意を決して心療内科へ行ってきた。
昔の感覚で、口の悪い輩が、悪し様に言うと基地外病院だよん。

現代はストレスによる心因性の病気が広く認知されているので、以前ほどではないにしろ、やっぱりちょっと抵抗はある。

ネットで探して3件電話したのちに決めたクリニックは、大病院を辞して開業した(?)感じのパパママクリニックで、丁寧で優しく、とても感じが良かったので救われた。

どんな具合かを聞かれるままにとつとつとしゃべると、「はっきりと、鬱の症状が出ていますね。必ず治してあげます!」と心強いオコトバ。
「弱いクスリを束にして使うのが僕のやり方なんだ。これが即効性があってスグに治ります、もう次回来られるときには全然違うと仰るに違いない。」なんとね。これがホントなら長く苦しんできたものから開放されるじゃん。はい、言うこと聞きますよなんでもぉ。

で、大量の薬(大量ジャナイヨと否定されたけど)

ph_090806_ 002

で、3食後に飲むのが4種類
就寝前に飲むのが3種類(うち1種は整形外科からの処方なんだが、飲んでいるのを伝えたのでこれも診療内科医先生の計算に入っていると)

薬飲むと(くるちい・・・なにもできない・・・息するのもしんどい・・・もうしんじゃいたいよ)という状態ではなくなる。しょっちゅう沸く自分に向く刃物の妄想イメージが消えるのはありがたい。

でも眠い。ひたすら眠い。ココは慣れることができるのだろうか。

【処方されたお薬】ヤク、ヤク、ヤクぢゃあぁ
ドグマチール錠50mg
トフラニール錠10mg
ミルナシプラン塩酸塩錠25mg
レキソタン錠1mg
レンデム錠0.25mg
セロクエル錠25mg
デパス錠1mg ←整形外科より