ツアーしてます。


始まるまでは、珍しくナーバスになっていたタダセイです(泣)
だって、日本人は僕だけ...しかも、英語はさほど得意ではないし、他のミュージシャンはワールドフェイマスな奴ばかりだし、とりわけアルトの相手はマクファーソンだし...


でも、こんなプレッシャーを感じられること自体が幸せなことなんだなあと。
ただただ必死で前を向いてやってきた結果、このチャンスがもらえたんだと素直に受け止めることができたのは、コンサート初日のリハが終わったとき(笑)おそっ!


日本人だからとか、ステージの上では何も関係ないんです。当たり前だけど。
みんなも、特に初めて会う人たちは、こいつは何なんだ?と思っていたに違いない。でも、音を出した瞬間に、反応が変わったのをはっきり感じました。自慢でも何でもなく、ジャズという共通語を一緒に話せる奴なんだと思ってもらえたようです。特にマクファーソンは、偉大なジャズメンに共通な謙虚さを持った人で、僕なんかのプレイに「インスパイアされたよ!楽しいなあ!」と言ってくれました(泣)実際、お互いにパーカーとビバップをこよなく愛してきたという共通点があるので、にやっとする場面がいっぱい(笑)毎日とにかく隣で楽しく聴かせてもらい、吹かせてもらってます!!


ルイスナッシュのトリオはとにかくスイングしまくり!!
ビッグバンドの時も感じたけど、今回はコンボ。より深く関われて本当にうれしいです。All American Rhythm Sectionとやれる喜びったらあなた(笑)自分まで、「こんなにスイングしていいんすか?!」と思わせてもらえるのです。ベースのピーターワシントンが毎回「バラードがよかったよ!!」と言ってくれるのがとてもうれしくて。だって僕、バラード大好きなんだもん(笑)


そしてきょうは故郷高松!!
二手に分かれるので、きょうはよりたっぷりアルトサミットを楽しんでいただけます!!!両親をはじめ親戚一同、旧友などなど、大勢応援に駆けつけてくれるので、また違った緊張感がありますが(汗)故郷に錦、飾っておきます(笑)


さあ、きょうも楽しむぞ〜〜〜〜〜!!!!!!!!