区国際人権

2011年02月27日

個人通報制度の実現めざし、東京で集会

 個人通報制度とは、国連が可決されている自由権規約、女性差別撤廃条約、人種差別撤廃条約及び拷問等禁止条約で保障されて人権が侵害され,最高裁判所においても人権侵害の救済が実現されない場合に、被害者個人等が各人権条約の定める国際機関に通報し、救済を求める制度です。
 日本では自由権規約は1979年に批准していますが、「選択議定書」(個人通報制度)は批准されていません。
 日本弁護士連合会は、2月25日午後6時から、東京の明治大学アカデミーホールで「今こそ、個人通報制度の実現を!大集会」を開催しました。
 選挙弾圧大石市議事件の元被告、大石忠昭豊後高田市議は、河野善一郎主任弁護士と参加し訴えました。


25-3 029
あいさつする社民党の福島瑞穂委員長

25-3 039
あいさつする日本共産党の仁比聡平前参院議員、日本共産党は個人通報制度の実現めざし全力尽くす決意表明しました


25-3 010
自己紹介する選挙弾圧大石市議事件の河野善一郎主任弁護士


25-3 019
大石事件について報告する大石忠昭豊後高田市議

25-3 031
住友電工男女賃金差別事件について報告する原告の西村かつみさん



25-3 034
日本がオーストリアで初めて個人通報制度を利用した「メルボルン事件」での人権侵害の実態を報告する、個人通報者の本多千香さん、中西 啓弁護士、田中俊弁護士、武村二三夫弁護士

25-3 066
仁比聡平前参院議員と記念撮影

25-3 067
「大石さんを守る大坂の会」の仲間と友に、裁判傍聴、豊後高田でも宣伝活動ねど支援を繰り広げた下さった、大坂岸和田市の中村伸郎、千恵子さんご夫妻も駆けつけてくださり記念撮影

25-3 070

大分県杵築市出身の宇都宮健児日弁連会長と







tada170302 at 09:36コメント(2)トラックバック(0) 

2011年02月25日

個人通報制度の実現を!の大集会


と き  2月25日午後6時

場所 明治大学アカデミーホール


今から出発し、集会で選挙弾圧大石市議事件の発言します






tada170302 at 09:25コメント(0)トラックバック(0) 
クリックが元気の源です
プロフィール
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ