【足立区議会議員・自民党】ただ太郎のホームページ&ブログ

足立区議会議員 自民党 ただ太郎のホームページ&ブログです。足立区生まれ足立区育ちでもある私ただ太郎の、足立区綾瀬駅付近での活動や各種行事にお招きいただいた際のご報告をしております。

【令和元年 5月の活動】

今は我慢

足立区のただ太郎です。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、不要不急の外出は控えるよう足立区でも毎日アナウンスされています。

最近では、東京都の感染者数は一桁の日もあり収束に向かっているとの声をお聞きしますが、ウイルスは未だ確実に近くにあります。

持病をお持ちの方の重症例が多数報告されています。

また、回復された方の再陽性が確認されたり、子どもに川崎病のような症状があらわれる、全身のあらゆる臓器に障害を起こす事が考えられる等、未知のウイルスであるがゆえ非常に怖いです。

今後緊急事態宣言が解除され、これまでの対策を怠ってしまった場合(手洗いの励行、不要不急の外出自粛等)第2波と言われる感染拡大が懸念されています。

社会経済を考え、これまでにない大変な状況にある方々を思うと一概に「命を守るために我慢しましょう」とは言えないかもしれません。

しかし、命あっての人生だと思います。

今やるべき事は、一人ひとりがコロナに感染しない事。

日本は勿論の事、世界中でこのウイルスの収束がされますよう心から願っています。

今は、命を守るために我慢しましょう。

新型コロナウイルスにともなう【あなたが使える】緊急支援

足立区のただ太郎です。

緊急事態宣言が延長されました。

自民党ホームページでは、新型コロナウイルスにともなう【あなたが使える】緊急支援を掲載しています。

【緊急経済支援策】


東京都の協力金については

【東京都感染拡大防止協力金】


都内の感染者数が減ってきているとは言え、予断を許さない状況に変わりはありません。

上記の支援策をご活用されますようご案内いたします。

思い切った足立区政が必要だ

足立区のただ太郎です。

緊急事態宣言が発出されています。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ行動を、国民一人ひとりが実践する事。

それは、不要不急の外出はせず、人との接触を避ける事。

3密と呼ばれる状況をつくらない事。

外出先や、帰宅時にはこまめな手洗いをする事等が求められています。

人が集まる場所の自粛要請がされ、特にご商売をされている方々には死活問題で収入が見込めず大きな不安をお持ちの方も多いと思います。

自粛と保証はセットにしなければとの声も多く聞きます。

国はマスク2枚、ひとり10万円の支給、小学校等休業対応支援金、雇用調整助成、持続化給付、都は50万円、100万円の休業協力金、足立区は借り入れの利子補給、緊急小口資金等。

それもそうですが、明日の生活は来月の生活はどうなるのか。

来年の今頃は商売を続けていられているのか。

子どもの幼稚園や学校はどうなるのか。

保育園に預けて大丈夫なのだろうか。

社員に給料は払っていけるだろうか。

学生就職活動はどうすれば良いのか。

仕事が切られて再就職できるのだろうか。

歯医者や髪を切りに行って大丈夫なのか。

不安はそれぞれ個人の置かれている環境で様々あり、今すぐ全てを解決する事はできません。

ただ、その不安を真摯に受け止め一つひとつ丁寧に対応し、できる限りの対策を講じて生活に安心と希望を取り戻していく。

それは行政、政治の役割・責任だと考えます。

全国の各自治体では、国の他に思い切った施策を打ち出しているところも出てきました。

足立区の事は足立区の役所、議員が一番よくわかっているのですから、国や都の施策だけではなく足立区に見合ったオーダーメイドの施策の実行をしなければなりません。

23日には、区議会臨時会が開かれ新型コロナウイルス対策関連経費の補正予算が可決する見通しです。

予定案件は、マスク50万枚の購入、中小企業融資事業追加増額、子ども食堂補助金、傷病手当金の支給。

先日、予算特別委員会で今年度予算が決定したところですが、今回の補正だけではなくまた今後も補正をかけて努力をしていく方針です。

スピード感を持って取り組んで参ります。
記事検索
タグクラウド