SMグループ、韓進海運米州路線買収する

優先交渉対象者の選定…ロングビーチターミナルを買収する資格も 
SM(サムラマインダス)グループが法廷管理に入った韓進(ハンジン)海運の米州路線営業網を買収する。

20161020_hanjinship

14日、海運業界と投資銀行(IB)業界によると、ソウル中央地裁はSMグループを優先交渉対象者に選定し、21日、本契約を締結することにした。

予備入札には現代商船とSMグループ、韓国船主協会、ハン・アンド・カンパニー、韓国の私募ファンド(PEF)1ヵ所など計5社が参加したが、本入札には現代商船とSMグループだけが買収提案書を提出した。 

初めて公告当時の売却対象資産は船舶5隻と米州∼アジア路線人材、7つの海外の子会社など、1千億ウォン前後と言われている。

しかし、裁判所は予備入札参加会社に限って韓進海運のえり抜き資産とされる米ロングビーチターミナルに対する実態調査の機会を与えて希望すれば、ターミナルの資産を買収の対象に含めることができるようにしたという。

ロングビーチターミナルはロングビーチ港湾内の最大規模で年間300万TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個)以上の貨物処理能力を持っており、米国西海岸港湾コンテナ全体の物流量の30%以上を処理する。

韓進海運はターミナルを運営する米国子会社のTTIの持分54%を保有している。

ロングビーチターミナルの2大株主であるスイスの大手海運会社MSCが優先買収請求権を保有しているという点はネックになりかねない。

SMグループは大韓海運とサンソンロジックスを買収したのに続き、今回に韓進海運米州営業権まで確保してバルク船とコンテナ船をすべて抱えた総合海運企業として生まれ変わることができる足場を築くことになった。


法定管理されている韓進海運の重要資産だったアジア〜米州航路とロングビーチターミナルの優先交渉権をSMグループが獲得しました!!!

韓国国内の反応はやはりと言いますか
「現代商船」ザマァ〜〜〜〜〜wwwwww
という反応ばかりです。

現代商船はチェスンシルたちに生かされたと韓国中で思われており(私もですが)、完全に悪役に立ち位置になっています。政府も現代商船をバックアップするかのような発言を今日もしておりましたので、この大逆転劇に対して、SMグループへのお祝いもたくさん出ています。

芸能事務所のSM Enterと思ってこられた方が
おりましたらお詫びします。。。

財閥に一般中堅グループが勝ったという大事件なので許してください。
 
 こちらにSMグループ会長のインタビューと今後の方針について記事がありますからご興味のある方はご覧になってください。