2006年12月

the MOST@NARU

今年最後のthe MOSTライブが終わった。
ホームグラウンドのお茶の水NARUで。



立ち見がでるほどのお客さんたち。そしてコーラスやら手拍子やらに前向きに参加してくれるお客さんたち。ほんとにこの人たちに支えられてthe MOSTがあるんだなあ...と実感。




今年もたくさんの愛をありがとう!来年もがんばります!




きょうはmasaの新曲も急遽披露。かなり危ない橋を渡ったが、チャレンジthe MOSTの面目躍如。全員でがんばった!




the MOST、来年もよろしくっす!!!来てくれた皆さん、ほんとにありがとう!!良いお年を!!


セトリ(しつこい?)
1st
1.S'candal(OSAKA)
2.ブローニュ(ISHII)
3.Because of you(TADA)
4.Autumn Leaves

2nd
1.A foggy day
2.On the way back,it was red&black(OSAKA)
3.Second half(OSAKA)
4.Theme

3rd
1.B Trane(OSAKA) New
2.Contrail(TADA)
3.A Certain Episode(ISHII)
Encore.Out of nowhere



写真は、アフターアワーでピアノ弾き語りをするmasa。かなり貴重ショット。そしてファンの方の差し入れワイン。めちゃうま!

masawine

さてそろそろ...

一年を振り返ってみたりしようかな。



今年は風邪から始まった...
去年の年末の仕事をインフルエンザのためキャンセルせざるを得ない状況だった。よって正月は寝正月。波乱の一年を予感させた??


新調したスキー板のおかげで、一月二月は結構スキーを楽しめた。亀の歩みの上達度だが、生涯スポーツと割り切っている。何より楽しくて!実家が南国四国の男が40でスキーに目覚めた、の巻。


三月は韓国ツアー。イ・ジョンシクと久々の再会を果たした。韓国の聴衆は熱い!!日本の若者よ、まぢでやばいぞ、韓国。負けるな!!


だが、実はこのころ精神的には最悪状態。当時のブログを読み返すと、何とも情けない感じ。それをみんなの前にさらけ出している自分も情けない。ほんとにごめんなさい。でもそんな僕に暖かい言葉をかけてくださった皆さんに心から感謝します。



日野皓正QUINTETのレコーディングもこのころ。レギュラーメンバーで三枚目となったアルバムだが、バンドのサウンドが一層充実。一年を通してこのアルバムの曲を中心に演奏することになる。



五月にはコジカナツル+shihoという豪華な顔ぶれでのプチツアーがあったりして、そして六月、地元香川で初めての単独ホールコンサートを行った。the MOSTに初めて日野さんを迎えてのコンサート。一年も前から決まっていたスケジュールで、この日を迎えるまで緊張もし、不安もたくさんあった。だが、地元の友人や家族の応援を受け、大成功のうちに終えることができた。自分にとってこのコンサートは生涯忘れることのできないものとなった。あらためて日野さんのエンターテイメントと気遣いに感服。




七月からは恒例の夏の日野皓正QUINTETツアー。CD発売記念ツアーを約二ヶ月ほどかけて全国で行うのだ。その中には、小さなライブハウスあり、大きなジャズフェスありと色々だが、一貫してあるのは緊張感。本番始まるまで何が出るか誰にも(おそらく日野さんにも)わからない。それを全員で楽しむところまでようやく行けたか、というところ。確実に毎年進歩を実感する。体力的には本当にきついツアーだが、これをこなすことで得る何かが、毎年僕を成長させてくれている。感謝。





秋になってもツアーは続く。今度はほとんどが小さなライブハウス。演奏時間も長く、レパートリーもますます増えていく。おまけに洗足学園のレッスンもピークを迎え、振り替えに四苦八苦する場面も。11月になるまでほとんど休みも無い状態が続く。




日野バンド以外にも、もちろんthe MOSTの活動や地方のバンドへのゲスト出演、一人旅などなど...今年も本当に色んなところへ出かけた。



基本的に旅が大好きなので、ツアーは全く苦にならない。それどころか、地方の色んなおいしいものを食べたり、美しい景色を見ることがストレスの解消になっているほど。来年もたくさん旅ができたらいいなあ...



そして怒濤の12月。クリスマスのSTB139に向けてのリハーサルが何日もあり、それに加えて地方公演、洗足学園のレッスンなどなど...よく風邪もひかずにがんばったなあ、と自分に感心。手洗い・うがいを欠かさなかったのが勝因か?!




こうして一年を振り返ってみると、あまりにも忙しかったことに改めて気づく。




だけど。ほんとにありがたいこと。




僕を必要としてくれる人がいる限り、どこにでも行きます。たとえ一人でもいてくれる限り。吹き続けたいと思います。




一年間、タダセイを応援していただいて本当にありがとうございました!!来年もさらなる飛躍をお約束しますので、変わらぬ応援、よろしくお願いします!!!!良いお年をお迎えください!!

本日の赤&追加写真

YAMAHAのレッスンのあと、自宅でワイン。


ファンの方にいただいたBARBARESCO1997です。僕の好きなイタリアものの代表。うまいっす!!


そしてもう一枚は、12/24のSTB139でのショット。わざわざそろえた提督&船長用のキャップをかぶって加山さんをお迎えした方々。ステージでやったんですよ!しかも日野さんウクレレ弾いて(爆)


バルバレスコstb139

大忘年会ライブ!!

@BAJ終了。







なんでこんなに楽しいの?






ってくらい楽しかった!!!






小島良喜(P)が幹事を務める大忘年会ライブ。年末恒例となってきた。今回は例年にもまして豪華なメンバー。峰厚介(TS)河合わかば(TB)今堀恒雄(G)金澤英明(B)力武誠(DS)が、あの手この手で楽しませてくれる。






おまけに。








コジが最近完コピしたばかりという「ウルトラマン」のイントロを弾き始めてしまった。







タダセイが生まれて初めて自分のお小遣いで買ったレコードが、なんと「ウルトラマン」。幼稚園のとき。いったい何度聞いたことか。数え切れない。もちろん歌詞もばっちりすり込まれている。







歌ったさ。ええ歌いましたとも。「シュワッチ!」のジェスチャー入りで。








場内大爆笑!こないだのSTB139以来、どうもエンターティナーの道を歩き始めているような気がする...またそれが快感だったりするから始末が悪い...







大盛り上がりの上、終わってからシャンパンの嵐。へろへろで〜す。



セトリ(爆)
1st
1.Take the A train
2.When the saints go marchin' in
3.Happy go happy local
4.Yosshy's delight
5.Cantalope island

2nd
1.Lil' darling
2.Unit 7
3.Teach me tonigt
4.In a mellow tone
5.So nice

STB139終了!!

今年の日野皓正QUINTET、演奏納め。


きのうの加山雄三さん、もう四回目になるだろうか?STB139のトリといえばこの方、と決まっている。何度も共演している関係で、リハもスムーズ。本番も素晴らしいパフォーマンス(&おやぢギャグ)を繰り広げてくれた。途中、日野さんのウクレレも聴け、楽しい一夜だった。


今年も日野皓正QUINTET、忙しかったなあ...CDも出て、長いツアーやディナーショウ、学生とのコラボレーションなどなど、本当に色んなことを学んだ一年だった。また来年も、がんばろう!!



さあ、これから年末にむけてもうひとがんばり!きょうはサムデイで久々の東京Leader's Big Band。譜面、読めるかなあ...

STB139 三日目

終了!!




よかった〜&長かった〜(泣)




二日目も長かったが、この日は最長記録更新。なんと二時間五十分!!!




だが、演奏はめっちゃめちゃ楽しかった!予想通り、四日間のうちで一番ジャズ度の高い日となり、色んなハプニング続出。shihoの歌は冴え渡り、横ちゃんのギターは唸りをあげ、タダセイのコーラスはshihoに「もっと腹から声出さんかいっっ!!!」と怒られ...だけど楽しかった。




やっぱりフラプラ、すごいね。ごっきげんでした!




さてきょうの加山さんで恒例のSTB139は終了。何とか乗り切れそう...だが今朝起きたら、ついに鼻と喉に異変が...いつものパターンで正月寝込むか?!次号を待て!(爆)



friedpride

STB139 二日目

が終了。


初日は天童よしみさんがゲストという異色の顔合わせ。メンバーも、いったいどうなるのやら見当がつかなかったが、そこはさすがに超一流の歌手。あっという間に場内を天童ワールドに引き込み、テネシーワルツ、ホワイトクリスマスなどを熱唱!とても印象に残るコラボレーションだった。



そしてきのう二日目は、小林香織・市原ひかり・NOONという若手女性アーティストがゲスト。このうち小林と市原は洗足学園の卒業生ということもあり、タダセイとは縁の深いコラボとなった。



リハーサルのときから、日野さんの辛口指導が連発。彼女たちがめちゃくちゃ緊張しているのがわかるだけに、こちらも胃が痛くなる。



だが、さすがに旬のアーティストだけあって、本番になると普段の実力をいかんなく発揮。若さあふれるプレイで二時間半以上に及ぶ長丁場を成功させた。



特に小林香織は、短期間ではあるが直接指導したこともあり、親が娘の学芸会を観る心境(笑)二人のバトルも盛り上がって楽しかった。これからますます成長してもらいたい!!


さてきょうは昨年に引き続きフライドプライド。音楽的に一番ハプニングするかも?!乞うご期待!!!

小林香織

the MOST@KAMOME

the MOST、初の関内KAMOMEライブ。



楽しかった!!!!



初めてのお店で、不安もたくさんあって、でもお客さんが満員で、そのお客さんがと〜〜〜〜ってもいいお客さんたちで、メンバーの演奏もとってもよくて。



おまけにお客さんのコーラス、最高だし(爆)



おまけに元弟子の高橋秀典が飛び入り。大健闘。お客さんの大声援を受けていた。弟子の成長、うれしいっす...



もんのすごいハードスケジュールの一日だったけど、大満足。幸せでした。みんなありがとね!


SET LIST(セトリっていうんですって www)

1st
1.What's up,guys?(TADA)
2.Everything(OSAKA)
3.A foggy day(G.Garshwin)
4.ブローニュ(ISHII)
5.Uchiiri(OSAKA)

2nd
1.S'candal(OSAKA)
2.On the way back,it was red&black(OSAKA)
3.Straight flash(TADA)
4.Contrail(TADA)
5.A certain episode(ISHII)

Encore.Straight no chaser(T.Monk)


P.S
さあいよいよ年末恒例STB139四日間、始まりだあ!29日には今年最後のthe MOST@NARUもあるし、もうひとがんばり全開ばりばり夜露死苦!!!

京都 日野小学校にて

49093366.jpgきのう奈良、そしてきょうは京都の日野小学校で演奏。偶然だが、日野さんと同じ名前の学校。何年か前、不幸な殺傷事件で有名になってしまったそうで、何とかその不名誉を払拭したいと近隣の方たちが努力されているらしい。がんばってもらいたいなあ...

ここの学校のK先生は以前、久世西小学校にいらしたのだが、Tpを演奏される関係で日野さんの大ファン。それが高じて小学校にジャズバンドを作り、何とか日野さんと共演したいと何度も何度も頼んだのが実り、前任の久世西小そして現在の日野小での演奏が実現したのだ。


我々もこのところ中学・高校のバンドとはよく共演するが、小学生とはめったにない。だってジャズですよ?!普通あり得ないよね?自分が小学校の頃...プラモ作りに熱中してたころ。ジャズ?なんじゃそりゃ?のころですよ。


彼ら、彼女らはがんばった!特に、例によって日野さんによって前に引っ張り出されて僕と掛け合いをやったアルトのkanaちゃん、素晴らしい反応!!ものすごい才能を感じてしまった。ぜひ続けてがんばってもらいたいなあ...


また来年も、ぜひ来たい。成長したところを見せてね!!

最近の写真

川越の料亭でいただいた懐石。二日酔いでなければ...と悔やまれた一夜。

仙台のホテルのロビーにあった、本物の御菓子でできた家。子供が舐めるそうな...

仙台でのリハーサル中。ピアノの石井氏渾身の一枚!!」

懐石料理御菓子の城仙台
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ