【切り絵】紫陽花の頃

  • author: tadekichi
  • 2009年05月22日

紫陽花の頃657

切り絵 紫陽花の頃(色紙)

北海道では紫陽花の季節はもう少しだけ先になる
だけど今日の雨は紫陽花に似合いそうだった。

私は紫陽花の花が好きだ
母代わりに私達姉妹を育ててくれた祖母も
この花が好きだったようで
庭の片隅に青い紫陽花を毎年咲かせていた。

しかしその家で祖母は亡くなり
小学生から大学まで住んでいた家を売って
私達家族は引っ越しをした。

多感な頃をすごした家だったので思い出が多く
引っ越ししてからも「どこかにあの家があるような感覚」を
私は何年もどこかに持ち続けていた。

本当はその家はもう取り壊されて
周囲の様子も変わっていると知ってはいたのだが
そのような感覚は消えることがなかったのだ。

ある日私は「あの家のあった場所」へ行ってみようと思い立った。
結婚して住み慣れた北海道からG県に行くことに 決まったからだ。

地下鉄に乗り懐かしい駅で降りると
タイムスリップしたかのような感覚が私を包む

この先に「あの家」があり
「ただいま」と声をかけると
亡くなった祖母が「おかえり」と応えてくれる気がした。
祖母の作ったフキの煮物の香りや
毎朝あげる線香の香りまで自動的に再現されてくる。

しかし、

もちろんそんなことはない。

聞いていた通り
あの家があった土地には別の家が建ち
庭は潰されて駐車場になっていた。

言葉では知っていたが それを目の当たりにして
やっぱり私はショックを受けた。
祖母と私が丹精したあの美しい庭を
こんなアスファルトで覆ってしまうなんて!

なんて無粋なんだろう!

新たな住民に逆恨みのような気持ちを抱きながら
ふと片隅に目をやると 

そこには見覚えのある紫陽花が一株残されていたのだった。

変わらずにあの青い花を咲かせている。

なんだか

「おかえり」

と優しい声で言われたようで 私は不覚にも涙がこぼれそうになった。

ここで私は姉妹たちと一緒に大きくなった
ここで祖母が亡くなり家は売られることになった。
いままでここを訪れること無く何年も過ぎていたのに
この紫陽花は変わらずにここで咲き続けてくれたのだ。

私はその花に「また来るね」と言って帰った。
次はいつ来れるのだろう
北海道には帰れるのだろうか

紫陽花の花を見ると
あの時の気持ちを思い出す。

あれから20年も経った。
もちろん今は北海道に住んでいる。
 

犬もお話するのか

  • author: tadekichi
  • 2009年05月17日

歌おう!

「歌おうよ!」

この絵に描かれた茶色の柴犬は
我が家のチャコ↓がモデルです。
DSC_0780


我が家には柴犬が2匹いるけど
2匹ともあまり吠えないかわりに犬語で何だか話しかけてくる。
けっこう感情がこもっていて 何が言いたいか大体の察しはつくのが
面白い所だ。

特に写真のチャコは娘が歌うと一緒になって声を合わせてきた時期があった。
今はもう二歳になってそんなことも無くなったが
音に対して学ぶ時期というものがあるのかもしれない。

ちなみにこの絵はそんなエピソードから生まれた物で
この時娘が歌っていた歌は
初音ミクの「あなたの歌姫」

私も買ったばかりのフォトショで
がんばって描いてみたのだった。

なんだか懐かしい感じがする。わずか2年前なのに。

【切り絵】波涛

  • author: tadekichi
  • 2009年05月11日

DSC_2188「海が見たい」と思う時がある。

札幌からだと
小樽なら列車に乗って行くことができる。
小樽の祝津にある水族館に行きたい。
漁港から連絡船に乗るのもいい。

具体的に 考え始めると止まらなくなるほど
海が見たいんだ。

波の音や潮のにおいを感じて
ぼぉっとしたい。

そんな時に作った
切り絵がこれ
「波涛」と名付けたけど
けっこう穏やかな海にも見える。

切り絵で難しいものに
水の表現があると言われている。
切り絵というものははっきりとした輪郭がないと
作り辛いと思い込まれている傾向があるけど
こうやって作ると
できるものなんですよね。

色々な波の形を入れて
動きを出したかった。 

この切り絵は「波」が主役です。 

公式サイトを更新しました

  • author: tadekichi
  • 2009年05月09日

今日の午前中は私のサイト
http://web.mac.com/sayakasakuradakaji
の更新作業をしていました。

ご笑覧頂ければ幸いです。(別ウィンドウで出てくるはず)

P1020073

【切り絵】蒲公英(制作途中)

パソコンをmacに変えてからというもの
公式サイトを作ったり
過去の「太公さんちの休日」をブログで公開したり と
いろいろやっています。
おかげさまでネット上のつながりなども増えまして
皆様には本当に感謝しています。 

今日久しぶりに公式をいじってみて
「もうちょっとこうしたら見やすいんじゃないかな」とか
「写真ちょっと軽くしたほうがいいかも」とか
欲が出てきてしまいました。 
「英語のキャプションをつけてみたい」という
野望もあったりします。 
「太公さんちの休日を独立させてもいいかも」とかね。

公式サイトはわたしのネット上の名刺みたいなものなので
もうちょっとがんばろうかと思いますですよ。

このブログもちゃんとリンク入れておきました。

そして今日のこの記事はリンクが貼れるかどうかの試験もやっています。
上手くできたかな?

【切り絵】山桜花 

  • author: tadekichi
  • 2009年05月07日

DSC_0548
飛天シリーズ「山桜花」

私の住む札幌の山の上ではGW中に咲きそろった桜が
今まさに散り急いでいる。

札幌の桜は少し葉桜だ
これは温度と日照時間の関係でこうなるらしい。
しかし、これはこれで良いもので少し赤みを帯びた若芽が
淡い桜の花びらの色を引き立ててくれている。

この切り絵は桜の花弁が散るさまを
飛天の表情を少し切なげにして表現したものだ
何となく苦しい恋でもしているような感じになった。
まぁそれはそれで良いんじゃないかと

このように
作者が意図せぬ表情を切り絵が醸し出すことがある。
それが悪い効果を出すものなら作り直さなくてはならないが
そうでない時はそれを認めてしまうことに私はしている。

それに時間が経って改めて眺めてみると
これはこれで
当時の私の心情が現れていたのかもしれないと思う。

 淋しくて切なかった当時の気持ちも反映されていたんだろうな。

ページトップに戻る▲