【好きなラジオ】伊集院光のオールナイトニッポン

  • author: tadekichi
  • 2009年07月09日

学生時代から深夜の友はラジオだった。
漫画家としてデビューしてからも
できれば早く作業を終わらせて
オールナイトまでは聞かずに寝たい
第一部を聞いても第二部までは聞かずに眠りたいと 
思いながら
深夜の作業は遅々として進まず
結局は第二部までたっぷり楽しんでしまうことが多かった。

朝9時にやってくる
宅配便の人に
包装して宛名も書いた完成原稿を渡す為には
少なくとも8時半には原稿が完成してないと困るのだ。
仕上げのホワイトに40分
ネームの最終チェックに30分

手は忙しく動いているけど
頭の中はパーソナリティの軽妙な語りに
躍っていた。

オールナイトニッポンの二部を担当していた
伊集院光という人は
そのころオペラ歌手であると自称しており
実際とってもいい声をしていたので
わたしはすっかりオペラ歌手だと思い込んでいた。

実際にはいないアイドル「はがゆい」の企画では
「道が混んでいてはがゆいちゃんはまだ会場に到着していません!」
と架空のコンサートを行ったりして
架空の子なのでいないとわかっていても
新曲が発表されるのではないかとどきどきしていた。

伊集院光という人をテレビで見て
ああ,この人だったのか!とわかったのは
それからそんなに時間もかからなかった。
ラジオの中のイメージよりもずっと可愛らしい笑顔で
しかも頭の良い軽妙なトーク。
他の人の語りを邪魔しない絶妙の読み。
彼がスターダムにのし上がってもうだいぶ経つ。

オールナイトの二部をやっていた時
「オールナイトの二部からファンですって言ってくれたら俺感激しちゃうだろうな」と言っていたのを私は覚えている。

今でもファンだ。
「オールナイトの二部からずっとファンです。」 

ページトップに戻る▲