おお〜反映されましたね

  • author: tadekichi
  • 2009年09月30日

昨日の深夜にブログスキンを変えてから
反映に時間がかかりましたが
やっと表示されました。

うん,海の中だ。
良い感じです。
光差す海

でも…
これは「深海」じゃないよね。
(深海とは水深200メートル以上の海の部分,ここまで深いと
肉眼で太陽光線は見えません)

「浅海」が正しいですが
まぁ綺麗だからヨシです。
 

スキンを「深海」に変えてみたら

  • author: tadekichi
  • 2009年09月29日

何だか真っ白になってしまいました。

読めるから問題ないですけど
反映に時間がかかるのかな?

まぁ気長に待ちます。

今まで紫の空でしたが
海をイメージするものが本当は欲しかったのです。

それも外から見る海ではなくて
海の内側から見る感じのもの。

今回のは理想的なんだけどな〜
早く反映されたのを見たいなぁ
 

等身大リンカちゃんのできるまで

  • author: tadekichi
  • 2009年09月25日

さて,前のエントリーでも登場した
リンカちゃんの等身大POP

b8df572b.jpg

これは私が実際に描いたものです。

家での制作過程をお見せしちゃいましょう。

まずはA4の紙に
リンカちゃんのスケッチをします。

c03acfa1.jpg

これを身長程度の大きさになるように
各部を測って等倍します。
今回は単純に7倍にしました。

下描きをしてまずは彩色
墨入れを先にすると
黒い色が絵の具に溶けてしまう可能性があるので
彩色が先です。水彩絵の具で色を付けます。

全身像がこれ
1e7f75af.jpg

顔のアップがこんな感じです。

7e93cead.jpg

この段階で水彩なので紙がだいぶ波打って来ました。
でも気にしません。
(気にしてもしょうがないので)

次に墨入れをします。
一気にくっきりしますよ。
全身がこんな感じ

0eb43ad2.jpg

顔のアップがこんな感じ
9057426a.jpg

周りのごちゃごちゃは気にしないで下され〜
あ、ちなみに「もやしもん」は好きです。

さあ,パネルに貼りましょう!
波うつ紙が気になるので周りの紙を切り取って
しっかりした画用紙に貼付けました。

出来上がりはトップのこれです。

b8df572b.jpg

仕上げの組み上げは会場でやらせてもらいました。
このパネルはステージでお披露目しましたが
テレビにも出たんですよ。

そんな訳で制作秘話(?)でした。
 

サケフェスタ2009に出演してまいりました

  • author: tadekichi
  • 2009年09月25日

001978fa.jpg
札幌市豊平川さけ科学館で23日に開催されました 
サケフェスタ2009は無事に終了致しました。 

当日はびっくりするほどの好天に恵まれたくさんのお客様がおいでになられました。 
629f6b46.jpg


私は写真↓に赤く写っているささやかなステージで 
ミニトークやお絵描きライブをやってきました。 
だいぶ緊張したけどがんばったよ〜 
a17724cc.jpg


お客様の反応は上々で特にお絵描きライブは楽しめて頂けたみたいです。 

同時にロビーでは「かじさやか原画展」が30日まで展開中ですので 
ステージがない時間はここでお客様に対応していました。 

ご購入頂いた絵はがきやラミカにサインやイラストを描かせてもらったり 
大忙しでまるで売れっ子漫画家みたいでした。 
d596064c.jpg


さけ科学館の新しいキャラクター「リンカちゃん」は前日 
UHBさんが「萌えキャラの系譜」として(!)紹介下さいました。 
そのためリンカちゃんは萌えキャラということに(ええ?) 
なんせよ 
テレビで放映されたということは大きくて 
訪れた多くの方がもうご存知でした。 
この反応には私達も驚きましたよ。嬉しいご誤算でした。 
b8df572b.jpg


さて4時でサケフェスタは終了なのですが 
終了後、連れ合いがリンカちゃん等身大POP(これもかじの制作)の写真を 
撮影するために玄関に行きました。 
すると親子連れがリンカちゃんを指差して 
「これはリンカちゃんよ」 
「かわいいね」 
「あたらしいさけ科学館のキャラクターなんですって」 
「へ〜」 
来年アニメ化されるんだって」 

とお話しているのを聞いてしまいました。 

え?アニメ化? 

ないない!ないですよ。今の所アニメ化なんてお話はありません! 
これは一日人ごみにもまれて疲れきった連れ合いの幻聴に違いないと思うのです。 

でも、アニメ化しても不自然じゃないくらいリンカちゃんに親しんでもらえたのなら作者として大変嬉しいです。 

変なオチまでつきましたが 
そんな訳でばたばたと一日が終わりました。 
思っていたよりずっと楽しくて良い一日でした。 

ご来場下さった皆様本当にありがとうございました。 

「かじさやか原画展」の方は30日まで開催しております。 
明日と明後日(26日27日)はまた私が会場におります。

どうぞよろしくお願いいたします。 

「子供へのメッセージ」を書くといいことがあるらしい。

  • author: tadekichi
  • 2009年09月14日

何でもこのテーマに参加して
ブログの記事を一件書くと10本のワクチンが寄付されるらしい。

それはすばらしい。

偉そうに子供にメッセージなんて書ける柄じゃないけど
ちょっとばかり書いてみようと
出来心。

私には娘がいて
その存在自体がとてもありがたいと思っている。

可愛くて優しい子で
繊細な所も気の回りすぎる所も
全部愛おしい。

彼女がいるおかげで私はお母さんになった。

私はそれまでずっと自分が何者なのか迷っていた。
「絵を描く人」であろうとはしていたが
それ以外が不安定で
男なのか女なのか
そこにいていい人間なのかどうかすら
確信がもてずに生きていた。
だから
彼女の存在が私を安定させてくれたと思う。

彼女を守れる人になりたいし
彼女に恥じない自分であろうと思う。

彼女が将来どんな風に私のことを思おうとも
私の膝は彼女のためにとっておく。
彼女がいくつになっても
私は彼女を抱きしめるために存在しよう。

そう思える
この幸福。

子供はいいなぁ
私も両親のそういう子供だったんだろうか?
そこは確信が全然持てないけれど

早くに亡くなった私の母は
多分そう思ってくれていたと
今は思うんだ。

ページトップに戻る▲