July 21, 2009

Self Portrait -transform myself-

Part 1

This is “On Time”.

_7183112b

Part 2

This is “Off Time”.


_7183153a

And, Part 3

This is “Sports Time”.

_7183128a

So, as a result…

どんだけ自分好きやねん!!!

 

That's all.

 

CAUTION!!

上記写真は写真教室の課題で撮影した作品です。

 



May 19, 2009

「東京展」 OPEN!!!

東京展DM

 

 

 

この前の投稿で写真展のお話をしましたが、

ついに、明日から開催します!

準備期間6ヶ月、内、撮影期間3ヶ月という時間をかけてきました。

東京駅、渋谷、青山、表参道、代々木、西新宿、

銀座、永代橋、芝公園、桜坂…。

いろんな東京を歩きました。

 

モデルになってくれた方々、ありがとうございました♪

今日はパネルを会場に展示する作業をしていました。

かなり大変でした。ただ写真を撮るだけなく、作品として表現することの

難しさを実感しました。木曜日に会場の管理人を担当しているので、

ちょっと早めに行って修正したいと思ってます。

 

そんなこんなで、

ご興味とお時間がある方は少しでも立ち寄っていただけると幸いです!

よろしくお願いします♪

 

-----PHaT PHOTO 8H Class Photo Exhibition 「東京展」-----

Date:2009年5月19日(火)〜24日(日)

    ※僕は21日と24日午後にいます。

Time:11時〜19時(24日は17時まで)

Place:Gallery LE DECO 6 (渋谷駅より徒歩7分くらい)

Entrance fee:Free!!

Blog:http://pps8h.exblog.jp/

-----PHaT PHOTO 8H Class Photo Exhibition 「東京展」-----

                       

 



March 03, 2009

写真展「東京/トウキョウ」

_2211711c

 

 

 

 

 

 

今回はイベントの告知です。

わたくし、人生で初めて「写真展」を開催します。

あ、写真を展示したというくくりでは初めてじゃなかったです!

大学の研究発表会でカンボジアの地雷問題と貧困をテーマに

写真や映像等を使って啓発イベントを行っていました。

ただ、「アート」という写真表現では生まれて初めてです。

 

昨年の7月からPHat PHOTOという雑誌が行っている写真教室に通っていて、

そこで出会った生徒有志12人でグループ写真展を開催しようとしています。

グループ全体のテーマはタイトルのとおり、

「東京/トウキョウ」 

です。なぜ東京か?というと、この街は人それぞれによって感じ方が違うから、

32,3歳〜大学生まで職業もバラバラな12人にはそれぞれの表現方法が

あるから、単純にひとつの色で表せられない。

そんな場所だと思うからです。

だから、まだ「東京」か「トウキョウ」かもメンバーの中で意見が様々で

決まっていません。それほど、この街に対する思いは様々だと

改めて実感しています。

続きを読む

February 18, 2009

「トウキョウ、ヒトリ。」-プロローグ- a woman's point of view

毎年、春の季節になると、たくさんの人がこの街で新しい生活を始める。

なんてことをよく耳にするけど、

この街でずっと生きてきた私にとっては、あまりピンと来ないことだった。

だった…?

半年前まではそう思っていた。ほんの半年前までは…。

 

学生の頃まで実家で暮らし、社会人になってからはずっと付き合っていた彼と

ちょっと広めのアパートを借りて暮らしていた。

そんな時間は、この街の中にも、どの世界にも流れていそうな

他愛のないモノだったけど、私にとっては心地良い、幸せな時間だった。

でも、時間は必ずしも永遠には流れない。

彼は、私のところから旅立っていった。

故郷に帰ると決めた彼に、この街で暮らすと話した私。

 

“嫌いになったんじゃない。今でも好きだよ。きっと。”

“でもその恋は終わろうとしているんだよ。”

半年前、東京駅のホームで彼を見送った瞬間、

私はそんな思いに浸っていた。

彼を乗せた新幹線が見えなくなったとき、私は初めてひとりになった。

 

それから半年後、私ひとりにちょうどいいサイズのアパートを見つけた。

そう、私の「トウキョウ、ヒトリ。」はここから始まったんだ。

〜in a story of the photograph exhibition "トウキョウ"〜
(5月開催予定のグループ写真展「トウキョウ」個人テーマストーリー)

(カタカナ表記は仮)

 



February 08, 2009

「トウキョウ、ヒトリ。」 -プロローグ- a man's point of view

冬が終わりを迎えようとしている時、
僕はいつも、はじめて東京に来たときのことを思い出す。


人口:約1291万人

世界一利用客が多い駅

世界レベルの大企業本社が集まる都市

 

“そう、ココは間違いなく日本最大の都市だ。”

“僕は、これからココで生きていこうとしている。”

“そう、今までの僕を生まれ育った街に置いてきて。”

“そう、今までの思い出をその場所に残してきて。”

“僕は、ココでヒトリで暮らしていくんだ。”


新幹線の車内でそう心に決め、東京駅のホームに降り立った…あの時に。

人ごみをかき分けて、地図を片手にやっとの思いで見つけた街。

そう、これから暮らしていく自分の街。

そこは、僕が想像していた東京とは違って、

何か懐かしさを感じさせる場所だった。

たぶん、相当歴史がありそうな商店街や長くここに暮らしていそうな人たち。

そんな街並みを横目に眺めながら、

僕はとある完成したばかりのマンションの前で立ち止まった。


「ここか…」

そう、この日から僕の「トウキョウ、ヒトリ。」が始まった。

あれから3年が経とうとしている現在も 僕はここで暮らしている。

あっという間に過ぎ去ったように思う時間だけど、

それは自分と正面から向き合えた時間だったかもしれない。

そんな時間を過ごしてきたこの街を、少し振り返ってみようと思う。

〜in a story of the photograph exhibition "トウキョウ"〜
(5月開催予定のグループ写真展「トウキョウ」個人テーマストーリー)

(カタカナ表記は仮)



November 18, 2008

変わりゆくもの

気がつけば、3月以来の更新。

この間、僕も周りもいろんなものが変化した。

仕事は7月にSEから法人営業に異動した。

この業界で続けていくなら、いずれは「ITコンサルタント」としての

法人営業とHR(人事部)に伝えてた(その後は広報職も!!)。

んが!いきなりの営業にはほんまにびっくりした。

とはいえ、決まったからにはやっていくしかない!

大手ISP(インターネットサービスプロパイダ)を担当。

社内で5本の指に入る収益。大型プロジェクトなのだ。

これは滅多にないチャンスやから、

何年も続けられるような人材になろうと今は思ってる!

続きを読む

March 16, 2008

インフラにアートを…。

土曜日に木場公園にある

MOT(東京都現代美術館)にチャリで行った。(遠かった…)

やっぱり現代アートはおもろい!右脳が鍛えられるわん。

すべての展示を見ている中で、

炭鉱跡をアートで発信し、カコ⇒イマ⇒ミライへの再活用方法を

見出そうとしているラボあった。

会社で、ぼくのチームの担当業務の中に、無線中継所の売却・撤去

というのがある。

わかる人にはわかると思うけど、

ほんの数年前まで全国テレビ中継網として活躍していた建物のこと。

(よく、山の上にある鉄塔とかね)

今は、中継網はすべて光ファイバーになってるのだ。

(よくMUX装置がうちのビルにあるでしょ)

この無線中継所のミライを考える上で、アートのような違う、新しい視点で

何か発信でけへんかなぁって思いながら観てた。

 

続きを読む