2007年11月

遅ればせながら...

「Z's CD発売記念ライブ@alfie」



楽しいライブだった。


僕たちも、そしてお客さんも、楽しそうな笑顔を見ながら演奏するのはほんとにうれしい...


大人同士の会話。ウイットに富んでいて、まじめと茶目っ気が同居する感じ。こんなバンドはめったにない。共演できることに感謝、です。みんなありがとね!


難点は、めったにやれないこと(爆)


次回は1/26(土)有楽町希立(きり)。予約をおすすめします!!


セトリ
1st
1.Blue Z's
2.My one and only love
3.Cry me a river
4.Better get hit in your soul

2nd
1.Alice in wonderland
2.Work song
3.Zinzi
4.Go straight ahead
enc.Love




アンファンテリブル!!

世の中には、まだまだ知らないことがいっぱいある。自分の予想を超えたことがまだまだ存在するんだなあ...と実感させられた出来事が。





日野皓正QUINTETは現在関西方面ツアー中。22日、米原でのコンサート後、大阪に移動して一泊。翌23日は生駒で小学校相手のクリニックだという。



クリニックは今まで数え切れないくらいやっているし、相手は小学生、まあ普段の感じで楽しく過ごせたらいいなあ、くらいのつもりでいた。



が。



桜丘小・俵口小の合同バンド、主に五・六年生主体のバンドのようだが、学校に到着した時に遠くから聞こえてくる「ひょっこりひょうたん島」の練習の音が尋常ではない。低音は図太く伸び、高音はピッチも保たれ輝きを放っている。「ほんとに小学生がやってるの??」メンバー全員、異口同音に口にする。



そういえば、かなり前になるが、この学校の顧問の先生から送られてきたDVDを日野さんが見て、考えられないバンドがあるよ〜って言ってたのを思い出した。それがこれだったのか!!!!



生徒が待つ音楽室に入った途端、「こんにちは!!!」一糸乱れぬそろい方!!(笑)それもメンバー一人一人が入ってくるたびに。はは〜ん、よくある軍隊式のスパルタバンドだな?きっとうまいけど、笑顔のないつまらない音を出すに違いない。みんなそう思ったはずだ...



ところが。



最初に演奏してもらった「ひょっこりひょうたん島」にノックアウト!何より生徒たちがみんなスイングしている。体で音楽を表現している。とびきりの笑顔で演奏している。



もうこの時点でタダセイ落涙。これは信じられない光景だ。この世に生を受けてわずか10数年の子供たちが、なぜこんなことを理解できるのだろう...決して強制されているように見えないのが素晴らしい。音楽を心から楽しもう、いい音を出そう、という切なる思いがほとばしっている。



先生に聞くところによると、各楽器にプロの先生がついて指導してくれることがあるという。そりゃあそうだろ。これだけの音が学校内の活動だけで出来るわけはない。それにしたって、そのサポート体制を理解・協力している学校側、指導する先生の熱意がなければ不可能だろう。こんなことが実現できるんだろうなあ...全国にこの波が広がれば最高だけど。



質問コーナーでも、がんがん手があがる。普通、小学生に質問を聴いてもまず手を挙げない。恥ずかしがって。だが、この子達はちゃんと疑問を持っている。自分の演奏のダメな部分を日頃から理解して、克服しようとしているのだ。



最後に「Mercy,Mercy,Mercy」でアドリブに挑戦。サックスの子が三人ほど出てきた。これも素晴らしい。普通はお互い顔を見合わせて、「どうする?どうする?え〜恥ずかしいよ〜」と、もじもじするのが当たり前。だが、何も知識のないこの子達は立派に挑戦。こちらの音を聞いて、即座に何の音を使えばいいか理解し実践する。いやあたまげた。まさに「アンファンテリブル(恐るべき子供達)」だ。



帰り際、校舎の外に出た僕たちを、全員がベランダに出て見送ってくれた。まるで電線にスズメが止まっているように(笑)ピーチクパーチク...うれしかったなあ...必ずまた来るからね!!!



がんばれ!子供達!!!!


写真はスズメたち(爆)

生駒

さらに..

新大阪行き禁煙グリーン満席。喫煙で行くはめに。拷問だ。






どんだけぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





ついてない一日、さてあといかほどぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(泣)

恥..

洗足学園のAO入試のため、朝早く電車に乗った。東向島から曳舟経由で半蔵門線に乗り、あざみ野で横浜市営地下鉄に乗り換え。階段を降りるとちょうどベルが鳴り発車時刻。故に小走りで目の前のドアに飛び乗り一安心。





が。





どうも様子がおかしい。周りの女子率高し。





ふと窓に目をやると、あの文字が..





「この車両は午前九時まで女性専用車とさせていただきます」





時計に目をやると八時半。立派に時間内でございます。





顔から火。





いえね、あたしは知らなかったんでござんすよ、はい、決して不埒な考えで乗ったわけではござんせん、いやぁ皆さんオキレイデイラッシャル、やっぱりね、ヂョセイセンヨウシャに乗っちゃいけやせんな、へいへい降りますよあたしゃ、かきゅうてきすみやかに、ってやつですわ。





という心の中を声にだして弁解したい思いにかられながら下車。ところが改めて車内を見渡すと男ちらほら乗っとるやん。みんな平気な顔だよ。周りの女子も注意するでもなく。





そういえばホームでも専用車両に並んでる男を見たことがある。そんなもの?女子は注意しにくいよねぇ。だったら駅員がホームで監視するとかしないと間違える人だっているわけだから。





なんか後味の悪い朝。気を取り直してシニアジャズ行ってきます!

JAZZLIFE12月号に

九月のYAMAHAサックスキャンプの模様がリポートされてます。




立ち読み可(笑)

米沢〜宮崎 充電週間!!

先週末、米沢でコンサート&クリニックをやってきた。


土曜日はホールコンサート。日野皓正QUINTETの最近のサウンドをそのままやったが、お客さんの反応はばっちり。東北のお客さんはおとなしめと思っていたので、いい意味で期待を裏切られてうれしかった!楽しいコンサートでした!!


翌日曜日は同じホールでクリニック。高校生から社会人までの幅広いクリニックで、なかなか対象を絞りきれない感じで難しかった...パートに別れて質問を受けたり、吹奏楽しかやったことのない高校生にアドリブをやらせたり、とそれなりに楽しかったけど。もう少し企画自体を練ってもらったほうがよいと思った。色んな地方とかでクリニックをやるけど、漠然としたものよりポイントを絞ったほうが効率的な気がする。次回はそのあたりを考えてほしいな...


で、その日のうちに帰京...月曜日には宮崎入りした。ふふふ...恒例ダンロップフェニックスオープンのお仕事なの。養護施設への慰問、前夜祭での演奏、といった行事以外は基本的にオフ。ゴルフ三昧の日々を送るのがここ6〜7年の恒例。ささやかな自分へのご褒美、と思って毎年ありがたく参加させてもらっている。きょうもさっそく恒例の「みんなそろって練習場」&「みんなそろっておいしい中華」(笑)


明日(といってもきょう)のホテルスタートが6:30と異常に早いのに、早く床についたのが災いして2:00すぎに目覚めてしまい、目が冴えて眠れなくなってしまった...なのでブログってます(爆)


さあ、ベストスコア目指してがんばるぞ!お〜っ!!


写真:米沢と言えば米沢牛。有名な「黄木屋」さんでしゃぶしゃぶ!!んまいっ!!!最高!!!!

米沢牛

the MOST@池袋MILESCAFE

初出演。


昔、ベースの塩田くんのセッションなどで数回出演したことはあるが、このユニットでは初めて。大坂君、石井君は全く初めてとのことだった。


以前の記憶とは全く違う店内にまず驚く。こんなにきれいだったっけ??しかもB1とB2に二つもお店があるし。浦島太郎のあたしだった。


音は超デッド。リハでは大丈夫かな、と思ったけど、本番ではあまりのデッドさに閉口。リードの選択を間違えてしまった...反省。


都内では年内最後のthe MOST。あとは12/1の関内KAMOMEを残すだけとなった。都内強化週間の最後となったが、皆勤賞の方もちらほら。ほんとに毎回ありがとうございました!!曲も懐かし目のものなど混ぜてみたので飽きなかったでしょ?KAMOMEでも待ってます〜〜〜〜

あと一本、がんばるぞ!おー!!


セトリ
1st
1.A foggy day
2.Everything
3.TONE
4.Lucifa
5.B trane

2nd
1.re:mark
2.Boulogne
3.Straight flash
4.Second half
5.A certain episode
enc.Fontana di Trevi

神戸ジャズピクニック2007

毎年恒例の、神戸ジャズピクニック。去年から日野皓正QUINTET全員での参加となり、神戸周辺の多くの中高生のバンドと交流した。



前日から入り、学生たちとゲストで入る曲のリハーサル。全部で四校プラスフィナーレで五曲を共演する。その中には、あのSwingGirlsのモデルとなった高砂高校もいる。ここの顧問の先生は、なんとタダセイの大学の後輩!!12年ほど前にライブにも聴きに来てくれていたらしい。しかも楽器はアルトサックス!その先生の指導のおかげで、この学校は今年も含めて毎年New Awardという賞(つまり優勝)を獲得している。



しかしほんとにうまい...



ノリが完全にジャズなのだ。これは教えてもなかなか出来ることではないのだが...メンバー全員が本当に楽しそうにグルーブしている。いやはや脱帽。なので毎年日野さんも「もうリハーサルなんてやることないじゃん!」ということになる(笑)本番でも楽しく共演させてもらった。ありがとね!!



写真
楽屋で「高校三年生」を熱唱する石井彰43才(呆)
主催者のSさん経営の超人気豚まん店のマスコット携帯ストラップ。でも、豚が豚まんを売る、というのは考えようによってはシュールかな...



石井豚

the MOST@吉祥寺STRINGS

the MOST都内強化週間第二弾(笑)
NARUに続いてはSTRINGS。20人入れば一杯感あふれるお店だが、案の定満員のお客さん。うれしかったなあ...しかもNARUにも来てくれた方が大勢!!もはや常連?!親衛隊?!追っかけ?!(爆)


でもそんな方が多いからこそ同じ事はできない、というプレッシャーがある。また、お客さんもそれこそを期待して来てくれるんだろうから。がんばらねば。うん。


この日は久しぶりの曲も数曲。SPHINXなんて何年ぶりだろ?しかも展開が全く読めない...これこそ、八年の間にみんなが成長した証なんだろうなあ。決めごとのない世界で、いかに発展するか。みんなそれを考えているからこそ面白い!またやろう。


さてthe MOSTも年内のライブは残すところあと一回。11/8池袋マイルスカフェに初出演です!追っかけてね!!!!!


P.S
某大学のジャズ研で、石井彰のA certain episodeが大人気らしい。この日もリクエストにお答えしてやりました。がんがんトライしてね!!

セトリ
1st
1.My shining hour
2.Lucifa
3.Critical message
4.Contrail
5.Sphinx

2nd
1.re:mark
2.Blougne
3.Straight flash
4.Second half
5.A certain episode

enc.Satin doll
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ