2007年10月

the MOST@お茶の水NARU

ホームグラウンドでの演奏はいつも楽しい。
きょうも満員のお客さんで一杯!ありがたいことです...



凹んでた気持ちが一気に持ち直した!やっぱthe MOSTはいいわ。うん。



お客さんも、「さざ波の拍手最高でした(笑)さらに磨きをかけましょう(爆)



飛び入りの熊谷くんもよかった!また一緒にやりたいなあ...


セトリ
1st
1.ENIGMA
2.Choosy
3.Contrail
4.My little suade shoes

2nd
1.My shinning hour
2.Blougne
3.B trane
4.Out of nowhere

3rd
1.Bolivia(piano 熊谷)
2.Second half
3.A certain episode
enc.Blue Monk



多田誠司=鈴木央紹DUO@上町63

初共演。しかもサックスデュオ...


いやあ楽しかった!!


彼は日野さんとの共演経験もあるし、おそらく近い感性の持ち主だろうな、と推測はしていたが、いやここまで素晴らしいとは..参りました!!


今までもサックスデュオは何度かやっているが、ここまで共感できる人はいなかったように思う。お互いの見ている方向が同じなのだろう。テクニックもタイム感もアイデアも素晴らしい。車じゃなかったら朝まで飲みたい感じだった(笑)


いやはや世の中にはすごい奴がいっぱいいるもんだ...やばいぞ、俺!!!

鈴木

大阪シニアジャズオーケストラ

のオーディションに行ってきた。


朝、八時半の新幹線で行って、午後一時から六時までびっちり70余名...そして午後十時半に帰宅という強行軍...


いやあきつかった...けど、めっちゃ楽しかったです!!


このバンドは、今年大阪市が呼びかけて、地元のアマチュアの中でもシニアを対象に立ち上げようとしているもの。世田谷ドリバンのシニア版、というわけだ。で、こちらも日野皓正QUINTETのメンバーが基本的に面倒を見ることになっている。


スケジュールの関係で、この日オーディションに出かけたのはベースの金澤氏とあたし。リズムセクションは金澤氏、ホーンセクションはあたしが責任者という分担ではあるが、二人で全員を聴かせてもらう。


さすがシニア、大人でした(当たり前か?!)。


レベルも色々だが、皆さん音楽を愛する気持ちには変わりなく、その中から選抜せざるを得ない我々も非常に辛い...なので、せめて書類選考は(ビッグバンド向きではない楽器を除き)やめて皆さんの音を聞かせていただこうということになった。


結果、涙をのんで30名の皆さんを選ばせていただいた。皆さん素晴らしい音をしていて、今後が非常に楽しみ!10回のクリニックを経て、来年2/2にコンサートをする予定。関西方面の方、ぜひ聴きに来てね!!!!

Straight Ahead発売

井上陽介Z'sによる「Straight Ahead」が発売に。
裏ジャケには陽介氏による「タダセイスタジオでビリーする」の写真が!!
元国体選手の友人によると、なかなかいいフォーム、だそうです(爆)


こうてや〜〜〜〜〜〜!!!!

いかん!1

日記が二回連続で(泣)になっている...
こりゃあいかん!泣き言いっとる場合ぢゃないのに!!


で、ごめんなさい。もちろん気力は十分みなぎっております。ご心配おかけしました〜


告知です。
今発売中のジャズライフ11月号に、BLUESALLEYでのthe MOSTと椎名豊TRIOのコラボライブのレポートが、二ページ見開きで掲載されています。パーソナリティの小川もこさん入魂の(笑)素晴らしい文章なので、ぜひぜひごらんになってくださいね!!
ちなみに来月号には、九月に行われたヤマハのサックスキャンプの模様がレポートされるようです。こちらもお楽しみに!!


さて、今も洗足におります。これからレッスンして、夜はピットイン最終日。気合い入れていきます。きのうはTpの中村恵介も乱入してくれて盛り上がりました!ありがとね!さてきょうはどうなることやら...

ツアー終了...疲れた(泣)

日野皓正QUINTETの過酷なクラブツアーが終わった...といっても、きょうあすとピットイン2Daysというこれまた過酷なギグが残っているが...


きのうは朝九時に大阪を出発。車で高野山方面へ出かけ、とある山中の場所で演奏した。途中、あの忌まわしい大分〜熊本死の彷徨を思い出させる山道を通る。だが、今回は雲一つない秋晴れのいい天気の中だったためか、さほど危険を感じなかった。人は成長するのだ(笑)


一時半に開演し、三時には仕事終わり。バーベキューなどいただいたのち五時前に関空へむけて出発する。ちょうどいい飛行機がないらしく、午後九時のフライトまでかなりの時間がある。関空には六時半には着いてしまい、約二時間ゆっくりご飯を食べたりお土産を買ったりして過ごす。結局、羽田に着いたのは午後十時をはるかに回っていた。十二時前に帰宅。ものすごく疲れていることに初めて気づき、入浴後気絶。だが今朝九時半には家を出て、今現在洗足学園でレッスン中というハードスケジュール(泣)夕方にはピットインに向けてここを出ねばならない...


だが、なんか報われた感じがするツアーだった。人間、成長するもんですな(笑)皆さんぜひピットインにお越しください!!

写真:会場から撮った風景。バルコニーのすぐ下が崖!怖かったけどめっちゃきれいでした!!

高野山

あ〜あ...(泣)

GIANTS三連敗で幕...



日本シリーズは日ハム応援だ!!



ていうか、全然勝てる気がしなかったもんね。仕方ないっす。



ツアーはあと一日。きょうは大阪でオフです。



10日ほどのツアーだったけど、一ヶ月くらいやった感じの充実感。



今回は疲労感より充実感のほうが勝ったなあ...いいバンドだと思う。ほんと。



あさってからはピットイン2DAYS。成果を聴きに来てね!!

Z's発売!

井上陽介リーダーのZ's「Straight Ahead」が発売になりました!!


納谷嘉彦p.井上陽介b,大坂昌彦dsという豪華布陣でスタンダードを中心にリラックスした演奏をお届けします。


買ってね!!!!!

Z's

オフ

朝七時に目が覚めてしまい。


九時からビリー応用編。きっつかった〜〜〜〜


で、すっかり紅茶派になったあたしはこれ。


今から京都へ移動で〜す。

紅茶

人を聴く、ということ...

音楽をやる上で一番気をつけていること。特に今の日野皓正QUINTETにおいて。


今、何が起きているか。どんなサウンドが鳴っているのか。決して既存の形・フレーズではなく、何もないところから何かを造る。身を削る作業...自分が積み上げてきたジャズ語を、一旦解体してしまう勇気が必要。その上で自分に何が創造できるか...自分の真価が問われる瞬間。


メンバー相互の信頼関係が不可欠。相手をリスペクトする、ということ。自分のエゴを通すのではなく、でも主張ははっきり。瞬間瞬間でアメーバのように音の世界を紡いでいく...その緊張感と、うまくいったときの解放感。何物にも代え難い宝物だ。


まだまだ未熟。うまくいったと思えるときなどほとんどない...だけどあきらめない。
更なる高みを目指して、がんばろう。



P.S
名古屋LOVELYのライブレポートがアップされています。ご参考までに...

■ライブレポート
http://smashingmag.com/tour/07tr/071013hino_nico.html

■フォトレポート
http://smashingmag.com/tour/07tr/071013hino_miya.html



GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ