トコさん。

きのうは、トコさんの命日でした。


alfieには行かれなかったけど、トコさんのことを思っていました。
99年に亡くなったので、今年でもう13年...
あっという間でした。


あの最後の壮絶なツアーのことは一生忘れられません。
今の僕の精神的な支えになっているのが、あのときのトコさんの生き様です。
痛みに耐えながら、周囲に気を遣わせないように努めて明るく振る舞うトコさん。
ステージでもガンの話を笑い話にしてお客さんを明るい気分にさせたトコさん。
壮絶なドラムソロのみならず、タップまで披露する生来のエンターテイナー、トコさん。
ガチンコデュオバトルで僕と真剣に対話してくれたトコさん。
その全てが、今の僕の価値観であり、判断基準です。


いつかトコさんのようになりたい、と思っていたら、あと一年でトコさんが亡くなった53才になるとは...時間はあまり、ないんですね。がんばらないと...


ほんとにありがとう、トコさん。
いつまでも愛しています...

52歳。

きょう、52歳になりました。


半世紀をとうに過ぎ、セカンドハーフにもとっくに入っているので、特に感慨というのはないけれど。


歳を取るのも悪くない。
最近、そう思えるようになりました。


音楽の上でも、人間性の上でも、歳を重ねることによって初めて到達できるところがあるようです。それを実感する機会が増えて来たような気がします。


フェイスブックなどのおかげで、百人を超える方々から暖かいお祝いメッセージをいただいて、本当に感激です。老いてますます盛ん、そう言われるように頑張ります(笑)


今の自分が、結構好きです(笑)
ってどんだけナルシストやねん(笑)


改めて、メッセージ頂いた皆様、本当にありがとうございました!今年一年も全力疾走で頑張りますので、変わらぬ応援よろしくお願いします!


多田誠司

熊本ワークショップのお知らせ

5/16(水)20:00より「熊本おくら」にて多田誠司ワークショップを開催します。
http://www17.plala.or.jp/okura/schedule/index.html


プレイヤーの方々と、実際の演奏を通じてジャズ・音楽・人生(笑)について活発なディスカッションをしたいと思います。リスナーも歓迎!なかなかない機会なので、熊本近郊のジャズプレイヤーの方々、奮ってご参加ください!一緒にジャズを勉強しましょう〜

詳細は、今回のプロデューサーで地元ピアニストの園田智子さんまでお問い合わせください!

園田智子 
090−8626−9196


**************************************
(おくらHPより抜粋)
2012.5.16.水曜日
多田誠司ジャズ・ワークショップ
多田誠司(As)
ワークショップ参加費\3,000一般参加(見学だけの一般のお客様)\1,500(オーダーは別料金)
Start20:00

日野皓正(Tp)グループに10年間在籍し、自己のバンド「the MOST」や「東京LEADERS BIG BAND」など様々なバンドやセッション、洗足学園にて講師も務めているアルトサックス奏者の多田誠司と一緒に演奏したり、アドバイスを受けるジャズワークショップを行います。プロの指導が直接受けられるこの機会をお見逃しなく!見学だけでも入店出来ます。問い合わせ・詳細は今回の企画プロデュ-サー園田智子に連絡をお願いします。

Young Lions@NARU

久々のヤングライオンズ、やってきたよ!
今回は洗足学園の卒業生、細井寿彦as。キャノンボールばりのうねる歌い方ができる稀有な存在のバップアルト。一曲目から飛ばしまくり、ベサメムーチョではむせび泣き、縦横無尽のプレイを聞かせてくれました。



今後はジャズのフィールドでがんばっていくと宣言してくれたので、ライブシーンでちょくちょく名前を見かけると思ので、よろしくお願いします。



それにしてもきょうのリズムセクションは異常だった(笑)ものすごいことになり、お客さんも異常な盛り上がり(笑)太光、五月、義史みんなごっきげんでした!!!またこのメンバーで絶対やりたい!!要チェックですよ!



セトリ
1st(細井サイド)
1.Nica's Dream
2.Time to smile
3.Besame mucho
4.Departure person
5.I can't get started
6.Webb city

2nd(tadaseiサイド)
1.Like this
2.Star eyes
3.None of the things
4.Star crossed lovers
5.Hunting tiger
Enc.Byebye blackbird

お詫び。

the MOSTのピアニスト、片倉真由子が腱鞘炎のため一部のレコ発ライブを除き休養することになりました。本人の将来を考えると、今しっかり休むべきと判断し、the MOSTに関してもエキストラを立てることにしました。the MOSTサウンドを楽しみにしてくださっている皆様には本当に申し訳ないのですが、事情をご理解の上ご了承ください。



今月入っているライブ二本に関して、素晴らしい若手ピアニストを迎えてお送りすることになりました。いつものthe MOSTのレパートリーではないもの、スタンダードなども織り交ぜてお送りできるレアな機会ですので(笑)ぜひぜひ応援よろしくお願いします!



4/10(火)吉祥寺SOMETIME
片倉真由子⇒若井優也

4/29(日)錦糸町J-flow
片倉真由子⇒菊池太好

卒業門下飲み!!!

毎年恒例の卒業門下飲み@溝の口「灘ケン」だった。



今年は主科で一人、副科で三人が卒業していくのだが、その四人の卒業を祝おうと、現役生・OB併せて18名が集まっての大宴会となった。今年転科してくる学生、今年から副科を選択したクラシック科の学生なども誘ったので、とてもいい交流の機会にもなった。



主科の木綿香は、高校生のときの講習からの付き合い。よくぞここまで成長してくれたというくらい、真剣に音楽に取り組んでくれた。心からその成長を祝いたい。副科の三人も、短いレッスン時間なのに、毎回一生懸命取り組んで、やはり格段の成長を遂げた。一人を除いてこれからはバイトをしながら音楽活動を続けていくという。それは決して楽な道のりではない。それでもなお、音楽に人生を捧げたいという気持ちに、心から経緯を表したい。



きのう何よりうれしかったのは、卒業してがんばっているOBが、六人も来てくれたこと。がんばっている彼らの言葉が何より重い。一番学生達の心に響くのが彼らの言葉だ。このところOBが必ず参加してくれるので、本当にうれしい!!これが多田門下の恒例になっていってくれたらこんなにうれしいことはない。OBのみんな、ありがとね!



彼らからとっても素敵なネクタイをいただいてしまった。桜の柄の。毎年卒業式ではこれを締めたいと思います。



とにかく卒業おめでとう!!!!!
君たちの未来の幸あれ!!!!!!
th_IMG_0062
th_IMG_0064

大阪〜京都。

大阪で、西山さんの追悼コンサートに参加してきた。


もう亡くなって半年が経ってしまうんだなあ...でも、楽屋に集ったミュージシャンたちの誰もが口々に「今にもあのドアから、ヘイブラザー!!!言うて入ってきそうやなあ...」と言っていた。確かに来てたよ、絶対(笑)


日本全国から、わざわざこのコンサートのために集まった素晴らしいミュージシャンたち。ざっと名前を挙げるだけでも日本のジャズの歴史本が書けそうなくらい(笑)日野皓正、鈴木勲、渡辺文男、池田芳夫、山本剛、中村誠一などなど(敬称略)。さながら同窓会の様相を呈していたよ(笑)


我々は往年の日野皓正QUINTETリユニオン的なセットで最初に演奏。日野皓正・石井彰・金澤英明・大我というメンバー。思いを込めてSweet love of mineを演奏した。西山さん、聞いててくれたかなあ...


その日のうちに京都に移動し、翌21日は大我のバンドでライブ。日野さんもゲストに加わり、久々に日野さんと2デイズだった。大我は写真からわかるように立派に成長していて、もう「男」って感じだった(笑)プレイもますます力強くセクシーになってて、日野さんとのコラボもとっても楽しかった。六月には一緒にツアーもするので、とっても楽しみです!!!日野さんも相変わらずパワフルで、二時間ステージを軽々とやってのける
。しかもあのフリーの感じを久々に共有して、とっても楽しかったよ!また時々やりたいなあ...


なわけで、きょうから九州三日間。まずは熊本ブーシーズカフェでお待ちしています!!!!!!
IMG_2602
IMG_9697

訃報が...

ゆうべLIVEから帰宅してTwitter見たら、また訃報が...



ジャズ維新などで何度も共演したベーシストの嶋友行が死んでしまったと...
このところ体調を崩して地元仙台に帰省しているとは聞いていたが、まさかこんな突然...
死因などもわからないので何も言えないけど、同い年のミュージシャンが亡くなってしまうのはとても辛い。他人事に思えないのだ。



ガット弦をブリブリ鳴らす彼のプレイ、そして人懐っこい笑顔が忘れられない。
僕の結婚式にも来てくれて、寄せ書きに「イエーイ!」と書いてくれたユーモアのある彼。数年前に友人の結婚式で会ったのが最後になってしまった...
今はただ、彼の冥福をただただ祈るしかない。
嶋くん、安らかに...



合掌...

LIVE、そして帰省。

きのうの本厚木キャビン、楽しかったよ〜!!
気心のしれた仲間とのスタンダードな夜、最高でした。
バンド名つけなきゃ、って話になってます。またやりたいなあ...



そしてそして、なんときょうから二週間、地元高松に帰省します。
両目が白内障であることが判明し、大学が春休みのこの時期にいっそ手術してしまおうということになり、 術後経過も見てもらいたいので二週間思い切って帰ってきます。幸い、小学校からの同級生が地元で開業、しかも白内障の権威として多くの手術を行っている(実は父も彼に施術してもらってます)こともあり、お願いすることにしました。
手術自体は十五分程度の日帰り手術で、現在の医療技術では簡単な手術のようなので安心してますのでご心配なく!!東京に帰ったら元気な姿をお見せしますね!しかも視力が矯正されるので、小学校一年以来の裸眼生活が待っています(笑)
二週間、丸々休むわけにもいかないので、前半は練習と作曲、後半はクリニックやライブを頑張りたいと思います。六月のレコーディングに向けてがんばらんと...



てなわけで、また術後報告しますね!!

Standard Busters@取手ジャスフェスティバル。

Standard Bustersというバンドで取手ジャズフェスティバルに出演してきたよ。


取手ジャズフェスティバルは今年始まった新しいジャズフェス。この時代にジャズフェスを立ち上げた方々の努力と熱意に敬意を表したいと思う。二日間にわたって、佐山雅弘さんのプロデュースにより、四つのプロバンド、多くのアマチュアバンドなどが出演するという豪華版。僕たちは二日目のほうに出演してきた。


このバンドは大坂昌彦の呼びかけで集まったVSOP(Very Special Onetime Performance)。若手筆頭株のスガダイロー・川村竜に、ベテラン大坂昌彦・あたしという新旧対決(笑)スタンダードナンバーをぶち壊せ!!的なバンド名にたがわず、スリリングな演奏になったよ。ほぼ初共演のスガダイロー、噂には聞いていたが超強力。ビバップからフリーまで縦横無尽に駆け回る。確かな技術に裏付けされた自由さが素晴らしい!一発でファンになりました(笑)


大坂君もいたくお気に入りで、再演を熱望しておりました。実現するといいなあ...いや、楽しかった!!!!


P.S
写真撮り忘れた...(泣)
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ