけです。

sDSC_9343





















一般質問・連続171回

29歳で初当選して以来、一度も欠かさず定例議会の一般質問で市民の声を取り上げ毎回時間いっぱい議論してきました。12月議会で連続171回。

ssDSC_9472




































「みんなの高田」が2100号越える

市議選出馬を決意した28歳の頃に創刊号を発刊、2期目当選後から毎週一回の定期発行を続け、10月10日に2100号に達しました。


10DSC_0598






















稀少種・コウリンギク発見

日本で大分県にだけ自生しているコウリンギクは、めったに見ることはできませんが、8月10日、ある草原で開花している自生の株を発見。

12 017母






























92歳の母逝去

弟夫妻と暮らしていた母(92歳)が、ショートステイで介護施設に入所中、12月16日急性心不全で突然逝去しました。
ご意見はこちらへooisi32@po.d-b.ne.jp



tada170302 at 17:54コメント(0)トラックバック(0)家族 
sDSC_9494



















sDSC_9493


















ご意見はこちらへooisi32@po.d-b.ne.jp















sDSC_9493

tada170302 at 17:28コメント(0)トラックバック(0)議会報告 

2013年12月27日


ツクシガモ9羽飛来

 環境省レッドデーターブックに、絶滅危惧種1B類として記載されているツクシガモが、豊後高田市の桂川の河口に9羽飛来しています。
 ツクシガモは、全長63㌢でカモの中では一番大型。白い毛や赤いくちばしが美しいカモです。

sDSCN5935



















sDSCN5930


















ご意見はこちらへooisi32@po.d-b.ne.jp








 

tada170302 at 23:01コメント(0)トラックバック(0)野鳥たち 


29日午前9時から

  議会一般質問の再放送


午前9時から    近藤紀男議員
   9時40分から 中山田健晴議員
  10時25分から 土谷 力議員
  11時25分から 大石忠昭議員


21日にけーるるテレビで放送された12月議会の一般質問を見た多くの方から、感想や意見が寄せられましたので一部を紹介します。

 高田、真玉、香々地にあった出産祝金は合併で廃止になったこと初めて知りました。
 市長が人口3万人にすると言うのでしたら、子育ての経済的負担を軽くするために、出産祝金や子どもの医療費は中学生まで無料にしてほしいです。                                                                         (30代の女性)

 市長や課長は質問に答えていない。逃げの答弁を聞いて、頭を殴りたいほど怒った。                  
(70代の女性)


ウソで日本一とは。初めて議会放送見ましたが、大石さんはよく勉強してますね。                   (60代の女性)


 市長選で無名の新人が善戦、永松市長派市民の鉄槌を受けたが、議会の市長の傲慢な態度を見る限り、市長は市民が批判していることが分かってないようで、まるで裸の王様だ。
 市議も市長にナメラレ過ぎている。議員は権威を持つべきだ。 (市政に詳しい男性)

 21日夜、ケーブルテレビで市議会の模様を拝見。最後の質問者で、共産党の大石市議の質問に対する永松市長の答弁が滑稽で、あまりにも常識を欠いた答弁だったことに驚きを感じています。大変失礼ですが、市民のいのち・暮らし・安全を守るのが市役所の最大の仕事だと思っていましたが、完全に裏切られた気持ちでいっぱいです。
「田舎暮らしの本」という雑誌社が、「日本一住みたい田舎」ベストランキングを決めるアンケートに、市の担当課が応じた結果、豊後高田が日本一になったという話なんです。 本当に豊後高田市が「日本一住みやすい田舎だったら何と素晴らしいことだ」とは、市長も、市会議員も、市民もみんなそのように考えていることは当然のことです。
 それを「日本一」と誇示するために、ウソまでついて宣伝することなど全くおかしな話です。高田では、医療費無料は小学校に入る前までなんですよね。それを「中学生まで完全無料」の欄に○印を付けたというのですからこれは誰が見てもウソですよね。また、出産祝い金などはないのに「ある」に○印。ウソ八百の○印で、本当に豊後高田市が「日本一住みやすい田舎」なのですか? 市長答弁に断固物申す!
            (70代の男性)




tada170302 at 22:32コメント(0)トラックバック(0)議会報告 
クリックが元気の源です
プロフィール
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ