印象に残っている夢 シンクロ編

  • author: tadekichi
  • 2009年04月25日

私の一番印象に残る夢はこんな感じだ

私と妹はまだ小学校入学前くらいの年齢だ
父の車に乗って待っていると
なんとその車が勝手に動きだしてしまう。
私は必死にハンドルをいじってぶつからないようにするのだけど
ブレーキとかどこか分からなくて
あっちを押したりこっちを引いたりしているうち
最後にチョーク(?)かサイドブレーキを引っぱって
なんとか車が止まる。 
あとから父があわてて駆けてくる。

というものだ。

なんで印象に残っているかって?
うん、信じてもらえないかもしれないけれど
となりで眠っていた妹も同じ内容の夢を妹視線で見ていて
「お姉ちゃんが止めてくれてほっとしたよ、このまま崖からおちるかと思った」
などと当たり前のように会話したからである。

この夢は中学くらいまで何度も見たが
その度にお互い同じタイミングで見るようになった。
なんというシンクロ!と
今になって思うけど
このころはわりと日常で特に不思議だとも思わなかった。

あとになって双子さんのなかには
こういうシンクロってあるらしいと聞いて
そういう感じのものかもしれないと 思っている。
うちは双子じゃないけど11ヶ月しか違わない。

今?
今は私も妹もそれぞれの家庭を持つ母親になったので
環境も違うし
同じ夢は見ていないと思う。
でも、確認したことはない。 
ひょっとしたら?とは思うけどね。