2008年05月

お腹いっぱいなのに..

うどん食べちゃいました(泣)



徳島から今治に向かってますが高松で乗り換えがあり、つい駅のホームで立ち食いを..



でも、うまい..

一人旅三日目。

福岡・松山と順調に終わった。



福岡はあいにくの雨だったけどたくさんのお客さんが来てくれて感激。やっぱりニューコンボ大好き!!マスター、工藤君、山村さん、原田さん、ありがとうございました!!



松山では栗田敬子あねご率いるOn the Boozeというバンドと共演。あねご以外は(失礼!)若手ばかりの初々しいバンドだった。ドラマーは23才!ご両親にお会いしたけど僕と変わらないんじゃないかってくらい若くてびっくり。そういう歳になったんだなあ、俺...(遠い目)



打ち上げでは色々音楽の話に花が咲く。やはりジャズは口移しの伝統音楽。僕が経験したことを伝えていく義務はあると思っている。自分から押しつけるのはいやだけど、きのうみたいにたくさん質問してくる人にはいくらでも答えてあげたくなる。同じバンドで明日も明後日も演奏することになっているので、きのうの議論が少しでも役に立つといいなあ...



さてきょうは、松山〜徳島へ高速バスで移動。鉄道より安いし早いらしい。四国も便利になったなあ...僕がいたころとは隔世の感がある。バスの旅を楽しんでみますか。



では、行ってきま〜〜〜〜す!!!!


写真:松山MONKにて。On the Boozeのメンバーとマスター。マスターはどうみてもPercの横山達治さん(笑)ほんっとに似てるんだよ〜しゃべり方とかまで(笑)


モンク

初めてのお店。

8a369a72.JPG都内近郊には、これだけ演奏活動をしていても未だに出演したことのないお店がたくさんある。なぜだか縁がなかったり。なぜだか敬遠していたり。でも、あちらからオファーがあれば、よほどのことがないかぎり(ギャランティの問題などなど...)一度は出演してみることにしている。これは共演者も同じで、名前はよく知っていてもなぜか一度も共演したことのない人がいるもので、そういう人からお誘いがある場合は一度は必ずやってみることにしている。どんな縁が待っているかわからないもんね。やってみてから判断しないと後悔することになると思うので。そうして出会った人やお店との素敵な縁・腐れ縁(笑)が、今の自分の財産なのだ。



きのうはそんなお店との出会いがあったうれしい日。しかもプロ入りしたころからのファンの方の仲介で実現したライブなので、縁のありがたさをしみじみ感じた。



「多田誠司=石井彰DUO@国立ハーバーライト」



国立の街に行ったのは十何年ぶり?というくらい久しぶりの街だ。ましてや仕事をするのは全く初めて。なのに初めてとは思えないような気持ちにさせてくれるほんわかした街だったなあ...の〜んびりした時間が街中を流れている感じ。うん、なかなか好きだぞ。



ハーバーライトは駅からすぐの商店街の中のビル四階にあるこぢんまりした正統派のバー。マスターは僕と同じ髪型の(笑)物腰おだやかなおぢさま。蝶ネクタイにエンジのベストという出で立ちが、いかにもおいしいカクテルを作ってくれそうな雰囲気を醸し出している。車で行ったので飲めなかったけど、次回は是非オリジナルカクテルなどいただいてみたい。



演奏はそりゃあもう。相変わらず何も決まっていないプログラムだけど、阿吽の呼吸で進んでいく。「どうなってもいいもんねえ」「うん、わしもしらん」「うへへ、これはどうぢゃ」「およよ、そうきたか〜」「おいおいやばいよ〜どうすんのこれ」「いいぢゃんいいぢゃん、どうにかなるよぉ」「へへ、それもそうだねえ」「ひゃ〜〜きんもちいい〜〜〜〜」(笑)



そんな会話を音の中でする楽しさ。誰とでもは出来ないのだ。この人じゃないと...またツアーもやりたいなあ...



そんなわけで、次回は9/16(火)に決まりました!今回はおかげさまで補助椅子が出るほどの盛況だったので、出来ればご予約の上ぜひご来店くださいまし〜〜〜〜〜〜!!!



さあて、今からパッキングして「タダセイ一人旅」行ってきま〜〜〜〜す!



セトリ
1st
1.My shining hour
2.Blue Monk
3.Nuobo cinema paradiso
4.Setembro
5.What is this thing called love
6.Bye bye blackbird

2nd
1.Reversal image
2.Boulogne
3.All the things you are
4.Body and soul
5.Straight no chaser
enc.Stardust


**********************************************
6/2(月)the MOST@MOTIONBLUEヨコハマ

Open 17:00
Start 18:30/1st
20:00/2nd
*入れ替えはありません。
Live charge:?4200

the MOST
Seiji Tada/sax,fl
Akira Ishii/p
Shin Kamimura/b
Masahiko Osaka/ds

告知!!!

6/2(月)the MOST@MOTIONBLUEヨコハマ

Open 17:00
Start 18:30/1st
20:00/2nd
*入れ替えはありません。
Live charge:?4200

the MOST
Seiji Tada/sax,fl
Akira Ishii/p
Shin Kamimura/b
Masahiko Osaka/ds

これを逃すと八月まで都内近郊でのライブはありません!!
ぜひお聞き逃しなく!!

道にガムを

吐き捨てるな



踏みました、思いっきし



気を取り直してこれから市ヶ谷で教則本のフォトセッションいー男に撮ってくれー(懇願)

日野皓正QUINTET@BAJ

濃い二日間だった...





でも自分なりの楽しみ方が出来るようになってきたのが収穫。泣き言ばっかり言ってられない。もう弱音を吐くのはこれっきり。この夏から秋にかけて、怒濤のツアーが予定されている。必ず意義深いものにするぞ〜〜〜!!!





それにしても...体がきつい...
というのも、教則本を出すことになってしまい、ただいま詰めの作業で格闘中。明日は模範演奏の録音がびっちり。うまく出来るかなあ...不安。でもみんなの参考になるようなものが出来そうな予感が。発売は夏。よろしくお願いします!!!

雨の中、電車移動はいやだ(泣)

という子供のような意見。



きのうは特に移動が多く、しかも荷物も多いというのに雨。はあ疲れた...



朝、10時過ぎに家を出て錦糸町DoCoMoショップへ。携帯のリアカバーを紛失したので買いに行く。家を出たときは大雨。あっという間に靴下が濡れて超不快。でも何とか400円で購入でき(高いよな)次は六本木へ。前日、ヒルズに車を置いたまま帰ったので(飲んじゃったのよ...)引き取りに行った。ここは24時間までは3000円止め放題(笑)だったら止めなきゃ損、とばかりにやってみた。でも雨のギロッポンは楽しくない。人は多いし(怒)でも何とかたどり着き引き取り。



次は新大久保へレッスンに。一時からの予定で12:00過ぎには新大久保に着いたので楽勝!と思ったら「あま〜〜〜〜い!(ふるっ)」。駐車場難民(泣)ただでさえ駐車場が少ないのに雨なので、どこも満杯。ぐるぐる回ってたどり着いたところは、以前は確か12時間打ち止め3000円だったと思ったのだが...結局、最終的に出したときには7200円(泣)ほんまかいな...ヒルズで得した分を見事に吐き出しました(笑)



何とか一時前に学校にたどり着き、レッスン前に系列楽器店にて新しいケースを購入。以前使っていた赤のプロテックがそろそろくたびれてきたので弟子に譲り(笑)オニューを買うことにしたのだ。今度は黒のプロテック。新しいモデルだけに各所に改良が施されていてご機嫌。さっそくダブルケースからアルトを入れ替えまずはレッスン。一時間やったあとは今度は大久保に移動(近いけど)。ジャズライフの取材で土岐英史師匠と楽器の試奏対談をするのだ。僕が使っているYAMAHA82Zの石森管楽器モデルが出たのでそれを試奏する。さすが石森管楽器の永年のノウハウが詰まった素晴らしいモデル!まぢで欲しい...でも高い...う〜ん...



一時間半の師匠との爆笑トークショウも無事終わり(笑)またまた新大久保に戻って二人レッスン。八時に終わったのだが今度は教則本の打ち合わせを同じ場所にてみっちり。もう頭の中ウニウニ...何が何だかわからなくなって気がつけば駐車場代7200円も取られてよたれこけながら帰宅。いったいきのうは何の日だったんだろう...ただただ疲れた(でも対談は楽しかった!ジャズライフ、読んでね!)



さ〜てきょうから日野皓正QUINTET@目黒BAJ 2days。またまたしびれる二日間だ〜〜〜がんばろ!!!


写真:ニューケース 土岐師匠!!


ケース土岐師匠

命日。

きのう13日は、トコさん=日野元彦さんの9年目の命日。恒例、日野皓正Quintet@alfie。



もう九年..あっという間のことだった。九年前はSLASH!のRECORDINGを四日後に控えた最後のライブをalfieで終え、白熱したディスカッションをしていた。サウンドに煮詰まりを感じていたメンバー間で険悪なムードになり、RECORDINGを止めるかみたいなところまで行きかけていた所に訃報が..



僕は今でもあれはトコさんが助けてくれたと固く信じている。亡くなったことをそんな風に思うなんて不謹慎と言われるかも知れないけど。そのおかげでバンドの空気は一変、トコさんへのトリビュートアルバムを全力で作るという目標で団結できたのだった。



そのくらい僕にとっては大切な人だった。最後の二年間、レギュラーメンバーとして活動していく中で数え切れないくらい多くのものを学んだし、亡くなる直前のTourでは、人としてどう生き死んでいくべきかを、その壮絶なプレイで身をもって教えてくれた。日野皓正バンドに紹介してくれたのもトコさん。今の自分はトコさんを抜きには語れないのだ。



そんなトコさんだから亡くなって九年も経っても沢山の人がトコさんを偲んで集まってくる。特にドラマーたち!海老沢一博、藤山英一郎、井上功一、石若駿、大我、TOSHI(ZARD)、もちろん和丸。全員が取っ替え引っ替え出て来て叩く。ドラム側にいた僕の耳は限界へ..



でも今年もこうしてトコさんを偲んで演奏出来てうれしかった!トコさん、ありがとうね!



P.S.
休憩時間に流れていた亡くなる直前のライブ音源、すごすぎ!これが亡くなる三ヶ月前の人の演奏か?!全ての若手ドラマーよ、これを聞け!正座して!

後夜祭@セロニアス

fc050f41.jpg今年は後夜祭までやっていただけるらしく(笑)中野セロニアスにて現役東大生ピアニスト若井優也とのDUOライブをやってきた。



東大に入るという時点で違う世界の生き物だが(笑)ピアノが半端ないところがすごい。まさにピアノを弾くのがうれしくてしようがないといった顔で演奏する姿を見ると、きっと昔の俺もこうだったんだろうなと遠い目になる。



非常に濃い内容になったと思ったら、普段はもっと弾き倒すらしい(汗)いやはやすごい奴が出てきたもんだ〓



休憩時間にはファンの方の差し入れのシャンパンとケーキを頂きご機嫌なタダセイ〓48歳二日目を堪能したのでしたとさ〓

20時間労働...でも幸せ!

大変な一日だった...



朝11:30から洗足学園で授業を一コマやり、二時半から市ヶ谷で教則本出版の打ち合わせ。七時前にSATINDOLLに飛び込み三管セッション。そして夜中一時から深夜ジャムセッション...



果てました。



最後の30分くらいは椅子で爆睡。恥ずかしい姿を見た方は他言無用(笑)



でも、サテンでもコットンでもみんなが誕生日を祝福してくれて、ほんとに感激!!もうめでたい年でもないというのに(年男だがね)たくさんの人がお祝いに駆けつけてくれた。うれしいなあ...



きのうの出会いで最も感動したのがピアノの市川秀男さんとの出会い。昔、ジョージ川口さんのバンドで何度か共演させていただいたっきり久々の共演だったが、いやすごかった!!失礼ながらあの年齢であんなにモダンなプレイをされるなんて、松本秀彦さん以来の感動だった。やはり日本のジャズをずっと第一線で引っ張ってきた人は違う!!またやらせていただきたいなあ...



テナーの鈴木央紹も素晴らしかった!二人でアカペラやったときなど、お互いに同じようなところに同じようなタイミングでいったりするもんだから吹き出してしまって(笑)。なんか見てるところが一緒なんだよなあ...あまりに楽しかったので、彼を拉致してコットンまで無理矢理連れて行った。ごめんねひさちゃん(笑)



コットンジャムでは、佐藤ハチや塩田哲嗣にも会えた。相変わらずハチはアルトうまいし塩田はパワフル全開だし。みんな面白いなあ...



シャンパンが好きだ好きだと公言していたのが幸いして(笑)ファンの方からシャンパンの頂き物が...ほんとにありがとね!!大切に飲ませていただきます。



そんなこんなで帰ったのが朝6:00(泣)でももう起きているのは年のせい??さて、また一年がんばるか!!!



プレゼントやメッセージをいただいた方々、ほんとにありがとうございました!!また一年間、応援よろしくお願いします!!


写真:ハチ ひさ コットンが用意してくれたケーキ!!(泣)


ハチひさケーキ
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ